Premiere Pro の最新リリースの新機能について学習します。

注意:

Premiere Pro 14.0.4 は、Premiere Clipファイルの Premiere Pro への読み込みのサポートを終了します。さらに、Premiere Pro 14.0.4 にはいくつかのバグ修正が含まれています。詳しくは、修正された問題を参照してください。

上位の新機能

2019 年 11 月リリース(バージョン 14.0)

auto-reframe-tile

オートリフレーム

Adobe Sensei を搭載したオートリフレームは、映像にインテリジェントなリフレーミングを適用し、正方形、垂直、16:9 ビデオなどのさまざまなアスペクト比に対して、フレーム内のアクションを維持します。  

グラフィックおよびテキストの機能強化

Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスパネルに、タイトル作成およびグラフィックのワークフローをより円滑にする、テキストおよびグラフィック関連の機能強化が多数追加されました。

オーディオの機能強化

Premiere Pro でのオーディオの改善には、マルチチャンネルエフェクト用のより効率的なワークフローと、オーディオゲインの範囲の拡大が含まれます。

time-remapping

20,000 パーセントへのタイムリマップ

大幅な速度変更のためにネスト化したシーケンスがなくても、リタイミングショットでよりクリエイティブに行えます。

ネイティブ形式のサポートを改善

Premiere Pro は、H264、HEVC および ProRes(ProRes HDR を含む)のように、macOS でも Windows でも広範に使用されている形式に対して堅牢なネイティブをサポートし、パフォーマンスを向上させることができます。 

hdr-export-tile

HDR コンテンツを HDR10 メタデータと共に書き出す

HDR10 の書き出しにメタデータを適用して、HDR10 が有効になっているデバイスの最適な画質を維持します。

システムの互換性レポートで検査できるドライバーの追加

お使いのシステムが Premiere Pro で編集をおこなえるかどうかを確認するために、システム互換性レポートでチェックできるドライバーが増えました。

その他の機能強化

メディアブラウザーでの高速スクロール、メディアキャッシュ管理の簡素化など、新しいリリースでのその他の機能強化の詳細をご覧ください。

Premiere Pro の以前のリリース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー