Premiere Pro の最新リリースの新機能について学習します。

注意:

Adobe Premiere Pro(バージョン 13.1.5)では、重要な修正が提供されます。すべてのユーザーにアップデートをお勧めします。

Premiere Pro 13.1.4 には、13.1.3 の機能強化がすべて含まれています。これには、ドライバーが古いバージョンの Windows システムの起動関連の問題を解決するバグの修正が追加されています。

Premiere Pro の 13.1.3 アップデートには、以下の機能強化が含まれています。

  • Mac での HEVC パフォーマンスの向上
  • マルチチャンネルオーディオミキシングの強化により、チャンネルミキサーエフェクトを使用した 5.1 <-> ステレオのアップ/ダウンミキシングが可能。詳しくは、オーディオエフェクトとトランジションを参照してください。
  • キャプションファイルの書き出しの柔軟性が向上
  • グラフィックレイヤーは、エッセンシャルグラフィックスパネルおよびエフェクトコントロールパネルと同じ順序に
  • ワープスタビライザーの強化により、制作意図に合致するように、異なるカメラでの手持ち撮影のフッテージをクリーンアップしたり、カメラのぶれを微調整したりするのが簡単です。包括的な調整により、ワープスタビライザーワークフローがより強力かつ高速なものになりました。

Premiere Pro のこのリリースでは、MKV 形式の読み込みのサポートが削除されます。

Premiere Pro 13.1.3 では、Premiere Pro からの AAF 書き出しにおいて、レンダリング後に XMP に関連付けられたソースメディアが場合によっては削除されるいう重大な問題を修正しています。この問題が発生するのは、Premiere Pro のバージョン 13.1、13.1.1 および 13.1.2 に限られます。既知の問題およびこのリリースで修正されたその他のバグの情報については、以下を参照してください。

 

上位の新機能

2019 年 4 月リリース(バージョン 13.1)

free-form-panel

フリーフォーム表示

プロジェクトパネルの新しいフリーフォーム表示を使用して、プロジェクトのメディアおよびストーリーボードのアイデアを整理および確認できます。

rulers-and-guides

定規とガイドの使用

テキスト、グラフィックおよびビデオを正確にレイアウトします。デザインの一貫性をより高めるために、プログラムモニターの新しい定規とガイドを使用してガイド設定を保存および共有します。

auto-ducking

アンビエントサウンドの自動ダッキング

オーディオミックス内にアンビエントサウンドを取り込んで、会話やボイスオーバーのバックグラウンドボリュームを自動的に調整します。

faster-mask-tracking

マスクのトラッキングの高速化

HD、4K およびそれ以上の解像度フォーマットを含め、Premiere Pro でマスクのトラッキングが改良され、カラーグレーディングとエフェクトのワークフローが高速化されました。 

graphics-and-text

グラフィックおよびテキストの機能強化

Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスパネルに、タイトル作成およびグラフィックのワークフローをより円滑にする、テキストおよびグラフィック関連の機能強化が多数追加されました。

view

新しい表示メニュー

Premiere Pro の新しい専用の表示メニューには、拡大や再生パフォーマンスなどのプログラムモニターのコマンドと、ガイド操作用に追加できるオプションが統合されました。

audio-options

オーディオの機能強化

簡単なキーボードショートカットを使用して、トラック内またはトラック間でオーディオエフェクトをコピーして貼り付けることができます。 

performance

パフォーマンスの向上

新しい 10 ビットハードウェアデコーディングによって、Windows での HEVC 再生が滑らかになりました。このリリースには、macOS での H.264 および HEVC のハードウェアデコーディングの機能強化も含まれています。新しい RED Metal アクセラレーションによって、RED フッテージの再生パフォーマンスが高まりました。

frame-issues

デコードエラーでのフレーム置換

Premiere Pro では、問題のあるフレームが隣接するフレームのコピーに置き換えられ、問題が解消されるので、作業の邪魔になる赤いフレームなしでコンテンツを編集できます。

export-close-captions

新しいキャプション書き出しオプション

新しいキャプション書き出しオプションを利用すると、サードパーティアプリケーションへの書き出しをより詳細に制御し、キャプションのワークフローを円滑化できます。

keyboard-shortcuts

英語以外のキーボードでのショートカットのサポート

Premiere Pro では、ショートカットが自動的に英語以外のキーボードにマッピングされ、異なるキーボードレイアウトでも、同じキーと修飾キーの組み合わせを使用できます。

system-compatibility-report

システムの互換性の問題を特定するツール

新しいシステムの互換性レポートで、Premiere Pro 起動時の古いビデオカードドライバーの問題など、既知の問題を特定できます。システムの互換性レポートには、ヘルプメニューからいつでもアクセスできます。

image-scale

画像のサイズ調整オプション

シーケンス設定で縦横の比率を固定しない、または維持した拡大および縮小を選択して、シーケンス形式を変更する際にコンテンツのフレームが適切に設定されるようにします。

file-format-support

新しいファイル形式のサポート

ネイティブの Sony Venice v3 ファイルを読み込み、シネマカメラのサポートを拡大します。

other-enhancements

その他の機能強化

重複するフォルダーの統合機能、シーケンスのビデオエフェクトのレンダリングおよび置換機能など、このリリースに含まれるその他の機能強化について解説します。

Premiere Pro の以前のリリース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー