読み込んだクリップが Premiere Pro 以外で移動、名前変更、削除された場合は、クリップがオフラインクリップになります。オフラインクリップはプロジェクトパネルで「オフラインアイテム」アイコンによって示され、次に示すようにメディアオフラインがタイムラインシーケンスやプログラムモニター、その他の場所に表示されます。

プロジェクトパネルに表示されたオフラインクリップ

タイムラインおよびプログラムモニターに表示されたオフラインメディア

Premiere Pro は、メディアをリンクダイアログボックスおよびファイルを指定ダイアログボックスを使用してオフラインメディアを指定する場合は再リンクする場合に役立ちます。オフラインメディアが含まれているプロジェクトを開くと、メディアをリンクワークフローでオフラインメディアを指定して再リンクし、プロジェクトで使用するためにオンラインに戻すことができます。

オフラインファイルについて詳しくは、オフラインクリップの操作を参照してください。

オフラインファイルの指定とリンク

メディアファイルがないプロジェクトを開くと、メディアをリンクダイアログボックスに壊れたリンクのあるファイルが表示され、ファイルを指定してリンクするのが容易になります。

メディアをリンクダイアログボックスには、プロジェクトで使用するクリップ名とメディアにリンクされたファイル名が表示されます。また、メディアをリンクダイアログボックスには、オフラインメディアが保存されるフォルダーへの完全なパスも表示されます。

例えば、最初にプロジェクトにクリップを読み込むとき、デフォルトではクリップにメディアファイル名が使用されます。後でクリップ名を変更した場合でも、Premiere Pro ではメディアファイルがオフラインでもクリップを指定できます。オフラインファイルの処理方法に応じて、必要な検索条件と「ファイルプロパティをマッチング」を指定できます。

ファイルプロパティをマッチング

不明なメディアを効率的に見つけるために、ファイル名ファイル拡張子メディア開始およびテープ名などのプロパティを選択できます。また、説明シーンショットおよびログの注釈などのメタデータプロパティも選択できます。

検索」をクリックすると、選択した「ファイルプロパティをマッチング」に基づいて、一致するファイルがファイルを指定ダイアログボックスに表示されます。したがって、メディアの一致やリンクを行うには、「ファイルプロパティをマッチング」の下で 1 つ以上のプロパティを選択する必要があります。

注意:

選択した「ファイルプロパティをマッチング」の組み合わせによって、再リンクされるファイルのセットから各メディアファイルが一意に識別される必要があります。

オフラインメディアを自動的に再リンク

Premiere Pro は可能な場合、自動的にオフラインメディアを検索します。デフォルトでは、メディアをリンクダイアログボックスで「自動的に他を再リンク」オプションが選択されています。

注意:

Premiere Pro は、ユーザーによる入力を最小限にしてオフラインメディアを再リンクしようと試みます。プロジェクトを開いたときに不明なすべてのファイルが自動的に再リンクされる場合、メディアをリンクダイアログボックスは表示されません。

また、デフォルトでは「タイムコードを揃える」オプションもオンになっており、メディアファイルのソースタイムコードをリンクされるクリップに揃えます。

一部のメディアをリンクしない場合は、次のいずれかを実行してください。

  • 一部のファイルを選択して「オフライン」をクリックします。選択したファイルだけがオフラインになります。
  • すべてオフライン」をクリックします。既に指定されているファイルを除くすべてのファイルがオフラインになります。
  • キャンセル」をクリックします。 メディアをリンクダイアログに表示されているすべてのファイルがオフラインになります。

後でいつでも、次の手順を実行してメディアをリンクダイアログボックスを開き、プロジェクト内のオフラインクリップを再リンクできます。

  • タイムラインでオフラインクリップを選択し、クリップ/メディアをリンクを選択します。
  • タイムラインでクリップを右クリックするか、Ctrl キーを押しながらクリックし、コンテキストメニューから「メディアをリンク」をクリックします。

オフラインメディアを手動で検索して再リンクする

Premiere Pro で自動的に再リンクできないメディアを手動で指定して再リンクすることができます。これを行うには、メディアをリンクダイアログボックスで「検索」ボタンをクリックします。

ファイルの場所ダイアログが開かれ、最大 3 レベルで最も近い既存のディレクトリが表示されます。完全一致が見つからない場合、ファイルが存在しているはずの場所または以前のセッションと同じディレクトリの場所を考慮してディレクトリが表示されます。

デフォルトでは、メディアブラウザーのユーザーインターフェイスを使用してファイルの場所ダイアログにファイルディレクトリの一覧が表示されます。

ファイルの場所ダイアログボックス

注意:

お使いのコンピューターのファイルブラウザーを使用してファイルを検索する場合、メディアをリンクダイアログボックスで「メディアブラウザーを使用してファイルを検索」をオフにします。

「検索」をクリックすると、ファイルの場所ダイアログ内でファイルを手動で検索できます。「最後のパス」を見ると、不明なファイルの場所を簡単にすばやく検索するのに役立ちます。

注意:

「パス」フィールドを編集できます。必要に応じて、「最後のパス」の文字列から完全パスまたはパスのセグメントを「パス」フィールドにコピーできます。このオプションは、不明なファイルへのパスを検索する場合に特に役立ちます。

検索結果を絞りこむために、ファイルの場所ダイアログには、特定のファイル形式の表示や「名前が完全に一致するものだけを表示」の選択など、高度なフィルターオプションが用意されています。さらに、特定のメディアタイプのビジュアルを確認するために、リスト表示からサムネール表示に切り替えることもできます。

プロジェクトベースのチュートリアル

メディアを読み込んで再リンクする方法

このプロジェクトベースのチュートリアルに従って、ビデオ、オーディオ、画像、およびその他のアセットを Premiere Pro に取り込む方法を学習します。移動されたか名前が変更された場合に、再び簡単に検索できるようにする方法を学習します。


本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー