Premiere Pro には、ビデオクリップから簡単にフレームを保持する方法がいくつかあります。

「フレームの保持」オプションを使用して、(静止画像を読み込んだかのように)クリップのデュレーション全体に対して 1 つのフレームを保持するか、タイムリマップテクニックを使用してフレームの一部を保持できます。

フレーム保持オプションを使用してビデオを保持

Premiere Pro には、フレーム保持オプションを使用して、ビデオから静止画像をキャプチャする迅速で効率的な方法が用意されています。

フレーム保持オプションは、追加のメディアまたはプロジェクト項目を作成することなく、静止フレームをキャプチャするように設計されています。

フレーム保持を追加

  1. キャプチャする目的のフレームに再生ヘッドを合わせます。
  2. クリップ/ビデオオプション/フレームの保持を選択します。または、キーボードショートカットの Cmd+Shift+K(Mac)または Ctrl+Shift+K(Win)を使用します。

現在の再生ヘッドの位置の静止画像がタイムラインに作成されます。タイムラインに追加される静止画像は、名前や色も変更されず、元のクリップの前の部分と同様になります。

フレーム保持セグメントを挿入

  1. 保持するフレームを挿入するタイムラインの再生ヘッドの位置。
  2. クリップ/ビデオオプション/フレーム保持を挿入を選択します。

再生ヘッド位置のクリップが分割され、2 秒間の保持するフレームが挿入されます。その後、挿入された保持するフレームを任意の長さにトリミングできます。

静止フレームの書き出し

「フレームを書き出し」ボタンを使用して、ムービークリップから静止画像を作成(フレームを保持)します。

ソースモニターおよびプログラムモニターのフレームを書き出しボタン を使用すると、Adobe Media Encoder を使用せずに、ビデオのフレームをすばやく書き出すことができます。

  1. 書き出すクリップまたはシーケンス内の目的の保持フレームに再生ヘッドを配置します。
  2. 「フレームを書き出し」ボタンをクリックします。フレームの書き出しダイアログボックスが開き、テキスト編集モードで名前フィールドが表示されます。元のクリップのフレームのタイムコードが静止画像のクリップ名に追加されます。例えば、ClipName.00_14_23_00.Still001.jpg となります。

デフォルトでは、新しいプロジェクト項目を追加することによって、ディスク上に静止画像ファイルが作成され、プロジェクトに再び読み込まれます。次に、シーケンスで静止画像クリップを手動で編集する必要があります。

注意:

タイムラインで静止画像がラベンダー色で表示されるため、読み込まれたクリップを元のクリップと簡単に区別できます。

クリップのデュレーションに合わせたビデオフレームの保持

保持するフレームは、クリップのインポイント、アウトポイントまたはマーカー 0(存在する場合)で指定することができます。

  1. タイムラインパネルでクリップを選択します。
  2. インポイントまたはアウトポイント以外のフレームを保持して使用するには、ソースモニターでクリップを開き、保持するフレームにマーカー 0 を設定します。
  3. クリップ/ビデオオプション/フレームの保持を選択します。
  4. 「保持するフレーム」を選択し、リストから指定方法を選択します。

    ソースタイムコード、シーケンスタイムコード、インポイント、アウトポイント、または再生ヘッドの位置に基づいてフレームを選択できます。

  5. 必要に応じて「フィルター保持」を指定し、「OK」をクリックします。

    フィルター保持

    クリップのデュレーションの間、キーフレーム付きエフェクト設定がアニメートされないようになります。エフェクト設定は、保持されたフレームの値を使用します。

    注意:

    保持フレームをインポイントまたはアウトポイントに設定した場合、編集ポイントを変更しても保持するフレームは変更されません。マーカー 0 を保持するように設定した場合は、マーカーを移動すると表示されるフレームも変更されます。.

タイムリマップを使用したクリップの一部に対してのフレームの保持

  1. タイムラインパネルで、クリップエフェクトメニューからタイムリマップ/速度を選択します。

    注意:

    クリップエフェクトメニューは、ビデオトラックの各クリップのファイル名の横に表示されます。クリップエフェクトメニューが表示されない場合は、クリップにズームインします。

    TimeRemappingSpeed_1431957274307
    ビデオエフェクトコントロールからタイムリマップ/速度を選択します。

    クリップの速度を制御する水平のラバーバンドがクリップの中央にかけて表示されます。クリップには、100% の速度を示す境界線の上下でコントラストが異なる色で影が付けられます。クリップの上部(クリップのタイトルバーの真下)には、白い速度コントロールトラックが表示されます。

  2. Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらラバーバンド上をクリックして、速度キーフレーム を作成します。
  3. Ctrl+Alt キー(Windows)または Option+Command キー(Mac OS)を押しながら、保持フレームを終了させたい位置まで速度キーフレームをドラッグします。

    注意:

    他のキーフレームの場合と同様、ラバーバンドは垂直方向ではなく必ず水平方向にドラッグしてください。

    キーフレームをドロップした位置に、2 番目のキーフレームが作成されます。通常の速度キーフレームと比べて、キーフレームの内側の半分(停止キーフレーム)は角張った状態になります。速度トランジションを作成しなければ、停止キーフレームをドラッグすることはできません。速度コントロールトラックに縦棒が表示されます。これは、保持フレームを再生するクリップのセグメントを表します。

  4. (オプション)保持フレームへの速度トランジションまたは保持フレームからの速度トランジションを作成するには、左側にある速度キーフレームの左半分を左にドラッグするか、右側にある速度キーフレームの右半分を右にドラッグします。

    分割された速度キーフレームの間にグレーの領域が表示され、速度トランジションの長さが示されます。ラバーバンドは分割された速度キーフレームの間に傾斜として示され、それらの間の速度変化が徐々に行われることを示します。

    速度トランジションを作成すると、停止したキーフレームをドラッグできます。1 つめの停止キーフレームをドラッグすると、キーフレームが停止させたい新しいメディアフレーム上にスリップします。2 つめの停止キーフレームをドラッグすると、そのフレームのデュレーションが変化します。

  5. (オプション)青いカーブコントロールを表示するには、速度コントロールトラックの分割されたキーフレーム間のグレーの領域をクリックします。
  6. (オプション)速度変化の加速度または減速度を変更するには、カーブコントロールのいずれかのハンドルをドラッグします。

    速度カーブの曲率に従って、速度変化がイーズインまたはイーズアウトします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー