After Effects、Photoshop およびその他の様々なアドビのアプリケーションの使用による Premiere Pro でのポストプロダクション編集を最大限に活用してください。

Premiere Pro プロジェクトで利用されているアセットは、他の各種 Adobe アプリケーションを使用して機能拡張したり変更したりできます。また、他のアプリケーションで開始したプロジェクトを Premiere Pro で編集することもできます。

クリップのオリジナルのアプリケーションでの編集

Premiere Pro の「オリジナルを編集」コマンドでは、ファイルの種類に関連付けられているアプリケーションでクリップが開かれます。関連付けられているアプリケーションでクリップを編集すると、Premiere Pro はファイルを置換せずに、変更内容を自動的に現在のプロジェクトに組み込みます。同様に、Adobe After Effects など、ほかのアプリケーションに配置した Premiere Pro シーケンスをそれらのアプリケーションの「オリジナルを編集」コマンドで開くことができます。

  1. プロジェクトパネルまたはタイムラインパネルでクリップを選択します。
  2. 編集/オリジナルを編集を選択します。

    注意:

    「オリジナルを編集」コマンドに必要なデータとともに、Premiere Pro からムービーを書き出すことができます。ムービー書き出し設定ダイアログボックスで、埋め込みオプションメニューから「プロジェクト」を選択します。

After Effects と Premiere Pro の間でのコピーとペースト

  • After Effects のタイムラインパネルから、オーディオまたは平面を含むビデオ映像のアイテムを基にしたレイヤーをコピーして、Adobe Premiere Pro のタイムラインパネルにペーストできます。

  • Adobe Premiere Pro のタイムラインパネルから、アセット(トラック内のアイテム)をコピーして、After Effects のタイムラインパネルにペーストできます。

  • After EffectsAdobe Premiere Pro のどちらからでも、もう一方のプロジェクトパネルにフッテージアイテムをコピー&ペーストすることができます。

    注意:ただし、After Effects のプロジェクトパネルから Adobe Premiere Pro のタイムラインパネルにフッテージアイテムをペーストすることはできません。

Adobe Premiere Pro のプロジェクトからすべてのクリップまたはシーケンス単位で処理したい場合は、「読み込み」コマンドを使用してプロジェクトを After Effects に読み込みます。

注意:

Adobe Dynamic Link を使用すると、レンダリングせずに、After Effects の新規または既存のコンポジションと Adobe Premiere Pro との間にダイナミックリンクを作成できます詳しくは、Adobe Dynamic Link を参照してください。

 

After Effects から Adobe Premiere Pro へのコピー

After Effects のコンポジションからフッテージアイテムを基にしたレイヤーをコピーして、Adobe Premiere Pro のシーケンスにペーストできます。Adobe Premiere Pro では、これらのレイヤーはシーケンス内のクリップに変換され、ソースフッテージがプロジェクトパネルにコピーされます。レイヤーに Adobe Premiere Pro でも使用されているエフェクトが含まれている場合、Adobe Premiere Pro はエフェクトとそのすべての設定およびキーフレームを継承します。

ネスト化されたコンポジション、Photoshop レイヤー、平面レイヤーおよびオーディオレイヤーをコピーすることもできます。Adobe Premiere Pro では、ネスト化されたコンポジションはネストされたシーケンスに、平面レイヤーはカラーマットに変換されます。シェイプ、テキスト、カメラ、ライトまたは調整レイヤーを Adobe Premiere Pro にコピーすることはできません。

  1. Adobe Premiere Pro を起動します(After Effects でレイヤーをコピーする前に Adobe Premiere Pro を起動する必要があります)。

  2. After Effects のタイムラインパネルでレイヤー(複数可)を選択します。

    注意:

    After Effects で時間軸上で重なっていない複数のレイヤーを選択しコピーした場合、レイヤーは Adobe Premiere Pro では同じトラックに配置されます。一方、After Effects でレイヤーが重なっている場合、Adobe Premiere Pro では、選択した順序に従ってトラックに配置されます。各レイヤーは別々のトラックに配置され、最後に選択したレイヤーがトラック 1 に表示されます。例えば、前面から背面へ順にレイヤーを選択した場合、Adobe Premiere Pro では逆の順序で表示され、最も背面のレイヤーがトラック 1 に表示されます。

  3. 編集/コピーを選択します。
  4. Adobe Premiere Pro のタイムラインパネルでシーケンスを開きます。
  5. 現在の時間インジケーターを目的の位置に移動し、編集/ペースト、または編集/インサートペーストを選択します。

Premiere Pro へのペーストの結果

Adobe Premiere Pro のシーケンスにレイヤーをペーストする場合、コピーされたレイヤーに含まれるキーフレーム、エフェクトおよびその他のプロパティは、次のように変換されます。

After Effects のアイテム

Adobe Premiere Pro で変換されたアイテム

注意

オーディオレベルプロパティ

チャンネルボリュームフィルター

描画モード

Adobe Premiere Pro でサポートされる描画モードに変換

エフェクトプロパティとキーフレーム

エフェクトプロパティとキーフレーム(エフェクトが Adobe Premiere Pro にも存在する場合)

Adobe Premiere Pro では、サポートされていないエフェクトはエフェクトコントロールパネルにオフラインとしてリスト表示されます。After Effects のエフェクト名と Adobe Premiere Pro のエフェクト名が同じ場合がありますが、実際には異なるエフェクトなので、これらは変換されません。

エクスプレッション

変換されません

レイヤーマーカー

クリップマーカー

マスクとマット

変換されません

ステレオミキサーエフェクト

チャンネルボリュームフィルター

タイムリマッププロパティ

タイムリマップエフェクト

時間伸縮プロパティ

速度プロパティ

速度と時間伸縮は反比例します。例えば、After Effects での 200 %の伸縮は Adobe Premiere Pro では 50 %の速度に変換されます。

トランスフォームプロパティの値とキーフレーム

モーションまたは不透明度の値とキーフレーム

ベジェ、自動ベジェ、連続ベジェまたは停止などのキーフレームの種類は保持されます。

R3D ソースファイル用のソース設定

R3D ソースファイル用のソース設定

Adobe Premiere Pro から After Effects へのコピー

Adobe Premiere Pro のシーケンスからビデオまたはオーディオアセットをコピーして、After Effects のコンポジションにペーストできます。After Effects ではアセットがレイヤーに変換され、ソースフッテージのアイテムがプロジェクトパネルにコピーされます。アセットに After Effects でも使用されているエフェクトが含まれている場合、After Effects はエフェクトとそのすべての設定およびキーフレームを変換します。

カラーマット、静止画、ネストされたシーケンスおよびオフラインファイルもコピーできます。After Effects では、カラーマットは平面レイヤーに、ネストされたシーケンスはネスト化されたコンポジションに変換されます。Photoshop の静止画を After Effects にコピーした場合、After Effects では Photoshop のレイヤー情報が保持されます。After EffectsAdobe Premiere Pro タイトルをペーストすることはできませんが、Adobe Premiere Pro のタイトルから属性のあるテキストを After Effects にペーストすることはできます。

  1. Adobe Premiere Pro のタイムラインパネルでアセットを選択します。
  2. 編集/コピーを選択します。
  3. After Effects のタイムラインパネルでコンポジションを開きます。
  4. タイムラインパネルがアクティブになっている状態で、編集/ペーストを選択します。アセットがタイムラインパネルの最上層のレイヤーとして表示されます。

    注意:

    アセットを現在の時間インジケーターの位置にペーストするには、現在の時間インジケーターの位置を合わせ、Ctrl + Alt + V キー(Windows)または Command + Option + V キー(Mac OS)を押します。

After Effects でのペーストの結果

After Effects のコンポジションにアセットをペーストする場合、コピーされたアセットに含まれるキーフレーム、エフェクトおよびその他のプロパティは、次のように変換されます。

Adobe Premiere Pro のアセット

After Effects で変換されたアイテム

注意

オーディオトラック

オーディオレイヤー

5.1 サラウンドまたは 16 ビットを超えるオーディオトラックはサポートされていません。モノラルおよびステレオオーディオトラックはレイヤーとして読み込まれます。

カラーバー&トーン

変換されません

描画モード

変換されます

クリップマーカー

レイヤーマーカー

カラーマット

平面レイヤー

クロップエフェクト

マスクレイヤー

フレームの保持

タイムリマッププロパティ

モーションまたは不透明度の値とキーフレーム

トランスフォームプロパティの値とキーフレーム

ベジェ、自動ベジェ、連続ベジェまたは停止などのキーフレームの種類は保持されます。

シーケンスマーカー

新規平面レイヤー上のマーカー

シーケンスマーカーをコピーするには、シーケンス自体をコピーするか、または Adobe Premiere Pro のプロジェクト全体をコンポジションとして読み込む必要があります。

速度プロパティ

時間伸縮プロパティ

速度と時間伸縮は反比例します。例えば、Adobe Premiere Pro での 50 %の速度は After Effects では 200 %の伸縮に変換されます。

タイムリマップエフェクト

タイムリマッププロパティ

タイトル

変換されません

カウントダウンマーク

変換されません

ビデオとオーディオのトランジション

クロスディゾルブのみ不透明度キーフレームまたは平面レイヤー

ビデオエフェクトプロパティとキーフレーム

エフェクトプロパティとキーフレーム(エフェクトが After Effects にも存在する場合)

After Effects では、サポートされていないエフェクトはエフェクトコントロールパネルに表示されません。

ボリュームおよびチャンネルボリュームオーディオエフェクト

ステレオミキサーエフェクト

その他のオーディオエフェクトは変換されません。

R3D ソースファイル用のソース設定

R3D ソースファイル用のソース設定

注意:

Premiere Pro プロジェクトを After Effects に読み込む際は、Premiere Pro から After Effects にコピーする場合と同様の方法で機能の変換が行われます。

Photoshop と Premiere Pro の操作

Photoshop を使用して静止画を作成した後、その静止画を Premiere Pro で変更することができます。画像全体や、任意のレイヤーをアニメーション化することも可能です。

また、ビデオの各フレームや画像シーケンスのファイルも Photoshop で編集できます。さらに、Photoshop の各種のツールを使用してビデオの編集やペイント作業を行う以外にも、エフェクト、マスク、変形、レイヤースタイルおよび描画モードを適用することができます。コピースタンプツール、パターンスタンプツール、修復ブラシまたはスポット修復ブラシを使用してペイントしたり、パッチツールを使用してビデオフレームを編集することもできます。

Photoshop でコピースタンプツールを使用すると、ビデオレイヤーからフレームをサンプリングし、サンプリングしたソースを別のフレームにペイントできます。別のターゲットフレームに移動すると、最初にサンプリングしたフレームに合わせてソースフレームが変更されます。

編集作業が終わったら、ビデオを PSD ファイルとして保存したり、QuickTime ムービーまたは静止画シーケンスとしてレンダリングすることができます。編集されたビデオを Premiere Pro で再び読み込み、さらに編集を続けることも可能です。

Premiere Pro を使用してムービーを作成している場合、Photoshop を使用して、そのムービーを構成する個々のフレームを調整できます。Photoshop をすると、次のことができるようになります。

  • 必要のない視覚的な要素を削除する。

  • 個々のフレームを描画する。

  • 優れた選択ツールとマスキングツールを使用して、アニメーションや合成の目的でフレームを要素に分割する。

Premiere Pro および Photoshop でのワークフローのビデオチュートリアル

  • このチュートリアルでは、Photoshop でビデオ編集用のグラフィックコンテンツおよび写真コンテンツを非常に簡単に生成する方法を学習します。
  • ビデオプロジェクトで、統合されていない Photoshop ファイルを処理する方法を学習するには、このチュートリアルをご覧ください。
  • このビデオチュートリアルでは、Photoshop ファイルを Premiere Pro に読み込み、個々のレイヤーにアクセスして特定のアニメーションやエフェクトを処理する方法について説明します。

具体的なタスクでのメリット

Premiere Pro の長所は、様々なビデオ編集機能が豊富に用意されている点です。これらの機能を使用すると、Photoshop ファイルをビデオクリップ、オーディオクリップおよびほかのアセットと結合することができます。例えば、Photoshop ファイルをタイトル、グラフィックおよびマスクとして使用できます。

一方、Photoshop には、ペイントツール、ドローツールおよび画像中の各部の選択ツールなど、優れたツールがあります。Photoshop のクイック選択ツールやマグネット選択ツールにより、簡単に複雑な形状からマスクを作成することができます。Premiere Pro を使用してマスクを手作業で描画するよりも、同じ作業を Photoshop で処理する方が効率的です。同様に、画像中のゴミを取り除く目的でペイントストロークを手作業で適用したい場合も、Photoshop のペイントツールの方が便利です。

Photoshop Extended のアニメーション機能およびビデオ機能には、キーフレームベースの簡単なアニメーションが用意されています。ただし、Premiere Pro には、様々なプロパティに対する豊富なキーフレームコントロールが備わっています。

静止画像の交換

Premiere Pro では数多くのファイル形式で静止画像の読み込みと書き出しが可能です。Photoshop から Premiere Pro に個々のフレームや静止画像のシーケンスを交換するときは、最高の柔軟性を得られるように Photoshop ネイティブの PSD 形式を使用します。

Premiere Pro に PSD ファイルを読み込むときには、レイヤーを統合した画像として読み込むか、レイヤーを保持したまま読み込むかを選択できます。

先に Photoshop で静止画像を作成しておき、それを Premiere Pro に読み込むことをお勧めします。このような準備作業の例としては、カラー補正、画像サイズの調整、画像の切り抜きなどがあります。Premiere Pro では、プレビューまたは最終出力の各フレームがレンダリングされるため、1 秒間分の個々のフレームに対して、同じ操作を何度も繰り返す必要が出てきます。そのため、ソース画像の変更は Photoshop で行うほうが適切な場合があります。

Photoshop で、特定の種類のビデオ出力用に正しく設定された PSD ドキュメントを作成することができます。作成するには、新規ファイルダイアログボックスから、「フィルムとビデオ」プリセットを選択します。Premiere Pro で、コンポジションとシーケンスの設定に適した PSD ドキュメントを作成できます。ファイル/新規/Photoshop ファイルを選択します。

ムービーの交換

PSD ビデオファイルを Photoshop との間で交換することはなくなりましたが、Photoshop からムービーを直接レンダリングしてそれを Premiere Pro で再び読み込むことができます。例えば、Photoshop で QuickTime ムービーを作成し、Premiere Pro で読み込むことが可能です。

カラー

Premiere Pro では、カラーが内部的に RGB(赤、緑、青)カラーパレットで扱われます。Photoshop で作成したビデオクリップを Premiere Pro で編集する場合、RGB を使用してビデオクリップを作成してください。

最終的なムービーを放送用に使用する場合は、その画像のカラーがブロードキャストセーフであることを Photoshop で確認しておくことをお勧めします。確認方法としては、Photoshop で SDTV NTSC もしくは HDTV(Rec.601)などの適切な出力先カラースペースをドキュメントに割り当てると便利です。

Photoshop ファイルの作成と編集

Premiere Pro プロジェクトのピクセルとフレーム縦横比の設定を自動的に継承する Photoshop 静止画ファイルを作成できます。また、Premiere Pro プロジェクトの静止画ファイルを Photoshop で編集することもできます。

プロジェクトでの Photoshop ファイルの作成

  1. ファイル/新規/Photoshop ファイルを選択します。

    Photoshop が起動され、新しい空の静止画が表示されます。ピクセルサイズはプロジェクトのビデオフレームサイズと同じ(標準的なサイズを使用している場合)で、イメージガイドはプロジェクトのタイトルセーフエリアおよびアクションセーフエリアを表します。

Photoshop での静止画ファイルの編集

プロジェクトでは、Adobe Photoshop がサポートするほとんどの形式の画像ファイルを開くことができます。Premiere Pro は、CMYK または LAB カラー形式のファイルを読み込みません。

  1. プロジェクトパネルまたはタイムラインパネルで静止画クリップを選択します。
  2. 編集/Adobe Photoshop で編集を選択します。

    ファイルが Photoshop で開かれます。ファイルを保存すると、変更内容が Premiere Pro プロジェクトに反映されます。

Encore と Premiere Pro の操作

Adobe Encore CS6 と Adobe Premiere Pro を使用して、1 つのシーケンスを DVD や Blu-ray ディスクに書き出すことができます。プロジェクト内の各シーケンスを別々の DVD や Blu-ray ディスクに書き出すことができます。まず、ディスクに書き出したいコンテンツをすべてシーケンスに追加します。シーケンスの編集が完了したら、次の操作をおこないます。

注意:

Encore CS6 を Premiere Pro CC と一緒に使用するには、次の資料を参照してください:

Encore チャプターマーカーの追加

Encore チャプターマーカーは、Adobe Premiere Pro のシーケンスに追加できます。Encore チャプターマーカーをシーケンスとともに Encore に送信できます。

Encore でオートプレイ DVD を作成する場合、Encore チャプターマーカーはシーンマーカーになります。この場合、DVD の再生時にリモコンの前へ戻るボタンや次へ進むボタンを押すと、前後のシーンマーカーにジャンプします。メニュー付きの DVD または Blu-ray ディスクを作成する場合、メニューのシーンボタンを Encore チャプターマーカーにリンクできます。

Encore に送信または MPEG-2 ファイルに送信

シーケンス全体、またはシーケンスの任意の部分を Adobe Premiere Pro から Encore に送信できます。その後、Encore を使用して、シーケンスをメニューなしの DVD に直接書き出したり、書き出す前にメニューやボタンを追加することができます。Encore を使用すると、次のことができるようになります。

  • プロジェクトをディスクに書き出す
  • プロジェクトを DVD イメージファイルに保存する
  • プロジェクトを 一連の DVD フォルダーに保存する
  • プロジェクトを DLT テープ上の DVD マスターファイルに保存する
  • プロジェクトを Web ページへの掲載用に SWF ファイルに書き出す

また、MPEG2-DVD 形式を使用して、DVD 規格に準拠した MPEG-2 ファイルを Adobe Premiere Pro から書き出すこともできます。MPEG2 ファイルはほとんどの DVD オーサリングアプリケーションで使用できます。

メニューテンプレートの選択

Encore のテンプレートは、あらかじめデザインされたメニューテンプレートで、さまざまなスタイルが用意されています。テンプレートのボタンは、シーケンスに配置されたチャプターマーカーに自動的にリンクされます。Encore は、1 つのシーケンスに設定されたすべてのチャプターマーカーに対応できるように、必要に応じて、追加のサブメニューを作成します。

注意:

オートプレイ DVD にはメニューがありません。オートプレイ DVD の場合はテンプレートを選択しないでください。

メニューテンプレートのカスタマイズ

Encore を使用して、タイトルの編集、グラフィックの変更または背景用ビデオの追加を行うことができます。また「モーションボタン」オプションを設定すると、ボタンのサムネールをビデオ化して使用することができます。

ディスクのプレビュー

各機能の動作や DVD または Blu-ray ディスクのメニューの表示を、DVD をプレビューウィンドウで確認します。

ディスクに書き込む

コンピューターに DVD ライターまたは Blu-ray ディスクライターが接続されていれば、コンテンツをディスクに書き出すことができます。コンピューターのハードディスクから再生できるように、エンコードしたファイルをフォルダーに保存することもできます。また、ISO イメージで保存して、そのままの形式で配布したり、DVD に書き出すことができます。

注意:

Encore は、DVD ビデオ形式に準拠した DVD を作成します。データ DVD やオーディオ DVD は作成できません。

Apple Final Cut Pro と Adobe Premiere Pro の操作

Final Cut Pro プロジェクトの XML ファイルを Premiere Pro に読み込むことができます。詳しくは、Final Cut Pro からの XML プロジェクトファイルの読み込みを参照してください。Premiere Pro プロジェクトのファイルを Final Cut Pro の XML ファイルとして書き出すことができます。

詳しくは、Final Cut Pro プロジェクトの XML ファイルへの書き出しを参照してください。

Final Cut Pro と Premiere Pro の間で可能なワークフローについては、他のノンリニア編集ツールを使用したオープンワークフローを参照してください。

XML プロジェクトを使用して Final Cut Pro と Premiere Pro の間で情報を交換する方法について、Joost van der Hoeven によるビデオチュートリアルがアドビ システムズ社の Web サイトで公開されています。

注意:

Premiere Pro および Final Cut Pro 7(およびそれ以前)では、ファイル交換のために Final Cut Pro XML ファイルを共有できます。Final Cut Pro X と Premiere Pro の間で情報を交換するには、「Xto7」というサードパーティ製ツールを使用できます。このツールの使用について詳しくは、ここを参照してください。

Final Cut Pro から Premiere Pro への簡単な移行に関するドキュメントについては、このページを参照してください。

注意:

Premiere Pro から書き出した XML ファイルは、いくつかのバージョンの Final Cut Express に読み込むこともできます。

Avid Media Composer と Adobe Premiere Pro の操作

Premiere Pro と Avid Media Composer の間で可能なワークフローについて詳しくは、他のノンリニア編集ツールを使用したオープンワークフローを参照してください。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー