放送は、最も要求の厳しい制作環境の1つです。品質と整合性が非常に重要です。配信期限は絶対的なものです。所要時間は、精度を使用して計算する必要があります。これで、すべてが日常的に機能するようになりました。したがって、放送は、ポストプロダクションの効率化に向けて最適なラボを提供します。

integration

放送制作から何を学ぶことができますか?

効率的な放送制作の基本原則は、すべてのビデオコンテンツクリエイターに適用されます。

  • シンプルに保つ
  • ワークフローの標準化
  • 繰り返しタスクを自動化する
  • コーデックではなくコンテンツに集中する

制作ツールの統合

最も簡単な用語では、統合機能を使用して追加の機能を手軽に作成できます。この方法では、複数のアプリケーションやシステムを操作する際の混乱を避けることができ、時間と費用を節約できます。単純に速く動作するだけでなく、深い統合により、放送局(およびすべてのビデオの専門家)がコンテンツを作成する方法を変えることができます。

Premiere Pro や Adobe Creative Cloud アプリケーションは、サードパーティテクノロジ向けの広範な API を備えたオープンプラットフォームとして設計されています。数百の企業が生産性を高め、費用を節約する拡張機能と統合を作成してきました。Adobe テクノロジーパートナーについては、『Adobe Video & Audio Partner Finder』を参照してください。

このベストプラクティスガイドでは、放送のユースケースを検証し、ユーザーがワークフローの高速化、自動化、標準化できる統合ツールの概要を説明します。高性能の放送制作に適用される原則は、すべての種類のビデオ制作に有効です。

Red Giant は、Premiere Pro および After Effects の強力なプラグインと拡張機能を提供します
Red Giant は、Premiere Pro および After Effects の強力なプラグインと拡張機能を提供します

サポートパートナーは、放送局およびポストプロダクション施設向けのシステムインテグレーターです。当社の日常的な業務は、クライアントのワークフローについて理解することと、生産をスピードアップできる分野、時間をどれだけ節約できるか、費用がどれくらいかかるかを特定することです。特に説明がない限り、本書で説明されている時間は、当社の経験に基づいています。

メディアを編集アプリケーションに取り込む

ほとんどの放送局は、特定のキャプチャフォーマットとポストプロダクション用のメザニンコーデックを標準にしています。これにより、予測可能性が提供され、特定のフォーマットに最適化できます。ただし、現実の世界では、何でも可能であり、メディアはどのような形式でも配信できます。この場合、画期的な製作プロダクションが 25 fps を要求し、29.97 fps を受け取ることを見てきました。HD プロダクションで 8 K のラッシュが配信され、比率が最大 40 %オーバーシュートしているため、ソーティング、トランスコーディング、編集の準備が必要な大量のメディアが発生しています。Adobe アプリケーションとサードパーティの統合により、取り込み処理を自動化および合理化し、放送局がメディアを効率的に管理できるようにします。

あらゆるカメラ形式をネイティブに編集できる Premiere Pro の機能は、ニュースや高速のメディアに最適です。オープン形式のタイムラインは、テクノロジーがエディターの邪魔にならないことを意味し、撮影とプレイアウトの間の時間を最小限にします。

他のプロダクションは、ラッシュのバッチトランスコーディングに大きく依存しており、編集者が編集を最適に実行できるようにします。トランスコードは、より大きなフレームサイズとカラースペースを持つフォーマットを使用する場合、ストレージの最適化とパフォーマンスの編集に役立ちます。

NLE でこのトランスコードを実行すると、RED RAW や ARRI RAW などの CPU を集中的に使用する形式を処理する場合、時間がかかり、繰り返しが発生する可能性があります。Adobe Media Encoder のレンダリングファームマネージャーとの統合を使用することにより、放送局は、オンプレミスまたはクラウド内でレンダーファームを起動し、メディアの「編集準備」をより速く、より少ない作業で、クリエイティブチームの混乱を減らすことができます。

Adobe Media Encoder と Premiere Pro の統合により、エディターはトランスコードの進行状況を確認し、メディアの準備ができたら通知を受けることができます。このワークフローを使用すると、メディアをビンにドラッグアンドドロップするか、タイムラインに直接ドロップできるため、エディターは作業を開始する前に最初のトランスコードを待つ必要がある場合よりも 50 % 高速に起動できます。

毎日世界中を移動するデータの 75 %はビデオです。放送局にとって、この巨大なメディアライフサイクルは、素材を名前付け、タグ付け、整理するインジェストオペレーターから始まります。優れた組織は、コンテンツクリエーターのメディアに大きな価値をもたらします。

大規模法人およびブティックポストハウスは、標準化された命名規則とメディアのフォルダー構造を使用することで、時間を節約し、リスクを軽減し、編集パイプラインを合理化します。この時間は、AI とオートメーションによって大幅に高速化されます。

GreyMeta Curio は AI を使用して、Premiere Pro 内でアクセス可能なメディアの並べ替えと整理を支援します
GreyMeta Curio は AI を使用して、Premiere Pro 内でアクセス可能なメディアの並べ替えと整理を支援します

コグニティブサービスを統合すると、ブランド認識、顔認識、画面上のテキスト、音声テキスト分析、ショットサイズ、ショットタイプなどのパラメーターを使用して、ソートおよびタグ付けプロセスを迅速化できます。事実、コグニティブサービスサービスでは、学習対象となる十分なデータがアルゴリズムに含まれている場合に、ほぼすべての内容を認識できるようにすることができます。近い将来、十分に訓練された AI システムは、カチンコの情報に基づいて、プレゼンターによって、または場所を認識することによって、すべてのショットを並べ替えることができます。

Premiere Pro パネルでメディアとメタデータを表示できるので、ユーザーはクリップやサブクリップを Premiere Pro から直接、並べ替えたり、検索したり、取得したりすることができます。このメタデータを Adobe スマートビンと統合することにより、編集者は、インジェストオペレーターによって重要と見なされなかった可能性のあるメディアにアクセスできます。また、メディアを再管理することもできます。

コグニティブサービスを使用して、プロジェクトのセットアップを自動化するツールを展開すると、クリエイティブな人々人はクリエイティブであることに集中できます。

Digital Anarchy の Transcriptive は、Premiere Pro 内で音声合成を提供します。
Digital Anarchy の Transcriptive は、Premiere Pro 内で音声合成を提供します。

コンテンツの編集と強化

編集の途中で Premiere Pro を終了しなければならない場合、クリエイティブなプロセスが混乱する可能性があります。実際、New York Times は、中断するたびに軌道に乗るまでに 25 分かかることがあると報告しています。統合されたパネルとプラグインを使用すると、オーダーメイドのサードパーティアプリケーションの能力を編集プロセスに直接提供し、ユーザーがフローを中断することなく、単一のインターフェイスから編集をクリエイティブに強化できるようにします。編集中に注意散漫となる最も一般的な要因の 1 つは、独自のシステム内または在庫画像のある Web サイトで、ファイルを検索することです。

通常、ユーザーは 2 つの方法でメディアを検索します。手動でファイルシステムを参照するか、アセット管理ツールを開きます。メディアアセット管理システムが別の場合は、編集者はメディアをダウンロードしてkら、ローカルドライブに移動し、最後に NLE にインポートする必要があります。このプロセスには時間がかかり、多くの場合、メディアが複製されます。

Premiere Pro にアセット管理システムを組み込むと、このプロセスが大幅に合理化され、ユーザーはメディアをアセット管理システムから Premiere Pro タイムラインを直接検索し、プレビューし、ドラッグできるようになります。Interact Source によると、業務時間の 19.8 %がファイルの検索に費やされているようです。この障害を取り除くことで、編集の貴重な時間が奪われるとがなくなります。

Cantemo Iconik を使用すると、Premiere Pro のタイムラインにドラッグすることによって、メディアにアクセスすることができます。
Cantemo Iconik を使用すると、Premiere Pro のタイムラインにドラッグすることによって、メディアにアクセスすることができます。

編集者は、プロダクションラッシュやアーカイブにアクセスできても、必要なすべてのフッテージを持っていない場合があります。ここで、Adobe Stock の出番です。他のストックコンテンツサイトとは異なり、Adobe Stock は Adobe アプリケーション内からアクセスできます。この機能を使用すると、ユーザーは 9000 万以上の画像、ビデオ、グラフィック (Mogrts など) を検索して、ビジョンを完成させることができます。Adobe が委託した調査によると、従来のストックコンテンツサイトでは、ビデオを見つけてからタイムラインに載せるまでに 3 分以上かかることがあります。一方、Adobe Stock は、わずか 16 秒で、このプロセスを実行できます。Adobe Stock フッテージを使用するためにライセンスを取得する必要はありません。透かし入りのプレビューフッテージを Creative Cloud に保存してから、タイムラインにインポートします。フッテージが承認されたら、「ダウンロード」をクリックします。すべての調整が保持された状態で、クリップのライセンスバージョンがプレビューに置き換わります。

ブランド化されたグラフィックス要素とオーディオ要素を組み込む

コンテンツはグローバルです。配信プラットフォームの増加とメディアの世界的なシンジケーションにより、平均的なビデオを複数のバージョンで配信する必要があります。多数の形式が必要なだけでなく、各メディアは地理的領域、人口統計、個人に合わせて調整する必要があります。ブランドの一貫性を確保しながら、コンテンツの速度を向上させるにはどうすればいいですか?

Adobe は、成果物全体の一貫性を確保することが業界全体の課題であることを認識しています。そのため、Adobe は放送局やポストプロダクション企業がサードパーティの統合を通じてワークフローの大部分を自動化できるようにしました。

この問題は、何百回ものバージョン管理が必要となるプロモーションコンテンツを作成するときに最も深刻です。たとえば、プロモーションでは、「今週の金曜日」、「明日の午後 9 時」、「今夜の午後 9 時」という曜日ごとにグラフィックが必要になる場合があります。さまざまな地域、言語、配信プラットフォームでこれを掛け合わせると1 つのビデオがすぐに何百もの成果物に変わりますが、すべてのビデオが、一貫性と同じ雰囲気を必要とします。 

従来、放送局では、複数のフォルダーに保存されたブランディングツールキットを使用して、この問題に対処してきたため、時間のかかる手動ワークフローが必要でした。ツールキットが更新または置き換えられると、一貫性の問題が生じやすくなります。Adobe Creative Cloud を使用すると、企業はツールキットを作成し、世界中のプロモーションチームにツールキットを配布できます。すべてのツールキットは、使用しているアプリケーションの Adobe パネルからアクセスできます。アセットを更新する必要がある場合、グラフィック部門は共有ライブラリで一度変更を行い、ツールキットはグローバルに更新されます。

プロモーション、ニュース、デジタルマーケティングなど、短い形式の放送コンテンツを作成する際の最大の課題は、品質を犠牲にすることなく厳しい納期に対応することです。Adobe Motion Graphics のテンプレート(.mogrt ファイル形式から派生した別名「Mogrts」)を使用すると、Premiere Pro 内で After Effects の能力を活用できます。After Effects でモーショングラフィックを作成してから、エクスポートして、Creative Cloud に追加し、編集者が Premiere Pro で使用するためにアクセスできるようにします。編集者がアプリケーション内で作業を続けることができるようにすることで、After Effects やモーショングラフィックスに詳しくない編集者も、より効率的に作業することができます。 

また、mogrts は、オペレーターの操作なしに、動的に変更できます。マスタースプレッドシートを統合するだけで、代替グラフィックを自動的に生成できます。これにより、グラフィックのバージョン管理にかかる時間が 84 %短縮されました。API 呼び出し、CMS システム、および MAM からのプロジェクトの自動入力や特定の配信先への自動トランスコードまたはアップロードなど、さらに一歩、短縮を進める多くのサードパーティ製品との統合があります。

MASV は、Premiere Pro から直接、高速でのファイル転送を提供します。
MASV は、Premiere Pro から直接、高速でのファイル転送を提供します。

他のチームやチームメンバーと協力する

世界中の最適な人材にアクセスするには、大陸間でメディア、プロジェクト、およびセッションを低遅延で共有することが不可欠であり、共同作業のワークフローが必要になっています。Teamviewer と GoToMeeting だけでは不十分です。Vimeo にアップロードしてコメントを求めるには時間がかかりすぎます。最新バージョンが時間と費用の無駄であることを確認するために、関係者に国または大陸を越えて旅することをリクエストします。レビュープロセス中だけでなく、作成中にも共同制作を行いたいという要望があります。

Creative Cloud Teams および Enterprise アカウントに含まれている Adobe Team Projects を使用すると、世界中のどこにいても、複数のユーザーが同じ Premiere Pro または After Effects プロジェクトで作業できます。ユーザーが変更を行うたびに、プロジェクトを同期して、共同編集者が変更を受け入れるか拒否するかを選択できますこのワークフローは、放送局が Adobe のツールセットを仮想化するために重要です。たとえば、ユーザーがオンプレミスまたはクラウドベースの仮想マシンで編集できるように、チームプロジェクトを設定できます。クラウドインスタンスを使用すると、地球上のあらゆる場所にいるユーザーが、大まかなストーリーをまとめて、オンプレミスの施設と共有してローカルに完成させることができます。このワークフローは、現地での編集に関する機会が広がり、プロジェクトの完成が加速され、編集のオーバーヘッドが削減されます。NDI ビデオストリーミングやスマートクラウドアーキテクチャなどのテクノロジーと組み合わせることで、ユーザーは場所に関係なく、真の意味での共同作業を体験できます。 

少し前までは、ユーザーがレビューと承認のためにメディアを送信したい場合、メディアをエクスポートし、プライベートの Vimeo または YouTube チャンネルにアップロードしてから、E メールで数時間、数日、数週間さかのぼって、小さな変更を加える必要がありました。 

これによって必然的に誤解やプロジェクトの遅延が発生していました。喜ばしいことに、こうした退屈な日々はなくなりました。Adobe Exchange で利用可能なさまざまなレビューおよび承認ツールを使用すると、プロジェクトのレビューおよび承認にかかる時間が最大 42 %短縮されます。ユーザーは詳細なレベルでレビューできるようになりました。これにより、共同作業の方法が改善されただけでなく、Adobe は、根本的にまったく新しい機能セットを利用できるようになりました。ユーザーは、Premiere Pro またはサードパーティのアプリケーションで対話し、ショット、シーン、一般的なアートに関する決定にコメントを付けたり、注釈を付けたりできます。コメントの監査証跡を統合すると、Premiere Pro は共同作業のプラットフォームになり、すべてのチームメンバー、編集者などが一緒に作業して、プロジェクトを形作ることができるようになります。 

Frame.io は、Premiere Pro のタイムライン上に、レビュー担当者のコメントを Premiere Pro のタイムラインに表示します。
Frame.io は、Premiere Pro のタイムライン上に、レビュー担当者のコメントを Premiere Pro のタイムラインに表示します。

プラットフォームを表示するために書き出す

納期が厳しくなると、配信ワークフローを合理化することで、期限に間に合うか、間に合わないかの違いが発生します。書き出しを行う前にできることが多ければ多いほど、納期に間に合う可能性が高くなります。

Adobe Media Encoder には、タイムチューナー、ラウドネスノーマライザーなどの時間を節約する機能が追加され、タイムラインに戻ることなく、メディアがブロードキャストに準拠するように全体的な画像補正を適用する機能が含まれます。書き出しが行われると、配信プロセスの残りの手順を自動化できる、さまざまなツールがあります。ユーザーは、正しいメタデータの入力、追加バージョンの生成、メディアの QC およびさまざまな宛先への配信を要求されます。ワークフローのオーケストレーションツールを Premiere Pro に統合することで、メディアのコンプライアンスが保証されるだけでなく、配信にかかる時間が 38 %短縮されます。

Telestream Vantage は、トランスコーディングと品質管理のワークフローを自動化します
Telestream Vantage は、トランスコーディングと品質管理のワークフローを自動化します

サードパーティの統合によって生じる時間の節約は、コンプライアンスと QC ワークフローで最も強く感じられます。現在、QC ツールから XML および JSON レポートファイルをインポートし、Premiere Pro のタイムラインに、対応するタイムコードのエラーを示すマーカーを追加するのは簡単です。これにより、QC プロセスが高速化され、誤ったファイルが配信されるリスクが軽減されます。

個人および小規模のスタジオは、放送のワークフローから何を学ぶことができますか?

BorisFX の Mocha Pro は、After Effects および Premiere Pro 内で強力な追跡ツールを提供します
BorisFX の Mocha Pro は、After Effects および Premiere Pro 内で強力な追跡ツールを提供します

予算やパイプラインに関係なく、スタジオや編集者を支援できるいくつかの原則があります。 

複数のアプリケーションを開いたり、ウィンドウを切り替えたり、NLE を離れたりしないでください。コアプラットフォームを選択してビジネスを構築し、すべての追加のアプリケーションとツールがプラットフォーム内で機能するか、プラットフォームを補完するようにします。

その他のアイデアについては、『ベストプラクティス:効率的な編集』を参照してください。

 

編集プロセスをマッピングし、ボトルネックを認識し、ボトルネックを削除して、一貫性を目指します。これは、ツールと統合がワークフローを改善する可能性がある場所を認識するのに役立つだけでなく、繁忙期にスムーズにスケーリングするのにも役立ちます。

面倒で繰り返しが多く、単に自動化に置き換えることができるタスクに多くの時間が費やされています。ワークフローをマッピングしたら、各段階を見て、時間が有効に活用されているかどうかを確認します。。これは、多くの場合、自動化できるプロセスを識別するのに役立ちます。自動化に最適だと思う場合は、ワークフローに統合できるアプリケーションが存在する可能性が十分にあります。

この記事では、モーショングラフィックスオーディオミキシング、およびワークフローの効率化については、ベストプラクティスガイドを参照してください。

 

邪魔にならないようにテクノロジーを構成して展開し、コンテンツの作成に集中できるようにします。多くの場合、技術の制限、柔軟性の欠如、または不十分なワークフローにより、制作チームは、コンテンツではなく技術に集中することに時間を費やします。制作チームと技術チームは、技術が要件に応じて機能し、その逆になっていないことを確認する必要があります。

ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業するを参照してください。

これらのベストプラクティスガイドについて

Adobe では、終了行にすばやく戻ることができます。ビデオ編集およびプロダクション向けの新しいベストプラクティスのガイドを参照します。

 

協力者

  • Joe Newcombe 氏は、放送局およびポストプロダクション施設のシステムインテグレーターである、サポートパートナーのセールスおよびマーケティングの責任者です。彼は英国を拠点にしています。
  • Jeff Greenberg 氏は、コンサルタント、マスタートレーナーであり、『Adobe Premiere Pro Studio Techniques』の著者です。
  • Maxim Jago 氏はパリに拠点を置く、映画製作者、マスタートレーナーであり、『Premiere Pro Classroom in a Book』の著者です。
  • Alex Macleod 氏は、制作の専門家で、放送コンサルタントであり、英国にある Media City Training の所有者です。
  • Jarle Leirpoll 氏は、ノルウェーに拠点を置く、映画製作者、編集者、およびマスタートレーナーです。また、彼は、『The Cool Stuff in Premiere Pro』の著者です。
  • Ian Robinson 氏は、ブロードキャストモーションデザイナーであり、通常の Adobe MAX トレーナーです。Ian はコロラド州シルバーソーンに拠点を置いています。