Premiere Pro で提供されるスマートレンダリング機能について学習し、高品質な出力を作成します。

スマートレンダリングでサポートされている形式

書き出し時に、特定の形式にスマートレンダリングを使用して、可能であれば再圧縮を避けて、より高品質な出力を作成できます。スマートレンダリングは、ソースのコーデック、サイズ、フレームレート、ビットレートが書き出し設定と一致する場合にのみ機能します。スマートレンダリングでサポートされている形式は次のとおりです。

スマートレンダリングをサポートする MXF ラッパーのコーデック

  • MXF 形式の AVC- Intra(形式/MXF OP1a および形式/AS-11)
  • MXF 形式の DNxHD および DNxHR(形式/DNxHR/DNxHD MXF OP1a)
  • DNxHD MXF OP-Atom から DNxHD MXF OP1a
  • JPEG 2000(12 ビット PQ スペースを使用する場合のみ)
  • MXF OP-Atom AVC Intra から MXF OP1a AVC-Intra
  • MXF OP1a から DNxHD MXF OP1a
  • XDCAM HD(形式/MXF OP1a および形式/AS-10)
  • XDCAM EX(形式/MXF OP1a)
  • MXF 形式の XAVC-Intra(形式/MXF OP1a)

注意:

MXF ラッパーのコーデックに対してスマートレンダリングをアクティブにするには、プリセットの「ビデオ設定」タブにある「スマートレンダリングコーデックを有効にする」オプションをオンにします。 

スマートレンダリングをサポートする QuickTime ラッパーのコーデック

  • アニメーション
  • DNxHD
  • GoPro CineForm
  • なし:非圧縮 RGB 8 ビット
  • ProRes 422
  • ProRes 422(HQ)
  • ProRes 422(LT)
  • ProRes 422(Proxy)
  • ProRes 4444

注意:

QuickTime コーデックのスマートレンダリングは、ソース設定が書き出し設定に一致する場合、いつでも自動的に有効になります。 

QuickTime ソースの一致(リラップ)のサポート

QuickTime ソースの一致(リラップ)は、いくつかの互換性のあるビデオストリームに対してのみサポートされます。これらには、次の QuickTime コーデックのほとんどの組み合わせが含まれます。

  • アニメーション
  • Apple ProRes(422 および 4444 フレーバー)
  • DV(25、50 および DVCPROHD)
  • GoPro CineForm
  • なし。

ソースクリップがこれらのコーデックのいずれかでない場合、QuickTime ソースの一致(リラップ)はサポートされず、警告が表示されます。

 

QuickTime ソースの一致(リラップ)は、いくつかの互換性のあるビデオストリームに対してのみサポートされます。これらは、基本的に、スマートレンダリングをサポートするコーデックです。これらには、次の QuickTime コーデックのほとんどの組み合わせが含まれます。アニメーション、Apple ProRes(422 および 4444 フレーバー)、DV(25、50 および DVCPROHD)、GoPro CineForm およびなし。ソースクリップがこれらのコーデックのいずれかでない場合、QuickTime ソースの一致(リラップ)はサポートされず、警告が表示されます。

スマートレンダリングをサポートする特別な場合

  • DV/DVCPRO/DVCPRO HD
  • MXF OP1a AVC-Intra から QuickTime AVC-Intra
  • QuickTime XDCAM から MXF OP1a XDCAM
  • QuickTime XDCAM HD から MXF OP1a XDCAM HD
  • QuickTime AVC-Intra から MXF OP1a AVC-Intra

注意:

  1. DV、DVCPRO および DVCPRO HD 形式は、QuickTime ラッパーや MXF ラッパーに含まれているか、ラッパーから別のラッパーに移されるかにかかわらずスマートレンダリングされます。 
  2. QT AVC-Intra に、または QT AVC-Intra からスマートレンダリングするには、QT AVC-Intra コーデックをインストールする必要があります。
  3. スマートレンダリングする形式は、これらの特別な場合にスマートレンダリングするためのオプションを決定します。例えば、MXF OP1a 形式にスマートレンダリングする場合、スマートレンダリングチェックボックスをオンにする必要があります。例外は、DV/DVCPRO/DVCPROHD のスマートレンダリングは、書き出すラッパーにかかわらず、常に有効であるということです。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー