マニュアル キャンセル

基本ビデオ設定

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
    3. ベータ版機能
      1. 新しい Spectrum UI
      2. Adobe Stock からの無料のストックオーディオ
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. Premiere Pro の更新のベストプラクティス
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. よくある質問
    7. リリースノート
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. 読み込みと書き出しに関する FAQ
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. Frame.io
    1. Frame.io のインストールとアクティベート
    2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
    3. Adobe Workfront と Frame.io の統合
    4. Frame.io でレビュー用に共有
    5. プロジェクトを共同編集する共同作業者の招待
    6. よくある質問
  8. メディアの読み込み
    1. 読み込み
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    2. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    3. ファイル形式
      1. サポートされているファイル形式
      2. Blackmagic RAW のサポート
    4. タイムコードの操作
  9. 編集
    1. ビデオの編集
    2. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. ソースモニターでのインポイントとアウトポイントの設定
      3. シーケンスにクリップを追加
      4. クリップの並べ替えと移動
      5. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      6. シーケンスからクリップを削除
      7. シーケンス設定の変更
      8. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      9. シーケンスの簡易化
      10. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      11. マーカーの操作
      12. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      13. シーン編集の検出
    3. クリップのカットとトリミング
      1. クリップの分割またはカット
      2. クリップのトリミング
      3. トリミングモードでの編集
      4. J カットと L カットの実行
      5. クリップの作成と再生
      6. トリミングと再生の環境設定の調整
    4. ビデオ
      1. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      2. メディアをレンダリングして置き換え
      3. 取り消し、履歴、イベント
      4. フレームの固定と保持
      5. 縦横比の操作
    5. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. ソースモニターでのオーディオクリップの編集
      3. オーディオトラックミキサー
      4. ボリュームレベルの調整
      5. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      6. スピーチを強調
      7. スピーチを強調に関する FAQ
      8. オーディオカテゴリのタグ付け
      9. 自動ダッキングオーディオ
      10. リミックスオーディオ
      11. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      12. オーディオバランスとパンについて
      13. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      14. オーディオエフェクトおよびトランジション
      15. オーディオトランジションの操作
      16. オーディオへのエフェクトの適用
      17. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      18. オーディオミックスの録音
      19. タイムラインでのオーディオの編集
      20. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      21. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    6. 文字起こしベースの編集
      1. 文字起こしベースの編集
      2. 文字起こしベースの編集に関する FAQ
    7. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. VR の編集
    8. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  10. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. Premiere Pro のメタデータエフェクト
      5. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的にリフレーム
      6. カラー補正エフェクト
      7. エフェクトマネージャー
      8. クリップのデュレーションと速度を変更する
      9. 調整レイヤー
      10. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  11. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. グラフィックとタイトル
      1. タイトルの作成
      2. リンクされたスタイルとトラックスタイル
      3. スタイルブラウザーの操作
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. ペンツールによる描画
      3. オブジェクトの整列と分布
      4. テキストとシェイプの外観の変更
      5. グラデーションの適用
      6. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      7. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      8. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      9. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. 文字起こし用言語パックのダウンロード
      3. キャプションの操作
      4. スペルチェックおよび検索と置換
      5. テキストの書き出し
      6. 音声テキスト変換に関する FAQ
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. レガシータイトルの廃止に関する FAQ
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  12. フォントと絵文字
    1. カラーフォント
    2. 絵文字
  13. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  14. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  15. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. カラー設定
    3. 自動カラー補正
    4. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    5. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    6. ショット間のカラーを修正および一致
    7. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    8. ビネットの作成
    9. Look と LUT
    10. Lumetri スコープ
    11. カラーマネジメントの表示
    12. タイムライントーンマッピング
    13. 放送用 HDR
    14. DirectX HDR サポートを有効にする
  16. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しの高速化
  17. 共同編集
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. 共同ビデオ編集の基本を学ぶ
    3. チームプロジェクトの作成
    4. Team Projects でのメディアの追加と管理
    5. 共同作業者の招待と管理
    6. 変更点の共同作業者との共有および管理
    7. Team Projects の自動保存結果とバージョンの表示
    8. チームプロジェクトの管理
    9. リンクされているチームプロジェクト
    10. よくある質問
  18. 長編とエピソードのワークフロー
    1. 長編とエピソードのワークフローガイド
    2. プロダクションの使用
    3. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
    4. ベストプラクティス:プロダクションの操作
  19. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  20. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  21. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定のリセットおよび復元
    3. リカバリモード
    4. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    5. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    6. Apple シリコン用 Premiere Pro
    7. ちらつき削除
    8. インターレースとフィールドオーダー
    9. スマートレンダリング
    10. コントロールサーフェスのサポート
    11. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    12. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro の更新後に設定を移行できない
      5. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      6. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      7. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      8. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  22. 拡張機能とプラグイン
    1. Premiere Pro でのプラグインと拡張機能のインストール
    2. サードパーティのデベロッパーの最新のプラグイン
  23. ビデオとオーディオのストリーミング
    1. Secure Reliable Transport(SRT)
  24. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. オフラインメディアの再リンク

ビデオの設定は、選択した書き出し形式によって異なります。 各形式には、使用可能な設定を決定する固有の要件があります。詳しくは、サポートされているファイル形式を参照してください。

注意:

一部のキャプチャカードとプラグインソフトウェアには、特定のオプションを備えた独自のダイアログボックスがあります。ここで説明しているのとは異なるオプションが表示された場合は、キャプチャカードまたはプラグインのマニュアルを参照してください。

探している設定を検索します。

ソースの一致

「ソースの一致」オプションを使用すると、書き出し設定をソースの設定に自動的に一致させることができます。

「ソースの一致」をサポートする形式:

  • アニメーション GIF
  • BMP
  • Apple ProRes MXF OP1a
  • DPX
  • GIF
  • H.264
  • HEVC(H.265)
  • JPEG
  • JPEG 2000 MXF OP1a
  • MPEG-2
  • OpenEXR
  • PNG
  • QuickTime
  • Targa
  • TIFF
注意:

現在の形式がソースの設定との完全一致をサポートしていない場合は、ソースの設定に最も一致する値が使用されます。

「ソースの一致」プリセット

ソースの一致」プリセットは、ソースからいくつかのビデオ属性を渡し、他の属性について具体的な値を選択する場合に便利です。「ソースの一致」設定を新しいプリセットとして保存して、任意のソースに適用できます。

デフォルトでは、Premiere Pro のプリセットメニューに H.264 形式のアダプティブ「ソースの一致」プリセットがいくつか含まれています。

  • ソースの一致 - アダプティブビットレート
  • ソースの一致 - アダプティブビットレート
  • ソースの一致 - アダプティブビットレート

これらのプリセットは、ほとんどの設定をソースに一致させ、ソースのフレームサイズに基づいてビットレートを調整します。これにより、ファイルサイズと書き出し時間を小さく抑えながら、より高画質なビデオを実現できます。

「ソースの一致」リラッププリセット

MXF OP1a、QuickTime、DNxHR/DNxHD MXF OP1a などの特定の形式には、「ソースの一致 (リラップ)」プリセットがあり、ビデオ フレームをソースから再エンコードせずに書き出しパイプラインに「パススルー」できます。これにより、書き出しが高速化され、ビデオの品質も損なわれることはありません。

注意:

リラッププリセットは、プリセットのコーデックに一致するソースにのみ適用できます。例えば、MXF のリラッププリセットは、MXF コーデックにエンコードされているソースにのみ適用できます。

フレームサイズ

フレームサイズメニューには、以下から選択できる一般的なビデオフレームサイズのリストが含まれています。

  • 4K
  • UHD
  • クアッド HD
  • フル HD
  • HD
  • SD NTSC ワイド
  • SD NTSC

各設定の正確なピクセル寸法が表示されます(幅×高さ)

カスタム」を選択して、書き出すファイルに独自の幅と高さを設定することもできます。ホットテキストコントロールをドラッグして幅と高さの設定をすばやく調整するか、各フィールドをクリックして独自の値を入力します。フレームサイズを調整しながら縦横比を制限するには、ロックアイコンが有効になっていることを確認します。

注意:

一部の形式やコーデックでは、限られた範囲のフレームサイズしかサポートされていません。

フレームレート

フレームレートは、再生中に 1 秒間に表示されるビデオのフレーム数を示します。 一般に、フレームレートを上げると動きが滑らかになりますが、ソースメディアのフレームレートとは異なるフレームレートを選択すると、不要なモーションアーティファクトが生じる場合があります。一部の形式とコーデックは、特定のフレームレートのセットのみをサポートしていることに注意してください。

フィールドオーダー

書き出すファイルにプログレッシブフレームを含めるか、インターレースフィールドで構成されるフレームを含めるかを指定します。

  • デジタルテレビ、オンラインコンテンツ、フィルムには、プログレッシブ設定が適しています。
  • NTSC や PAL などのインターレース形式に書き出す場合は、「奇数から」または「偶数から」を選択して、インターレースフィールドの表示順序を設定します。

詳しくは、以下を参照してください

「ソースの一致」に設定した場合、Premiere Pro はこの値をソースのフィールドオーダーに合わせて自動的に設定します。詳しくは、インターレースビデオと非インターレースビデオを参照してください。

縦横比

ビデオのピクセル縦横比。ピクセル縦横比(PAR)は、単一のビデオピクセルの幅と高さの比率を表します。HD、4 K UHD、8 K などのデジタルビデオ形式には通常、正方形ピクセル(PAR 1.0)がありますが、NTSC や PAL などのアナログ形式には長方形ピクセルがあります。ソースメディアの PAR とは異なる PAR で書き出すと、ビデオ画像が歪む場合があります。

縦横比について詳しくは、次のページを参照してください。

最大深度でレンダリング

有効にすると、最大深度でのレンダリングは、現在の形式でサポートされている最大のビット深度(ほとんどの場合、32 ビットフロート処理)を使用してエフェクトをレンダリングします。

ソースビデオからより多くのカラー情報を保持しておくと、スムーズなカラーグラデーションを使用した領域でのバンディングアーティファクトが減少し、明るいハイライトと濃いシャドウのある領域で、より多くの詳細情報を保持するのに役立ちます。

シナリオによっては、最大深度でレンダリングを有効にすると、エンコード時間が長くなる場合があります。また、GPU アクセラレーションを有効にしたシステムでは、この設定に関係なく、常に最高のビット深度でエフェクトがレンダリングされます。

透明度

このオプションを使用すると、透明性のある GIF を書き出すことができます。透明度は次の3つのオプションから選択できます。

  • なし:透明性はありません。
  • ディザー:アルファ値の全範囲をシミュレートするために、透明なピクセルのパターンを作成します。
  • ハードな輪郭:50%のアルファしきい値に基づいて透明度が作成されます。

最高レンダリング品質を使用

このオプションは、ソースメディアとは異なるフレームサイズに拡大/縮小する際(例えば、高解像度 4-K シーケンスから低解像度 HD または SD 形式へ書き出す場合)、詳細情報を保持し、エイリアスを回避するのに役立ちます。また、拡大/縮小、回転および位置変換がシーケンスでどのようにレンダリングされるかに影響を与えることもあります。このオプションを有効にすると、品質は向上しますが、次の点に注意してください。

  • 特に GPU がサポートされていないシステムでは、書き出し時間が大幅に増加する場合があります。
  • レンダラーが Metal、CUDA または OpenCL に設定されている場合、サポートされている GPU ハードウェアを備えたシステムでは、自動的に最高のレンダリング品質が使用されます。

アルファチャンネルのみをレンダリング

このオプションは、アルファチャンネルを含むソースに使用できます。有効にすると、アルファチャンネルのみが出力ビデオにレンダリングされ、アルファチャンネルのグレースケールプレビューが表示されます。この設定は、透明度情報をサポートしない MXF などの形式に書き出す場合に便利です。アルファチャンネルのみの出力を使用して、サードパーティアプリケーションでビデオの透明な領域を定義できます。

補間

時間補間は、書き出されたメディアのフレームレートがソースメディアと異なる場合に再生されます。例えば、ソースシーケンスが 30 fps で、60 fps で書き出す場合などです。時間補間では、次の方法でフレームを生成または削除します。

  • フレームのサンプリング – フレームを複製または削除して、目的のフレームレートを実現します。このオプションを選択すると、一部のフッテージで再生が途切れたり、ぎこちなくなったりする場合があります。
  • フレームブレンド – フレームを隣接するフレームとブレンドして追加または削除すると、よりスムーズな再生が可能になります。
  • オプティカルフロー – 周囲のフレームからピクセルの動きを補間して、フレームを追加または削除します。通常、このオプションを選択すると、最もスムーズな再生が実現しますが、フレーム間に大きな違いがある場合はアーティファクトが発生する可能性があります。このエラーが発生した場合は、他の時間補間設定を使用してみてください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン