マニュアル キャンセル

ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
    7. よくある質問
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
      1. Blackmagic RAW のサポート
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. ビデオの編集
    2. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. シーケンス設定の変更
      3. クリップをシーケンスに追加する
      4. シーケンスでのクリップの並べ替え
      5. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      6. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      7. シーケンスの簡易化
      8. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      9. マーカーの操作
      10. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      11. シーン編集の検出
    3. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    4. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    5. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    6. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. タイトル
      1. タイトルの作成
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. ペンツールによる描画
      3. オブジェクトの整列と分布
      4. テキストとシェイプの外観の変更
      5. グラデーションの適用
      6. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      7. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      8. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      9. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. 文字起こし用言語パックのダウンロード
      3. キャプションの操作
      4. スペルチェックおよび検索と置換
      5. テキストの書き出し
      6. Premiere Pro での音声テキスト化 | よくある質問
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. Premiere Pro でのレガシータイトルの廃止 | よくある質問
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  11. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  12. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  13. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  14. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  15. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. Adobe Workfront と Frame.io の統合
      4. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. Team Projects の作成
      3. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      4. チームプロジェクトでの共同作業者の招待と管理
      5. 共同作業者との変更点の共有と管理
      6. Team Projects の自動保存とバージョンの表示
      7. Team Projects のアーカイブ、復元、削除
  16. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  17. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  18. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定のリセットおよび復元
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      5. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      6. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      7. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  19. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

エッセンシャルサウンドパネルを使用すると、手動のオーディオ編集よりも 20 倍も高速に、プロフェッショナルな出力が得られます。これは、Premiere Pro の最高の秘密です。この機能を使用するには、次の操作を行います。 

映画学校には古い冗談があります。人々が素晴らしいオーディオと劣悪な映像の映画を見ると、観客は、興味深い実験映画と呼ぶということです。素晴らしい映像とオーディオが劣悪な映画を見ると、観客はそれが面白い学生映画だと言います。 

常に気づいているわけではありませんが、視聴者は画像よりも音質に敏感です。しかし、オーディオミキシングは、要求が厳しく、時間のかかるプロセスです。また、配信基準は、厳しいものとなっています。優れたミックスはクリアで、ストーリーをサポートするものであるべきです。特に放送レベルは、国際的に採用されているラウドネスの制限を超えないものとします。 

Premiere Pro のエッセンシャルサウンドパネルは、オーディオミキシングを大幅に簡素化し、高速化します。単一のステップで複数のクリップに変更を適用できます。当社のテストでは、手動のオーディオミキシングと比較して、エッセンシャルサウンドツールを使用すると、プロの結果を 20 倍高速化できることがわかりました。さらに良いことに、調整はブロードキャスト配信レベルに準拠しているため、品質チェック中にフラグが立ったり、拒否されることがないミックスを作成することができます。 

優れたオーディオを配信する機能は、編集スキルの重要な要素です。このベストプラクティスガイドでは、エッセンシャルサウンドパネルでオーディオをミキシングするプロセスを説明し、Premiere Pro の「従来の」オーディオミキシングツールと比較し、両方を使用して優れたオーディオをすばやく得る方法を示します。 

オーディオワークフローの概要

さまざまなオーディオワークフローの詳細は異なりますが、すべて同じ重要な要素があります。

  1. さまざまなタイプのオーディオ(ボーカル、音楽、スポットオーディオエフェクト、アンビエントサウンド)のラウドネスレベルを修正して一致させます。 
  2. ミックスを最適化し、相対的なレベルを調整して、ダイアログなどの重要な要素が、はっきり聞こえるようにします。 
  3. レベルがブロードキャストに適合していることを確認します。
  4. 時間が許せば、よりインパクトのある楽しいミックスのためにクリエイティブな調整を適用します。

従来のオーディオミキシングは手動プロセスであり、多くの結果の確認と再確認が必要です。エッセンシャルサウンドパネルでは、すべての主要なオーディオ作業をより速く、より少ないクリック数で完了できます。

すべてのクリエイティブコンテンツと同様に、サウンドを改善するためにできることは常にありますが、エッセンシャルサウンドパネルはプロフェッショナルな結果をすばやく取得し、オーディオミキシングのクリエイティブな側面に、より多くの時間を費やすことができます。 

エッセンシャルサウンドパネルを使用したミックスの作成

エッセンシャルサウンドパネルは、様々なタイプのオーディオに基づくプリセットにも使用できます。エッセンシャルサウンドパネルでオーディオ設定をカスタマイズすることは可能ですが、サウンドに特定のレシピがない限り、何も変更する必要はありません。 

エッセンシャルサウンドパネル(またはオーディオワークスペース)を開いた後、最初のステップは、各オーディオクリップにオーディオタイプを割り当てることです。これを行うには、シーケンス内のオーディオクリップを選択し、エッセンシャルサウンドパネルで適切なタイプのボタンをクリックします。 

たとえば、プロジェクトテンプレートを使用してプロセスを効率化するなど、オーディオトラックを事前に設定している場合。

「ダイアログ」をオーディオタイプとして割り当て、エッセンシャルサウンドパネルで自動レベル調整を適用します。これは、ダイアログのための国際放送のラウドネスの拡大・縮小に基づいたレベルを適用します。

ミュージックオーディオタイプを割り当て、エッセンシャルサウンドパネルで自動レベル調整を適用します。エッセンシャルサウンドパネルは、フォアグラウンドオーディオの音楽レベルを設定します。音楽レベルを下げるには、エッセンシャルサウンドパネルのクリップボリュームコントロールを使用します。

アンビエントオーディオの種類を、場所の感覚を作り出す、バックグラウンドサウンドなどのアンビエントオーディオに割り当てます。音楽の場合と同様に、周囲のレベルを下げる必要がある場合があります。これは、クリップボリュームコントロールで行うことができます。

SFX オーディオタイプを使用して、自動レベル調整を適用します。必要に応じて、クリップボリュームコントロールを使用します。効果音を使用すると、オーディオの一部を手動で調整して、適切な効果を作成することもできます。

シーケンス内のミュージッククリップを選択し、ダッキングを有効にします。「設定」を選択し、「キーフレームの生成」をクリックします。オートダッキングは、会話再生中に音楽レベルを下げるオーディオキーフレームをインテリジェントに適用し、ダイアログの周辺で音楽が自然に上下するようにします。アンビエントオーディオでも同じ方法でオートダッキングを使用できます。

エッセンシャルサウンドパネルを使用する利点は、これらの調整を一連の手順で、タイムラインパネルの任意の数のクリップに適用できることです。調整はインテリジェントに行われるため、エラーが発生する可能性は低くなり、完全なミックスが得られ、レビューの準備が整います。

エッセンシャルサウンドツールは適切なラウドネスレベルを対象としているため、時間がかかる出力の前にレベルを確認する作業が必要ありません。ラウドネスを確認する必要がある場合は、オーディオトラックミキサーを使用して、ラウドネスレーダー効果をマスタートラックに追加します。ラウドネスレーダー効果を表示しながらシーケンスを再生して、レベルを監視します。再生は 4 倍の速度で実行できます。

混合を微調整する

上記の手順を使用すると、適切な組み合わせが得られますが、場合によってはそれだけで十分な場合もあります。しかし、エッセンシャルサウンドパネルでできることは他にもあります。

パラメトリックイコライザーエフェクトを使用すると、特定の周波数のオーディオレベルに正確な調整を適用できます。これにより、ボーカルのパフォーマンスに重みを付けたり、音楽トラックの強調を調整したり、スポットオーディオエフェクトを調整したりできます。

オーディオレベルを増幅すると同時に、オーバーライドを防ぐリミッターを適用します。その結果、ミックス全体の音量が大きくなりますが、Premiere Pro では特定の周波数で、この作業を行うことができます。これはボーカルに適用される一般的な効果であり、不要なバックグラウンドノイズを含む可能性のある高周波数または低周波数を増幅することなく、音声に影響を与える周波数をブーストします。

クリーンなオンサイトオーディオのキャプチャは、メディア制作の大きな課題の 1 つです。エッセンシャルサウンドパネルには、強力な統合オーディオクリーンアップツールがあるため、このツールを使用して、さらに正確な調整を行うことができます。

エッセンシャルサウンドパネルを使用して、オーディオワークフローを 20 倍高速化する方法を学びます

完全なレビューと詳細な調整

最終的に、あなたの耳のようなオーディオを測定するものはありません。レベルがブロードキャストレベルに達した場合、残りはミックスのさまざまな部分を慎重に段階的に調整します。これはメロディーから交響曲への旅であり、数時間または数日かかることがあります。

エッセンシャルサウンドパネルによって節約できた時間をどのように計算しましたか?

4 つの異なるプロジェクトでオーディオワークフローをテストし、クリック数をカウントし、エッセンシャルサウンドパネルと手動のオーディオ調整を使用して、同じ手順を完了するのに必要な時間を測定しました。 

結果は一貫して 20 倍の速度向上を示しました。これは、エッセンシャルサウンドパネルを使用してオーディオ編集を簡素化および高速化できることを意味しています。エッセンシャルサウンドパネルで優れた結果を得るために、オーディオエンジニアである必要はありません。レベルは自動的に修正され、ユーザーは完全な調整ができます。

ミックスを完了するために必要なクリック
ミックスを完了するために必要なクリック

ミックスを完了するために必要な時間
ミックスを完了するために必要な時間

これらのベストプラクティスガイドについて

Adobe では、終了行にすばやく戻ることができます。ビデオの編集と制作については、ベストプラクティスガイドを参照してください。

協力者

  • Maxim Jago 氏はパリに拠点を置く、映画製作者、マスタートレーナーであり、『Premiere Pro Classroom in a Book』の著者です。
  • Jeff Greenberg 氏は、コンサルタント、マスタートレーナーであり、『Adobe Premiere Pro Studio Techniques』の著者です。
  • Jarle Leirpoll 氏は、ノルウェーに拠点を置く、映画製作者、編集者、およびマスタートレーナーです。また、彼は、『The Cool Stuff in Premiere Pro』の著者でもあります。
  • Alex Macleod 氏は、制作の専門家で、放送コンサルタントであり、英国にある Media City Training の所有者です。
  • Joe Newcombe 氏は、放送局およびポストプロダクション施設のシステムインテグレーターである、サポートパートナーのセールスおよびマーケティングの責任者です。彼は英国を拠点にしています。
  • Ian Robson 氏は、ブロードキャストモーションデザイナーであり、通常の Adobe MAX トレーナーです。Ian はコロラド州シルバーソーンに拠点を置いています。
アドビのロゴ

アカウントにログイン