Premiere Pro には VST(Virtual Studio Technology)オーディオプラグインが用意されています。これらのプラグインを使用して、オーディオクリップのプロパティを変化させたり、オーディオに特殊効果を付加することができます。ほとんどのエフェクトは、モノラル、ステレオ、5.1 クリップに対応しています。これらのエフェクトは、特に指定のない限りクリップとトラックのどちらに適用することもできます。Soundbooth をインストールしている場合には、Adobe Soundbooth から VST エフェクトを自動的に検索、認識し、使用できるようになります。

注意:

各オーディオエフェクトにはバイパスオプションがあります。このオプションを使用すると、設定するキーフレームでエフェクトのオンまたはオフを指定することができます。

オーディオエフェクトは単一の統合されたエフェクトに合成され、Audio Effects フォルダー内のフラットリストに表示されます。オーディオエフェクトを適用すると、対象クリップに対して適切な種類のエフェクト(モノラル、ステレオ、5.1)が自動的に適用されます。使用可能なオーディオエフェクトの一覧および説明については、オーディオエフェクトを参照してください。

一部のエフェクトには制限があり、特定の種類のトラックでしか使用できません。例えば、バランスエフェクトはステレオトラックにのみ適用可能で、モノラルや 5.1 には適用できません。以下のエフェクトには、こうした制限があります。

  • バランス(ステレオのみ)

  • チャンネルボリューム(ステレオおよび 5.1 のみ)

  • 左チャンネルへ振る(ステレオのみ)

  • 右チャンネルへ振る(ステレオのみ)

  • チャンネルの入れ替え(ステレオのみ)

 

注意:

統合されたオーディオエフェクトのプリセットは、単一または複数のオーディオエフェクトから作成できます。

オーディオミキサーでのオーディオエフェクトの適用

オーディオミキサーで、エフェクトをエフェクトとセンドの設定領域で選択してから、トラックエフェクトオプションを制御します。エフェクトとセンドの設定領域が表示されていない場合は、オーディオミキサーの左側にあるエフェクトとセンドの表示/非表示の横の三角形をクリックして表示することができます。エフェクトとセンドの設定領域にはエフェクトの選択メニューが用意されていて、トラックにエフェクトを最大 5 つまで適用できます。エフェクトはリストに表示される順序で処理され、エフェクトが適用された結果が次のエフェクトに渡されます。したがって、エフェクトの順序を変更すると処理結果も変わります。また、エフェクトリストから、追加した VST プラグインの制御機能をすべて使用することができます。オーディオミキサーで適用されたエフェクトは、タイムラインパネルでも表示および編集することができます。

エフェクトを、プリフェーダーまたはポストフェーダーに指定することができます。プリフェーダーとポストフェーダーの違いは、トラックのフェーダーが適用される前または後のどちらにエフェクトが適用されるかという点です。初期設定では、プリフェーダーに指定されています。

オーディオミキサーでは、エフェクトのパラメーターをアニメーションさせる場合は、オートメーションオプションを使用して記録することができます。また、タイムラインでキーフレームを使用して指定することができます。

注意:

同じエフェクトを繰り返し使用する場合は、サブミックスを使用してエフェクトを共有し、システムリソースを節約します。この場合、サブミックスを作成してエフェクトを適用し、センドを使用してそのサブミックスへトラックをルーティングすることでエフェクトを処理させます。

オーディオミキサーでのトラックへのエフェクトの適用

  1. (オプション)オーディオミキサーでエフェクトとセンドの設定領域を表示するには、オーディオミキサーの左にあるエフェクトとセンドの表示/非表示の横の三角形をクリックします。
  2. エフェクトを適用するトラックで、エフェクトの選択の三角形をクリックして、メニューからエフェクトを選択します。

    注意:

    トラックにエフェクトを使用する場合は、適用する順序を検討してください。エフェクトとセンドの設定領域内でエフェクトをドラッグして移動することはできません。

  3. 必要に応じて、エフェクトとセンドの設定領域の下部にあるメニューから、編集するエフェクトパラメーターを選択します。
  4. パラメーターメニューの上のコントロールを使用してエフェクトオプションを調整します。

    注意:

    VST プラグインエフェクトによっては、オプションコントロールを備えた別のパネルでエフェクトオプションを調整することができます。トラックエフェクト名をダブルクリックして VST エディターパネルを開きます。

タイムラインでのオーディオトラックエフェクトの調整

基本オーディオエフェクトであるトラックまたはパンナーエフェクトは、トラックのキーフレームのラバーバンドを操作するか、オーディオミキサーのコントロールを使用して調整できます。

  1. 必要に応じて、タイムラインパネルでトラック名の隣の右向きの三角形をクリックして、クリップが含まれているオーディオトラックの表示を展開します。
  2. トラック名の左下にあるキーフレームを表示ボタン をクリックして、メニューから「トラックキーフレームを表示」を選択します。
  3. オーディオトラックのクリップの左上のメニュー(初期設定として「トラック:ボリューム」が表示されます)をクリックして、表示されるメニューからエフェクト名およびプロパティを選択します。プリフェーダーエフェクトはリストの最上部に、ポストフェーダーエフェクトはリストの最下部に表示されます。エフェクト名の次に表示される番号は、トラックエフェクトリストでの位置、つまりレンダリング順序を示しています。
  4. ペンツールを使用して、レベルを均一に調整するか(キーフレームが追加されていない場合)、キーフレームを追加または編集します。

トラックエフェクトのコピーとペースト

トラックのある領域からトラックエフェクトをコピーして、別の領域にペーストできます。ペーストするトラックエフェクトのキーフレームは、コピー元のトラックの、時間インジケーターの位置に配置されます。ターゲットトラックの指定は、ペーストするキーフレームの位置に影響を与えません。

  1. タイムラインで、1 つまたは複数のトラックキーフレームを選択してコピーします。複数のトラックキーフレームを選択するには、Shift キーを押しながら各キーフレームをクリックするか、ドラッグして周囲のキーフレームを囲みます。
  2. 編集/コピーを選択します。
  3. キーフレームをペーストする位置に時間インジケーターを移動します。
  4. 編集/ペーストを選択します。

トラックエフェクトのプリフェーダーまたはポストフェーダーへの指定

  1. オーディオミキサーのエフェクトとセンドの設定領域で、エフェクトを右クリック(Windows)、または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、「プリフェーダー」または「ポストフェーダー」を選択します。

オーディオミキサーでのトラックのエフェクトの削除またはバイパス

  1. オーディオミキサーのエフェクトリストで、次のいずれかの操作を行います。
    • トラックに適用されたエフェクトを削除するには、削除するエフェクトの隣の下向き三角形をクリックして、「なし」を選択します。

    • トラックに適用されたエフェクトをバイパスするには、エフェクトリストの最下部付近にあるエフェクトをバイパスボタン をクリックして、スラッシュ入りアイコンの表示に変更します。

VST エフェクトの操作

Premiere Pro では、Steinberg VST(Virtual Studio Technology)オーディオプラグイン形式がサポートされています。これにより、他社製の VST オーディオエフェクトを追加することができます。Premiere Pro には、VST プラグインエフェクトもあります。これらのエフェクトは、オーディオミキサーとエフェクトコントロールパネルの両方に表示されます。トラックベースの VST プラグインによって、さらにコントロールが追加される場合もあります。VST エフェクトは、ほかのエフェクトと同じ方法でトラックやクリップに適用します。

オーディオミキサーのエフェクトとセンドの設定領域では、VST エフェクトはエフェクトの選択メニューに表示されます。エフェクトパネルでは、オーディオエフェクトビンに表示されるので、クリップごとにエフェクトを適用することができます。ほとんどの場合、VST エフェクトは、そのエフェクトがサポートするチャンネル数に対応したトラックタイプのオーディオエフェクトビンに表示されます。例えば、ステレオ VST エフェクトは、オーディオミキサーではステレオトラックのトラックエフェクトメニューのみに表示され、エフェクトパネルのオーディオエフェクトビンではステレオビンに表示されます。いずれかの VST エフェクトを適用すると、そのエフェクトのコントロールが表示された独立したウィンドウを開くことができます。エフェクトにオートメーションを使用する場合などは、VST エディターウィンドウをいくつでも開いておくことができます。ただし、プロジェクトを閉じると VST エディターウィンドウもすべて閉じられます。

Premiere Pro 以外の VST 互換アプリケーションがインストールされている場合、既存の VST フォルダーから VST エフェクトが検索されます。Premiere Pro アプリケーションの Plug-ins フォルダーには、Premiere Pro 専用のプラグインファイルが入った VST Plugins フォルダーがあります。Premiere Pro は、次の場所から VST プラグインを検索します。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\VST\VSTPluginsPath(Windows)

  • C:\Program Files\Steinberg\VSTPlugins(Windows)

  • System HD/Library/Audio/Plug-ins/VST(Mac OS)

  • System HD/<user>/Library/Audio/Plug-Ins/VST(Mac OS)

既にオーディオアプリケーションがインストールされている場合、VST プラグインの場所が、レジストリ(HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\VST\VstPluginsPath)に存在する必要があります。Premiere Pro では、このレジストリキーに指定されたパスを使用します。該当するパスが、例えば「[Program Files]\Steinberg\VstPlugins\」のように設定されている必要があります。

注意:

Adobe 製ではない VST エフェクトを使用する場合、各プラグインのコントロールレイアウトおよび処理結果はプラグインメーカーの仕様に従ったものになります。Adobe Premiere Pro では、各メーカーの仕様に従ったコントロールの表示と処理のみが行われます。

VST エディターパネルでの VST エフェクトの調整

オーディオミキサーでは、特定の VST エフェクトに対して VST エディターパネルを開いてエフェクトオプションを調整することができます。

注意:

エフェクトコントロールパネルから VST エディターウィンドウを開くことはできません。

  1. エフェクトとセンドの設定領域を表示する必要がある場合は、オーディオミキサーの左側にあるエフェクトとセンドの表示/非表示の横の三角形をクリックします。
  2. エフェクトとセンドの設定領域で、「エフェクトの選択」セクションにある下向き三角形のいずれかをクリックして、エフェクトの名前を選択します。
  3. エフェクト名をダブルクリックします。

    VST エディターパネルが開きます。このパネルは、ほかのパネルと同様にドッキングまたはグループ化できます。

  4. VST エディターパネルで、オプションを指定します。

    注意:

    VST プラグインエフェクトのオプションコントロールは、エフェクトとセンドの設定領域の最下部にも表示されます。

VST エフェクトのプリセットの選択

  1. オーディオミキサーのエフェクトとセンドの設定領域でエフェクト名を右クリック(Windows)、または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、表示されるメニューの下部にリストされているプリセットを選択します。

    注意:

    プリセットをサポートしていないエフェクトでは、選択できるのは「デフォルト」だけです。「デフォルト」を選択すると、エフェクトのすべてのオプションの値がリセットされます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー