Adobe® Prelude™ を使用してクリップをインジェストしたり、フッテージをトランスコードしたり、サブクリップマーカーやラフカットを作成したりして、Adobe Premiere Pro にデータを読み込むことができます。

Prelude のクリップ命名機能およびメタデータ機能を使用して、サブクリップをすばやく作成し、ラフカットアセンブリを作成し、すぐに編集するためにシーケンスとして Premiere Pro に送信できます。その後、Prelude からラフカット、クリップ、サブクリップ、およびビンを編集するために Adobe Premiere Pro プロジェクトに書き出すことができます。

Adobe Prelude の使用について詳しくは、Adobe Prelude ヘルプを参照してください。

ビデオチュートリアル:Prelude でクリップ、サブクリップ、およびシーケンスを整理する

ビデオチュートリアル:Prelude でクリップ、サブクリップ、およびシーケンスを整理する
クリップを Premiere Pro に読み込む前に、Prelude 内で整理しておく方法を学習します。
Jeff Sengstack

Adobe Prelude からのファイルの書き出し

Prelude からラフカット、クリップ、サブクリップ、およびビンを Adobe Premiere Pro プロジェクトまたは FCP XML ファイルに書き出すことができます。または、ラフカットを Adobe Premiere Pro に直接送信して編集することもできます。

Prelude からの整理内容やメタデータ情報は、Adobe Premiere Pro に引き継がれます。このようにワークフローはシームレスなので、ムービーの最終版を作成するときにポストプロダクションにかかる時間や作業が削減されます。

Premiere Pro プロジェクトおよび Final Cut Pro XML ファイルの書き出し

Adobe Prelude からのクリップ、サブクリップ、マーカーおよびラフカットを含む Premiere Pro プロジェクトファイルを書き出すには、次の操作を行います。

  1. ファイル/書き出しを選択します。
  2. 書き出しダイアログボックスが表示されます。
  3. プロジェクトファイルの保存先を選択します。
  4. プロジェクトファイルに名前を付け、有効のチェックボックスをオンにします。
  5. 「種類」で「Premiere Pro」または「Final Cut Pro XML」を選択します。
  6. (オプション)有効のチェックボックスをオンにして関連するメディアを書き出し、フォルダー名を作成します。
  7. 「OK」をクリックします。

ファイルが書き出されます。これで Adobe Premiere Pro でプロジェクトファイルを読み込んだり開いたりすることができるようになります。

リソース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー