マニュアル キャンセル

オフラインクリップの操作

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. クリップをシーケンスに追加する
      3. シーケンスでのクリップの並べ替え
      4. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      5. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      6. シーケンスの簡易化
      7. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      8. マーカーの操作
      9. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      10. シーン編集の検出
    2. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    3. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    4. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    5. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. タイトル
      1. タイトルの作成
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. オブジェクトの整列と分布
      3. グラデーションの適用
      4. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      5. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      6. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      7. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. キャプションの操作
      3. スペルチェックおよび検索と置換
      4. テキストの書き出し
      5. Premiere Pro での音声テキスト化 | よくある質問
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. Premiere Pro でのレガシータイトルの廃止 | よくある質問
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  11. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  12. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  13. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  14. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  15. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. Team Projects の作成
      3. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      4. チームプロジェクトを使用した共同作業
      5. チームプロジェクト共同作業者との変更点の共有と管理
      6. チームプロジェクトをアーカイブ、復元または削除
  16. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  17. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  18. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      5. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      6. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      7. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  19. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

オフラインクリップとは、ソースファイルとの リンクが解除されているクリップ、またはまだキャプチャされていない ログ済みのクリップを指します。オフラインクリップには、対応するソースファイルの情報が 保持されているので、実際のファイルを利用できない 場合でも作業を進めることができます。タイムラインパネルにオフラインクリップが 表示されている場合は、プログラムモニターとトラックに 「メディアがオフラインです」というメッセージが表示されます。

テープからクリップをログすると、 後でクリップをキャプチャするために必要な情報を含んだ オフラインクリップが自動的に作成されます。また、オフラインクリップは手動で 作成することもできます。オフラインクリップは、以下のような状況で使用します。

  • クリップのログだけが完了していて、まだキャプチャしていない場合。オフラインクリップはキャプチャしたクリップのように扱うことができるので、ログされたオフラインクリップをプロジェクトパネルで編成することができます。また、オフラインクリップを実際にキャプチャする前に、タイムラインパネルでシーケンスをレイアウトすることもできます。オフラインクリップがキャプチャされた場合(またはキャプチャ済みのファイルが見つかった場合)は、対応するオフラインクリップと置き換えられます。

  • デバイスコントロールやバッチキャプチャを使用して、ログクリップからキャプチャする場合。Premiere Pro では、バッチキャプチャリストはオフラインクリップで構成されます。このリストで選択したオフラインクリップがバッチキャプチャされます。

  • プロジェクトで一度使用されたクリップを再キャプチャする場合。クリップを再キャプチャするには、「オフラインにする」コマンドを使用して、オンラインクリップをオフラインにする必要があります。

  • プロジェクトを開いたときにソースファイルが使用されず、Premiere Pro で自動でも手動でも見つからない場合。このような場合は、「オフライン」ボタンと「すべてオフライン」ボタンを使用します。

注意:

Premiere Pro のオンラインクリップとオフラインクリップは、オンライン編集とオフライン編集の概念とは関係ありません。

オフラインクリップの作成

オフラインクリップを作成して、後でキャプチャする フッテージのプレースホルダークリップとして使用できます。

  1. プロジェクトパネルの一番下にある新規項目ボタン を クリックし、メニューから「オフラインファイル」を選択します。

    オフラインファイルダイアログボックスが表示されます。

  2. 「内容」で、ソースフッテージからキャプチャする対象を「ビデオ」、 「オーディオ」、「オーディオとビデオ」の中から選択します。
  3. 「オーディオ形式」で、ソースフッテージのオーディオ形式に一致する形式を 「モノラル」、「ステレオ」、「5.1」の中から選択します。
  4. 「テープ名」に、オフラインクリップのソースビデオが 収録されているテープの名前を入力します。
  5. 「ファイル名」に、Premiere Pro でキャプチャした後に ディスク上に表示されるファイル名を入力します。既に キャプチャ済みで、使用しているコンピューター上にまだ存在していないソースファイルの オフラインクリップを作成する場合は、そのソースファイルの名前を入力します。
  6. 必要に応じて、「説明」、「シーン」、「テイク」、「ログの注釈」を 入力します。
  7. メディア開始ポイントとメディア終了ポイントのタイムコードを 入力します。編集やトランジションに必要な その他の予備フレームを含め、トリミング されていないクリップ全体に開始および終了ポイントを設定します。
    注意:

    オフラインクリップのテープ名、ファイル名、メディア開始および メディア終了の項目を指定していない場合、キャプチャを実行することはできません。

    オフラインの統合クリップを新規に作成することは できません。

オフラインクリップの編集

オフラインクリップを編集して、オフラインクリップを編集して、新しい開始位置と 終了位置を指定したり、テープ名やファイル名を指定したり、新しい オーディオ形式を指定することができます。また、オーディオのみ、ビデオのみ、またはオーディオと ビデオを含むように指定することもできます。編集したオフラインクリップをシーケンスに挿入すると、 更新された設定が保持されます。更新された設定は、それ以降のバッチ キャプチャでも使用されます。

  1. プロジェクトパネルで、次のいずれかの操作を行います。
    • オフラインクリップをダブルクリックします。

    • オフラインクリップを選択します。クリップ/オフラインクリップを編集を選択します。

    注意:

    クリップ/オフラインクリップを編集コマンドにキーボード ショートカットを割り当てることができます。

    オフラインファイルを編集ダイアログボックスが表示されます。

  2. 必要に応じて設定を編集し、「OK」をクリックします。
    注意:

    タイムラインにある場合、オフラインクリップの「内容」 または「オーディオ形式」を編集することはできません。

オフラインクリップの再リンク

オフラインクリップはソースファイルにリンクできます。 リンク先には、オフラインクリップの作成に使用されたものとは 別のファイルも指定できます。リンクされたソースファイルは、そのオフラインクリップが プロジェクトで使用されている箇所に表示されます。例えば、シーケンスでオンラインクリップを 編集し、そのソースをオフラインにし、そのオフラインクリップを 別のソースファイルにリンクすることができます。これにより、シーケンス内で 元のソースが使用されていた箇所に新しいソースが表示されます。

オフラインクリップを ビデオファイル、オーディオファイルおよび静止画ファイルにリンクできます。 ただし、オフラインクリップを、オリジナルのソースファイルとは 異なる静止画シーケンスにリンクすることはできません。その場合は、新しい静止画シーケンスを読み込み、 それらを手動でタイムラインに配置します。

オーディオが 含まれているオフラインクリップを、オーディオが含まれていない ソースファイルにリンクすることができます。再リンクされたクリップのすべてのインスタンスの オーディオトラックがプロジェクトから削除されます。

注意:

新しいソースファイルの オーディオをリンクするには、ソースファイルのオーディオトラックの タイプが、オフラインクリップと同じである必要があります。例えば、オフラインクリップの オーディオトラックがステレオの場合、オーディオトラックが モノラルであるソースファイルにリンクすることはできません。

  1. プロジェクトパネルで、1 つまたは複数のオフライン クリップを選択します。
  2. プロジェクト/メディアをリンクを選択します。
  3. ソースファイルを選択して「選択」をクリックします。
    注意:

    複数のオフラインクリップを選択した場合は、選択したクリップごとに 「どのメディアを~にリンクしますか?」というダイアログボックスが表示されます。 この場合は、ダイアログボックスのタイトルバーに表示されるオフライン クリップの名前を確認して、各オフラインクリップに対応するソースファイルを再リンクします。選択したすべての オフラインクリップが同じフォルダー内のメディアを指している場合、 どのメディアを~にリンクしますか?ダイアログボックスには、最初のファイルを 尋ねるメッセージが表示され、選択したオフラインクリップは、選択されたファイルと 同じフォルダーにあるすべてのファイルとリンクされます。異なるプロジェクトのファイルにリンクし、 そのプロジェクトに最初のプロジェクトと同じフォルダー構造と フォルダー名がある場合、最初のファイルを尋ねる どのメディアを~にリンクしますか?ダイアログボックスが表示され、 選択されたオフラインクリップが他のプロジェクトのすべてのファイルにリンクされます。

  4. (オプション)オーディオが含まれていないソースファイルを選択して、 オーディオが含まれているオフラインクリップにリンクすると、 メディアの不一致ダイアログボックスが表示されます。次のいずれかの操作を行います。
    • プロジェクトから、オフラインクリップのすべてのインスタンス内の オーディオトラックを削除する場合は、「OK」をクリックします。

    • ソースファイルへのリンクをキャンセルして、オフラインクリップのすべての インスタンス内のオーディオを維持する場合は、「キャンセル」をクリックします。

プロジェクトパネルの任意の統合クリップで、 クリップ/オフラインにするを選択できます。統合クリップをオフラインにすると、すべてのコンポーネント クリップもオフラインになります。ただし、「再リンク」コマンドを使用することで、他のクリップをオフラインにしたまま、 任意のクリップを目的のトラックにリンクできます。

オンラインクリップからオフラインクリップへの 変換

  1. プロジェクトパネルで、1 つまたは複数のオンライン ファイルを選択します。
  2. プロジェクト/オフラインにするを選択します。
  3. 次のいずれかのオプションを選択します。

    メディアファイルをディスクに残す

    選択したファイルがプロジェクトでオフラインになりますが、 ソースファイルはディスクから削除されません。

    メディアファイルを削除する

    選択したファイルがプロジェクトでオフラインになり、 ソースファイルがディスクから削除されます。

    注意:

    ディスクに残されているファイルと同じファイル名でクリップを再キャプチャすると、 オリジナルのメディアファイルが置き換えられます。ファイル名を 変更せずにオリジナルのクリップを保持するには、クリップを別のフォルダーや ディスクに移動するか、再キャプチャするクリップに別のファイル名を指定します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン