オフラインクリップとは、ソースファイルとのリンクが解除されているクリップ、またはまだキャプチャされていないログ済みのクリップを指します。オフラインクリップには、対応するソースファイルの情報が保持されているので、実際のファイルを利用できない場合でも作業を進めることができます。タイムラインパネルにオフラインクリップが表示されている場合は、プログラムモニターとトラックに「メディアオフライン」というメッセージが表示されます。

テープからクリップをログすると、後でクリップをキャプチャするために必要な情報を保存したオフラインクリップが自動的に作成されます。また、オフラインクリップは手動で作成することもできます。オフラインクリップは、以下のような状況で使用します。

  • クリップのログだけが完了していて、まだキャプチャしていない場合。オフラインクリップはキャプチャしたクリップのように扱うことができるので、ログされたオフラインクリップをプロジェクトパネルで編成することができます。また、オフラインクリップを実際にキャプチャする前に、タイムラインパネルでシーケンスをレイアウトすることもできます。オフラインクリップがキャプチャされた場合(またはキャプチャ済みのファイルが見つかった場合)は、対応するオフラインクリップと置き換えられます。

  • デバイスコントロールやバッチキャプチャを使用して、ログクリップからキャプチャする場合。Premiere Pro では、バッチキャプチャリストはオフラインクリップで構成されます。このリストで選択したオフラインクリップがバッチキャプチャされます。

  • プロジェクトで一度使用されたクリップを再キャプチャする場合。クリップを再キャプチャするには、「オフラインにする」コマンドを使用して、オンラインクリップをオフラインにする必要があります。

  • プロジェクトを開いたときにソースファイルが使用されず、Premiere Pro で自動でも手動でも見つからない場合。このような場合は、「オフライン」ボタンと「すべてオフライン」ボタンを使用します。

注意:

Premiere Pro のオンラインクリップとオフラインクリップは、オンライン編集とオフライン編集の概念とは関係ありません。

オフラインクリップの作成

オフラインクリップを作成し、それを後でキャプチャするフッテージ用のプレースホルダークリップとして使用できます。

  1. プロジェクトパネルの一番下にある新規項目ボタンをクリックし、メニューから「オフラインファイル」を選択します。

    オフラインファイルダイアログボックスが表示されます。

  2. 「内容」で、ソースフッテージからキャプチャする対象を「ビデオ」、「オーディオ」、「オーディオとビデオ」の中から選択します。
  3. 「オーディオ形式」で、ソースフッテージのオーディオ形式に一致する形式を「モノラル」、「ステレオ」、「5.1」の中から選択します。
  4. 「テープ名」に、オフラインクリップのソースビデオが収録されているテープの名前を入力します。
  5. 「ファイル名」に、Premiere Pro でキャプチャした後にディスク上に表示されるファイル名を入力します。既にキャプチャ済みで、使用しているコンピューター上にまだ存在していないソースファイルのオフラインクリップを作成する場合は、そのソースファイルの名前を入力します。
  6. 必要に応じて、「説明」、「シーン」、「テイク」、「ログの注釈」を入力します。
  7. メディア開始ポイントとメディア終了ポイントのタイムコードを入力します。編集やトランジションに必要なその他の予備フレームを含むトリミングされていないクリップ全体に開始および終了ポイントを設定します。

    注意:

    オフラインクリップのテープ名、ファイル名、メディア開始およびメディア終了の項目を指定していない場合、キャプチャを実行することはできません。

    オフラインの統合クリップを新規に作成することはできません。

オフラインクリップの編集

オフラインクリップを編集して、新しい開始位置と終了位置を指定したり、テープ名やファイル名を指定したり、新しいオーディオ形式を指定することができます。また、オーディオのみ、ビデオのみ、またはオーディオとビデオを含むように指定することもできます。編集したオフラインクリップをシーケンスに挿入すると、更新された設定が保持されます。更新された設定は、それ以降のバッチキャプチャでも使用されます。

  1. プロジェクトパネルで、次のいずれかの操作を行います。
    • オフラインクリップをダブルクリックします。

    • オフラインクリップを選択します。クリップ/オフラインクリップを編集を選択します。

    注意:

    クリップ/オフラインクリップを編集コマンドにキーボードショートカットを割り当てることができます。

    オフラインファイルを編集ダイアログボックスが表示されます。

  2. 必要に応じて設定を編集し、「OK」をクリックします。

    注意:

    タイムラインにある場合、オフラインクリップの「内容」または「オーディオ形式」を編集することはできません。

オフラインクリップはソースファイルにリンクできます。リンク先には、オフラインクリップの作成に使用されたものとは別のファイルも指定できます。リンクされたソースファイルは、そのオフラインクリップがプロジェクトで使用されている箇所で表示されます。例えば、シーケンスでオンラインクリップを編集し、そのソースをオフラインにし、そのオフラインクリップを別のソースファイルにリンクすることができます。これにより、シーケンス内で元のソースが使用されていた箇所で新しいソースが表示されます。

オフラインクリップをビデオファイル、オーディオファイル、および静止画ファイルにリンクできます。ただし、オフラインクリップを、オリジナルのソースファイルとは異なる静止画シーケンスにリンクすることはできません。その場合は、新しい静止画シーケンスを読み込み、これらを手動でタイムラインに配置します。

オーディオが含まれているオフラインクリップを、オーディオが含まれていないソースファイルにリンクすることができます。Premiere Pro は、再リンクされたクリップのすべてのインスタンスのオーディオトラックをプロジェクトから削除します。

注意:

新しいソースファイルのオーディオをリンクするには、オフラインクリップのオーディオトラックのタイプが、ソースファイルと同じである必要があります。例えば、オフラインクリップのオーディオトラックがステレオの場合、オーディオトラックがモノラルであるソースをリンクすることはできません。

  1. プロジェクトパネルで、1 つまたは複数のオフラインクリップを選択します。
  2. プロジェクト/メディアをリンクを選択します。
  3. ソースファイルを選択して「選択」をクリックします。

    注意:

    複数のオフラインクリップを選択した場合は、選択したクリップごとに「どのメディアを~にリンクしますか?」というダイアログボックスが表示されます。この場合は、ダイアログボックスのタイトルバーに表示されるオフラインクリップの名前を確認して、各オフラインクリップに対応するソースファイルを再リンクします。選択したすべてのオフラインクリップが同じフォルダー内のメディアをポイントしている場合、どのメディアを~にリンクしますか?ダイアログボックスには、最初のファイルを尋ねるメッセージが表示され、選択したオフラインクリップは、選択されたファイルと同じフォルダーにあるすべてのファイルとリンクされます。異なるプロジェクトのファイルにリンクし、そのプロジェクトに最初のプロジェクトと同じフォルダー構造とフォルダー名がある場合、最初のファイルを尋ねる「どのメディアを~にリンクしますか?」というダイアログボックスが表示され、選択されたオフラインクリップが他のプロジェクトのすべてのファイルにリンクされます。

  4. (オプション)オーディオが含まれていないソースファイルを選択して、オーディオが含まれているオフラインクリップにリンクすると、メディアの不一致ダイアログボックスが表示されます。次のいずれかの操作を行います。
    • プロジェクトから、オフラインクリップのすべてのインスタンス内のオーディオトラックを削除する場合は、「OK」をクリックします。

    • ソースファイルへのリンクをキャンセルして、オフラインクリップのすべてのインスタンス内のオーディオを維持する場合は、「キャンセル」をクリックします。

プロジェクトパネルの任意の統合クリップで、クリップ/オフラインにするを選択できます。統合クリップをオフラインにすると、すべてのコンポーネントクリップもオフラインになります。ただし、再リンクすることで、他のクリップをオフラインにしたまま、任意のクリップを目的のトラックにリンクできます。

オンラインクリップからオフラインクリップへの変換

  1. プロジェクトパネルで、1 つまたは複数のオンラインファイルを選択します。
  2. プロジェクト/オフラインにするを選択します。
  3. 次のいずれかのオプションを選択します。

    メディアファイルをディスクに残す

    選択したファイルがプロジェクトでオフラインになりますが、ソースファイルはディスクから削除されません。

    メディアファイルを削除する

    選択したファイルがプロジェクトでオフラインになり、ソースファイルがディスクから削除されます。

    注意:

    ディスクに残されているファイルと同じファイル名でクリップを再キャプチャすると、オリジナルのメディアファイルが置き換えられます。ファイル名を変更せずにオリジナルのクリップを保持するには、クリップを別のフォルダーやディスクに移動するか、再キャプチャするクリップに別のファイル名を指定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー