Premiere Pro のタイムラインパネルを使用して、すべてのトラック上の元のソースクリップを同じ状態に保ちながら、ソースモニターに読み込まれたシーケンスを編集する方法を学習します。

Premiere Pro では、すべてのトラック上の元のソースクリップを同じ状態に保ちながら、ソースモニターにシーケンスを読み込み、タイムラインでそれらを編集することができます。そのため、シーケンスは 1 つのネストされたシーケンスクリップにはなりません。こうして個々のソースクリップを含む他のシーケンスのセグメントを使用して、ポイント、トランジション、およびエフェクトを編集できるようになります。これはコピー&ペースト操作に似ています。

ビデオチュートリアル:ソースモニターでシーケンスを他のシーケンス内に編集する

ビデオチュートリアル:ソースモニターでシーケンスを他のシーケンス内に編集する
ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集について学習します。
Jeff Sengstack

ネストソースシーケンスの使用

ソースシーケンスを現在のシーケンスへと編集する方法をコントロールするには、ソースインジケーターコンテキストメニューの「ネストソースシーケンス」切り替えオプションを使用します。ソースシーケンスを、複数のトラック、編集ポイント、およびトランジション上の個々のクリップを含む現在のシーケンスへと編集するには、オプションをオフに切り替えます。この編集のタイプはコピー&ペースト操作に似ています。ネストされたシーケンスクリップとしてソースシーケンスを現在のシーケンスへと編集するには、オプションをオンに切り替えます。

シーケンスには複数のビデオを含むことができるため、タイムラインのトラックヘッダーのソースインジケーターは、複数のビデオトラックを含むすべてのソーストラックを表示します。シーケンスをソースモニターに読み込む際は、ビデオトラックを選択してタイムラインに対して編集を行うことができます。

ソースシーケンスのトラックは、たとえ空であっても、シーケンスがソースモニターで読み込まれる際にパッチベイでソーストラックとして使用できます。また、ソースシーケンスから他のシーケンスに空のシーケンスを編集しても、ターゲットシーケンスには影響しません。

次に、ソースモニターに読み込まれる 3 つのビデオトラックと 4 つのオーディオトラックの例を示します。ソーストラックはタイムラインのソースインジケーター列(左端)に表示されます。

ソースモニターに読み込まれるビデオトラックとオーディオトラックを編集します。
ソースシーケンスの編集

重要事項

  • ソースインジケーターは並べ替えることができます。Premiere Pro では、通常のクリップの場合と同様に最新の配置(パッチ順序)が記憶されます。
  • Premiere Pro では、ソースモニターに読み込んだシーケンス内のすべてのソーストラックが表示されます。
  • クリップを任意のトラックに配置できるように、ドラッグ編集中はトラックターゲットが無視されます。
  • ネストされたシーケンスクリップを含むシーケンスをソースモニターに読み込むことができます。別のシーケンスへと編集する場合、シーケンスはネストされたシーケンスクリップのままになっています。
  • ソースクリップ内のエフェクトやトランジションは、クリップと一緒にコピー先のシーケンスにコピーされます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー