Premiere Pro のプロジェクトパネルでは、アセットを効率的に整理できます。ビンの使用、アセット名の変更、使用されていないアセットの削除などの方法について学習します。

ビンの使用

プロジェクトパネルでは、Windows のエクスプローラーや Mac OS の Finder でのフォルダーと同様にプロジェクトの内容を整理するために役立つビンを使用できます。ビンには、ソースファイル、シーケンスおよび別のビンを入れることができます。

プロジェクトのサイズが増加すれば、新しいビンを作成してこれらの項目を入れることができます。ビンの作成と使用は必須ではありませんが(特に時間の短いプロジェクトの場合)、ほとんどのユーザーにとっては整理のための不可欠な機能です。

次の方法で、ビンを使用できます。

  • オフラインクリップをバッチキャプチャ用に保存する

  • メインシーケンスとバックアップシーケンスを保存する

  • ビデオ、静止画、オーディオファイルなどのファイルの種類でファイルを整理する

Premiere Pro プロジェクトパネルのビン

次に、プロジェクトパネルでのビンの初期設定の動作を示しておきます。 最後の 3 つの動作は、通常の環境設定でビンの動作を編集すれば変更できます。

ビンを追加、削除、および開く

  • ビンを追加するには、プロジェクトパネルの下部にある新規ビンボタン をクリックします。キーボードショートカットの Ctrl + / キー(Windows)または Command + / キー(MacOS)を使用することもできます。
  • 1 つまたは複数のビンを削除するには、ビンを選択して、プロジェクトパネルの下部にある削除アイコン をクリックします。1 つまたは複数のビンを選択し、Delete キーを押して削除することもできます。
  • ビン内のドッキング可能なパネル上でビンを開くには、ダブルクリックします。

ビンの動作の変更

ビンの動作の変更

プロジェクトで作業中、ビンの表示方法を変更したくなることがあります。標準レイアウトは、プロジェクト全体の構造を参照でき便利ですが、独自のタブでビンを開く、あるいは新しいパネルで開くことが必要になる場合もあります。そのようにすれば、特定のビン内のクリップに集中して作業をしたり、アイコンモードでクリップをストーリーボード順に配置したり、検索フィールドに入力してビン内のクリップを検索したりすることができます。

ビンウィンドウをインターフェイスに重ねて使用する、ビンを同じ場所に開く、ビンを新しいタブに開くなど、ユーザーによって好みは異なります。

ビンをフローティングパネルまたは新しいタブで開くには、次の操作を実行します。

  • ビンをフローティングパネルで開くには、対象のビンをダブルクリップします。このパネルは、ほかのパネルと同様にドッキングまたはグループ化できます。
  • ビンを同じ場所で開くには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら対象のビンをダブルクリックします。
  • ビンを新しいタブで開くには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら対象のビンをダブルクリックします。

プロジェクトパネルに表示されるビンの初期設定の動作を変更するには、ビンの環境設定を編集します。

  1. 編集/環境設定/一般(Windows)または Premiere Pro/環境設定/一般(Mac OS)を選択します。
  2. 「ビン」セクションで、「ダブルクリック」と「+ Ctrl キー」(Windows)または「+ Command キー」(Mac OS)、および「+ Alt キー」(Windows)または「+ Option キー」(Mac OS)のメニューからオプションを選択します。

  3. 「OK」をクリックします。

ビンに関するヒント

  • 項目をビンに移動するには、項目をビンアイコンにドラッグします。ビンをほかのビンに移動すると、それらのビンをネストさせることができます。項目をビンにドロップしても、ビンは自動的に開きません。
  • ビンの内容を表示するには、リスト表示で、ビンアイコンの横の右向きの三角形をクリックしてビンを展開するか、ビンをダブルクリックします。
  • ネストされたビンの内容だけを表示している場合に、そのビンを含んでいるビン(親ビン)の内容を表示するには、プロジェクトパネルの親ビンボタン をクリックします。親ビンボタンは、プロジェクトパネルの最上位の内容が表示されるまでクリックし続けることができます。
  • 一度に 1 つ以上のビンを開いたり閉じたりするには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら複数のビンをクリックして選択します。

注意:

新規ビンボタンを連続して何度もクリックすると、それぞれ新規に作成されるビンは、直前に作成された新規ビンの中にネストされます。

アセットへのラベルの設定

ラベルとは、アセットを識別したり関連付けるときに役立つ色のことです。プロジェクトパネルでは、ラベルの割り当てと表示を行うことができます。ラベルの色により、プロジェクトパネルのラベル列やタイムラインパネルで、アセットを簡単に区別できます。

  • アセットにラベルを割り当てるには、プロジェクトパネルでクリップを選択し、編集/ラベルを選択して色を選択します。
  • 同じラベルのすべてのアセットを選択するには、目的のラベルを使用しているアセットを 1 つ選択して、編集/ラベル/ラベルグループを選択を選択します。
  • ラベルの名前または色を編集するには、編集/環境設定/ラベルカラー(Windows)または Premiere Pro/環境設定/ラベルカラー(Mac OS)を選択します。カラーを編集するには、カラースウォッチをクリックします。
  • メディアタイプの初期ラベルを設定するには、編集/環境設定/ラベル初期設定(Windows)または Premiere Pro/環境設定/ラベル初期設定(Mac OS)を選択します。

注意:

「ラベル初期設定」による設定は、初期設定を変更してからプロジェクトパネルに追加したアセットに適用されます。プロジェクトパネルに既に存在するラベルの色が変更されるわけではありません。プロジェクトパネル上の既存のラベルの色を変更するには、編集/環境設定/ラベルカラー(Windows)または Premiere Pro/環境設定/ラベルカラー(Mac OS)を選択します。

アセット名の変更

プロジェクト内のすべてのファイルは、ハードディスクに個別のファイルとして保存されます。Premiere Pro のプロジェクトパネルには、各ファイルへの参照情報だけが追加されます。Premiere Pro でクリップの名前を変更しても、ハードディスク上にある元のファイルやファイル名が変更されたり、削除されるわけではありません。

注意:

クリップの名前を変更しても、ソースファイルの名前には反映されません。クリップ名とソースファイルの名前付けの体系が維持されるように、目的のクリップ名を「説明」の表示項目に入力するように提唱しているユーザーもいます。これには、タイムラインパネルまたはプロジェクトパネル(アイコン表示)でクリップ名がわかりにくくなるという欠点があります。自分のワークフローに適した方法を選んでください。

クリップ名の変更

クリップの名前は変更できます。クリップ名は、クリップのその他のプロパティとともにプロジェクトファイルに保存されます。クリップの名前を変更しても、クリップのソースファイルのファイル名は変更されません。

注意:

ダブリンコアメタデータスキーマの「タイトル」フィールドにも新しい名前を自動的に格納するには、まず「クリップ名」プロパティをリンクします。 

  1. プロジェクトパネルでクリップを選択します。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • プロジェクトパネルで、クリップ/名前の変更を選択し、新しい名前を入力して、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。
    • プロジェクトパネルで「名前」フィールドをクリックし、新しい名前を入力して、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。
    • メタデータパネルで、クリップの横の三角形をクリックしてクリッププロパティのフィールドを表示します。「名前」フィールドに新しい名前を入力して、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。

    注意:

    「名前の変更」コマンドは、プロジェクトパネルまたはタイムラインでクリップを右クリック(Windows)するか、Control キーを押しながらクリック(Mac OS)すると表示されます。

元のソースファイルの名前の変更

  • Premiere Pro を終了して、OS 上でファイルの名前を変更します。

    次回プロジェクトを開くと、ダイアログが起動します。

    1. 名前を変更したファイルを探し、ダイアログでそのファイルを選択します。
    2. 「選択」をクリックします。
    3. そのファイルが、名前を変更したソースファイルに再度リンクされて起動します。

Video tutorial: Batch renaming video clips in Adobe Bridge

Video tutorial: Batch renaming video clips in Adobe Bridge
Adobe Bridge でビデオクリップの名前変更をバッチ処理し、クリップ用の独自のファイルシステムを作成する方法について紹介しています。この方法は、DSLR ワークフローに最適です。
Richard Harrington

プロジェクトパネルでのアセットへの移動

  1. プロジェクトパネルを選択します。
  2. 目的のクリップの名前の先頭の文字を入力します。

プロジェクトからのアセットの削除

必要なくなったアセットは、ハードディスクから削除しなくても、プロジェクトパネルから削除することができます。

プロジェクトパネルからのアセットの削除

  • 項目を選択して、Delete キーを押します。

    ファイルはハードディスクに残ります。

注意:

プロジェクト/オフラインにするを選択すると、プロジェクト内のソースファイルへの参照情報と一緒に実際のソースファイルも削除するかどうかを選択できます(詳しくは、オフラインクリップの操作を参照してください)。

プロジェクトパネルからの不要アセットの削除

タイムラインパネルで使用されていないアセットは、プロジェクトパネルから削除できます。

  • 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 未使用のクリップを特定するために、プロジェクトパネルのリスト表示で「ビデオの使用回数」または「オーディオの使用回数」列で並べ替えて、選択して削除します。
    • プロジェクト/未使用のフッテージを削除を選択します。

クリップの別のサムネールの定義

アイコン表示でクリップのポスターフレームを変更できます。初期設定では、サムネールビューアなど、プロジェクト内でサムネールが表示される場所には、クリップの最初のフレームが表示されます。クリップの任意のフレームをポスターフレームとして指定することで、サムネールを変更することができます。

アイコン用のポスターフレームを設定するには、目的のフレームまで再生ヘッドをドラッグするかシャトルして、Shift + P キー(Windows)または Command + P(Mac OS)キーを押します。

詳しくは、アイコン表示での操作を参照してください。

注意:

プロジェクトパネルのプレビューエリアにあるアイコン表示は、デフォルトでは非表示になっています。プロジェクトパネルのパネルメニューでこれを有効にします。

プロジェクトパネルでのセルの編集

プロジェクトパネル内の任意のクリップについて、クリッププロパティまたは XMP メタデータの編集可能なセルのデータを編集できます。XMP メタデータのセルに入力されたデータはソースファイルに保存されます。クリッププロパティのセルに入力されたデータは、ソースファイルではなくプロジェクトファイルに保存されます。クリッププロパティのデータはソースファイルに付属せず、Premiere Pro だけで読み取り可能です。

初期設定では、プロジェクトパネルにはクリッププロパティだけが表示されます。ソースファイルに保存するデータを入力するには、最初にプロジェクトパネルの表示にメタデータ項目を追加します。リスト表示する項目のカスタマイズを参照してください。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • クリップを選択するには、プロジェクトパネルのリスト表示でファイル名の左にあるアイコンをクリックします。編集するセルが選択され、編集モードに切り替わるまで Tab キーを繰り返し押します。
    • 編集可能なセルをクリックします。
  2. セル内に既にデータがある場合は、置き換えたいデータを入力します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 新しいデータを保存して、同じクリップの次のセルを選択するには、Tab キーを押します。
    • 新しいデータを保存して、同じクリップの前のセルを選択するには、Shift + Tab キーを押します。
    • 新しいデータを保存して、次のクリップの同じセルを選択するには、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。
    • 新しいデータを保存して、前のクリップの同じセルを選択するには、Shift + Enter キー(Windows)または Shift + Return キー(Mac OS)を押します。

    注意:

    プロジェクトパネルのアイコン表示で、Tab キーを押すと、次のアセットのファイル名がハイライトされ、編集モードに移行します。

クリップのプロパティの表示

Premiere Pro には、ファイルを評価するクリップ分析ツールが用意されています。サポートされている形式のファイルであれば、プロジェクトで使用されていないファイルでも分析できます。例えば、Web サーバーからストリーミングで公開するビデオクリップを生成した場合、クリップ分析ツールを使用すると、書き出したクリップがインターネット配信に適したデータレートになっているかどうかを確認できます。

プロパティパネルには、クリップに関する詳しい情報が表示されます。ビデオファイルの場合、分析対象のプロパティとして、ファイルサイズ、オーディオチャンネルの数、デュレーション、フレームレート、オーディオサンプルレート、平均データレート、およびコーデックを含めることができます。ただし、プロパティパネルには、これらのすべてのプロパティがどのクリップにも表示されるわけではありません。検証されるクリップのファイル形式によって、プロパティパネルに表示されるデータが決まります。

クリップのプロパティを表示するには、次のいずれかの操作をおこないます。

  • プロジェクトパネル内のクリップの場合は、クリップを選択すると、プロジェクトパネル上部のプレビューエリアに主なプロパティ情報が表示されます。
  • プロジェクトで使用していないクリップの場合は、ファイル/プロパティ情報/ファイルを選択します。分析するクリップが保存されている場所に移動して選択し、「開く」をクリックします。

注意:

ソースモニター、タイムラインパネルまたはプロジェクトパネルでクリップを右クリック(Windows)、または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、「プロパティ」を選択して、クリップのプロパティを確認することもできます。

  • ソースモニター、タイムラインパネルまたはプロジェクトパネル内のクリップの場合は、クリップを選択して、ファイル/プロパティ情報/選択を選択します。

クリップのフィールドオーダーの表示

プロジェクトパネルのプレビューエリアで、クリップのフィールドオーダーを確認できます。プレビューエリアでは、クリップの横に、クリップに関する情報が表示されます。また、タイムコード情報の横に、フィールドオーダーが表示されます。

  • LFF は、クリップの下側のフィールドが先に表示されるフィールドオーダーであることを示します。
  • UFF は、クリップの上側のフィールドが先に表示されるフィールドオーダーであることを示します。

注意:

デフォルトでは、プレビューエリアが非表示になっています。プロジェクトパネルのパネルメニューでこれを有効にします。

クリップにインターレーススキャニングまたはプログレッシブスキャニングが設定されているどうかの確認

プロジェクトパネルのプレビューエリアで、クリップにインターレーススキャニングまたはプログレッシブスキャニングが設定されているかどうかを確認できます。プレビューエリアでは、クリップの横に、クリップに関する情報が表示されます。また、タイムコード情報の横に、インターレーススキャニングまたはプログレッシブスキャニングのインジケーターが表示されます。

  • 「i」は、クリップにインターレーススキャニングが設定されていることを示します。
  • 「p」は、クリップにプログレッシブスキャニングが設定されていることを示します。

クリップのフレームレートの変更

Premiere Pro でクリップに対して指定されているフレームレートを変更するには、「フッテージを変換」コマンドを使用します。クリップのフレームレートを変更すると、ビデオだけでなくオーディオも変更されます。フレームレートを変更すると、それに応じてオリジナルのデュレーションも変化します。例えば、24 fps で 10 秒のクリップを 48 fps に変更すると、デュレーションが半分の 5 秒になります。クリップのフレームレートとシーケンスのフレームレートが異なる場合は、シーケンスのレートが優先されます。例えば、24 fps シーケンスで 24 fps クリップを 48 fps に変更した場合、シーケンスにはクリップが 1 フレームおきに表示されます。

タイムラインパネルでクリップを選択し、クリップ/速度・デュレーションを選択して、クリップの速度とデュレーションを変更することもできます。ただし、この変更はタイムラインパネルで選択したクリップインスタンスにしか反映されません。「フッテージを変換」コマンドを使用すると、ファイルがプロジェクト全体でどのように処理されるか指定できます。

  1. プロジェクトパネルで、目的のクリップを右クリックします。
  2. 変更/フッテージを変換を選択し、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 「ファイルのフレームレートを使用」を選択します。
    • 「フレームレートを指定」を選択し、1 秒あたりのフレーム数を入力します。
  3. 「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー