マニュアル キャンセル

他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. ビデオの編集
    2. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. シーケンス設定の変更
      3. クリップをシーケンスに追加する
      4. シーケンスでのクリップの並べ替え
      5. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      6. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      7. シーケンスの簡易化
      8. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      9. マーカーの操作
      10. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      11. シーン編集の検出
    3. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    4. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    5. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    6. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. タイトル
      1. タイトルの作成
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. オブジェクトの整列と分布
      3. テキストとシェイプの外観の変更
      4. グラデーションの適用
      5. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      6. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      7. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      8. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. キャプションの操作
      3. スペルチェックおよび検索と置換
      4. テキストの書き出し
      5. Premiere Pro での音声テキスト化 | よくある質問
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. Premiere Pro でのレガシータイトルの廃止 | よくある質問
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  11. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  12. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  13. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  14. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  15. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. Team Projects の作成
      3. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      4. Team Projects を使用した共同作業
      5. Team Project 共同作業者との変更点の共有と管理
      6. チームプロジェクトをアーカイブ、復元または削除
  16. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  17. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  18. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      5. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      6. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      7. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  19. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

新しい書き出しワークフローを使用できるようになりました。 

Premiere Pro 22.3(2022年4月リリース)では、効率化された新たな書き出しワークフローが導入されました。最新バージョンに今すぐアップグレードして、ご利用ください。詳しくは、ビデオの書き出しを参照してください。


EDL ファイルとしてのプロジェクトの書き出し

プロジェクトを記述したデータファイルを書き出し、関連メディアまたは別の編集システムを使用して、そのデータファイルでプロジェクトの再作成を行うことができます。

Premiere Pro では、プロジェクトを CMX3600 形式で EDL(Edit Decision List)として書き出すことができます。この形式は、EDL 形式の中で最も広く普及しており、また最も堅牢な形式です。

EDL の各クリップには、クリップ名が付いたコメントが含まれています。レンチメニューをクリックし、ソースクリップ名とラベルを表示を切り替えることで、ソースクリップ名(プロジェクトパネルに表示)を表示するか、タイムラインクリップ名を表示するかを選択できます。

これにより、ソースファイル名を変更することなく、EDL 書き出しのクリップ名を変更できます。

EDL ファイルの使用

  • EDL が最高の機能を発揮するのは、プロジェクトに含まれるビデオトラックが 1 つまででステレオオーディオトラックが 2 つまで、さらにネストしたシーケンスを含まない場合です。ほとんどの標準的なトランジション、フレームの保持、クリップ速度の変更も EDL で適切に動作します。
  • すべてのソース素材を正しいタイムコードでキャプチャしてログします。
  • キャプチャデバイス(キャプチャカードや FireWire ポートなど)には、タイムコードを使用するデバイスコントロール機能が搭載されている必要があります。
  • ビデオテープにはそれぞれ固有のリール番号を付け、ビデオを撮影する前にタイムコードを使用してフォーマットする必要があります。
  • EDL の各クリップには、クリップ名が付いたコメントが含まれています。EDL 書き出し時にタイムラインに表示されているクリップの名前を使用します。 レンチメニューをクリックし、ソースクリップ名とラベルを表示を切り替えることで、タイムラインパネルにソースクリップ名を表示するか、タイムラインクリップ名を表示するかを制御できます。
  1. EDL として書き出すプロジェクトを開くまたは保存します。
  2. タイムラインパネルがアクティブであることを確認して、ファイル書き出しEDL を選択します。

  3. EDL 書き出し設定(CMX 3600)ダイアログボックスで、書き出すビデオトラックおよびオーディオトラックを指定します。

    1 つのビデオトラックと最大 4 つのオーディオチャンネル、または 2 つのステレオトラックを書き出すことができます。

  4. EDL ファイルの保存場所と名前を指定し、「保存」をクリックします。

  5. OK」をクリックします。

注意:

標準 EDL では、合成クリップがサポートされます。EDL は、統合クリップのシーケンストラック項目を読み取ります。これは、同じ時間位置のシーケンスで使用されるオーディオとオーディオクリップを読み取る現在のワークフローと同様です。ターゲットアプリケーションでは、統合クリップは統合クリップとして表示されません。オーディオとビデオは別々のクリップとして表示されます。ソースタイムコードはビデオとオーディオの両方で使用されます。

EDL での長い名前の表示

EDL では、クリップ名は 8 文字までという仕様上の制限があるので、それよりも長い名前は切り捨てられます。完全なクリップ名を確認するには、次の操作をおこないます。

  1. ファイル/書き出し/EDL を選択します。

  2. EDL 書き出し設定(CMX 3600)ダイアログボックスで、「32 文字の名前」チェックボックスをオンにします。このオプションをオンにすると、32 文字のテープおよびクリップ名のサポートが有効になります。

  3. 「OK」をクリックします。

Final Cut Pro プロジェクトの XML ファイルの書き出し

Final Cut Pro からの切り替え

Final Cut Pro からのプロジェクトの書き出しと Premiere Pro への読み込みのシンプルな XML ワークフローについて説明します。

  1. ファイル/書き出し/Final Cut Pro XML を選択します。

  2. 変換したプロジェクトを別名で保存ウィンドウが表示されます。XML ファイルの保存場所を参照して選択し、ファイル名を入力して「保存」をクリックします。Premiere Pro により、指定された場所でシーケンスが XML ファイルとして保存されます。

    Final Cut Pro プロジェクトの XML ファイルの書き出し
    Final Cut Pro プロジェクトの XML ファイルの書き出し

  3. また、同じ場所にあるテキストファイルに、変換時に発生した問題のログも書き込まれます。ログファイル名には「FCP 変換結果レポート」という文字が含まれます(これはオプションです)。必要に応じて、ログファイルを参照し、変換時に発生した問題を確認します。

Premiere Pro から Final Cut Pro XML ファイルを書き出すと、統合クリップは Final Cut Pro のネスト化されたシーケンスに変換されます。

注意:

Premiere Pro から Final Cut Pro XML ファイルを書き出すと、統合クリップは Final Cut Pro のネスト化されたシーケンスに変換されます。Premiere Pro および Final Cut Pro 7(およびそれ以前)では、データ交換のために Final Cut Pro XML ファイルを共有できます。Final Cut Pro X と Premiere Pro でデータを共有するには、「Xto7」というサードパーティ製ツールも使用できます。このツールの使用方法について詳しくは、XtoCC チュートリアルを参照してください。

 

最新バージョンの Premiere Pro で作成された Premiere Pro プロジェクトを開く

Premiere Pro プロジェクトを最新バージョンの Premiere Pro で作成したが、その体験版の有効期限が切れた場合、既存のバージョンを使用すれば、そのファイルを開くことができます。次の手順に従います。

  1. ファイル/書き出し/Final Cut Pro XML を選択します。

  2. 変換したプロジェクトを別名で保存ウィンドウが表示されます。XML ファイルの場所を参照して選択し、ファイル名を入力して「保存」をクリックします。Premiere Pro により、指定された場所でシーケンスが XML ファイルとして保存されます。

    Premiere Pro プロジェクトを .xml ファイルとして保存
    Premiere Pro プロジェクトを .xml ファイルとして保存

  3. この XML ファイルを以前のバージョンの Premiere Pro で開くことができます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン