EDL ファイルとしてのプロジェクトの書き出し

プロジェクトを記述したデータファイルを書き出し、関連メディアまたは別の編集システムを使用して、そのデータファイルでプロジェクトの再作成をおこなうことができます。

Premiere Pro では、プロジェクトを CMX3600 形式で EDL(Edit Decision List)として書き出すことができます。この形式は、EDL 形式の中で最も広く普及しており、また最も堅牢な形式です。

EDL ファイルの使用

  • EDL が最高の機能を発揮するのは、プロジェクトに含まれるビデオトラックが 1 つまででステレオオーディオトラックが 2 つまで、さらにネストしたシーケンスを含まない場合です。ほとんどの標準的なトランジション、フレームの保持、クリップ速度の変更も EDL で適切に動作します。

  • すべてのソース素材を正しいタイムコードでキャプチャしてログします。

  • キャプチャデバイス(キャプチャカードや FireWire ポートなど)には、タイムコードを使用するデバイスコントロール機能が搭載されている必要があります。

  • ビデオテープにはそれぞれ固有のリール番号を付け、ビデオを撮影する前にタイムコードでフォーマットする必要があります。

  1. EDL として書き出すプロジェクトを開くか保存します。
  2. タイムラインパネルがアクティブであることを確認して、ファイル/書き出し/EDL を選択します。
  3. EDL 書き出し設定(CMX 3600)ダイアログボックスで、書き出すビデオトラックおよびオーディオトラックを指定します。

    1 つのビデオトラックと、最高 4 つのオーディオチャンネルまたは 2 つのステレオトラックを書き出すことができます。

  4. EDL ファイルの保存先とファイル名を指定して、「保存」をクリックします。
  5. 「OK」をクリックします。

注意:

標準 EDL では統合クリップがサポートされます。EDL は、統合クリップのシーケンストラック項目を読み取ります。これは、同じ時間位置のシーケンスで使用されるオーディオとオーディオクリップを読み取る現在のワークフローと同様です。ターゲットアプリケーションでは、統合クリップは統合クリップとして表示されません。オーディオとビデオは別々のクリップとして表示されます。ソースタイムコードはビデオとオーディオの両方で使用されます。

EDL での長い名前の表示

EDL では、クリップ名は 8 文字までという仕様上の制限があるので、それよりも長い名前は切り捨てられます。完全なクリップ名を確認するには、次の操作をおこないます。

  1. ファイル/書き出し/EDL を選択します。

  2. EDL 書き出し設定(CMX 3600)ダイアログボックスで、「32 文字の名前」チェックボックスをオンにします。このオプションをオンにすると、32 文字のテープおよびクリップ名のサポートが有効になります。

    EDL 書き出し設定
  3. 「OK」をクリックします。

AAF ファイルとしての書き出し

Avid Media Composer からの切り替え

Avid Media Composer からのプロジェクトの書き出しと Premiere Pro への読み込みのシンプルなワークフローについて学習します。 

Advanced Authoring Format(AAF)は、プラットフォーム、システム、アプリケーションの間でデジタルメディアおよびメタデータの交換を可能にするマルチメディアファイル形式です。AAF をサポートする Avid Media Composer などのオーサリングアプリケーションは、そのアプリケーションがサポートする範囲内で、AAF ファイルのデータを読み書きします。

書き出すプロジェクトが一般的な AAF 仕様に準拠しており、Avid Media Composer 製品と互換性があることを確認してください。以下の点を考慮する必要があります。

  • Premiere Pro で書き出した AAF ファイルが、ビデオ編集製品である Avid Media Composer ファミリと互換性があること。書き出された AAF ファイルがほかの AAF インポーターでテストされていないこと。

  • トランジションは、クリップの最初や最後近くではなく、2 つのクリップの間にだけ存在するように配置されること。各クリップの長さは、少なくともトランジションの長さと等しいこと。

  • クリップのインポイントとアウトポイントの両方にトランジションが指定されている場合、クリップの長さは少なくとも両方のトランジションを合わせた長さであること。

  • Premiere Pro でクリップやシーケンスに名前を付ける場合、特殊文字、アクセント付き文字、XML ファイルの構文解析に影響する文字を使用しないこと。また、/><®ü などの文字も使用しないこと。

  • Premiere Pro から書き出して、Avid Media Composer に読み込まれる AAF ファイルが、自動的にソースフッテージに再リンクしないこと。フッテージを再リンクするには、Avid Media Composer の「batch import(バッチ読み込みのみオフライン)」オプションを使用します。

注意:

AAF ファイルを書き出す場合、統合クリップがサポートされません。

Advanced Authoring Format(AAF)プロジェクトファイルの書き出し

  1. ファイル/書き出し/AAF を選択します。

  2. 変換したプロジェクトを別名で保存ウィンドウで、AAF ファイルの保存場所を参照し、ファイル名を入力します。「保存」をクリックします。

  3. AAF 書き出し設定ダイアログボックスで、「従来方式の AAF として保存」または「オーディオを埋め込み」を選択するか、どちらも選択しません。「OK」をクリックします。Premiere Pro により、指定された場所でシーケンスが AAF ファイルとして保存されます。書き出しに関する問題は AAF 書き出しログウィンドウに表示されます。

AAF プラグインについて

AAF 書き出しプラグインは、Premiere Pro プロジェクトを次のように変換します。

カットのみのモノラルまたはステレオオーディオおよびビデオ

プロジェクトパネル内のビンを除くすべての項目を書き出します。プラグインは、オーディオパン、ゲイン、レベル変更、5.1 オーディオの変換は行いません。ステレオオーディオチャンネルは、Avid Media Composer シーケンスで 2 つのトラックに分割されます。

クリップ速度

ビデオクリップの速度変更(スロー、早送り、逆再生)を Avid Media Composer のモーションエフェクトに変換します。モーションエフェクトは、サポートされている唯一のエフェクトです。ネストされたシーケンスに適用されたクリップ速度も変換されます。Avid Media Composer には、モーションエフェクトに相当するオーディオ用のエフェクトはありません。速度の変更によってオーディオクリップがソースメディアより長くなる場合は、ソースメディアの残りの長さと同じ長さになるように、プラグインでオーディオクリップの長さを調整します。プラグインは開始位置で開始し、隙間にフィラを配置します。シーケンスのこれらの部分は、Avid 編集システムで手動で修正できます。

バッチキャプチャファイルまたは再デジタル化ファイル

AAF ファイルで指定したテープ名を保持します。Avid Media Composer のバッチ記録機能を使用して、テープからメディアを再キャプチャします。  

様々なサイズのフッテージ

プラグインはプロジェクトをフル解像度で書き出します。ただし、読み込み時には、AVID プロジェクトに指定されている解像度に従ってすべてのフッテージの解像度が変更されます。

ネストされたシーケンス

ネストされたシーケンスから繰り返しマスターコンポジションを構築します(Avid Media Composer ではネストしたシーケンスへのリンクをサポートしていないからです)。そのため、AAF ファイルでは、マスターコンポジションとネストされたシーケンスの間にはリンクがありません。

タイトル

プラグインは、タイトルを Avid Media Composer のオフラインメディアに変換します。

ビンの階層

Avid Media Composer は、すべての項目を単一のビンに配置します。複数のビンがあるプロジェクトは、1 つのビンに変換されます。

グラフィックファイル

すべてのオリジナルファイルへの参照を保存しますが、Avid Media Composer との互換性の点から、Avid Media Composer がサポートする形式に制限されます(サポートされるグラフィックファイル形式について詳しくは、Avid Media Composer のマニュアルを参照してください)。

プロジェクトの要素

バーとトーン、ブラックビデオ、カラーマット、カウントダウンマークなどの合成クリップを XDV のオフラインメディアに変換します。

シーケンスおよびクリップマーカー

インマーカーとアウトマーカーにあるシーケンスを除いて、すべてのシーケンスマーカーを Avid Media Composerのタイムコード(TC1)トラックにあるロケーターに変換します。「チャプター」フィールド、「URL」フィールド、「フレームターゲット」フィールドは、Avid Media Composer に対応するものがないため、変換されません。クリップマーカーは、Avid Media Composer のセグメントマーカーに変換されます。

注意:

AAF 書き出しプラグインは、シーケンスの終端より後ろに配置されたマーカーを無視します。

時間インジケーターの位置

書き出したファイルで、シーケンスのデュレーション内であれば、時間インジケーターは元の位置のまま維持されます。それ以外の場合は、Avid Media Composer シーケンスの最後に配置されます。

Final Cut Pro プロジェクトの XML ファイルの書き出し

Final Cut Pro からの切り替え

Final Cut Pro からのプロジェクトの書き出しと Premiere Pro への読み込みのシンプルな XML ワークフローについて学習します。

  1. ファイル/書き出し/Final Cut Pro XML を選択します。

  2. 変換したプロジェクトを別名で保存ウィンドウが表示されます。XML ファイルの保存場所を参照して選択し、ファイル名を入力して「保存」をクリックします。Premiere Pro により、指定された場所でシーケンスが XML ファイルとして保存されます。

    Final Cut Pro プロジェクトの XML ファイルの書き出し
    Final Cut Pro プロジェクトの XML ファイルの書き出し

  3. また、同じ場所にあるテキストファイルに、変換時に発生した問題のログも書き込まれます。ログファイル名には「FCP 変換結果レポート」という文字が含まれます(これはオプションです)。必要に応じて、ログファイルを参照し、変換時に発生した問題を確認します。

Premiere Pro から Final Cut Pro XML ファイルを書き出すと、統合クリップは Final Cut Pro のネスト化されたシーケンスに変換されます。

注意:

Premiere Pro から Final Cut Pro XML ファイルを書き出すと、統合クリップは Final Cut Pro のネスト化されたシーケンスに変換されます。Premiere Pro および Final Cut Pro 7(およびそれ以前)では、データ交換のために Final Cut Pro XML ファイルを共有できます。Final Cut Pro X と Premiere Pro でデータを共有するには、「Xto7」というサードパーティ製ツールも使用できます。このツールの使用方法について詳しくは、この XtoCC チュートリアルを参照してください。

 

最新バージョンの Premiere Pro で作成された Premiere Pro プロジェクトを開く

Premiere Pro プロジェクトを最新バージョンの Premiere Pro で作成したが、その体験版の有効期限が切れた場合、既存のバージョンを使用すれば、そのファイルを開くことができます。次の手順に従います。

  1. ファイル/書き出し/Final Cut Pro XML を選択します。

  2. 変換したプロジェクトを別名で保存ウィンドウが表示されます。XML ファイルの場所を参照して選択し、ファイル名を入力して「保存」をクリックします。Premiere Pro により、指定された場所でシーケンスが XML ファイルとして保存されます。

    Premiere Pro プロジェクトを .xml ファイルとして保存
    Premiere Pro プロジェクトを .xml ファイルとして保存

  3. この XML ファイルを以前のバージョンの Premiere Pro で開くことができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー