AddSOAPRequestHeader

説明

リクエストする前に、SOAP ヘッダを Web サービスリクエストに追加します。

戻り値

なし

カテゴリ

関数のシンタックス

AddSOAPRequestHeader(webservice, namespace, name, value [, mustunderstand])

関連項目

AddSOAPResponseHeaderGetSOAPRequestGetSOAPRequestHeaderGetSOAPResponseGetSOAPResponseHeader

IsSOAPRequest、『ColdFusion アプリケーションの開発』の基本サービスコンポーネント

履歴

ColdFusion MX 7: この関数が追加されました。

パラメーター

パラメーター

説明

webservice

cfobject タグまたは CreateObject 関数から返される Web サービスオブジェクトです。

namespace

ヘッダの名前空間を含む文字列です。

name

リクエスト内の SOAP ヘッダの名前を含む文字列です。

value

SOAP ヘッダの値です。この値は CFML XML 値でもかまいません。

mustunderstand

オプション。値は true または false (デフォルト) です。このヘッダの SOAP mustunderstand 値を設定します。

使用方法

Web サービスのコンシューマの CFML コード内で、Web サービスを呼び出すに使用されます。value パラメーターで XML を渡すと、ColdFusion は namespace と name パラメーターを無視します。名前空間が必要な場合は、XML 内で定義してください。

この例は 2 つの部分で構成されています。最初の部分は Web サービス CFC です。この関数およびその他の ColdFusion SOAP 関数は、この Web サービス CFC を使用して、Web サービスとのやり取りを示します。この関数に web サービスを実装する方法については、AddSOAPResponseHeader の列を参照してください。以下の例をクライアントとして実行し、the AddSOAPRequestHeader 関数の動作をご覧ください。

<! ---CreateObject 関数の URL が headerservice.cfc ファイルのサーバーおよび場所がここに示す内容と異なる場合、一致するよう変更するよう必要が出ることがあります。末尾の cfinvoke タグについても同様です。---> 

<h3>AddSOAPRequestHeader の例</h3> 
<cfscript> 
// Web サービスオブジェクトを作成します。
ws = CreateObject(&quot;webservice&quot;, &quot;http://localhost/soapheaders/headerservice.cfc?WSDL&quot;); 

// username ヘッダーを文字列として設定します。
addSOAPRequestHeader(ws, &quot;http://mynamespace/&quot;, &quot;username&quot;, &quot;tom&quot;, false); 

// password ヘッダーを CFML XML オブジェクトとして設定します。 
doc = XmlNew(); 
doc.password = XmlElemNew(doc, &quot;http://mynamespace/&quot;, &quot;password&quot;); 
doc.password.XmlText = &quot;My Voice は私のパスワードです&quot;; 
doc.password.XmlAttributes[&quot;xsi:type&quot;] = &quot;xsd:string&quot;; 
addSOAPRequestHeader(ws, &quot;ignoredNameSpace&quot;, &quot;ignoredName&quot;, doc); 

// Web サービス操作を呼び出します。 
ret = ws.echo_me(&quot;argument&quot;); 

// 最初のヘッダーをオブジェクト(文字列)として取得します。
header = getSOAPResponseHeader(ws, &quot;http://www.tomj.org/myns&quot;, &quot;returnheader&quot;); 
XMLheader = getSOAPResponseHeader(ws, &quot;http://www.tomj.org/myns&quot;, &quot;returnheader&quot;, true); 

// 2番目のヘッダーを object (string) および XML として取得します。
header2 =getSOAPResponseHeader(ws, &quot;http://www.tomj.org/myns&quot;, &quot;returnheader2&quot;); 
XMLheader2 = getSOAPResponseHeader(ws, &quot;http://www.tomj.org/myns&quot;, &quot;returnheader2&quot;, true); 
</cfscript> 
<hr> 
<cfoutput> 
Soap Header value: #HTMLCodeFormat(header)#<br> 
Soap Header XML value: #HTMLCodeFormat(XMLheader)#<br> 
Soap Header 2 value: #HTMLCodeFormat(header2)#<br> 
Soap Header 2 XML value: #HTMLCodeFormat(XMLheader2)#<br> 
Return value: #HTMLCodeFormat(ret)#<br> 
</cfoutput> 
<hr> 

<cfinvoke component=&quot;soapheaders.headerservice&quot; method=&quot;echo_me&quot; returnvariable=&quot;ret&quot; in_here=&quot;hi&quot;> 
</cfinvoke> 
<cfoutput>返される cfinvoke タグ:#ret#</cfoutput>

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン