CreateDateTime

説明

日付時刻オブジェクトを作成します。

戻り値

日付時刻値

カテゴリ

日付および時刻関数

関数のシンタックス

CreateDateTime(year, month, day, hour, minute, second, millisecond)

履歴

ColdFusion MX6 で導入されました。

関連項目

CreateDateCreateTimeCreateODBCDateTimeNow、『ColdFusion アプリケーションの開発』のデータ型の変換評価および型変換の問題

パラメーター

パラメーター

説明

year

0~9999 の範囲の整数です。0~29 の範囲の整数は 2000~2029 に変換されます。30~99 の範囲の整数は 1930~1999 に変換されます。西暦 100 年より前の日付は指定できません。

month

1(1 月)~12(12 月)の範囲の整数です。

day

1~31 の範囲の整数です。

hour

0~23 の範囲の整数です。

minute

0~59 の範囲の整数です。

second

0~59 の範囲の整数です。

millisecond 0~999 の範囲の整数です。

Adobe ColdFusion(2016 リリース)では、次のいずれかの形式で CreateDateTime 関数を使用できます。

  • CreateDateTime(year)
  • CreateDateTime(year, month)
  • CreateDateTime(year, month, day)
  • CreateDateTime(year, month, day, hour)
  • CreateDateTime(year, month, day, hour, minute)
  • CreateDateTime(year, month, day, hour, minute, second)
  • CreateDateTime(year, month, day, hour, minute, second, millisecond)

パラメーター

デフォルト値

month

1

day

1

hour

0

minute

0

second

0

一部のパラメーターの値のみを渡す場合、他のパラメーターは デフォルト 値を取ります。例えば、CreateDateTime(2016) では「2016-01-01 00:00:00」が生成されますが、2016 は指定されたパラメーターで、残りはデフォルトで生成されたものです。

例 #1

<cfscript>
       // 日付時刻オブジェクトを作成して表示
       WriteOutput(CreateDateTime(2016,2,16,16,45,34) & &quot; | &quot;); // 指定された日時のオブジェクトを作成
       WriteOutput(#now()#); // now() に対応するオブジェクトを作成
</cfscript>

出力

{ts '2016-02-16 16:45:34'} | {ts '2016-03-14 13:15:31'}

例 #2

<cfscript>
       // ColdFusion(2016 リリース)では、CreateDateTime の次のような使い方が可能
       WriteOutput(CreateDateTime(2016) & &quot; | &quot;);
       WriteOutput(CreateDateTime(2016,6) & &quot; | &quot;);
       WriteOutput(CreateDateTime(2016,6,10) & &quot; | &quot;);
       WriteOutput(CreateDateTime(2016,6,10,17) & &quot; | &quot;);
       WriteOutput(CreateDateTime(2016,6,10,17,45) & &quot; | &quot;);
       WriteOutput(CreateDateTime(2016,6,10,17,45,38));
</cfscript>

出力

{ts '2016-01-01 00:00:00'} | {ts '2016-06-01 00:00:00'} | {ts '2016-06-10 00:00:00'} | {ts '2016-06-10 17:00:00'} | {ts '2016-06-10 17:45:00'} | {ts '2016-06-10 17:45:38'}

<cfscript>
    year = 2018;
    month = 11;
    day = 02;
    hour = 1;
    minute= 09;
    second= 46;
    myDate=CreateDateTime(year,month,day,hour,minute,second)
    writeOutput(&quot;The date and time is: &quot; & myDate);
</cfscript>

出力

The date and time is: {ts '2018-11-02 01:09:46'}

<cfscript>
  myVar = createDateTime(2022,9,15,1,32,59,999);
  writeOutput(myVar & &quot;<br/>&quot;);
  writeOutput(&quot;From millisecond(DateTime)&quot; & &quot;<br/>&quot;)
  writeOutput(#millisecond(myVar)#);
  writeOutput(&quot;<br/>&quot;)
  writeOutput(&quot;From millisecond(DateTime)&quot; & &quot;<br/>&quot;)
  writeOutput(#myVar.millisecond()#);
</cfscript>

出力

{ts '2022-09-15 01:32:59'}
From millisecond(DateTime)
999
From millisecond(DateTime)
999

アドビのロゴ

アカウントにログイン