cfmailparam

説明

電子メールメッセージへのファイルの添付やヘッダの追加をおこないます。

カテゴリ

シンタックス

<cfmail 
to = &quot;受信者&quot; 
subject = &quot;メッセージ件名&quot; 
from = &quot;送信者&quot; 
more attributes... > 
<cfmailparam 
contentID = &quot;コンテンツ ID&quot; 
disposition = &quot;disposition タイプ&quot;> 
file = &quot;ファイルパス&quot;
filename = &quot;添付ファイルとして送信するファイルの名前&quot;
type =&quot;media type&quot; 

OR 

<cfmailparam 
name = &quot;ヘッダー名&quot; 
value = &quot;ヘッダー値&quot;> 
... 
</cfmail>
注意:

このタグの属性は attributeCollection 属性で指定でき、その値は構造体になります。attributeCollection 属性で構造体の名前を指定し、タグの属性名を構造体のキーとして使用します。

関連項目

cfmailcfmailpartcfftpcfhttpcfldapcfpop、『ColdFusion アプリケーションの開発』の電子メールの送受信cfmailparam タグの使用

履歴

ColdFusion(2016 リリース)アップデート 4:decode 属性が追加されました。

ColdFusion 8.0.1:Content 属性および Remove 属性が追加されました。

ColdFusion MX 6.x:Disposition 属性および ContentID 属性が追加されました。

ColdFusion MX 6.1:type 属性が追加されました。

属性

使用方法

このタグは、電子メールメッセージへのファイルの添付やヘッダーの追加をおこないます。cfmail タグでのみ使用できます。cfmail タグ内で複数の cfmailparam タグを使用できます。このタグを使用して、画像などのファイルを HTML メールメッセージに含めることができます。例 2 に示すように、ファイルは、HTML メッセージ内にインラインで表示することも、添付ファイルとすることもできます。複数のファイルを含めるには、複数の cfmailparam タグを使用します。

メールメッセージ内でのファイルのインラインでの表示

  1. cfmail タグで type="html" を指定します。
  2. cfmailparam タグで disposition="inline" および ContentID 属性を指定します。
  3. src="cid:ContentIDValue" 属性を使用して、img タグなどの HTML タグに含めるコンテンツを特定します。

例 1:この参照専用の例では、cfmailparam タグを使用して、メッセージへのヘッダーの追加、ファイルの添付、送信者への受信通知の返信をおこないます。

<cfmail from = &quot;peter@domain.com&quot; To = &quot;paul@domain.com&quot; 
Subject = &quot;重要な添付ファイルを確認の上、返信願います&quot;> 
<cfmailparam name = &quot;重要度&quot; value = &quot;高&quot;> 
新しいロゴを確認してください。ご意見をお聞かせください.<cfmailparam file = &quot;c:\work\readme123.txt&quot; type=&quot;text/plain&quot;> 
<cfmailparam file = &quot;c:\work\logo15Jan.gif&quot; type=&quot;image/gif&quot;>
<cfmailparam filename = &quot;readme.txt&quot;>
<cfmailparam filename = &quot;logo.gif&quot;>
<cfmailparam name=&quot;Disposition-Notification-To&quot; value=&quot;peter@domain.com&quot;> 
</cfmail>

例 2:この参照専用の例では、HTML メッセージの本文に画像を表示します。

<cfmail type=&quot;HTML&quot; 
to = &quot;#form.mailto#&quot; 
from = &quot;#form.mailFrom#&quot; 
subject = &quot;Sample inline image&quot;> 
<cfmailparam file=&quot;C:\Inetpub\wwwroot\web.gif&quot; 
disposition=&quot;inline&quot; 
contentID=&quot;image1&quot;> 
<p>ここに画像を配置</p> 
<img src=&quot;cid:image1&quot;> 
<p>画像の後</p> 
</cfmail>

例 3:decode 属性を使用します。

<cfmail to=&quot;john@office.com&quot; from=&quot;james@office.com&quot; subject=&quot;有効な html エンティティを使用したファイル名&quot;>
<cfmailparam file=&quot;#expandPath(&quot;.&quot;)#/test%7c.txt&quot; decode=&quot;false&quot;>
</cfmail>
アドビのロゴ

アカウントにログイン