説明

電子メールメッセージへのファイルの添付やヘッダの追加をおこないます。

カテゴリ

シンタックス

<cfmail 
to = "recipient" 
subject = "message subject" 
from = "sender" 
more attributes... > 
<cfmailparam 
contentID = "content ID" 
disposition = "disposition type"> 
file = "file path"
filename = "name of the file to be sent as attachment"
type ="media type" 

OR 

<cfmailparam 
name = "header name" 
value = "header value"> 
... 
</cfmail>

注意:

このタグの属性は attributeCollection 属性で指定でき、その値は構造体になります。attributeCollection 属性で構造体の名前を指定し、タグの属性名を構造体のキーとして使用します。

関連項目

cfmailcfmailpartcfftpcfhttpcfldapcfpop、『ColdFusion アプリケーションの開発』の電子メールの送受信cfmailparam タグの使用

履歴

ColdFusion(2016 リリース)アップデート 4:decode 属性が追加されました。

ColdFusion 8.0.1:Content 属性および Remove 属性が追加されました。

ColdFusion MX 6.x:Disposition 属性および ContentID 属性が追加されました。

ColdFusion MX 6.1:type 属性が追加されました。

属性

属性

必須/オプション

デフォルト

説明

content

 

 

ColdFusion 変数の内容を添付ファイルとして送信することができます。これをおこなうには、次の例のように、# 記号で囲んだ変数を content 属性の値として指定します。

<cfmailparam file="anyname" content="#variablename#">

 

contentID

オプション

 

添付ファイルの識別子です。この ID はグローバルに固有な値である必要があり、添付ファイルのコンテンツを参照するメール本文中の IMG やその他のタグ内でファイルを識別するために使用されます。

decode オプション True メール本文に添付されるファイルの名前をデコードします。false に設定すると、ファイル名はデコードされず、そのまま使用されます。例 3 を参照してください。

disposition

オプション

attachment

添付するファイルの処理方法です。次のいずれかを指定します。

  • attachment:ファイルを添付ファイルとして添付します。
  • inline:ファイルのコンテンツをメッセージ内に表示します。

file

name 属性を指定しない場合は必須

 

メッセージにファイルを添付します。name 属性の値とは排他の関係です。ファイルは送信前に MIME でエンコードされます。

filename

オプション

 

添付ファイル名として指定されたファイル名を設定します。ファイル名属性を添付ファイル名と共に指定すると、新しい名前が、ファイルの場所にある添付ファイル名前を置き換える添付ファイル名として設定されます。

name

file 属性を指定しない場合は必須

 

ヘッダの名前です。大文字と小文字は区別されません。file 属性の値とは排他の関係です。

remove

オプション

no

yes の場合、メールが正常に送信された後に添付ファイル(ある場合)が削除されます。

type

オプション

 

ファイルの MIME メディアタイプです。name 属性と一緒には使用しません。有効な MIME メディアタイプまたは次のいずれかの値を指定できます。

  • text: text/plain タイプを指定します。
  • plain: text/plain タイプを指定します。
  • html:text/html タイプを指定します。
    タイプを指定すると、指定した値が Content-Type ヘッダーになります。タイプを指定しない場合は、ColdFusion によって Content-Type ヘッダーが生成されます。
    注意:登録されているすべての MIME メディアタイプのリストについては、www.iana.org/assignments/media-types/ を参照してください。

value

オプション

 

ヘッダーの値です。file 属性と一緒には使用しません。

使用方法

このタグは、電子メールメッセージへのファイルの添付やヘッダーの追加をおこないます。cfmail タグでのみ使用できます。cfmail タグ内で複数の cfmailparam タグを使用できます。このタグを使用して、画像などのファイルを HTML メールメッセージに含めることができます。例 2 に示すように、ファイルは、HTML メッセージ内にインラインで表示することも、添付ファイルとすることもできます。複数のファイルを含めるには、複数の cfmailparam タグを使用します。

メールメッセージ内でのファイルのインラインでの表示

  1. cfmail タグで type="html" を指定します。
  2. cfmailparam タグで disposition="inline" および ContentID 属性を指定します。
  3. src="cid:ContentIDValue" 属性を使用して、img タグなどの HTML タグに含めるコンテンツを特定します。

例 1:この参照専用の例では、cfmailparam タグを使用して、メッセージへのヘッダーの追加、ファイルの添付、送信者への受信通知の返信をおこないます。

<cfmail from = "peter@domain.com" To = "paul@domain.com" 
Subject = "See Important Attachments and Reply"> 
<cfmailparam name = "Importance" value = "High"> 
Please review the new logo. Tell us what you think. 
<cfmailparam file = "c:\work\readme123.txt" type="text/plain"> 
<cfmailparam file = "c:\work\logo15Jan.gif" type="image/gif">
<cfmailparam filename = "readme.txt">
<cfmailparam filename = "logo.gif">
<cfmailparam name="Disposition-Notification-To" value="peter@domain.com"> 
</cfmail>

例 2:この参照専用の例では、HTML メッセージの本文に画像を表示します。

<cfmail type="HTML" 
to = "#form.mailto#" 
from = "#form.mailFrom#" 
subject = "Sample inline image"> 
<cfmailparam file="C:\Inetpub\wwwroot\web.gif" 
disposition="inline" 
contentID="image1"> 
<p>There should be an image here</p> 
<img src="cid:image1"> 
<p>After the picture</p> 
</cfmail>

例 3:decode 属性を使用します。

<cfmail to="john@office.com" from="james@office.com" subject="Filename with valid html entities">
<cfmailparam file="#expandPath(".")#/test%7c.txt" decode="false">
</cfmail>

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー