Deserialize

説明

文字列の逆シリアル化

戻り値

任意の文字列です。

関数のシンタックス

deserialize(string, type, useCustomSerializer)

履歴

ColdFusion(2018 リリース):パラメーター StringToBeDeserialized の名前が string に変更されました。

ColdFusion 11:この関数が追加されました。 

パラメーター

パラメーター

説明

string

逆シリアル化が必要な文字列。

type

文字列。逆シリアル化するデータの型。デフォルトでは、ColdFusion は XML および JSON 形式をサポートします。CustomSerializer CFC の他のタイプのサポートを実装することもできます。ColdFusion 11 での REST の機能強化を参照してください。

useCustomSerializer boolean 値。カスタムシリアライザーを使用するかどうかを指定します。デフォルト値は true です。カスタムシリアライザーは、 のシリアル化解除に常に使用されます。false の場合、XML/JSON シリアル化解除はデフォルトの ColdFusion 動作を使用して実行されます。useCustomSerializer が false でその他のタイプが渡された場合、TypeNotSupportedException がスローされます。

詳しくはColdFusion Builder 11 の REST の機能強化を参照してください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン