この記事では、Dreamweaver Web ページに HTML5 オーディオを挿入し、ブラウザーでオーディオをプレビューする方法について説明します。

Dreamweaver を使用して、Web ページに HTML5 オーディオを挿入したり、HTML5 オーディオをプレビューしたりすることができます。HTML5 audio 要素は、オーディオコンテンツを Web ページに埋め込む標準的な方法を提供します。

HTML audio 要素について詳しくは、W3schools.comHTML5 オーディオ(英語)を参照してください。

HTML5 オーディオの挿入

  1. オーディオを挿入する位置にカーソルがあることを確認します。

  2. 挿入HTMLHTML5 オーディオを選択します。オーディオファイルが指定した位置に挿入されます。

  3. プロパティインスペクターで、次の情報を入力します。

    • ソース / 代替ソース 1 / 代替ソース 2:「ソース」にオーディオファイルの場所を入力します。または、フォルダーアイコンをクリックして、コンピューターからオーディオファイルを選択します。サポートされるオーディオ形式は、ブラウザーによって異なります。「ソース」のオーディオ形式がサポートされていない場合、「代替ソース 1」または「代替ソース 2」で指定した形式が使用されます。ブラウザーは最初に認識した形式を選択して、オーディオを表示します。

    注意:

    複数選択を使用して、ビデオを 3 つのフィールドに簡単に追加できます。同じビデオに対してフォルダーから 3 つのビデオフォーマットを選択すると、リストの最初のフォーマットが「ソース」に使用されます。リストの次のフォーマットは「代替ソース 1」および「代替ソース 2」の自動入力に使用されます。

    ブラウザー MP3 Wav Ogg
    Internet Explorer 9 はい いいえ いいえ
    Firefox 4.0 いいえ はい はい
    Google Chrome 6 はい はい はい
    Apple Safari 5 はい はい いいえ
    Opera 10.6 いいえ はい はい
    • タイトル:オーディオファイルのタイトルを入力します。
    • 代替テキスト:HTML5 をサポートしていないブラウザーで表示するテキストを入力します。
    • コントロール:HTML ページで再生、一時停止、ミュートなどのオーディオコントロールを表示する場合に選択します。
    • 自動再生:Web ページにオーディオが読み込まれたらすぐに再生を開始する場合に選択します。
    • オーディオをループ:ユーザーが再生を停止するまで、続けてオーディオを再生する場合にこのオプションを選択します。
    • ミュート:ダウンロード後に、オーディオをミュートする場合にこのオプションを選択します。
    • プリロード:「自動」を選択すると、ページのダウンロード時にオーディオファイル全体がロードされます。「メタデータ」を選択すると、ページのダウンロードが完了してから、メタデータのみがダウンロードされます。

ブラウザーでのオーディオのプレビュー

  1. Web ページを保存します。

  2. ファイルリアルタイムプレビューを選択します。オーディオをプレビューするブラウザーを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー