Dreamweaver でクライアントサイド XSL 変換を実行する方法について説明します。また、XSLT ページを作成し、XML ページにリンクします。

注意:

Dreamweaver CC 以降では、ユーザーインターフェイスが簡素化されています。そのため、この記事で説明されているオプションの一部が Dreamweaver CC 以降には存在しない場合があります。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

クライアントサイド XSL 変換を実行するためのワークフロー

クライアントサイド XSL 変換を実行できます。XML データを表示するページを作成する前に、サーバーサイドおよびクライアントサイド XSL 変換と、Web ページでの XML および XSL の使用を確認してください。

クライアントサイド XSL 変換を実行する一般的なワークフローは、次のとおりです。各手順については別のトピックで説明します。

Dreamweaver サイトを設定します。

XSLT ページを作成するか、HTML ページを XSLT に変換します。

  • Dreamweaver サイトで、XSLT ページ全体を作成します。

  • 既存の HTML ページを XSLT ページ全体に変換します。

XML データソースをページにまだ適用していない場合、適用します。

適用する XML ファイルは、XSLT ページと同じディレクトリにある必要があります。

XSLT ページに XML データをバインドします。

データを XSLT ページ全体にバインドすることで、XML データを表示します。

必要に応じて、XML データプレースホルダーを含むテーブルまたはテーブル行にリピート領域 XSLT オブジェクトを追加します。

XML ページに XSLT ページを適用します。

XML ページおよびリンクされた XSLT ページの両方を Web サーバーにポストします。

ブラウザーで XML ページを表示します。

このときに、ブラウザーは XML データを変換し、XSLT ページを使ってフォーマットして、スタイルが設定されたページをブラウザー内で表示します。

XSLT ページ全体の作成とデータの表示

クライアントサイド変換には完全な XSLT ページを使用する必要があります (このタイプの変換の場合、XSLT フラグメントは機能しません)。クライアント変換用に XML データの作成とバインド、XSLT ページのフォーマットを行う場合、次に示す一般的な手順に従ってください。

XSLT ページを作成します。

XSLT ページにデータを表示します。

XSLT ページに繰り返しエレメントを表示します。

XML データの動的コンテンツプレースホルダーを持つ XSLT ページ全体を作成したら、XSLT ページへの参照を XML にページに挿入する必要があります。

注意:

クライアントサイド変換に使用する XML ファイルと XSL ファイルは、同じディレクトリにある必要があります。同じディレクトリにない場合、ブラウザーは XML ファイルを読み取り、変換する XSLT ページを見つけますが、XSLT ページに相対リンクで定義されているアセット(スタイルシートやイメージなど)を見つけることができません。

  1. XSLT ページにリンクする XML ファイルを開きます。
  2. コマンド/XSLT スタイルシートの適用を選択します。
  3. そのダイアログボックスで「参照」ボタンをクリックし、リンク先となる XSLT ページを参照し、そのページを選択して「OK」をクリックします。
  4. 「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じ、XML ドキュメントの上部に XSLT ページへの参照を挿入します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー