ファイルパネルに表示されているファイル転送機能を制御する Dreamweaver の環境設定と転送モードを選択します。

FTP 環境設定

ファイルパネルで、ローカルサイトとリモートサイト間のファイル転送方法を制御する環境設定を指定できます。

  1. 編集/環境設定(Windows)または Dreamweaver/環境設定(Mac OS)を選択します。

  2. 環境設定ダイアログボックスで、左側のカテゴリーリストから「サイト」を選択します。
    サイトの環境設定ダイアログボックス
    サイトの環境設定ダイアログボックス

  3. オプションを設定して、「OK」をクリックします。

    常に表示

    ローカルサイトとリモートサイトのいずれを常に表示するか、ファイルパネルの左右のいずれのペインにローカルサイトまたはリモートサイトを表示するかを指定します。

    初期設定では、常にローカルサイトが右側に表示されます。常に表示するように選択しなかったペイン(初期設定では左ペイン)には、もう一方のサイト(初期設定ではリモートサイト)のファイルを表示することができます。

    依存ファイル

    チェックイン / チェックアウトシステムを使用するには、事前にローカルサイトをリモートサーバーに関連付ける必要があります。初期設定では、「GET/チェックアウトでダイアログを表示」と「PUT/チェックインでダイアログを表示」の両方が選択されています。

    通常、新規ファイルをチェックアウトする場合は、依存ファイルも一緒にダウンロードすることをお勧めしますが、既に最新バージョンの依存ファイルがローカルディスクにある場合は、再びダウンロードする必要はありません。これはファイルのアップロードとチェックインの場合にも当てはまります。最新のコピーが宛先に既に存在している場合は、再びダウンロードする必要はありません。

    注意:

    これらのオプションをオフにすると、依存ファイルは転送されません。したがって、これらのオプションが選択解除になっているときでも、依存ファイルダイアログボックスを表示させたい場合は、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら「GET」、「PUT」、「チェックイン」、「チェックアウト」コマンドを選択します。

    FTP 接続

    交信がないまま指定の分数が経過した後に、リモートサイトへの接続を終了するかどうかを指定します。

    FTP タイムアウト

    Dreamweaver がリモートサーバーとの接続を試みる秒数を指定します。

    指定された時間内に応答がない場合は、Dreamweaver によりその旨を通知する警告ダイアログボックスが表示されます。

    FTP 転送オプション

    Dreamweaver では、ファイルの転送時に表示されたダイアログボックスに対してユーザーからの応答がない場合、指定された秒数後に初期設定オプションを採用するかどうかを指定します。

    プロキシホスト

    ファイヤーウォールの後から外部サーバーに接続する際のプロキシサーバーのアドレスを指定します。

    ファイヤーウォールの後にいない場合は、このスペースを空白にしておきます。ファイヤーウォールの後にいる場合は、サイトの定義ダイアログボックス(サーバー/既存のサーバーの編集(鉛筆のアイコン)/その他のオプション)で「プロキシを使用」オプションを選択します。

    プロキシポート

    リモートサーバーに接続する際のプロキシまたはファイヤーウォールのポートを指定します。 21(FTP 用の初期設定)以外のポートを通じて接続する場合は、ここに数値を入力します。

    PUT オプション:PUT する前にファイルを保存

    選択した場合、リモートサイトに送信される前に、保存されていないファイルが自動的に保存されます。

    移動オプション:サーバー上のファイルの移動時にダイアログを表示

    リモートサイト上のファイルを移動しようとすると、警告が表示されます。

    サイトの管理

    既存のサイトの編集や、新規サイトの作成ができるサイトの管理ダイアログボックスを開きます。

    注意:

    Dreamweaver/Configuration フォルダー内の FTPExtensionMap.txt(Mac OS では FTPExtensionMapMac.txt)をカスタマイズして、転送するファイルの種類を ASCII(テキスト)またはバイナリのいずれかに指定できます。詳細は、『Dreamweaver 拡張ガイド』を参照してください。

ファイル転送モード

FTP プロトコル(SFTP には適用できません)は、以下の転送モードでファイルを転送するために使用されます。

バイナリモード / 画像モード

テキストファイル以外のファイル / バイナリファイルに使用されます。このモードでは、ファイルはバイト単位で転送され、転送されたファイルのコピーは受信側のシステムで作成されます。

ASCII モード

ファイルの行末文字を送信側のシステムから受信側のシステムの文字に変換します。これは、テキストファイルに使用されます。

FTP 接続が開始されると、Dreamweaver は転送モードを識別して選択します。Get または Put コマンドがトリガーされると、Dreamweaver は FTPExtensionMapMac.txt および FTPExtensionMap.txt に存在するファイル拡張子の転送モードを識別します。
設定ファイルでファイル拡張子が使用できない場合、Dreamweaver はサーバーで設定された転送モードを使用してファイルを転送します。

ファイル拡張子と FTP 転送モード用の上記のマッピングファイルでは、次の機能を使用できます。

Win:%appdata%¥Adobe¥Dreamweaver <version>\ja_JP¥Configuration.

macOS:~/Library/Application Support/Adobe/Dreamweaver <version>/ja_JP/Configuration.

デフォルトのファイル拡張子と関連する転送モードを以下に示します。

ファイルタイプ デフォルトの転送モード

AIF

バイナリ

AIFF

バイナリ

AIFC

バイナリ

AS

ASCII

ASCX

ASCII

ASMX

ASCII

ASP

ASCII

ASPX

ASCII

BIN

バイナリ

BMP

バイナリ

CFM

ASCII

CFML

ASCII

CGI

ASCII

CS

ASCII

CSS

ASCII

DCR

バイナリ

DIR

バイナリ

DMG

バイナリ

DOC

バイナリ

DWT

ASCII

DXR

バイナリ

EXE

バイナリ

FLA

バイナリ

GIF

バイナリ

HTM

ASCII

HTML

ASCII

INC

ASCII

JPG

バイナリ

JPEG

バイナリ

JS

ASCII

LBI

ASCII

MNO

バイナリ

MOV

バイナリ

MPEG

バイナリ

MPG

バイナリ

MXML

ASCII

PDF

バイナリ

PHP

ASCII

PHP3

ASCII

PHP4

ASCII

PHP5

ASCII

PIC

バイナリ

PICT

バイナリ

PL

ASCII

PNG

バイナリ

PSD

バイナリ

QT

バイナリ

RA

バイナリ

RAM

バイナリ

README

バイナリ

RM

バイナリ

RTF

バイナリ

SEA

バイナリ

SHTM

ASCII

SHTML

ASCII

SIT

バイナリ

SND

バイナリ

SWF

バイナリ

TEXT

ASCII

TIF

バイナリ

TIFF

バイナリ

TPL

バイナリ

TXT

ASCII

VB

ASCII

WAV

バイナリ

XHTM

ASCII

XHTML

ASCII

ZIP

バイナリ

任意のファイルタイプの転送モードを変更できます。

  1. Dreamweaver を終了します。テキストエディターで、以下のパスから FTPExtensionMapMac.txt(MacOS の場合)または FTPExtensionMap.txt(Windows の場合)を開きます。

    Win:%appdata%¥Adobe¥Dreamweaver <version>\ja_JP¥Configuration

    macOS:~/Library/Application Support/Adobe/Dreamweaver <version>/ja_JP/Configuration

  2. 構成ファイルで、デフォルト値を目的の転送タイプに変更します。ファイルが使用できない種類の場合は、ファイル拡張子を入力し、その後にスペースと転送の種類を入力します。例:PHTML ASCII

  3. ファイルを保存して閉じます。

注意:

  • FTP 経由で ASCII モードで転送されたバイナリファイル(JPG または MPEG)が壊れている可能性があります。ASCII ではないコンテンツのあるすべてのファイルタイプは、バイナリ転送で転送する必要があります。
  • FTP 経由でバイナリモードで転送されたテキストファイル(HTML、PHP など)は、元のシステムの行末文字を保持します。FTP を介して異なる行末文字を持つシステムに転送されるテキストファイルは、ダブルスペースになっている、1 行に圧縮されている、または破損しています。このようなファイルは ASCII モードで転送する必要があります。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー