Dreamweaver でテキストのプロパティインスペクターを使用して、HTML フォーマットまたは CSS フォーマットを適用する方法を説明します。

テキストのプロパティインスペクターを使用して、HTML フォーマットまたは CSS フォーマットを適用することができます。HTML フォーマットを適用すると、ページ本文の HTML コードにプロパティが追加されます。CSS フォーマットを適用すると、ドキュメントのページヘッド内、または別のスタイルシート内にプロパティが書き込まれます。

注意:

CSS インラインスタイルを作成すると、ページ本文にスタイル属性コードが直接追加されます。

テキストのフォーマットについて(CSS と HTML)

Dreamweaver では、標準的なワードプロセッサーと同様の操作でテキストを書式設定できます。テキストブロックには初期設定のフォーマットスタイル(段落、見出し 1、見出し 2 など)を設定できます。また、選択したテキストのフォント、サイズ、色、整列の変更や、ボールド、イタリック、コード(monospace)、アンダーラインなどのテキストスタイルの適用も可能です。

Dreamweaver には、CSS プロパティインスペクターおよび HTML プロパティインスペクターという 2 種類のプロパティインスペクターがあり、これらは 1 つに統合されています。CSS プロパティインスペクターを使用する場合、Dreamweaver ではテキストのフォーマットに CSS(カスケーディングスタイルシート)が使用されます。CSS を使用すると、Web デザイナーや開発者が Web ページのデザインをより詳細に管理できるのに加え、アクセシビリティ機能を向上し、ファイルサイズを縮小できます。CSS プロパティインスペクターでは、既存のスタイルにアクセスすることも、新規にスタイルを作成することもできます。

CSS を使用することで、ドキュメントの構造を崩さずに Web ページのスタイルを管理することができます。CSS では、Web ページの視覚的なデザインエレメント(フォント、色、マージンなど)と構造ロジックを分離できるので、Web デザイナーはコンテンツの整合性を犠牲にせずに、表示面と印刷面で Web ページを管理することができます。また、印刷時のデザインやページレイアウトを単独のコードブロックで定義でき、イメージマップ、font タグ、テーブル、スペーサー GIF などに頼る必要がないため、ダウンロードの高速化、サイトメンテナンスの効率化、および複数の Web ページにわたるデザイン属性の集中管理が可能です。

CSS で作成したスタイルは、ドキュメント内に直接格納することも、外部スタイルシートに格納していっそう強力な機能と柔軟性を実現することもできます。1 つの外部スタイルシートを複数の Web ページに添付した場合、そのスタイルシートに変更を加えると、該当するすべてのページに自動的に反映されます。ページのすべての CSS ルールにアクセスするには、CSS スタイルパネルを使用します(ウィンドウ/CSS スタイル)。現在の選択範囲の適用されるルールにアクセスするには、CSS スタイルパネル(「現在」モード)を使用するか、CSS プロパティインスペクターのターゲットのルールポップアップメニューを使用します。

必要に応じて、Web ページのテキストのフォーマットに HTML マークアップタグを使用することもできます。CSS ではなく HTML タグを使用するには、HTML プロパティインスペクターを使用してテキストをフォーマットする必要があります。

注意:

1 つのページ内で CSS と HTML 3.2 フォーマットを組み合わせて使用できます。これらのフォーマットは次のように優先順位を付けて適用されます。HTML 3.2 フォーマットは、外部 CSS スタイルシートによって適用されるフォーマットより優先されます。また、ドキュメントに埋め込まれた CSS は、外部 CSS より優先されます。

プロパティインスペクターでの CSS ルールの編集

  1. プロパティインスペクターを開いていない場合はウィンドウ/プロパティを選択して開き、パネルの左上隅にある CSS オプションを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を実行します。
    • 変更対象のルールを使用して既にフォーマットされているテキストブロック内に挿入ポイントを置きます。目的のルールがターゲットのルールポップアップメニューに表示されます。
    • ターゲットのルールポップアップメニューからルールを選択します。
    • 「ルールの編集」をクリックします。
    ターゲットのルールからルールを選択
    ターゲットのルールポップアップメニューからルールを選択します。

  3. CSS プロパティインスペクターで、各種のオプションを使用してルールに変更を加えます。

    ターゲットのルール

    CSS プロパティインスペクターでの編集対象となるルールを示します。テキストに何らかの既存スタイルを適用している場合、ページ上で目的のテキスト内をクリックすると、そのフォーマットに影響を及ぼしているルールが表示されます。また、ターゲットのルールポップアップメニューでは、新規 CSS ルールの作成、新規インラインスタイルの作成、および、選択したテキストに対する既存クラスの適用もできます。新規ルールを作成する場合は、新規 CSS ルールダイアログボックスで必要な事項を入力します。詳しくは、このトピックの末尾に示すリンクを参照してください。

    ルールの編集

    ターゲットのルールに対する CSS ルール定義ダイアログボックスを開きます。ただし、ターゲットのルールポップアップメニューから「新規 CSS ルール」を選択して「ルールの編集」ボタンをクリックした場合は、新規の CSS ルール定義ダイアログボックスが表示されます。

    CSS デザイナー

    CSS デザイナーパネルを開き、ターゲットのルールに関するプロパティを現在のビューに表示します。

    フォント

    ターゲットのルールで使用するフォントを変更します。

    サイズ

    ターゲットのルールで使用するフォントサイズを設定します。

    テキストカラー

    ターゲットのルールで使用するフォントカラーを指定します。カラーボックスをクリックして Web セーフカラーを選択するか、その横のテキストフィールドに #BB5153 などの 16 進数値を入力します。

    Dreamweaver での CSS ルールの編集
    ルールの編集オプションを使用して CSS ルールを編集します。

    ボールド

    ターゲットのルールにボールドのプロパティを追加します。

    イタリック

    ターゲットのルールにイタリックのプロパティを追加します。

    左揃え、中央揃え、右揃え

    ターゲットのルールを左、中央、または右に揃えます。

    注意:

    「フォント」、「サイズ」、「テキストカラー」、「ボールド」、「イタリック」、「行揃え」の各プロパティには、ドキュメントウィンドウで現在選択されている範囲に適用されるルールのプロパティが常に表示されます。プロパティに変更を加えると、ターゲットのルールに変更を加えることになります。

プロパティインスペクターを使用してテキストのカラーを編集

テキストに特定のルールを適用しない場合は、プロパティインスペクターで直接テキストカラーを編集できます。次の例では、編集前のテキストカラーに注目してください。カラーピッカーの隣にあるフィールドが白で表示されます。これはカーソルを当てている箇所のテキストカラーを示してます。

テキストのテキストカラーを編集
Dreamweaver でテキストカラーを編集

テキストのカラーを編集するには、編集するテキストを選択します。カラーピッカーをクリックして、好みのカラーを選択します。次の画像は、プロパティインスペクターで新しいカラーが表示されている状態を示しています。

Dreamweaver でテキストカラーを編集
テキストカラーを変更するには、カラーピッカーを使用します

プロパティインスペクターでの HTML フォーマットの設定

  1. プロパティインスペクターが開いていない場合は、ウィンドウ/プロパティを選択して開き、「HTML」ボタンをクリックします。
  2. フォーマットしたいテキストを選択します。

  3. 選択したテキストに適用するオプションを設定します。
    Dreamweaver CC で HTML フォーマットテキストのプロパティを設定
    HTML フォーマットテキストのプロパティを設定します

    フォーマット

    選択したテキストの段落スタイルを設定します。例えば、「段落」を選択すると <p> タグの初期設定のフォーマットが適用され、「見出し 1」を選択すると H1 タグが追加されます。

    ID

    選択範囲に ID を割り当てます。ID ポップアップメニュー(該当する場合)には、そのドキュメントについて宣言されている未使用の ID が一覧表示されます。

    クラス

    選択したテキストに現在適用されているクラススタイルを表示します。選択範囲にスタイルがまったく適用されていない場合は、ポップアップメニューに「CSS スタイルなし」と表示されます。選択範囲に複数のスタイルが適用されている場合は、メニューに何も表示されません。

    スタイルメニューを使用して、以下のいずれかの操作を行います。

    • 選択範囲に適用するスタイルを選択します。

    • 「なし」を選択すると、現在選択しているスタイルが削除されます。

    • 「名前の変更」を選択すると、スタイルの名前を変更できます。

    • 「スタイルシートを添付」を選択すると、ページに外部スタイルシートを関連付けるダイアログボックスが開きます。

    ボールド

    環境設定ダイアログボックスの「一般」カテゴリのスタイルの環境設定に従って、選択したテキストに <b> または <strong> が適用されます。

    イタリック

    環境設定ダイアログボックスの「一般」カテゴリのスタイルの環境設定に従って、選択したテキストに <i> または <em> が適用されます。

    リスト

    選択したテキストのブレットリストを作成します。テキストが選択されていない場合は、新しいブレットリストが開始します。

    番号リスト

    選択したテキストの番号リストを作成します。テキストが選択されていない場合は、新しい番号リストが開始します。

    ブロック引用、ブロック引用を削除

    blockquote タグが適用または削除され、選択したテキストのインデントが設定または解除されます。リストにインデントを設定するとネストしたリストが作成され、インデントを解除するとリストのネストが解除されます。

    リンク

    選択したテキストのハイパーテキストリンクを作成します。フォルダーアイコンをクリックしてサイト内のファイルを参照するか、URL を入力します。または、ファイルの指定アイコンをファイルパネル内のファイルにドラッグするか、ファイルパネル内のファイルをボックスにドラッグします。

    タイトル

    ハイパーテキストリンクに対するツールヒントのテキストを指定します。

    ターゲット

    リンクされたドキュメントをロードするフレームまたはウィンドウを指定します。

    • _blank は、リンクされたファイルを新規のブラウザーウィンドウにロードします。

    • _parent を選択すると、リンクされたファイルは、リンクが含まれているフレームの親フレームセットまたはウィンドウにロードされます。リンクを含むフレームがネストされていない場合は、リンクされているファイルは、ブラウザーウィンドウ全体にロードします。

    • _self は、リンクされたファイルを、リンクと同じフレームまたはウィンドウにロードします。このターゲットはあらかじめ指定されているので、通常は指定する必要がありません。

    • _top は、リンクされたファイルをブラウザーウィンドウ全体にロードして、すべてのフレームを削除します。

HTML プロパティインスペクターでのクラス名の変更

HTML プロパティインスペクターのクラスメニューには、ページに適用できるすべてのクラスが表示されます。クラススタイルリストの最後にある「名前の変更」オプションを選択すると、このリスト内のスタイルの名前を変更できます。

  1. プロパティインスペクターパネルで、クラスドロップダウンリストを選択します。

  2. 表示されたリストから、リストの最後にある「名前の変更」を選択します。

  3. スタイル名の変更ポップアップメニューから、名前を変更するスタイルを選択します。

    Dreamweaver で HTML のクラス名を変更
    HTML のクラス名を変更

  4. 「変更後のスタイル名」テキストフィールドに新しい名前を入力し、「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー