環境設定を行うことで、ファイルの作成時または編集時にコードに適用されるフォーマットを制御できます。

コードの手動フォーマット

  1. サポートされているファイルを開きます。

  2. 編集/コード/ソースフォーマットの適用を選択します。

    または、一般ツールバー/ソースコードのフォーマットからソースフォーマットの適用を選択します。

選択したコードの手動フォーマット

  1. コードを開きます。

  2. コードの任意の部分を選択します。

  3. 編集/コード/ソースフォーマットを選択範囲に適用を選択します。

    または、一般ツールバー/ソースコードのフォーマットからソースフォーマットを選択範囲に適用を選択します。

    注意:

    タグの間にあるコードを選択し、その選択範囲にソースフォーマットを適用すると、親タグまでフォーマットが適用されます。

コードフォーマットのデフォルトのルールの編集

CSS、JS および PHP コードのフォーマットは、サイトのルートフォルダーの .jsbeautifyrc ファイルにフォーマットルールを追加することでカスタマイズできます。

.jsbeautifyrc ファイルを追加するには、次の手順に従います。

注意:

  • 次の手順は、CSS、JS および PHP ドキュメントにのみ適用されます。
  • PHP ドキュメント内の HTML タグは、タグライブラリの環境設定に従ってフォーマットされます。PHP ブロック内のコードは、次の手順でフォーマットすることができます。

  1. サイトのルートに .jsbeautifyrc という名前の新しいファイルを作成します。

  2. 以下に示す CSS、JS および PHP のデフォルトのフォーマットルールをコピーし、.jsbeautifyrc に貼り付けて、ファイルを保存します。

    {
    
        "js": {
    
            "eol": "\n",
    
            "preserve_newlines": true,
    
            "max_preserve_newlines": 3,
    
            "space_after_anon_function": true,
    
            "keep_array_indentation": false,
    
            "space_before_conditional": true,
    
            "break_chained_methods": false,
    
            "unescape_strings": false,
    
            "wrap_line_length": 0,
    
            "end_with_newline": true,
    
            "comma_first": false,
    
            "operator_position": "after-newline"
    
        },
    
        "css": {
    
            "preserve_newlines": false,
    
            "selector_separator_newline" : false,
    
            "end_with_newline": false,
    
            "newline_between_rules": false,
    
            "space_around_selector_separator": true
    
        },
    
        "php": {
    
            "eol": "\n",
    
            "preserve_newlines": true,
    
            "max_preserve_newlines": 3,
    
            "space_after_anon_function": true,
    
            "brace_style": "collapse",
    
            "keep_array_indentation": false,
    
            "space_before_conditional": true,
    
            "break_chained_methods": false,
    
            "unescape_strings": false,
    
            "wrap_line_length": 0,
    
            "end_with_newline": false,
    
            "comma_first": false,
    
            "space_in_paren":true
    
        }
    
    }
  3. 以下の表を参照してデフォルトのコードフォーマットルールを編集し、変更を保存します。

  4. Dreamweaver を再起動し、CSS、JS および PHP ファイルにコードフォーマットを適用します。

    更新されたフォーマットルールに従ってコードがフォーマットされます。

注意:

他の Dreamweaver サイトにある PHP、CSS および JS ファイルのコードフォーマットをカスタマイズする場合は、カスタマイズした .jsbeautifyrc ファイルを、目的のサイトのルートフォルダーに配置する必要があります。

CSS、JS および PHP のフォーマットのルール

CSS ルール Dreamweaver のデフォルト値 説明
  preserve_newlines false 空白行を保持するかどうかを指定します。
selector_separator_newline false

コンマで区切られたセレクター間に改行を挿入するかどうかを指定します。

例:".div, .P"

end_with_newline false ファイルの終わりに空白行を挿入するかどうかを指定します。
newline_between_rules false 各 CSS ルールの後に改行を追加するかどうかを指定します。
space_around_selector_separator true

セレクターの区切り(「>」、「+」、「~」)の前後に空白を挿入します。

例:"a>b" は、ソースフォーマットを適用すると "a > b" になります。

JS ルール Dreamweaver のデフォルト値 説明
  "eol" "\n" 行末を表す文字を指定します。
preserve_newlines true 空白行を保持するかどうかを指定します。
max_preserve_newlines 3

"max_preserve_newlines": N とすると、

JS ファイルに N 行以上の空白行が存在する場合、フォーマットの適用時に N-1 行の空白行が保持されます。

注意:max_preserve_newlines は、preserve_newlines が true に設定されている場合にのみ適用されます。

space_after_anon_function true

匿名関数の丸カッコの前にスペースを追加するかどうかを指定します。

例:"function()" は、ソースフォーマットを適用すると "function ()" になります。

keep_array_indentation false 配列本体の内部での改行を許可または保持します。
space_before_conditional true

条件ステートメントの前に空白を追加するかどうかを指定します。

例:"if(true)" は、フォーマットを適用すると "if (true)" になります。

break_chained_methods false

連鎖関数の間の改行を許可または保持します。

例:

`foobar().baz()`

unescape_strings false

\xNN 表記でエンコードされた文字列内の出力可能な文字をエスケープ解除します。

例:

"\x65\x78\x61\x6d\x70\x6c\x65" は、ソースフォーマットを適用すると "example" になります。

wrap_line_length 0 指定した文字数を超えた場合に、適切な位置で行を折り返します。
end_with_newline true

ファイルの終わりに改行を追加します。

comma_first false このフラグを設定すると、コンマの位置で改行する場合に、常にコンマが行の先頭文字になります。
operator_position after-newline

このフラグは、長い条件式が複数行に分割される場合に、各行での演算子の位置を定義するために使用します。

このフラグには次の値を指定できます。

  • before-newline
  • after-newline
  • preserve-newline

注意:

PHP フォーマットのルールは JS フォーマット(上記の表で説明)と同じですが、次の 2 つのルールが追加されます。

PHP ルール Dreamweaver のデフォルト値 説明
  brace_style collapse

このオプションを使用して波カッコの位置を制御できます。

例:

function f() {

// コード

}

または 

function f()

{

// コード

}

次の値を割り当てることができます。

  • "collapse" - 条件ステートメントと同じ行に波カッコを配置します
  • "expand" - 波カッコを単独の行に配置します(オールマン/ANSI スタイル)
  • "end-expand" - 閉じ波カッコを単独の行に配置します
  • "none" - 記述されたとおりの位置に保持します
  • 上記のいずれか + ",preserve-inline" - preserve-inline は、インラインブロックの波カッコをそのままに保ちます
space_in_paren true

丸カッコ内にスペースを追加するかどうかを指定します。

例:

include('header.php') は、

フォーマットを適用すると

include( 'header.php' ) になります

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー