マニュアル キャンセル

Fireworks および Dreamweaver による作業

  1. Dreamweaver ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. レスポンシブ web デザインの基本
    2. Dreamweaver の新機能
    3. Dreamweaver を使用した web 開発 - 概要
    4. Dreamweaver / よくある質問
    5. キーボードショートカット
    6. Dreamweaver の必要システム構成
    7. 機能の概要
  3. Dreamweaver と Creative Cloud
    1. Dreamweaver 設定と Creative Cloud の同期
    2. Dreamweaver での Creative Cloud ライブラリ
    3. Dreamweaver での Photoshop ファイルの使用
    4. Adobe Animate と Dreamweaver の操作
    5. ライブラリから web 用に最適化された SVG ファイルを抽出する
  4. Dreamweaver のワークスペースとビュー
    1. Dreamweaver ワークスペース
    2. ビジュアル開発のための Dreamweaver ワークスペースの最適化
    3. ファイル名またはコンテンツに基づいたファイルの検索 | Mac OS
  5. サイトの設定
    1. Dreamweaver サイトについて
    2. ローカルバージョンのサイトの設定
    3. Publishing server への接続
    4. テストサーバーの設定
    5. Dreamweaver サイトの設定の読み込みおよび書き出し
    6. リモートサーバーからローカルサイトのルートに既存の web サイトを取り込む
    7. Dreamweaver のアクセシビリティ機能
    8. 詳細設定
    9. ファイル転送に関するサイト環境設定の設定
    10. Dreamweaver でのプロキシサーバー設定の指定
    11. Dreamweaver 設定と Creative Cloud の同期
    12. Dreamweaver での Git の使用
  6. ファイルの管理
    1. ファイルの作成およびオープン
    2. ファイルとフォルダーの管理
    3. サーバーからのファイルの取得とサーバーへのファイルの送信
    4. ファイルのチェックインとチェックアウト
    5. ファイルの同期
    6. ファイルの違いの比較
    7. Dreamweaver サイト内のファイルおよびフォルダーのクローク
    8. Dreamweaver サイトでのデザインノートの有効化
    9. Gatekeeper の脆弱性の悪用を防ぐ
  7. レイアウトとデザイン
    1. レイアウト用ビジュアルエイドの使用
    2. CSS を使用したページのレイアウトについて
    3. Bootstrap を使用したレスポンシブな web サイトのデザイン
    4. Dreamweaver でのメディアクエリーの作成と使用
    5. テーブルを使用したコンテンツの表示
    6. カラー
    7. 可変グリッドレイアウトによるレスポンシブデザイン
    8. Dreamweaver 内の Extract
  8. CSS
    1. カスケーディングスタイルシートについて
    2. CSS デザイナーを使用したページのレイアウト
    3. Dreamweaver での CSS プリプロセッサーの使用
    4. Dreamweaver で CSS スタイルの環境設定を行う方法
    5. Dreamweaver での CSS ルールの移動
    6. Dreamweaver でのインライン CSS の CSS ルールへの変換
    7. Div タグの操作
    8. 背景へのグラデーションの適用
    9. Dreamweaver での CSS3 移行効果の作成および編集
    10. コードのフォーマット
  9. ページコンテンツとアセット
    1. ページプロパティの設定
    2. CSS 見出しプロパティおよび CSS リンクプロパティの設定
    3. テキストの操作
    4. テキスト、タグ、属性の検索と置換
    5. DOM パネル
    6. ライブビューでの編集
    7. Dreamweaver でのドキュメントのエンコード
    8. ドキュメントウィンドウでのエレメントの選択および表示
    9. プロパティインスペクターでのテキストプロパティの設定
    10. web ページのスペルチェック
    11. Dreamweaver での区切り線の使用
    12. Dreamweaver でのフォントの組み合わせの追加と変更
    13. アセットを使用した作業
    14. Dreamweaver での日付の挿入と更新
    15. Dreamweaver でのお気に入りアセットの作成と管理
    16. Dreamweaver でのイメージの挿入と編集
    17. メディアオブジェクトの追加
    18. Dreamweaver でのビデオの追加
    19. HTML5 ビデオの挿入
    20. SWF ファイルの挿入
    21. オーディオエフェクトの追加
    22. Dreamweaver での HTML5 オーディオの挿入
    23. ライブラリ項目の操作
    24. Dreamweaver でのアラビア語およびヘブライ語のテキストの使用
  10. リンクおよびナビゲーション
    1. リンクおよびナビゲーションについて
    2. リンク
    3. イメージマップ
    4. リンクのトラブルシューティング
  11. jQuery Widget と効果
    1. Dreamweaver での jQuery UI Widget と Mobile Widget の使用
    2. Dreamweaver での jQuery 効果の使用
  12. web サイトのコーディング
    1. Dreamweaver でのコーディングについて
    2. Dreamweaver のコーディング環境
    3. コーディングの環境設定
    4. コードカラーリングのカスタマイズ
    5. コードの記述と編集
    6. コードヒントとコード補完機能
    7. コードの折りたたみと展開
    8. スニペットでコードを再利用する
    9. 構文チェックコード
    10. コードの最適化
    11. デザインビューでのコードの編集
    12. ページのヘッドコンテンツの操作
    13. Dreamweaver でのサーバーサイドインクルードの挿入
    14. Dreamweaver でのタグライブラリの使用
    15. Dreamweaver へのカスタムタグの読み込み
    16. JavaScript ビヘイビアーの使用(基本操作)
    17. JavaScript に組み込まれているビヘイビアーの適用
    18. XML および XSLT について
    19. Dreamweaver でのサーバーサイド XSL 変換の実行
    20. Dreamweaver でのクライアントサイド XSL 変換の実行
    21. Dreamweaver での XSLT の文字エンティティの追加
    22. コードのフォーマット
  13. 製品間ワークフロー
    1. Dreamweaver への拡張機能のインストールと使用
    2. Dreamweaver のアプリ内アップデート
    3. Dreamweaver での Microsoft Office 文書の挿入(Windows のみ)
    4. Fireworks および Dreamweaver による作業
    5. Contribute を使用した Dreamweaver サイトでのコンテンツの編集
    6. Dreamweaver と Business Catalyst の統合
    7. パーソナライズされた電子メールキャンペーンの作成
  14. テンプレート
    1. Dreamweaver テンプレートについて
    2. テンプレートおよびテンプレートから作成されたドキュメントの認識
    3. Dreamweaver テンプレートの作成
    4. テンプレート編集可能領域の作成
    5. Dreamweaver でのリピート領域およびテーブルの作成
    6. テンプレートの任意の領域の使用
    7. Dreamweaver での編集可能なタグ属性の定義
    8. Dreamweaver でネストされたテンプレートを作成する方法
    9. テンプレートの編集、更新、削除
    10. Dreamweaver での xml コンテンツの書き出しおよび読み込み
    11. 既存のドキュメントでのテンプレートの適用または削除
    12. Dreamweaver テンプレートでのコンテンツの編集
    13. Dreamweaver でのテンプレートタグのシンタックスルール
    14. テンプレート領域のハイライト表示の環境設定
    15. Dreamweaver でテンプレートを使用する利点
  15. モバイルとマルチスクリーン
    1. メディアクエリーの作成
    2. モバイルデバイス向けのページ方向の変更
    3. Dreamweaver を使用したモバイルデバイス向けの web アプリの作成
  16. 動的サイト、ページおよび web フォーム
    1. web アプリケーションについて
    2. アプリケーション開発のためのコンピューター設定
    3. データベース接続のトラブルシューティング
    4. Dreamweaver での接続スクリプトの削除
    5. 動的ページのデザイン
    6. 動的コンテンツソースの概要
    7. 動的コンテンツのソースの定義
    8. ページへの動的コンテンツの追加
    9. Dreamweaver での動的コンテンツの変更
    10. データベースのレコードの表示
    11. Dreamweaver でのライブデータの入力とトラブルシューティング
    12. Dreamweaver でのカスタムサーバービヘイビアーの追加
    13. Dreamweaver を使用したフォームの作成
    14. フォームを使用したユーザーからの情報の収集
    15. Dreamweaver での ColdFusion フォームの作成と有効化
    16. web フォームの作成
    17. フォームエレメントの HTML5 サポート強化
    18. Dreamweaver を使用したフォームの開発
  17. アプリケーションのビジュアル開発
    1. Dreamweaver でのマスターページと詳細ページの作成
    2. 検索ページと結果ページの作成
    3. レコード挿入ページの作成
    4. Dreamweaver でのレコードの更新ページの作成
    5. Dreamweaver でのレコード削除ページの作成
    6. Dreamweaver での ASP コマンドによるデータベースの修正
    7. 登録ページの作成
    8. ログインページの作成
    9. 許可されたユーザーのみがアクセスできるページの作成
    10. Dreamweaver を使用した ColdFusion のフォルダーの保護
    11. Dreamweaver での ColdFusion コンポーネントの使用
  18. web サイトのテスト、プレビュー、パブリッシュ
    1. ページのプレビュー
    2. 複数のデバイスでの Dreamweaver web ページのプレビュー
    3. Dreamweaver サイトのテスト

 

HTML ページで合理的に Web グラフィックを編集、最適化、配置するには、Dreamweaver と Fireworks を使用します。

注意:

この機能は、Adobe Dreamweaver バージョンではサポートされていません。

Fireworks イメージの挿入

Dreamweaver と Fireworks は、リンク、イメージマップ、テーブルスライスなどの変更を始め、同一のファイルに対する数々の編集操作を互いに認識し、共有します。また、HTML ページ上の Web グラフィックファイルの編集、最適化、配置のワークフローは、2 つのアプリケーション間で合理化されています。

Fireworks から書き出したグラフィックを Dreamweaver ドキュメントに直接配置するには、イメージの挿入コマンドを使用します。または、Dreamweaver のイメージプレースホルダーから新しい Fireworks グラフィックを作成することもできます。

  1. Dreamweaver ドキュメント内で、イメージを表示する位置に挿入ポイントを置き、次のいずれかの操作を行います。
    • 挿入/イメージを選択します。

    • 挿入パネルの「一般」カテゴリー内で「イメージ」ボタンをクリックするか、またはドキュメント上に「イメージ」ボタンをドラッグします。

  2. Fireworks から書き出した目的のファイルを見つけて、「OK」(Windows)または「開く」(Mac OS)をクリックします。
    注意:

    目的の Fireworks ファイルが現在の Dreamweaver サイトの外部にある場合は、このファイルをルートフォルダーにコピーするかどうかを確認するメッセージが表示されます。「はい」をクリックします。

Dreamweaver からの Fireworks イメージまたはテーブルの編集

Dreamweaver でイメージ、または Fireworks テーブルを構成するイメージスライスを開いて編集する際は、Fireworks が自動的に起動し、そのイメージやテーブルの書き出し元の PNG ファイルが Fireworks で開きます。

注意:

この動作を実行するには、Fireworks が PNG ファイル用のプライマリ外部イメージエディターとして設定されている必要があります。また、Fireworks は JPEG ファイルや GIF ファイル用の初期設定のエディターとして設定されていますが、Photoshop をこれらのファイルタイプ用の初期設定のエディターとして設定することもできます。

イメージが Fireworks テーブルの一部である場合は、HTML コード内に <!--fw table--> というコメントが記述されていれば、Fireworks テーブル全体を開いて編集できます。Fireworks から Dreamweaver サイトに、Dreamweaver スタイルの「HTML とイメージ」設定を使用してソース PNG ファイルを書き出した場合、Fireworks テーブルのコメントが自動的に HTML コード内に挿入されます。

  1. Dreamweaver でプロパティインスペクターが開いていない場合は、ウィンドウ/プロパティを選択して開きます。
  2. イメージまたはイメージスライスをクリックして選択します。

    Fireworks から書き出されたイメージを選択すると、プロパティインスペクターではその選択内容が Fireworks のイメージまたはテーブルであることが識別され、PNG ソースファイルの名前が表示されます。

  3. 編集用に Fireworks を起動するには、次のいずれかの操作を行います。
    • プロパティインスペクターで「編集」をクリックします。

    • Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、選択したイメージをダブルクリックします。

    • 選択したイメージを右クリックするか(Windows、または Control キーを押しながらクリックし(Mac OS)、コンテキストメニューの「エディターを指定して編集 Fireworks」を選択します。

    注意:

    Fireworks で PNG ソースファイルの場所を特定できない場合は、配置場所の指定を求めるメッセージが表示されます。Fireworks ソースファイルを操作すると、ソースファイルと書き出しファイルの両方に変更が保存されます。それ以外の場合は、書き出されたファイルのみが更新されます。 

  4. Fireworks で、ソース PNG ファイルを編集して「終了」をクリックします。

    Fireworks で変更した内容が PNG ファイルに保存され、更新後のイメージ(または HTML とイメージ)が書き出され、フォーカスが Dreamweaver に戻ります。Dreamweaver に、更新されたイメージまたはテーブルが表示されます。

    Dreamweaver と Fireworks の統合のチュートリアルについては、www.adobe.com/go/vid0188_jp を参照してください。

Dreamweaver からの Fireworks イメージの最適化

Dreamweaver を使用すると、Fireworks イメージやアニメーションをすばやく変更できます。Dreamweaver では、最適化設定、アニメーション設定、書き出されたイメージのサイズおよび領域を変更できます。

  1. Dreamweaver で目的の画像を選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • コマンド/イメージを最適化を選択します。

    • プロパティインスペクターの「イメージ設定の編集」ボタンをクリックします。

  2. イメージプレビューダイアログボックスで、次の操作を行います。
    • 最適化設定を編集するには、「オプション」タブをクリックします。

    • 書き出されたイメージのサイズと領域を編集するには、「ファイル」タブをクリックします。

  3. 完了したら、「OK」をクリックします。

Fireworks による Dreamweaver イメージプレースホルダーの修正

Dreamweaver ドキュメント内にイメージのプレースホルダーを作成して Fireworks を起動し、そのプレースホルダーに配置するグラフィックイメージまたは Fireworks テーブルをデザインできます。

イメージプレースホルダーから新規イメージを作成するには、Dreamweaver および Fireworks を共にシステムにインストールしておく必要があります。

  1. PNG ファイル用のイメージエディターとして、Fireworks が設定されていることを確認します。
  2. ドキュメントウィンドウで、イメージのプレースホルダーをクリックして選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行い、Fireworks を「編集元 Dreamweaver」モードで起動します。
    • プロパティインスペクターの「作成」をクリックします。

    • Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押したまま、イメージのプレースホルダーをダブルクリックします。

    • イメージのプレースホルダーを右クリックするか(Windows)、または Control キーを押しながらクリックし(Mac OS)、「イメージの作成 Fireworks」をクリックします。

  4. Fireworks のオプションを使用してイメージをデザインします。

    Fireworks では、Dreamweaver 内のイメージプレースホルダーを取り扱う際、イメージサイズ(Fireworks キャンバスのサイズに関連)、イメージ ID(ソースファイルおよび作成した書き出しファイルの初期設定のドキュメント名として Fireworks で使用)、テキストの整列といった、イメージプレースホルダーの既存設定が認識されます。また、Dreamweaver での作業時にイメージプレースホルダーに割り当てたリンクや所定のビヘイビアー(スワップイメージ、ポップアップメニュー、テキスト設定など)も認識されます。

    注意:

    イメージのプレースホルダーに追加されているリンクは、Fireworks では表示されませんが、維持されています。Fireworks でホットスポットを描画してリンクを追加した場合も、Dreamweaver でイメージのプレースホルダーに追加したリンクが削除されるわけではありません。ただし、Fireworks で新しいイメージからスライスを切り抜いた場合は、イメージのプレースホルダーを置き換えた時点で Dreamweaver ドキュメント内の既存のリンクが削除されます。

    Fireworks では、イメージプレースホルダーに対するイメージの整列、カラー、Vspace と Hspace、マップの設定は認識されません。これらの設定は、イメージプレースホルダーのプロパティインスペクターでは使用不可になります。

  5. 完了したら、「終了」をクリックします。保存を確認するメッセージが表示されます。
  6. 「保存する場所」テキストボックスで、Dreamweaver ローカルサイトフォルダーとして定義したフォルダーを選択します。

    Dreamweaver ドキュメントへの挿入時にイメージプレースホルダーに名前を付けた場合は、その名前が「ファイル名」ボックスに初期値として表示されます。この名前は変更できます。

  7. 「保存」をクリックして、PNG ファイルを保存します。

    書き出しダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスを使用して、イメージを GIF 形式または JPEG 形式で書き出します。スライスイメージの場合は HTML とイメージの両方を書き出します。

  8. 「保存する場所」で、Dreamweaver ローカルサイトフォルダーを選択します。

    「ファイル名」ボックスには、PNG ファイルに指定したのと同じファイル名が表示されます。この名前は変更できます。

  9. ファイルの種類」で、書き出すファイルのタイプを選択します。例えば、「イメージのみ」や「HTML とイメージ」を選択します。
  10. 「保存」をクリックして、書き出されたファイルを保存します。

    ファイルが保存され、フォーカスが Dreamweaver に戻ります。Dreamweaver ドキュメントで、イメージのプレースホルダーが、書き出されたファイルまたは Fireworks テーブルに置き換えられます。

Fireworks のポップアップメニューについて

Fireworks を使用すると、CSS ベースのポップアップメニューを素早く簡単に作成できます。

Fireworks で作成したポップアップメニューには、拡張性が高くダウンロードが高速であることに加え、次のような利点があります。

  • メニュー項目は、検索エンジンによるインデックス付けを行うことができます。

  • メニュー項目をスクリーンリーダーで読み取れるため、よりアクセスしやすいページになります。

  • Fireworks が生成するコードは標準に準拠しており、検証することができます。

    Fireworks のポップアップメニューは Dreamweaver または Fireworks で編集できますが、両方で同時に編集することはできません。Dreamweaver で行った変更内容は、Fireworks では保持されません。

Dreamweaver での Fireworks ポップアップメニューの編集

Fireworks 8 以降で作成したポップアップメニューは Dreamweaver または Fireworks で編集できますが(ラウンドトリップ編集を使用)、両方で同時に編集することはできません。ポップアップメニューを Dreamweaver で編集した後にこの内容を Fireworks で再編集すると、再編集前の編集内容は、テキストコンテンツを除いてすべて失われます。

Dreamweaver でポップアップメニューを編集する場合は、Fireworks でメニューを作成した後、Dreamweaver だけを使用してメニューの編集とカスタマイズを行います。

Fireworks でメニューを編集する場合は、Dreamweaver のラウンドトリップ編集機能を使用できますが、Dreamweaver ではメニューを直接編集しないようにしてください。

  1. Dreamweaver でポップアップメニューが表示されている Fireworks テーブルを選択し、プロパティインスペクターで「編集」をクリックします。

    Fireworks で PNG ソースファイルが開かれます。

  2. Fireworks で、ポップアップメニューエディターを使用してメニューを編集し、Fireworks ツールバーの「終了」をクリックします。

    ポップアップメニューの編集内容が Dreamweaver に反映されます。

    Fireworks MX 2004 以前のバージョンで作成したポップアップメニューは、Dreamweaver では、ビヘイビアーパネルから表示可能なポップアップメニューを表示ダイアログボックスを使用して編集できます。

Fireworks MX 2004 以前のバージョンで作成したポップアップメニューの編集

  1. Dreamweaver で、ポップアップメニューを起動するホットスポットまたはイメージを選択します。
  2. ビヘイビアーパネル(Shift + F3)で、アクションリストの「ポップアップメニューを表示」をダブルクリックします。
  3. ポップアップメニューを表示ダイアログボックスで変更を行い、「OK」をクリックします。

Fireworks ソースファイルの起動と編集環境設定の指定

Fireworks を使用してイメージを編集するのは、Web ページ上のそれらのイメージが、Fireworks のソース PNG ファイルから事前に書き出されている場合が通常です。編集するイメージファイルを Dreamweaver で開くと、ソースの PNG ファイルが自動的に Fireworks で開きます。ファイルが見つからない場合は、PNG ファイルの場所を指定するように求めるメッセージが表示されます。必要に応じて、Fireworks で環境設定を行い、挿入済みのイメージファイルを Dreamweaver で開くように指定できます。または、Dreamweaver でイメージを開くたびに、挿入済みのイメージファイルと Fireworks ソースファイルのいずれを使用するか指定することもできます。

注意:

Dreamweaver で Fireworks の起動と編集環境設定が認識されるのは、特定の場合に限られます。特に、Fireworks テーブルの一部でなく、ソース PNG ファイルへの正しいデザインノートパスを含むイメージは、開いて最適化する必要があります。

  1. Fireworks で編集/環境設定(Windows)または Fireworks/環境設定(Mac OS)を選択し、「起動と編集」タブをクリックするか(Windows)、ポップアップメニューから「起動と編集」を選択します(Mac OS)。
  2. 外部アプリケーションに配置されている Fireworks イメージを編集または最適化する場合に適用する環境設定オプションを指定します。

    常にオリジナルの PNG を使用

    配置されたイメージのソースとしてデザインノートに定義されている Fireworks PNG ファイルを自動的に開きます。ソース PNG ファイルとそれに対応する配置済みイメージが更新されます。

    オリジナルの PNG を使用しない

    ソース PNG ファイルが存在するかどうかに関係なく、配置されている Fireworks イメージを自動的に開きます。配置されたイメージのみ更新されます。

    起動時に確認

    ソース PNG ファイルを開くかどうかを確認するメッセージを表示します。また、このメッセージから起動と編集の環境設定をグローバルに指定することもできます。

Dreamweaver ドキュメントへの Fireworks HTML コードの挿入

Fireworks の「書き出し」コマンドを使用して、最適化したイメージと HTML ファイルを書き出し、Dreamweaver サイトフォルダー内の場所に保存できます。このファイルは、Dreamweaver に挿入できます。Dreamweaver では、Fireworks で生成された HTML コード、そのコードに関連するイメージ、スライス、JavaScript をまとめて 1 つのドキュメントに挿入できます。

  1. Dreamweaver ドキュメント内で、Fireworks HTML コードを挿入する位置に挿入ポイントを置きます。
  2. 次のいずれかの操作を実行します。
    • 挿入/イメージオブジェクト/Fireworks HTML を選択します。

    • 挿入パネルの「一般」カテゴリーで「イメージ」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「Fireworks HTML」をクリックします。

  3. 「参照」をクリックして、目的の Fireworks HTML ファイルを選択します。
  4. 挿入後にこのオリジナルファイルを使用する予定がない場合は、「挿入後削除する」オプションを選択します。このオプションを選択しても、該当する HTML ファイルに関連付けられている PNG ファイルには影響ありません。
    注意:

    HTML ファイルがネットワークドライブ上にある場合は、「ごみ箱」または「ゴミ箱」に移動されるのではなく、システムから完全に削除されます。

  5. 「OK」をクリックすると、関連する画像、スライスおよび JavaScript と共に、HTML コードが Dreamweaver ドキュメントに挿入されます。

Fireworks HTML コードの Dreamweaver へのペースト

Fireworks で生成したイメージおよびテーブルを Dreamweaver 内に配置する場合の簡単な方法は、Fireworks HTML コードをコピーして直接 Dreamweaver ドキュメント内にペーストする方法です。

Fireworks HTML コードの Dreamweaver へのコピー&ペースト

  1. Fireworks で編集/HTML コードのコピーを選択します。
  2. ウィザードの指示に従って、HTML とイメージの書き出し設定を行います。書き出したイメージの保存先を指定する画面では、Dreamweaver サイトフォルダーを書き出し先として指定します。

    ウィザードによって、イメージが指定保存先に書き出され、HTML コードがクリップボードにコピーされます。

  3. Dreamweaver ドキュメント内で HTML コードをペーストする位置に挿入ポイントを置き、編集/ペーストを選択します。

    書き出した Fireworks ファイルに関連付けられているすべての HTML コードと JavaScript コードが Dreamweaver ドキュメントにコピーされ、イメージへのリンクがすべて更新されます。

Fireworks HTML コードの Dreamweaver への書き出しおよびペースト

  1. Fireworks でファイル/書き出しを選択します。
  2. Dreamweaver サイトフォルダーをイメージの書き出し先として指定します。
  3. 書き出しポップアップメニューから「HTML とイメージ」を選択します。
  4. HTMLポップアップメニューから「クリップボードにコピー」 を選択し、「書き出し」をクリックします。
  5. Dreamweaver ドキュメント内で、書き出した HTML コードをペーストする位置に挿入ポイントを置き、編集/Fireworks HTML のペーストを選択します。

    書き出した Fireworks ファイルに関連付けられているすべての HTML コードと JavaScript コードが Dreamweaver ドキュメントにコピーされ、イメージへのリンクがすべて更新されます。

Dreamweaver 内に配置されている Fireworks HTML コードの更新

Fireworks では、Dreamweaver に配置された Fireworks ファイルを更新する方法として、起動と編集環境設定の代わりにファイル/HTML の更新コマンドを使用することもできます。「HTML を更新」コマンドを使用すると、Fireworks でソース PNG ファイルを編集した後で、Dreamweaver ドキュメントに書き出して配置した HTML コードとイメージファイルに更新内容を自動的に反映できます。このコマンドを使用すれば、Dreamweaver ファイルは Dreamweaver が実行中でなくても更新できます。

  1. Fireworks で、ソース PNG ファイルを開いて編集します。
  2. ファイル/保存を選択します。
  3. Fireworks でファイル/HTML の更新を選択します。
  4. 更新する HTML が含まれた Dreamweaver ファイルを指定し、「開く」をクリックします。
  5. 更新されたイメージファイルの配置先となるフォルダーに移動し、「選択」をクリックします。

    Dreamweaver ドキュメント内の HTML テーブルと JavaScript コードが更新されます。Fireworks ではさらに、HTML と関連する更新されたイメージを書き出し、そのイメージを指定保存先フォルダーに配置します。

    更新対象の HTML コードが見つからない場合、Dreamweaver ドキュメントに新しい HTML コードを挿入するかどうかをたずねるメッセージが表示されます。Fireworks は、ドキュメントの先頭に、新しい JavaScript コードのセクションを置き、セクションの最後に、HTML テーブルまたはイメージへのリンクを置きます。

ウェブフォトアルバムの作成

ウェブフォトアルバムの作成機能は、Dreamweaver CS5 で非推奨になりました。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合