注意:

Dreamweaver CC 以降では、ユーザーインターフェイスが簡素化されています。そのため、この記事で説明されているオプションの一部が Dreamweaver CC 以降には存在しない場合があります。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

ライブデータ表示機能は、Dreamweaver CS5 で非推奨になりました。代わりに、さらに効率的なライブビュー機能が追加されています。

ライブビューでライブデータを表示するには、以下を実行してください。

  • 動的ページを処理するフォルダーを定義します(例えば、使用しているコンピューターまたはリモートコンピューターの ColdFusion サーバーのルートフォルダー)。

    ライブビューに切り替えるとページにエラーメッセージが表示される場合は、サイト定義ダイアログボックスの「Web URL」が正しく指定されているか確認してください。

  • 関連するファイルがある場合は、それをフォルダーにコピーします。

  • ページに、通常ユーザーが入力するパラメーターを指定します。

ライブビューでのライブデータを含むページの指定

  1. ライブビュー設定ダイアログボックス(表示/ライブビューオプション/HTTP リクエストの設定)を開きます。

  2. 「URL 要求」領域で、「+」ボタンをクリックし、ページが待機するパラメーターを入力します。

  3. パラメーターごとに、名前とテスト値を指定してください。

  4. メソッドポップアップメニューで、ページが待機する HTML フォームのメソッド(POST または GET)を選択します。

  5. 現在のページに対する設定を保存するには、「このドキュメントの設定を保存」を選択して、「OK」をクリックします。

    注意:

    設定を保存するには、デザインノート(ファイル/デザインノート)を有効にする必要があります。

ライブビューでのライブデータのトラブルシューティング

ライブビューでライブデータを表示する際の問題の多くは、サイト定義ダイアログボックス(サイト/サイトの編集)の値の一部が入力されていないか、適切でないために発生します。

テスト用サーバーとして指定したサーバーの設定をチェックします。サイト定義ダイアログボックスで、サーバーフォルダーまたはルートディレクトリを設定する場所には、動的ページの処理が可能なフォルダーを指定する必要があります。以下は、ハードディスクで IIS または PWS を稼動している場合の適切なサーバーフォルダーの例です。

C:\Inetpub\wwwroot\myapp\

「Web URL」に、サーバーフォルダーに対応する(マップされた)URL が指定されていることを確認します。例えば、PWS または IIS をローカルコンピューター上で実行している場合、リモートフォルダーと Web URL の関係は次のようになります。

リモートフォルダー

Web URL

C:¥Inetpub¥wwwroot¥

http://localhost/

C:¥Inetpub¥wwwroot¥myapp¥

http://localhost/myapp/

C:¥Inetpub¥wwwroot¥fs¥planes

http://localhost/fs/planes

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー