注意:

ColdFusion は、Dreamweaver CC 以降では削除されています。

ColdFusion コンポーネントについて

ColdFusion コンポーネント(CFC)を使用すると、アプリケーションおよびビジネスロジックを自己完結型の再利用可能なユニットにカプセル化できます。また CFC を使用すると、Web サービスを迅速かつ簡単に作成することができます。

CFC は ColdFusion マークアップ言語(CFML)で記述された再利用可能なソフトウェアユニットで、コードの再利用とメンテナンスを効率化します。

Dreamweaver では CFC を操作できます。CFC のタグおよびシンタックスについて詳しくは、Dreamweaver から ColdFusion のヘルプ(ヘルプ/ColdFusion の使用)を参照してください。

注意:

CFC は、ColdFusion MX 以降でのみ使用できます。CFC は、ColdFusion 5 ではサポートされていません。

CFC を使用すると、デベロッパーは、Web サイトのエレメントを単純かつ強力な方法でカプセル化できます。コンポーネントは一般的に、アプリケーションまたはビジネスロジックに対して使用します。一方、カスタムタグは、カスタマイズしたあいさつメッセージや動的メニューなど、プレゼンテーションエレメントに対して使用します。

他の多くの構成と同様に、動的サイトには、置き換え可能な要素という利点があります。例えば、動的サイトでは、同じクエリーを繰り返し実行したり、ショッピングカートページの合計金額を計算し、商品が追加されるたびに再計算することが可能です。これらのタスクは、コンポーネントによって処理されます。コンポーネントは、アプリケーションの他の部分への影響を最小限に抑えつつ、修正、改良、拡張したり、他のコンポーネントと置き換えることができます。

例えば、あるオンラインストアで、注文価格に基づいて送料を計算する場合を考えます。$20 未満の注文の送料は $4、$20 ~ $40 の範囲の注文の送料は $6、などとなります。ショッピングカートページと精算ページの両方に送料を計算するロジックを挿入できますが、HTML プレゼンテーションコードおよび CFML ロジックコードが混合することになり、ほとんどの場合はコードのメンテナンスおよび再利用が困難になります。

そこで、特に ShippingCharge という関数を備えた Pricing という名前の ColdFusion コンポーネントを作成することに決めます。この関数は、価格をパラメーターとして取り、送料を返します。例えば、パラメーターの値が 32.80 であれば、この関数は 6 を返します。

ショッピングカートページと精算ページの両方に、ShippingCharge 関数を呼び出す特別なタグを挿入します。ページが要求されると、この関数が呼び出され、送料がページに返されます。

後で、オンラインストアから、$100 を超える注文についてはすべて送料を無料にするというキャンペーンの通知がありました。この場合、1 か所(Pricing コンポーネントの ShippingCharge 関数)で送料に変更を加えると、この関数を使用するすべてのページで正確な送料が自動的に取得されます。

コンポーネントパネルの概要(ColdFusion)

コンポーネントパネル(ウィンドウ/コンポーネント)では、ColdFusion コンポーネントを表示および編集することや、CFM ページが要求されたときに関数を呼び出すコードをそのページに追加することができます。

注意:

コンポーネントパネルは、Dreamweaver で ColdFusion ページを表示している場合にのみ使用できます。

Dreamweaver での CFC の作成または削除

Dreamweaver では、CFC やその関数を視覚的に定義できます。Dreamweaver によって、.cfc ファイルが作成され、必要な CFML タグが自動的に挿入されます。

注意:

コンポーネントによっては、一部のコードを手動で入力する必要があります。

  1. Dreamweaver で ColdFusion ページを開きます。

  2. コンポーネントパネル(ウィンドウ/コンポーネント)のポップアップメニューから「CF コンポーネント」を選択します。

  3. 「+」ボタンをクリックし、コンポーネントの作成ダイアログボックスで必要な設定を行い、「OK」をクリックします。

    a. 「コンポーネント」セクションに、コンポーネントの詳細を入力します。主なオプションは、次のとおりです。

    名前 コンポーネントのファイル名を指定します。名前に使用できるのは、英数字とアンダースコア(_)だけです。名前を入力するときに .cfc ファイル拡張子を付けないでください。

    コンポーネントディレクトリ コンポーネントの保存場所を指定します。Web アプリケーションのルートフォルダー(¥Inetpub¥wwwroot¥myapp¥ など)またはそのサブフォルダーを選択します。

    b. コンポーネントに対して関数を定義する場合は、セクションリストから「関数」を選択して「+」ボタンをクリックし、新しい関数の詳細を入力します。

    「返されるタイプ」オプションには、関数が返す値のタイプを指定します。

    注意:

    アクセスメニューから「リモート」を選択した場合、関数は Web サービスとして利用できるようになります。

    c. 関数に対して引数を定義する場合は、セクションリストから「引数」を選択し、ポップアップメニューから関数を選択して「+」ボタンをクリックし、新しい引数の詳細をその右に入力します。

  4. リモート開発サーバーを使用している場合は、CFC ファイルとその依存ファイル(関数を実装するために使用するファイルやインクルードファイルなど)をリモートサーバーにアップロードします。

    ファイルをアップロードすると、「ライブビュー」や「ブラウザーでプレビュー」などの Dreamweaver の機能が正常に動作するようになります。

    Dreamweaver によって、CFC ファイルが作成され、指定したフォルダーに保存されます。また、「更新」をクリックすると、新しいコンポーネントもコンポーネントパネルに表示されます。

  5. リモート開発サーバーを使用している場合は、CFC ファイルとその依存ファイル(関数を実装するために使用するファイルやインクルードファイルなど)をリモートサーバーにアップロードします。

Dreamweaver での CFC の表示

Dreamweaver では、サイトフォルダーまたはサーバーにある ColdFusion コンポーネント(CFC)を視覚的な方法で確認することができます。Dreamweaver では、CFC ファイルを読み込み、それらのファイルに関する情報をコンポーネントパネル内のツリービューに表示します。このツリービューは、簡単に操作することができます。

Dreamweaver では、テストサーバー上のコンポーネントが検索されます。詳しくは、Dreamweaver からのデータベースへの接続を参照してください。CFC を新規作成する場合または既存の CFC を変更する場合は、CFC ファイルをテストサーバーにアップロードして、コンポーネントパネルに正確に反映されるようにします。

他のサーバーに置かれているコンポーネントを表示するには、テストサーバーの設定を変更してください。

CF コンポーネントについて表示できる情報は次のとおりです。

  • サーバーに定義されているすべての ColdFusion コンポーネントのリストを表示します。

  • ColdFusion MX 7 以降を実行している場合は、リストをフィルターしてサイトフォルダーにある CFC だけを表示します。

  • 各コンポーネントの関数と引数を確認します。

  • Web サービスとして機能する関数のプロパティを確認します。

注意:

Web サイトのルートにあるサイトファイルを管理しながら、一方で Dreamweaver を使用して別のサーバーのルートにある CFC を調べるために、2 つの Dreamweaver サイトを定義できます。1 番目のサイトがサーバーのルートを指すように設定し、2 番目のサイトが Web サイトのルートを指すように設定します。ファイルパネルのサイトポップアップメニューを使用して、2 つのサイトを素早く切り替えます。

Dreamweaver で CFC を表示するには、以下の手順に従います。

  1. Dreamweaver で 任意の ColdFusion ページを開きます。
  2. コンポーネントパネル(ウィンドウ/コンポーネント)のポップアップメニューから「CF コンポーネント」 を選択します。
  3. パネルの「更新」ボタンをクリックして、コンポーネントを取得します。

    サーバー上のコンポーネントパッケージが表示されます。コンポーネントパッケージは、CFC ファイルが格納されているフォルダーです。

    既存のコンポーネントパッケージが表示されない場合は、パネルのツールバーにある「更新」ボタンをクリックします。

  4. サイトフォルダーにある CFC だけを表示する場合は、コンポーネントパネルツールバーの「現在のサイトの CFC のみを表示」ボタンをクリックします。

    注意:

    この機能は、ColdFusion MX 6 以降を実行するコンピューターを Dreamweaver のテストサーバーとして定義している場合にのみ使用できます。

    注意:

    現在のリストがリモートサーバーの仮想フォルダーに表示される場合は、フィルタリングがうまく機能していません。

  5. パッケージ名の隣の「+」ボタンをクリックして、パッケージに格納されているコンポーネントを表示します。
    • コンポーネントの関数のリストを表示するには、コンポーネント名の隣の「+」ボタンをクリックします。

    • 関数が取る引数、引数のタイプ、それらの引数が必須またはオプションであるかを確認するには、ツリービューの関数のブランチを開きます。

      引数を取らない関数は、その隣に「+」ボタンが表示されません。

    • 引数、関数、コンポーネント、またはパッケージの詳細を素早く表示するには、ツリービュー内で項目を選択して、パネルのツールバー上の「詳細を取得します」ボタンをクリックします。

      または、項目を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、ポップアップメニューから「詳細を取得します」を選択します。

      選択した項目に関する詳細情報がメッセージボックスに表示されます。

Dreamweaver での CFC の編集

Dreamweaver では、サイトに対して定義された ColdFusion コンポーネントのコードを効率的に編集することができます。例えば、Dreamweaver を終了せずに、コンポーネント関数を追加、変更、または削除できます。

この機能を使用するには、開発環境を以下のように設定する必要があります。

  • ColdFusion をローカルで実行します。

  • Dreamweaver の詳細設定のサイト定義ダイアログボックスの「テストサーバー」カテゴリーで、「ローカル/ネットワーク」のアクセスタイプを指定します。

  • 詳細設定のサイト定義ダイアログボックスで、ローカルルートフォルダーのパスに、テストサーバーフォルダーのパスと同じものを指定します(例えば、c:¥Inetpub¥wwwroot¥cf_projects¥myNewApp¥)。パスを確認して変更する場合は、サイト/サイトの編集を選択します。

  • コンポーネントは、ローカルサイトフォルダー、またはご使用のハードディスクの任意のサブフォルダーに格納します。

Dreamweaver で任意の ColdFusion ページを開き、コンポーネントパネルにコンポーネントを表示します。コンポーネントを表示するには、コンポーネントパネル(ウィンドウ/コンポーネント)を開き、パネルのポップアップメニューから「CF コンポーネント」を選択し、パネル上の「更新」ボタンをクリックします。

ColdFusion をローカルで実行しているため、Dreamweaver には、ご使用のハードディスク上のコンポーネントパッケージが表示されます。

次の手順でコンポーネントを編集します。

  1. Dreamweaver で任意の ColdFusion ページを開き、コンポーネントパネル(ウィンドウ/コンポーネント)にコンポーネントを表示します。
  2. パネルのポップアップメニューから「CF コンポーネント」を選択し、パネル上の「更新」ボタンをクリックします。

    ColdFusion をローカルで実行しているため、Dreamweaver には、ご使用のハードディスク上のコンポーネントパッケージが表示されます。

    注意:

    CFC レコードセットを視覚的に編集するには、バインディングパネルでレコードセットをダブルクリックします。

  3. コンポーネントファイルを編集するには、パッケージを開き、ツリービュー内のコンポーネント名をダブルクリックします。

    コンポーネントのファイルがコードビューで開きます。

  4. 特定の関数、パラメーター、またはプロパティを編集するには、ツリービュー内の項目をダブルクリックします。
  5. コードビュー内で変更を手作業で行います。
  6. ファイルを保存します(ファイル/保存)。
  7. コンポーネントパネルで新しい関数を確認するには、パネルのツールバーにある「更新」ボタンをクリックして表示を更新します。

CFC を使用する Web ページの作成

Web ページでコンポーネント関数を使用する方法の 1 つに、ページが要求されたときに関数を呼び出すコードをページに書き込む方法があります。Dreamweaver では、このコードの作成がサポートされています。

注意:

コンポーネントを使用する他の方法については、Dreamweaver から ColdFusion のヘルプ(ヘルプ/ColdFusion の使用)を参照してください。

  1. Dreamweaver で、コンポーネント関数を使用する ColdFusion ページを開きます。
  2. コードビューに切り替えます(表示/コード)。
  3. コンポーネントパネル(ウィンドウ/コンポーネント)を開き、パネルのポップアップメニューから「CF コンポーネント」を選択します。
  4. 必要なコンポーネントを見つけ出し、以下の方法のいずれかで挿入します。
    • 関数をツリービューからページにドラッグします。関数を呼び出すコードがページに挿入されます。

    • パネル内の関数を選択し、パネルのツールバー上の「挿入」ボタン(右の 2 番目のボタン)をクリックします。ページの挿入ポイントにコードが挿入されます。

  5. パラメーターのある関数を挿入する場合は、手作業でパラメーターコードを完成させます。

    詳しくは、Dreamweaver から ColdFusion のヘルプ(ヘルプ/ColdFusion の使用)を参照してください。

  6. ページを保存します(ファイル/保存)。

CFC のレコードセットの定義

Dreamweaver では、ColdFusion コンポーネント(CFC)にレコードセット(ColdFusion クエリー)を定義できます。CFC にレコードセットを定義しておくことで、レコードセットを使用するページごとにレコードセットを定義する必要がなくなります。CFC にレコードセットを一度定義し、異なるページでその CFC を使用します。

注意:

この機能は、ColdFusion MX 7 以降を実行するコンピューターにアクセスできる場合にだけ使用できます。詳しくは、ColdFusion 拡張機能の有効化を参照してください。

 

  1. Dreamweaver で CFC ファイルを作成するか、既存の CFC ファイルを開きます。
  2. バインディングパネル(ウィンドウ/バインディング)で「+」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「レコードセット(クエリー)」を選択します。

    レコードセットダイアログボックスが表示されます。基本設定または詳細設定のレコードセットダイアログボックスを使用することができます。

  3. CFC の既存の関数を使用する場合は、関数ポップアップメニューから関数を選択し、手順 5 に進みます。

    レコードセットは関数内で定義します。

  4. CFC の新規関数を定義する場合は、「新しい関数」ボタンをクリックし、表示されるダイアログボックスに関数名を入力して、「OK」をクリックします。

    名前に使用できるのは、英数字とアンダースコア(_)だけです。

  5. 関数のレコードセットを定義するには、レコードセットダイアログボックスのオプションを適宜設定します。

    新しい関数が、そのレコードセットが定義されている CFC ファイルに挿入されます。

CFC レコードセットを動的コンテンツのソースとして使用

ColdFusion コンポーネント(CFC)にレコードセットを定義する関数がある場合は、コンポーネントをページの動的コンテンツのソースとして使用できます。

注意:

この機能は、ColdFusion MX 7 以降を実行するコンピューターにアクセスできる場合にだけ使用できます。詳しくは、「ColdFusion 拡張機能の有効化」を参照してください。

  1. Dreamweaver で ColdFusion ページを開きます。
  2. バインディングパネル(ウィンドウ/バインディング)で「+」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「レコードセット(クエリー)」を選択します。

    レコードセットダイアログボックスが表示されます。基本設定または詳細設定のレコードセットダイアログボックスを使用することができます。

  3. 「CFC クエリー」ボタンをクリックします。
  4. CFC クエリーダイアログボックスで適宜設定を行い、「OK」をクリックします。もう一度「OK」をクリックして、CFC レコードセットをバインディングパネルの使用可能なコンテンツソースのリストに追加します。
  5. バインディングパネルを使用して、各種ページエレメントにレコードセットをバインドします。

    詳しくは、ページへの動的コンテンツの追加を参照してください。

CFC による動的コンテンツの定義

Dreamweaver では、レコードセット定義を含む CFC を使用して、レコードセットを動的コンテンツのソースとして定義できます。

1. 「名前」ボックスに、CFC レコードセットの名前を入力します。

一般的には、接頭辞「rs」をレコードセット名に付けることで、レコードセット名をコード内の他のオブジェクト名と区別します(例:rsPressRelease)。

レコードセット名に使用できるのは、英数字とアンダースコア(_)だけです。特殊文字またはスペースは使用できません。

2. サーバーで既に定義されているパッケージから選択します。

パッケージがポップアップメニューに表示されない場合は、ポップアップメニューの近くにある「更新」ボタンをクリックしてパッケージリストを更新します。

最初に CFC をテストサーバーにアップロードしていることを確認します。テストサーバーの CFC だけが表示されます。

3. 現在選択しているパッケージで定義されているコンポーネントを選択します。

コンポーネントポップアップメニューにコンポーネントが 1 つも表示されない場合、または以前に作成したコンポーネントがメニューに表示されない場合は、CFC ファイルをテストサーバーにアップロードする必要があります。

4.(オプション)コンポーネントを作成するには、「新規コンポーネントの作成」ボタンをクリックします。

a. 「名前」ボックスに、新規 CFC の名前を入力します。名前に使用できるのは、英数字とアンダースコア(_)だけです。

b. 「コンポーネントディレクトリ」ボックスに、CFC の保存場所のパスを入力するか、「参照」ボタンを使用してフォルダーを指定します。

注意:

フォルダーは、サイトのルートフォルダーの相対パスである必要があります。

5. 関数ポップアップメニューから、レコードセット定義が含まれる関数を選択します。

関数ポップアップメニューには、現在選択しているコンポーネントで定義される関数だけが表示されます。ポップアップメニューに関数が 1 つも表示されない場合、または現在表示されている関数リストに最後に行った変更が反映されていない場合は、最後に行った変更が保存されておりサーバーにアップロードされていることを確認します。

注意:

「接続」ボックスと「SQL」ボックスは読み取り専用です。

6. 「編集」ボタンをクリックして、関数のパラメーターとして渡す必要のある各パラメーター(タイプ、値、デフォルト値)を編集します。

a. 現在のパラメーターの値を入力するには、値ポップアップメニューから値タイプを選択し、右側のボックスに値を入力します。値タイプは URL パラメーター、フォーム変数、Cookie、セッション変数、アプリケーション変数、または入力値のいずれかです。

b. 「初期設定値」ボックスにパラメーターの初期設定値を入力します。ランタイム値が返されない場合は、パラメーターの初期設定値が使用されます。

c. 「OK」をクリックします。

レコードセットのデータベース接続と SQL クエリーは修正できません。これらのフィールドは、常に無効になっています。接続と SQL は参照用に表示されています。

7. 「テスト」をクリックしてデータベースに接続し、レコードセットのインスタンスを作成します。

SQL ステートメントにページパラメーターが含まれる場合は、「テスト」をクリックする前に、「パラメーター」ボックスの「初期設定値」列に有効なテスト値が入力されていることを確認してください。

クエリーの実行に成功した場合は、テーブルにレコードセットが表示されます。各行にはレコードが含まれており、各列はレコードのフィールドを表しています。

「OK」をクリックして CFC クエリーをクリアします。

8. 「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー