Dreamweaver での xml コンテンツの書き出しおよび読み込み

Dreamweaver で編集可能なコンテンツを xml として書き出しおよび読み込みます。テンプレートから作成されたコンテンツを別のサイトに書き出す方法について説明します。

テンプレートから作成されたドキュメントには、名前と値のペアで表されるデータが含まれます。各ペアは編集可能領域の名前、および領域のコンテンツで構成されています。

これらの名前と値のペアを XML ファイルに書き出すことができるので、Dreamweaver 以外の、例えば XML エディター、テキストエディター、データベースアプリケーションなどでデータを操作することができます。逆に、適切な構成の XML ドキュメントがある場合は、そのデータを Dreamweaver のテンプレートから作成されたドキュメントに読み込むことができます。

ドキュメントの編集可能領域の XML としての書き出し

  1. 編集可能領域を含む、テンプレートから作成されたドキュメントを開きます。
  2. ファイル/書き出し/テンプレートデータを XML として書き出しを選択します。
  3. 「表記法」オプションの次のいずれかを選択します。
    • テンプレートにリピート領域またはテンプレートパラメーターが含まれる場合は、「標準 Dreamweaver XML タグを使用」を選択します。

    • テンプレートにリピート領域またはテンプレートパラメーターが含まれない場合は、「編集可能領域名を XML タグとして使用」を選択します。

  4. 「OK」をクリックします。
  5. 表示されるダイアログボックスで、フォルダーを選択し、XML ファイルの名前を入力して「保存」をクリックします。

    ドキュメントのパラメーターと編集可能領域から取得されたマテリアルが含まれる XML ファイルが生成されます。これには、リピート領域またはオプション領域内の編集可能領域も含まれます。XML ファイルには、元のテンプレートの名前の他、それぞれのテンプレート領域の名前とコンテンツも含まれます。

    注意:

    編集不能な領域のコンテンツは、XML ファイルに書き出されません。

XML コンテンツの読み込み

  1. ファイル/読み込み/XML をテンプレートに読み込みを選択します。
  2. XML ファイルを選択して、「開く」をクリックします。

    Dreamweaver が、XML ファイルに指定されているテンプレートに基づいて新しいドキュメントを作成します。XML ファイルのデータから、それぞれの編集可能領域のコンテンツがドキュメントに入力されます。生成されたドキュメントが新しいドキュメントウィンドウに表示されます。

    注意:

    XML ファイルが Dreamweaver に対応するように正確に設定されていない場合は、データを読み込めないことがあります。この問題を解決する 1 つの方法として、正しい構成の XML ファイルを得るため、Dreamweaver からダミーの XML ファイルを書き出すという方法があります。次に、書き出された XML ファイルに元の XML ファイルのデータをコピーします。これによって、読み込むことのできる適切なデータが含まれた、正しい構成の XML ファイルが生成されます。

テンプレートマークアップを省略したサイトの書き出し

テンプレートマークアップを省略して、サイト内のテンプレートから作成されたドキュメントを別のサイトに書き出すことができます。

  1. ツール/テンプレート/マークアップを省略して書き出しを選択します。

  2. 「フォルダー」ボックスで、ファイルの書き出し先となるフォルダーのファイルパスを入力するか、または「参照」をクリックしてフォルダーを選択します。
    注意:

    現在のサイト外のフォルダーを選択する必要があります。

  3. 書き出したテンプレートから作成されたドキュメントを XML として保存する場合は、「テンプレートデータファイルを保持」を選択します。
  4. 既に書き出したファイルに行った変更を更新する場合は、「変更したファイルのみを抽出」を選択し、「OK」をクリックします。
アドビのロゴ

アカウントにログイン