注意:

Dreamweaver CC 以降では、ユーザーインターフェイスが簡素化されています。そのため、この記事で説明されているオプションの一部が Dreamweaver CC 以降には存在しない場合があります。詳しくは、この記事を参照してください。

レコード挿入ページについて

ユーザーがデータベースに新しいレコードを挿入するためのページを、アプリケーションに含めることができます。

挿入ページは、次の 2 つの作成ブロックで構成されます。

  • ユーザーがデータを入力する HTML フォーム

  • データベースを更新する「レコードの挿入」サーバービヘイビアー

    ユーザーがフォーム上の「送信」ボタンをクリックしたときに、サーバービヘイビアーによってデータベーステーブルにレコードが挿入されます。

    これらの 2 つの作成ブロックは、「レコード挿入フォーム」データオブジェクトを使用して 1 回の操作で追加できます。または、Dreamweaver のフォームツールとサーバービヘイビアーパネルを使用して 1 つずつ追加することもできます。

注意:

挿入ページが保有できるレコード編集用のサーバービヘイビアーは、常に 1 つだけです。例えば、挿入ページには「レコードの更新」や「レコードの削除」などのサーバービヘイビアーを追加できません。

ブロックごとの挿入ページの作成

フォームツールとサーバービヘイビアーを使用して挿入ページを作成することもできます。

挿入ページへの HTML フォームの追加

  1. ファイル/新規/空白ぺージを選択して動的ページを新規作成し、Dreamweaver のデザインツールを使用してページをレイアウトします。
  2. フォームを挿入する位置に挿入ポイントを置いて、挿入/フォーム/フォームを選択し、HTML フォームを追加します。

    ページに空白のフォームが作成されます。フォームの境界線を表示するには、表示/ビジュアルエイド/不可視エレメントを選択する必要があります。フォームの境界線は細い赤線で表示されます。

  3. HTML フォームの名前を指定します。ドキュメントウィンドウの下部にある <form> タグをクリックし、ウィンドウ/プロパティを選択してプロパティインスペクターを開き、「フォーム名」ボックスに名前を入力します。

    フォームの action 属性や method 属性を指定して、ビジターが「送信」ボタンをクリックしたときのレコードの送信先や送信方法を指示する必要はありません。「レコードの挿入」サーバービヘイビアーが自動的にこれらの属性を設定します。

  4. レコードの挿入先となるデータベーステーブルの各列に、テキストフィールドなどのフォームオブジェクトを追加します(挿入/フォーム/テキストフィールド)。

    フォームオブジェクトはデータエントリ用です。データエントリには一般的にテキストフィールドを使用しますが、メニュー、オプション、ラジオボタンなども使用できます。

  5. 挿入/フォーム/ボタンを選択して、フォームに「送信」ボタンを追加します。

    「送信」ボタンのラベルを変更するには、ボタンを選択し、ウィンドウ/プロパティを選択してプロパティインスペクターを開き、「ラベル」ボックスに新しい値を入力します。

データベーステーブルにレコードを挿入するサーバービヘイビアーの追加(ColdFusion)

  1. サーバービヘイビアーパネル(ウィンドウ/サーバービヘイビアー)で「+」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「レコードの挿入」を選択します。
  2. 値送信元ポップアップメニューからフォームを選択します。
  3. データソースポップアップメニューからデータベースへの接続を選択します。
  4. ユーザー名とパスワードを入力します。
  5. 更新対象テーブルポップアップメニューから、レコードの挿入先のデータベーステーブルを選択します。
  6. レコードの挿入先のデータベース列を指定し、値ポップアップメニューからレコードの挿入元のフォームオブジェクトを選択し、このフォームオブジェクトのデータタイプを送信形式ポップアップメニューから選択します。

    データタイプとは、データベーステーブルの列に入力できるデータの種類です。データタイプには、テキスト、数値、ブールオプション値があります。

    フォーム内の各フォームオブジェクトについて、この操作を繰り返します。

  7. テーブルにレコードを挿入した後に開くページを、「挿入後の移動先」ボックスに入力するか、または「参照」ボタンをクリックしてファイルを参照します。
  8. 「OK」をクリックします。

    Dreamweaver によってサーバービヘイビアーがページに追加されます。HTML フォームに記入して「送信」ボタンをクリックすることで、ユーザーがレコードをデータベーステーブルに挿入できるようになります。

データベーステーブルにレコードを挿入するサーバービヘイビアーの追加(ASP)

  1. サーバービヘイビアーパネル(ウィンドウ/サーバービヘイビアー)で「+」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「レコードの挿入」を選択します。
  2. 接続ポップアップメニューからデータベースへの接続を選択します。

    接続を定義する必要がある場合は、「定義」ボタンをクリックします。

  3. 更新対象テーブルポップアップメニューから、レコードの挿入先のデータベーステーブルを選択します。
  4. テーブルへのレコード挿入後に開くページを、「挿入後の移動先」ボックスに入力するか、または「参照」をクリックしてファイルを参照します。
  5. 値取得元ポップアップメニューから、データ入力に使用する HTML フォームを選択します。

    Dreamweaver によって、ページの最初のフォームが自動的に選択されます。

  6. レコードの挿入先のデータベース列を指定し、値ポップアップメニューからレコードの挿入元のフォームオブジェクトを選択し、このフォームオブジェクトのデータタイプを送信形式ポップアップメニューから選択します。

    データタイプとは、データベーステーブルの列に入力できるデータの種類です。データタイプには、テキスト、数値、ブールオプション値があります。

    フォーム内の各フォームオブジェクトについて、この操作を繰り返します。

  7. 「OK」をクリックします。

    Dreamweaver によってサーバービヘイビアーがページに追加されます。HTML フォームに記入して「送信」ボタンをクリックすることで、ユーザーがレコードをデータベーステーブルに挿入できるようになります。

    サーバービヘイビアーを編集するには、ウィンドウ/サーバービヘイビアーを選択してサーバービヘイビアーパネルを開き、「レコードの挿入」ビヘイビアーをダブルクリックします。

データベーステーブルにレコードを挿入するサーバービヘイビアーの追加(PHP)

  1. サーバービヘイビアーパネル(ウィンドウ/サーバービヘイビアー)で「+」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「レコードの挿入」を選択します。
  2. 値送信元ポップアップメニューからフォームを選択します。
  3. 接続ポップアップメニューからデータベースへの接続を選択します。
  4. テーブルの挿入ポップアップメニューから、レコードの挿入先のデータベーステーブルを選択します。
  5. レコードの挿入先のデータベース列を指定し、値ポップアップメニューからレコードの挿入元のフォームオブジェクトを選択し、このフォームオブジェクトのデータタイプを送信形式ポップアップメニューから選択します。

    データタイプとは、データベーステーブルの列に入力できるデータの種類です。データタイプには、テキスト、数値、ブールオプション値があります。

    フォーム内の各フォームオブジェクトについて、この操作を繰り返します。

  6. テーブルにレコードを挿入した後に開くページを、「挿入後の移動先」ボックスに入力するか、または「参照」ボタンをクリックしてファイルを参照します。
  7. 「OK」をクリックします。

    Dreamweaver によってサーバービヘイビアーがページに追加されます。HTML フォームに記入して「送信」ボタンをクリックすることで、ユーザーがレコードをデータベーステーブルに挿入できるようになります。

1 回の操作による挿入ページの作成

  1. デザインビューでページを開き、挿入/データオブジェクト/レコードの挿入/レコード挿入フォームウィザードを選択します。
  2. 接続ポップアップメニューからデータベースへの接続を選択します。接続を定義する必要がある場合は、「定義」ボタンをクリックします。
  3. 更新対象テーブルポップアップメニューから、レコードの挿入先のデータベーステーブルを選択します。
  4. ColdFusion を使用する場合は、ユーザー名とパスワードを入力します。
  5. テーブルにレコードを挿入した後に開くページを、「挿入後の移動先」ボックスに入力するか、または「参照」ボタンをクリックしてファイルを参照します。
  6. 「フォームフィールド」領域で、挿入ページの HTML フォームに含めるフォームオブジェクトを指定し、各フォームオブジェクトが更新するデータベーステーブル内の列を指定します。

    初期設定では、Dreamweaver は、データベーステーブルの各列に対してフォームオブジェクトを 1 つずつ作成します。使用しているデータベースで、新規作成されたレコードに対して自動的に固有のキー ID が生成される場合は、そのキー列に対応するフォームオブジェクトをリストから選択し、「-」ボタンをクリックして削除してください。削除しておけば、フォームを使用するユーザーが既に存在している ID の値を入力してしまうことはありません。

    リストからフォームオブジェクトを選択し、ダイアログボックスの右側にある上向きまたは下向きの矢印をクリックすると、HTML フォームのフォームオブジェクトの並び順を変更することができます。

  7. 「フォームフィールド」テーブルの行をクリックし、このテーブルの下のボックスに次の情報を入力して、HTML フォームでの各データエントリフィールドの表示方法を指定します。
    • 「ラベル」ボックスに、データエントリフィールドの横に表示する説明ラベルを入力します。Dreamweaver では、初期設定のラベルとしてテーブル列の名前が表示されます。

    • 表示形式ポップアップメニューから、データエントリフィールドとして使用するフォームオブジェクトを選択します。「テキストフィールド」、「テキストエリア」、「メニュー」、「チェックボックス」、「ラジオボタングループ」、「テキスト」から選択できます。読み取り専用エントリの場合は、「テキスト」を選択してください。また「パスワードフィールド」、「ファイルフィールド」、および「非表示フィールド」を選択することもできます。

    注意:

    非表示フィールドは、フォームの末尾に挿入されます。

    • 送信形式ポップアップメニューから、データベーステーブルで受信する際のデータ形式を選択します。例えば、数値データのみを表示するテーブル列の場合は、「数値」を選択します。
    • フォームオブジェクトのプロパティを設定します。オプションは、データエントリフィールドとして選択したフォームオブジェクトによって異なります。テキストフィールド、テキスト領域、およびテキストの場合は、初期値を入力できます。メニューグループとラジオボタングループの場合は、別のダイアログボックスが開き、そこでプロパティを設定します。オプションの場合は「チェック済み」または「未チェック」を選択します。  
  8. 「OK」をクリックします。

    Dreamweaver によって、HTML フォームと「レコードの挿入」サーバービヘイビアーの両方がページに自動的に追加されます。フォームオブジェクトが基本テーブルに配置され、Dreamweaver のページデザインツールでカスタマイズできるようになります。フォームオブジェクト全体がフォームの境界内に収まるようにしてください。

    サーバービヘイビアーを編集するには、ウィンドウ/サーバービヘイビアーを選択してサーバービヘイビアーパネルを開き、「レコードの挿入」ビヘイビアーをダブルクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー