注意:

Dreamweaver CC 以降では、ユーザーインターフェイスが簡素化されています。そのため、この記事で説明されているオプションの一部が Dreamweaver CC 以降には存在しない場合があります。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

ユーザーからの情報収集について

Web フォームまたはハイパーテキストリンクを使用してユーザーから収集した情報をサーバーのメモリに保存し、その情報を使用して、ユーザーの入力に基づいた動的な応答を作成することができます。情報を収集するための最も一般的なツールには、HTML フォームとハイパーテキストリンクがあります。

HTML フォーム

ユーザーから情報を収集してサーバーのメモリに格納することができます。HTML フォームは、情報をフォームパラメーターまたは URL パラメーターとして送信できます。

ハイパーテキストリンク

ユーザーから情報を収集してサーバーのメモリに格納することができます。ユーザーがリンクをクリックしたときに送信される値(例えば環境設定)を指定するには、アンカータグで指定されている URL にその値を付加します。ユーザーがリンクをクリックすると、URL および付加された値がブラウザーによってサーバーに送信されます。

HTML フォームパラメーター

フォームパラメーターは、POST メソッドまたは GET メソッドのいずれかを使用して HTML フォームでサーバーに送信されます。

POST メソッドを使用する場合、パラメーターはドキュメントのヘッダーの一部として Web サーバーに送信され、標準の方法を使用してページを参照しているユーザーは表示またはアクセスできません。POST メソッドは、データベースの内容に影響する値(レコードの挿入、更新または削除など)や、電子メールによって送信される値に対して使用してください。

GET メソッドでは、パラメーターは要求された URL に付加されます。そのため、ページを参照しているすべてのユーザーがパラメーターを表示できます。GET メソッドを検索フォームに使用しないでください。

Dreamweaver を使用すると、サーバーにフォームパラメーターを送信する HTML フォームを簡単にデザインできます。ブラウザーからサーバーに情報を送信するためのメソッドの使用に注意してください。

フォームパラメーターの名前は、対応するフォームオブジェクトの名前です。例えば、フォームに txtLastName というテキストフィールドがある場合、ユーザーが「送信」 ボタンをクリックすると以下のフォームパラメーターがサーバーに送信されます。

txtLastName=enteredvalue

Web アプリケーションに正確なパラメーター値を渡さなければならない場合(いくつかのオプションの 1 つに基づいてアクションを実行する場合など)は、ラジオボタン、チェックボックス、またはリストおよびメニューフォームオブジェクトを使用して、ユーザーが送信できる値を制御します。これにより、ユーザーが情報を間違って入力することや、アプリケーションエラーを引き起こすことを防止できます。次の例は、3 つの項目から選択できるポップアップメニューフォームです。

ポップアップメニューフォーム
ポップアップメニューフォーム

メニューの各選択項目はハードコーディングされた値に対応しており、その値がサーバーにフォームパラメーターとして送信されます。次の例に示すリスト値ダイアログボックスでは、各リスト項目に対応する値(追加、更新、削除)が指定されています。

リスト値ダイアログボックス
リスト値ダイアログボックス

フォームパラメーターを作成すると、Dreamweaver でその値を取得し、Web アプリケーションの中で使用することができます。Dreamweaver でフォームパラメーターを定義した後で、ページ内にその値を挿入できます。

URL パラメーター

URL パラメーターを使用すると、ユーザーが入力した情報をブラウザーからサーバーに渡すことができます。サーバーが要求を受信したとき、要求の URL にパラメーターが付加されている場合は、サーバーは、要求されたページにそのパラメーターへのアクセスを許可してから、そのページをブラウザーに送信します。

URL パラメーターは、URL に付加される名前と値のペアです。このパラメーターは、疑問符(?)で始まり、 name=value という形式で表されます。複数の URL パラメーターが存在する場合、各パラメーターをアンパサンド(&)で区切ります。次の例は、2 つの名前/値のペアがある URL パラメーターです。

http://server/path/document?name1=value1&name2=value2

このワークフロー例では、Web ベースのショッピングサイトのアプリケーションを想定しています。できるだけ広範囲のユーザーがアクセスできるようにするため、サイトは外国通貨にも対応するように設計されています。ユーザーは、サイトにログインするときに、購入可能な商品の価格をどの通貨で表示するかを選択できます。

  1. ブラウザーは、サーバーの report.cfm ページを要求します。この要求には、URL パラメーター Currency="euro" が含まれています。Currency="euro" という変数は、取得された金額をすべて EU のユーロで表示することを指定します。

  2. サーバーでは、この URL パラメーターが一時的にメモリに格納されます。

  3. report.cfm ページでは、このパラメーターによりユーロ建ての商品価格を取得されます。取得された金額は、各種通貨のデータベーステーブルに保存しておくことも、各商品に関連付けられた単一の通貨からアプリケーションでサポートされている通貨に換算することもできます。

  4. サーバーは、report.cfm ページをブラウザーに送信し、要求された通貨で商品価格を表示します。このユーザーがセッションを終了すると、サーバーは URL パラメーターの値を破棄し、新しいユーザー要求を保持できるようにサーバーメモリを解放します。

    URL パラメーターは、HTTP の GET メソッドを HTML フォームと共に使用したときにも作成されます。GET は、フォーム送信時にパラメーター値を URL 要求に付加することを指定します。

    URL パラメーターを利用する例には、ユーザーの好みに応じた Web サイトのパーソナライズがあります。例えば、ユーザー名およびパスワードで構成された URL パラメーターを使用してユーザーの認証を行い、そのユーザーが利用している情報のみを表示します。この方法は、ユーザーが事前に選択した株式市場シンボルに基づいて個々の株価を表示する金融 Web サイトなどで利用されています。Web アプリケーションでは、一般に URL パラメーターを使用してアプリケーション内の変数に値を渡します。例えば、検索条件を Web アプリケーションの SQL 変数に渡し、検索結果を生成します。

    URL パラメーター

HTML リンクの中に URL パラメーターを作成するには、HTML のアンカータグの href 属性を使用します。URL パラメーターは、コードビュー(表示/コード)で属性に直接入力することも、プロパティインスペクターの「リンク」ボックスで、リンクする URL の最後に付加することもできます。

次の例では、3 つのリンクで同じ URL パラメーター(action)を作成しています。このパラメーターが取り得る値は 3 つ(AddUpdate、および Delete)あります。ユーザーがリンクをクリックすると、パラメーター値がサーバーに送信され、要求されたアクションが実行されます。

<a href="http://www.mysite.com/index.cfm?action=Add">Add a record</a> 
<a href="http://www.mysite.com/index.cfm?action=Update">Update a record</a> 
<a href="http://www.mysite.com/index.cfm?action=Delete">Delete a record</a>

プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)を使用して、同じ URL パラメーターを作成することができます。その場合は、リンクを選択し、「リンク」ボックスでリンクする URL の最後に URL パラメーターを付加します。

プロパティインスペクター
プロパティインスペクター

URL パラメーターを作成すると、Dreamweaver でその値を取得し、Web アプリケーションの中で使用することができます。Dreamweaver で URL パラメーターを定義した後で、ページ内にその値を挿入できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー