マニュアル キャンセル

オーディオエフェクトの追加

  1. Dreamweaver ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. レスポンシブ web デザインの基本
    2. Dreamweaver の新機能
    3. Dreamweaver を使用した web 開発 - 概要
    4. Dreamweaver / よくある質問
    5. キーボードショートカット
    6. Dreamweaver の必要システム構成
    7. 機能の概要
  3. Dreamweaver と Creative Cloud
    1. Dreamweaver 設定と Creative Cloud の同期
    2. Dreamweaver での Creative Cloud ライブラリ
    3. Dreamweaver での Photoshop ファイルの使用
    4. Adobe Animate と Dreamweaver の操作
    5. ライブラリから web 用に最適化された SVG ファイルを抽出する
  4. Dreamweaver のワークスペースとビュー
    1. Dreamweaver ワークスペース
    2. ビジュアル開発のための Dreamweaver ワークスペースの最適化
    3. ファイル名またはコンテンツに基づいたファイルの検索 | Mac OS
  5. サイトの設定
    1. Dreamweaver サイトについて
    2. ローカルバージョンのサイトの設定
    3. Publishing server への接続
    4. テストサーバーの設定
    5. Dreamweaver サイトの設定の読み込みおよび書き出し
    6. リモートサーバーからローカルサイトのルートに既存の web サイトを取り込む
    7. Dreamweaver のアクセシビリティ機能
    8. 詳細設定
    9. ファイル転送に関するサイト環境設定の設定
    10. Dreamweaver でのプロキシサーバー設定の指定
    11. Dreamweaver 設定と Creative Cloud の同期
    12. Dreamweaver での Git の使用
  6. ファイルの管理
    1. ファイルの作成およびオープン
    2. ファイルとフォルダーの管理
    3. サーバーからのファイルの取得とサーバーへのファイルの送信
    4. ファイルのチェックインとチェックアウト
    5. ファイルの同期
    6. ファイルの違いの比較
    7. Dreamweaver サイト内のファイルおよびフォルダーのクローク
    8. Dreamweaver サイトでのデザインノートの有効化
    9. Gatekeeper の脆弱性の悪用を防ぐ
  7. レイアウトとデザイン
    1. レイアウト用ビジュアルエイドの使用
    2. CSS を使用したページのレイアウトについて
    3. Bootstrap を使用したレスポンシブな web サイトのデザイン
    4. Dreamweaver でのメディアクエリーの作成と使用
    5. テーブルを使用したコンテンツの表示
    6. カラー
    7. 可変グリッドレイアウトによるレスポンシブデザイン
    8. Dreamweaver 内の Extract
  8. CSS
    1. カスケーディングスタイルシートについて
    2. CSS デザイナーを使用したページのレイアウト
    3. Dreamweaver での CSS プリプロセッサーの使用
    4. Dreamweaver で CSS スタイルの環境設定を行う方法
    5. Dreamweaver での CSS ルールの移動
    6. Dreamweaver でのインライン CSS の CSS ルールへの変換
    7. Div タグの操作
    8. 背景へのグラデーションの適用
    9. Dreamweaver での CSS3 移行効果の作成および編集
    10. コードのフォーマット
  9. ページコンテンツとアセット
    1. ページプロパティの設定
    2. CSS 見出しプロパティおよび CSS リンクプロパティの設定
    3. テキストの操作
    4. テキスト、タグ、属性の検索と置換
    5. DOM パネル
    6. ライブビューでの編集
    7. Dreamweaver でのドキュメントのエンコード
    8. ドキュメントウィンドウでのエレメントの選択および表示
    9. プロパティインスペクターでのテキストプロパティの設定
    10. web ページのスペルチェック
    11. Dreamweaver での区切り線の使用
    12. Dreamweaver でのフォントの組み合わせの追加と変更
    13. アセットを使用した作業
    14. Dreamweaver での日付の挿入と更新
    15. Dreamweaver でのお気に入りアセットの作成と管理
    16. Dreamweaver でのイメージの挿入と編集
    17. メディアオブジェクトの追加
    18. Dreamweaver でのビデオの追加
    19. HTML5 ビデオの挿入
    20. SWF ファイルの挿入
    21. オーディオエフェクトの追加
    22. Dreamweaver での HTML5 オーディオの挿入
    23. ライブラリ項目の操作
    24. Dreamweaver でのアラビア語およびヘブライ語のテキストの使用
  10. リンクおよびナビゲーション
    1. リンクおよびナビゲーションについて
    2. リンク
    3. イメージマップ
    4. リンクのトラブルシューティング
  11. jQuery Widget と効果
    1. Dreamweaver での jQuery UI Widget と Mobile Widget の使用
    2. Dreamweaver での jQuery 効果の使用
  12. web サイトのコーディング
    1. Dreamweaver でのコーディングについて
    2. Dreamweaver のコーディング環境
    3. コーディングの環境設定
    4. コードカラーリングのカスタマイズ
    5. コードの記述と編集
    6. コードヒントとコード補完機能
    7. コードの折りたたみと展開
    8. スニペットでコードを再利用する
    9. 構文チェックコード
    10. コードの最適化
    11. デザインビューでのコードの編集
    12. ページのヘッドコンテンツの操作
    13. Dreamweaver でのサーバーサイドインクルードの挿入
    14. Dreamweaver でのタグライブラリの使用
    15. Dreamweaver へのカスタムタグの読み込み
    16. JavaScript ビヘイビアーの使用(基本操作)
    17. JavaScript に組み込まれているビヘイビアーの適用
    18. XML および XSLT について
    19. Dreamweaver でのサーバーサイド XSL 変換の実行
    20. Dreamweaver でのクライアントサイド XSL 変換の実行
    21. Dreamweaver での XSLT の文字エンティティの追加
    22. コードのフォーマット
  13. 製品間ワークフロー
    1. Dreamweaver への拡張機能のインストールと使用
    2. Dreamweaver のアプリ内アップデート
    3. Dreamweaver での Microsoft Office 文書の挿入(Windows のみ)
    4. Fireworks および Dreamweaver による作業
    5. Contribute を使用した Dreamweaver サイトでのコンテンツの編集
    6. Dreamweaver と Business Catalyst の統合
    7. パーソナライズされた電子メールキャンペーンの作成
  14. テンプレート
    1. Dreamweaver テンプレートについて
    2. テンプレートおよびテンプレートから作成されたドキュメントの認識
    3. Dreamweaver テンプレートの作成
    4. テンプレート編集可能領域の作成
    5. Dreamweaver でのリピート領域およびテーブルの作成
    6. テンプレートの任意の領域の使用
    7. Dreamweaver での編集可能なタグ属性の定義
    8. Dreamweaver でネストされたテンプレートを作成する方法
    9. テンプレートの編集、更新、削除
    10. Dreamweaver での xml コンテンツの書き出しおよび読み込み
    11. 既存のドキュメントでのテンプレートの適用または削除
    12. Dreamweaver テンプレートでのコンテンツの編集
    13. Dreamweaver でのテンプレートタグのシンタックスルール
    14. テンプレート領域のハイライト表示の環境設定
    15. Dreamweaver でテンプレートを使用する利点
  15. モバイルとマルチスクリーン
    1. メディアクエリーの作成
    2. モバイルデバイス向けのページ方向の変更
    3. Dreamweaver を使用したモバイルデバイス向けの web アプリの作成
  16. 動的サイト、ページおよび web フォーム
    1. web アプリケーションについて
    2. アプリケーション開発のためのコンピューター設定
    3. データベース接続のトラブルシューティング
    4. Dreamweaver での接続スクリプトの削除
    5. 動的ページのデザイン
    6. 動的コンテンツソースの概要
    7. 動的コンテンツのソースの定義
    8. ページへの動的コンテンツの追加
    9. Dreamweaver での動的コンテンツの変更
    10. データベースのレコードの表示
    11. Dreamweaver でのライブデータの入力とトラブルシューティング
    12. Dreamweaver でのカスタムサーバービヘイビアーの追加
    13. Dreamweaver を使用したフォームの作成
    14. フォームを使用したユーザーからの情報の収集
    15. Dreamweaver での ColdFusion フォームの作成と有効化
    16. web フォームの作成
    17. フォームエレメントの HTML5 サポート強化
    18. Dreamweaver を使用したフォームの開発
  17. アプリケーションのビジュアル開発
    1. Dreamweaver でのマスターページと詳細ページの作成
    2. 検索ページと結果ページの作成
    3. レコード挿入ページの作成
    4. Dreamweaver でのレコードの更新ページの作成
    5. Dreamweaver でのレコード削除ページの作成
    6. Dreamweaver での ASP コマンドによるデータベースの修正
    7. 登録ページの作成
    8. ログインページの作成
    9. 許可されたユーザーのみがアクセスできるページの作成
    10. Dreamweaver を使用した ColdFusion のフォルダーの保護
    11. Dreamweaver での ColdFusion コンポーネントの使用
  18. web サイトのテスト、プレビュー、パブリッシュ
    1. ページのプレビュー
    2. 複数のデバイスでの Dreamweaver web ページのプレビュー
    3. Dreamweaver サイトのテスト

 

このトピックでは、オーディオエフェクトを Dreamweaver Web ページに追加する方法と対応するオーディオファイル形式について説明します。

サウンドを Web ページに追加できます。サウンドのファイルおよび形式には、.wav、.midi、.mp3 など、様々な種類があります。サウンドを追加する形式と方法を決定する前に考慮する要素として、追加の目的、聴取者、ファイルサイズ、音質、およびブラウザー間の差異が挙げられます。

注意:

サウンドファイルの処理方法はブラウザーによって大きく異なり、一貫していません。場合によっては、一貫性を高めるために、あらかじめ SWF ファイルにサウンドファイルを追加してから SWF ファイルを埋め込むのが望ましいことがあります。

以下に、一般的な音声ファイル形式と、各 Web デザインに対する利点と欠点について説明します。

.midi または .mid(Musical Instrument Digital Interface)

器楽曲のためのファイル形式です。MIDI ファイルは多くのブラウザーにサポートされており、プラグインを必要としません。MIDI ファイルの音質は非常に優れていますが、ビジターのサウンドカードに左右される可能性があります。小さな MIDI ファイルで長いサウンドクリップを再生できます。MIDI ファイルは録音できません。また、コンピューター上で特別なハードウェアおよびソフトウェアと合成する必要があります。

.wav(Waveform Extension)

この形式のファイルは、音質が高く、多くのブラウザーでサポートされており、プラグインを必要としません。CD、テープ、マイクなど、独自の WAV ファイルを記録できます。ただし、ファイルサイズが大きいので、Web ページ上で使用できるサウンドクリップの長さが厳密に制限されます。

.aif(Audio Interchange File Format、つまり AIFF)

WAV 形式と同様に音質が高く、ほとんどのブラウザーで再生可能であり、プラグインは必要ではありません。また、AIFF ファイルを CD、テープ、マイクなどから録音することができます。ただし、ファイルサイズが大きいので、Web ページ上で使用できるサウンドクリップの長さが厳密に制限されます。

.mp3(Motion Picture Experts Group Audio Layer3、MPEG-Audio Layer-3)

圧縮形式の 1 つで、この形式ではサウンドファイルがかなり小さくなりますが、 高い音質を実現できます。MP3 ファイルを適切に録音して圧縮すれば、その音質は CD の音質に匹敵します。MP3 テクノロジによってファイルを "ストリーム" できるので、ビジターはファイル全体がダウンロードされるのを待たなくても音を聴くことができます。ただし、ファイルサイズが Real Audio ファイルより大きいので、通常のダイアルアップ(電話回線)によるモデム接続で 1 曲全部をダウンロードすると、長い時間かかる場合があります。MP3 ファイルを再生するには、ビジターは QuickTime、Windows Media Player、RealPlayer などのアプリケーションまたはプラグインをダウンロードしてインストールする必要があります。

.ra、.ram、.rpm、などの Real Audio

圧縮率が高く、ファイルサイズが MP3 形式よりも小さくなります。曲のファイル全体を時間がかかりすぎることなくダウンロードできます。通常の Web サーバーからファイルを "ストリーム" できるので、ビジターはファイルが完全にダウンロードされる前に音を聴き始めることができます。Real Audio 形式のファイルを再生するためには、ビジターは、RealPlayer 用のアプリケーションまたはプラグインのダウンロードとインストールが必要です。

.qt、.qtm、.mov、または QuickTime

Apple Computer が開発した形式で、音声およびビデオの両方をサポートしています。QuickTime は、Apple Mac OS のオペレーティング システムに組み込まれており、音声、ビデオまたはアニメーションを使用するほとんどの Mac OS アプリケーションに使用されます。Windows を搭載したコンピューターでも QuickTime 形式のファイルを再生できますが、専用の QuickTime ドライバーが必要です。QuickTime は、Cinepak、JPEG、MPEG など、ほとんどのエンコード形式をサポートします。

注意:

前述の一般的な形式以外にも、Web 上で利用できる音声やビデオのファイル形式が多数存在します。聞き慣れないメディアファイル形式を使用する場合は、その作成者に問い合わせ、最適な使用方法と配置方法を確認してください。

音声ファイルへのリンクは、Web ページにサウンドを追加する簡単で効果的な方法の 1 つです。この方法ではサウンドファイルが組み込まれるので、ビジターはサウンドファイルを聴くかどうかを選択できます。また広範囲の聴取者がサウンドファイルを使用できるようになります。

  1. 音声ファイルへのリンクとして使用するテキストまたはイメージを選択します。
  2. プロパティインスペクターで、「リンク」テキストボックスの横にあるフォルダーアイコンをクリックして音声ファイルを参照するか、「リンク」テキストボックスにファイルのパスと名前を入力します。

サウンドファイルの埋め込み

音声を埋め込むと、サウンドが直接ページに組み込まれますが、サイトのビジターが、選択したサウンドファイルに対して適切なプラグインを所有している場合にだけサウンドが再生されます。サウンドをバックグラウンドミュージックとして使用する場合や、音量、ページ上のプレーヤーの表示方法、サウンドファイルの開始点と終了点を制御する場合などに、ファイルを埋め込みます。

注意:

Web ページにサウンドファイルを組み込む際は、それらが Web サイトで適切に使用されること、また Web サイトのビジターがどのようにそれらメディアリソースを使用するかを慎重に考慮してください。ビジターが音声コンテンツの再生を望まない場合を考えて、サウンドの再生を有効または無効にできるようにする必要があります。

  1. デザインビューで、ファイルを埋め込む位置に挿入ポイントを置き、次のいずれかの操作を行います。
    • 挿入パネルの「HTML」カテゴリーで、ポップメニューからプラグインアイコン を選択します。

    • 挿入/HTML/プラグインを選択します。

  2. 目的のオーディオファイルを選択して「OK」をクリックします。
  3. プロパティインスペクター上のテキストボックスに値を入力するか、ドキュメントウィンドウ上でプラグインプレースホルダーのサイズを変更して、幅と高さを指定します。

    これらの値によって、音声コントロールがブラウザーで表示されるサイズが決定します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン