このトピックでは、Dreamweaver でテンプレートのハイライト表示の環境設定を設定する方法について説明します。

Dreamweaver のハイライト表示の環境設定では、デザインビューに表示されるテンプレートの編集可能領域やロックされている領域のアウトラインに使用するハイライトカラーをカスタマイズできます。編集可能領域の色は、テンプレートだけでなく、そのテンプレートから作成されるドキュメントにも表示されます。

テンプレートのハイライトカラーの変更

  1. 編集/環境設定(Windows)または Dreamweaver/環境設定(Mac OS)を選択します。
  2. 左のカテゴリーリストで「ハイライト」を選択します。
    テンプレートのハイライトカラーの変更
    テンプレートのハイライトカラーの変更

  3. 「編集可能領域」、「ネストされた編集可能領域」、または「ロックされた領域」カラーボックスをクリックし、カラーピッカーを使用してハイライトカラーを選択します。または、ボックスにハイライトカラーの 16 進数値を入力します。

    カラーピッカーについて詳しくは、カラーピッカーの使用を参照してください。

  4. (オプション)必要に応じて、その他のテンプレート領域のタイプに対してもこの手順を繰り返します。
  5. 「表示」オプションをクリックして、ドキュメントウィンドウでのこれらのカラーの表示/非表示を切り替えます。

    注意:

    「ネストされた編集可能領域」には「表示」オプションはありません。この領域の表示は、「編集可能領域」オプションで制御します。

  6. 「OK」をクリックします。

ドキュメントウィンドウでのハイライトカラーの表示

  1. デザインビューで、表示/デザインビューのオプション/ビジュアルエイド/不可視エレメントを選択します。

    不可視エレメントが有効になっており、「ハイライト」環境設定で適切なオプションが選択されている場合にのみ、ハイライトカラーがドキュメントウィンドウに表示されます。

    注意:

    不可視エレメントが表示されているにもかかわらずハイライトカラーが表示されていない場合は、編集/環境設定(Windows)または Dreamweaver/環境設定(Mac OS)を選択し、「ハイライト」カテゴリーを選択します。該当するハイライトカラーの横にある「表示」オプションが選択されていることを確認します。さらに、ページの背景色に対して、目的の色が見分けられることを確認します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー