Dreamweaver で区切り線を作成および変更して、テキストとビジュアルオブジェクトを分ける方法について説明します。

区切り線は情報を整理するのに役立ちます。ページ上で区切り線を使用して、テキストとオブジェクトを視覚的に分けることができます。

区切り線の作成

  1. ドキュメントウィンドウで、区切り線を挿入する位置に挿入ポイントを置きます。
  2. 挿入/HTML/区切り線を選択します。

    挿入パネルの HTML セクションから区切り線を挿入することもできます。

区切り線の修正

  1. ドキュメントウィンドウで、区切り線を選択します。
  2. ウィンドウ/プロパティを選択してプロパティインスペクターを開き、プロパティを修正します。
    区切り線のプロパティの変更
    区切り線のプロパティの変更

    「ID」テキストボックス

    区切り線の ID を指定します。

    幅および高さ

    区切り線の幅と高さを、ピクセル単位またはページサイズに対する割合(%)で指定します。

    行揃え

    区切り線の整列を指定します(「指定なし」、「左」、「中央」、または「右」から選択)。この設定は、区切り線の幅がブラウザーウィンドウの幅より小さい場合に適用されます。

    シェーディング

    区切り線にシェーディングを付けるかどうかを指定します。このオプションをオフにすると、区切り線は単色で表示されます。

    クラス

    スタイルシートを添付するか、既に添付しているスタイルシートからクラスを適用します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー