Dreamweaver 内で CSS プリプロセッサーのファイルを使用およびコンパイルする方法について説明します。

CSS プリプロセッサーは、事前に処理された言語で記述されたコードを最も使い慣れた CSS にコンパイルします。事前に処理された言語により、CSS はプログラミング言語に近いレベルに引き上げられます。

具体的には、プリプロセッサーによって、変数、mixin、関数、また CSS では実行できない他の多くの手法を使用することができます。
CSS プリプロセッサーでは、すべてをいったん定義したら、繰り返し再利用できるため、CSS の維持、テーマに合わせた使用、拡張がしやすくなります。

Dreamweaver では、最もよく使用される CSS プリプロセッサー(Sass および Less)がサポートされています。また、Dreamweaver では Sass ファイルのコンパイル用に Compass および Bourbon フレームワークがサポートされています。

Less は JavaScript ベースであり、Sass は Ruby ベースですが、これらの言語に関する知識は不要です。また、コマンドラインを使用してファイルを CSS にコンパイルする必要もありません。Dreamweaver では、less.js JavaScript ライブラリを使用して、これらのファイルの読み込み時、編集時、保存時にこれらのファイルを CSS に自動コンパイルします。

Dreamweaver による CSS プリプロセッサーの処理方法

Dreamweaver による CSS プリプロセッサーの処理方法は、サイトを定義済みであるかどうかによって異なります。サイトを使用すると、CSS プリプロセッサーの設定を自由におこない、Dreamweaver 内で Compass および Bourbon フレームワークを使用することもできるので、サイトを定義することをお勧めします。

サイトを定義済みの場合は、サイト固有の CSS プリプロセッサーの設定をおこなうことで、Dreamweaver 内での CSS プリプロセッサーの動作をカスタマイズできます。

サイト固有の CSS プリプロセッサーの設定をおこなうと、コンパイルオプションをサイトごとに指定できます。また、Sass ファイルと CSS ファイルの格納場所や各サイトに固有のプリプロセッサーのオプションをカスタマイズすることもできます。

サイトを定義すると、Dreamweaver 内で Sass フレームワーク(Compass、Bourbon、Bourbon Neat、Bourbon Bitters)を使用できます。

サイトを定義していない場合は、Sass ファイルと Less ファイルを手動でコンパイルすることもできます。ただし、Compass および Bourbon フレームワークはサポートされていません。

Dreamweaver で CSS プリプロセッサーを使用する方法

CSS プリプロセッサーの使用時に関連するタスクのワークフローの概要を次に示します。

  1. Dreamweaver でサイトを定義します。コンパイルを試行する Sass ファイルまたは Less ファイルが、サイトのルートフォルダーに含まれていることを確認してください。サイトが定義済みであり、Sass/Less ファイルがサイトのルートに含まれている場合は、次の手順に進みます。Dreamweaver サイトの設定について詳しくは、Dreamweaver サイトについてを参照してください。
  2. CSS プリプロセッサーの設定(生成された CSS ファイルの格納場所の定義など)をおこないます。これらの設定はサイトに固有です。詳しくは、サイト固有の CSS プリプロセッサーの設定を参照してください。
  3. Compass や Bourbon などの特定のフレームワークを使用する場合は、それらのフレームワーク用の設定を指定できます。詳しくは、Compass フレームワークの使用または Bourbon フレームワークの使用を参照してください。
  4. Sass ファイルと Less ファイルの自動コンパイルを設定するか、または手動でコンパイルします。詳しくは、CSS プリプロセッサーのファイルのコンパイルを参照してください。

CSS プリプロセッサーの環境設定の設定

サイト/サイトの管理ダイアログを使用して、CSS プリプロセッサーのサイト固有の設定をおこなうことができます。

サイト固有の CSS プリプロセッサーの設定を使用すると、CSS プリプロセッサーをサイトごとに管理できます。これにより、サイトを切り替えるたびに設定を更新することなく、個々のサイトの CSS プリプロセッサーを制御できます。

CSS プリプロセッサーの一般設定

サイト/サイトの管理/CSS プリプロセッサーダイアログでは、次に示す CSS プリプロセッサーの一般設定を行うことができます。

CSS プリプロセッサーの一般設定
CSS プリプロセッサーの一般設定

ファイルの保存時に自動コンパイルを有効にする

CSS プリプロセッサーの自動コンパイルを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。このオプションを選択した場合、Sass、Less、または SCSS ファイルを保存すると CSS ファイルが自動的に生成されます。このオプションを選択しなかった場合は、変更を加えるたびにファイルを手動でコンパイルする必要があります。

Less のオプション

厳密な計算を有効にする

括弧内の計算のみ処理されます。例えば、(100px/25px)は正常に処理されますが、括弧のない 20%+ 10%は正常に処理されません。このオプションを無効にすると、ファイル内のすべての計算が処理されます。

厳密な単位を有効にする

計算後に、CSS の推測単位を出力します。例えば、5px * 2px は 10px2 ではなく、10px としてコンパイルされます。

このオプションを無効にすると、Less は計算の処理時に出力単位の推測を試行します。

この例では、CSS が次のように生成されます。

.class {
  property: 1px * 2px;
}

この場合は、推測が正しくありません - 長さに長さを乗算すると面積が求められますが、CSS は面積の指定をサポートしていません。ここでは、ユーザーがいずれかの値を長さの単位ではなく 1 つの値として使用することを前提としているので、Dreamweaver は 10px を出力します。

厳密な単位を使用すると、生成されたこの CSS はエラーと見なされます。

URL を相対 URL として上書きする

常に読み込まれたファイルを基準に URL を指定するために、読み込まれたファイル内の URL を書き換えます。そのため、Less ファイルで他の Less ファイルが読み込まれ、これにより画像が参照された場合、コンパイルされた CSS に相対 URL が表示されます。

ソースマップを生成

ソースマップ(Sass や Less などの高水準言語と、コンパイル先となる CSS などの低水準言語のギャップを埋めるファイル)を作成します。

Sass/SCSS のオプション

出力ファイルのスタイル

CSS 出力ファイルのスタイルを指定します。

  • 入れ子 - 既知のモジュラー構造でコンパイルされた CSS を書式設定します。
  • コンパクト - 「入れ子」または「拡張」よりも使用する容量が少ないコンパクトな構造でコンパイルされた CSS を書式設定します。
  • 圧縮 - CSS をフラット構造で出力します。
  • 拡張 - CSS を拡張形式で出力します。プロパティとルールごとに 1 行を使用します。プロパティはルール内でインデントされますが、ルールがインデントされることはありません。

ソースコメントを作成

CSS コードを生成元の行にマップする出力 CSS ファイルにコメントを作成します。

ソースマップを生成

ソースマップ(Sass や Less などの高水準言語と、コンパイル先となる CSS などの低水準言語のギャップを埋めるファイル)を作成します。

CSS ソースおよび出力の設定

生成された CSS ファイルの配置場所を定義できるほか、外部エディターにより該当するパスの Sass/LESS ファイルが変更された場合に自動コンパイルが起動する、Dreamweaver の監視対象となるパスを定義できます。

CSS プリプロセッサーのソースと出力の設定
CSS プリプロセッサーのソースと出力の設定

サイト/サイトの管理ダイアログでは、次に示す CSS プリプロセッサーのソースと出力の設定をおこなうことができます。

CSS 出力

生成される CSS 出力ファイルの格納場所を指定します。

ソースと同じフォルダー

生成された CSS ファイルをソースの Sass ファイルおよび Less ファイルと同じフォルダーに保存する場合は、このオプションを選択します。

出力フォルダーを定義

このオプションを選択して、生成された CSS ファイルを保存するフォルダーを指定します。

入力パスのセグメントの置き換え

このオプションを使用すると、「置換元」と「置換先」の文字列を使用してパスの一部を置き換えることができます。

例えば、「置換元」が「scss」、「置換先」が「css」という設定では、css パスの SCSS を置換した後に、出力ファイルが同じツリー構造内に配置されます。

ソースフォルダー

サイトのルート内で監視対象のサブフォルダーを指定します。通常、このサブフォルダーにはすべての SCSS ファイルまたは LESS ファイルが格納されます。

一般設定でコンパイルを有効にした場合は、このフォルダー内のファイルが外部で、または Dreamweaver 内から変更されると、Dreamweaver では CSS プリプロセッサーが自動的にトリガーされます。

Compass フレームワークの使用

Compass はオープンソースの CSS オーサリングフレームワークで、Sass を使用して CSS3 スタイルシートを作成できるようにします。

Dreamweaver は Compass に対するサポートを提供します。そのため、Compass を使用してスタイルシートを作成する場合は、Dreamweaver 内からそれらのスタイルシートをコンパイルして CSS ファイルを生成できます。

  1. Compass ファイルのインストール

    Compass がまだインストールされていない場合は、Dreamweaver 内からインストールできます。

    サイト設定ダイアログボックスで、CSS プリプロセッサー/Compass を選択します。「Compass の使用」を選択し、「ファイルのインストール」をクリックします。

    Compass ファイルのインストール
    Compass ファイルのインストール

    すべての Compass ファイルと *.rb config ファイルはサイトフォルダー内にインストールされ、ファイルパネルでそれらを参照できます。

    インストールされた Compass ファイル
    インストールされた Compass ファイル

  2. 既存の Ruby ベースの config ファイルを指定

    コンピューターに Compass がインストールされていて、Compass *.rb ファイルが設定済みの場合は、Dreamweaver のサイト設定ダイアログ内で、現在のサイトのルート内にある Compass *.rb ファイルのパスを指定します。

    1. サイト設定ダイアログボックスで、CSS プリプロセッサー/Compass を選択します。
    2. 「Compass の使用」チェックボックスをオンにします。
    3. 「Ruby ベースの config ファイルを指定」をクリックし、ファイルの場所を参照して指定します。完了したら、「保存」をクリックします。
    既存の Ruby ベースの config ファイルの指定
    既存の Ruby ベースの config ファイルの指定

    注意:

    このファイルは、サイトのルートフォルダーに配置する必要があります。

  3. 設定オプションを手動で指定

    既存の設定オプションがない場合は、手動で指定することもできます。

    1. サイト設定ダイアログボックスで、CSS プリプロセッサー/Compass を選択します。
    2. 「Compass の使用」チェックボックスをオンにします。
    3. 「設定オプションを手動で指定」をクリックします。次の構成オプションを指定して、「保存」をクリックします。

    以下のフィールドは自動的に入力されますが、必要に応じて変更できます。

    注意:

    これらのオプションで選択するパスはすべて、サイトのルート内に存在している必要があります。

    HTTP パス

    Web サーバー内で実行する場合のプロジェクトへのパス。デフォルトでは「¥」になります。

    画像ディレクトリ

    画像を保持するディレクトリ。project_path を基準とします。

    生成された画像ディレクトリ

    生成された画像を保持するディレクトリ。project_path を基準とします。デフォルト値は images_dir です。

    フォントディレクトリ

    フォントファイルを保持するディレクトリ。

    相対アセット

    Compass ヘルパー関数が、生成された CSS からアセットへの相対 URL を生成するか、そのアセットタイプの HTTP パスを使用して絶対 URL を生成するかを示します。

  4. サイト/サイトの管理/CSSプリプロセッサーダイアログで「ファイルの保存時に自動コンパイルを有効にする」を選択した場合は、Sass ファイルへの変更を保存するたびに CSS ファイルが生成されます。これらの変更はブラウザーウィンドウでもリアルタイムにプレビューできます。変更内容をブラウザーでリアルタイムにプレビューする方法について詳しくは、リアルタイムプレビューを参照してください。

    自動コンパイルを使用しない場合は、次のいずれかの操作を行って、CSS ファイルを手動でコンパイルできます。

    • ファイルパネルで、Sass、Less、または SCSS ファイルを右クリックし、「コンパイル」をクリックします。 
    • ツール/コンパイルをクリックして、現在のファイルをコンパイルします。
  5. その後、コンパイルされた CSS ファイルをサイト内の HTML ファイルに添付することができます。詳しくは、外部 CSS スタイルシートへのリンクを参照してください。

Bourbon フレームワークの使用

Dreamweaver は Bourbon 製品ファミリーをサポートします。そのため、Bourbon を使用してスタイルシートを作成する場合は、Dreamweaver 内からそれらのスタイルシートをコンパイルして CSS ファイルを生成できます。

サポートされている Bourbon のタイプは次のとおりです。

  • Bourbon - シンプルで軽量な Sass 用の mixing ライブラリ
  • Bourbon Neat - Sass および Bourbon 用の軽量なセマンティックグリッドフレームワーク
  • Bourbon Bitters - Bourbon プロジェクト用の枠組みとなるスタイル、変数および構造

Bourbon フレームワークを読み込むには、コード内に次のいずれかを追加します。

  • @import "bourbon" - Bourbon を読み込みます。
  • @import "neat" – Bourbon Neat を読み込みます。
  • @import "base" – Bourbon Bitters を読み込みます。

Dreamweaver はプリプロセッサーのファイルをコンパイルする際に、事前にパッケージ化されたバージョンの Bourbon を使用します。

または、Dreamweaver への今後の更新がコンパイルのワークフローに影響しないように、Bourbon フレームワークファイルをサイトにインストールすることができます。Bourbon フレームワークファイルがサイトにコピーされ、フレームワークを読み込む任意のファイルのコンパイルが起動する際は、このフレームワークが使用されます。

Bourbon、Bourbon Neat、または Bourbon Bitters ファイルのインストール

Bourbon またはそのいずれかのタイプをインストールするには:

  1. サイト設定ダイアログボックスで、「CSS プリプロセッサー」を選択し、「Bourbon」、「Bourbon Neat」または「Bourbon Bitters」を選択します。

  2. 「ファイルをインストール」をクリックして、サイト内の指定されたルートフォルダーにファイルをインストールします。

    Bourbon ファイルのインストール
    Bourbon ファイルのインストール

    すべての Bourbon ファイルはサイトフォルダー内にインストールされ、ファイルパネルでそれらを参照できます。

    インストールされた Bourbon ファイル
    インストールされた Bourbon ファイル

    エラーが発生した場合は、出力パネル(ウィンドウ/結果/出力)に表示され、ステータスバーのアイコンが赤に変わります。

CSS プリプロセッサーのファイルのコンパイル

次のいずれかの方法で CSS プリプロセッサーのファイルをコンパイルできます。

CSS プリプロセッサーのファイルの自動コンパイルを設定する

Sass ファイルまたは Less ファイルでおこなわれた変更を自動的にコンパイルして同等の CSS を作成するオプションを Dreamweaver 内で設定できます。生成された CSS を保存する(サイトのルート内の)場所を指定することもできます。

  1. サイト設定ダイアログボックスで、CSS プリプロセッサー/一般/ファイルの保存時に自動コンパイルを有効にするを選択します。

    自動コンパイルの有効化
    自動コンパイルの有効化

  2. サイト設定ダイアログボックスで、CSS プリプロセッサー/ソースと出力を選択します。

  3. ソースと出力ダイアログで、生成された CSS ファイルを保存する場所を指定します。次のいずれかのオプションを選択できます。

    ソースと同じフォルダー

    生成された CSS ファイルをソースの Sass ファイルおよび Less ファイルと同じフォルダーに保存する場合は、このオプションを選択します。

    出力フォルダーを定義

    このオプションを選択して、生成された CSS ファイルを保存するフォルダーを指定します。

    入力パスのセグメントの置き換え

    このオプションを使用すると、「置換元」と「置換先」の文字列を使用してパスの一部を置き換えることができます。

  4. Dreamweaver が「監視」する必要のある Sass ファイルまたは Less ファイルを含むフォルダーを指定します。

    この監視対象のフォルダー内にあるいずれかのファイルを変更した場合、Dreamweaver ではそのファイルを保存した後に自動的にコンパイルします。

    CSS プリプロセッサーのソースと出力の設定
    CSS プリプロセッサーのソースと出力の設定

    注意:

    Dreamweaver では、外部で(例えば、テキストエディターを使用して)変更したファイルでも監視およびコンパイルします。

コンパイルが正常に完了すると、出力パネル(ウィンドウ/結果/出力)にメッセージが表示され、ステータスバーのステータスアイコンが緑色の <アイコン> で表示されます。コンパイルされた CSS を開くには、パネル内の成功メッセージをダブルクリックできます。

エラーが検出された場合、CSS は正常にコンパイルされていません。ステータスアイコンが赤い <アイコン> で表示された場合、出力パネルにすべてのエラーと警告が一覧表示されます。パネル内のエラーメッセージをダブルクリックすると、コード内のエラーが含まれた行にすばやくジャンプできます。CSS ファイルを正常にコンパイルするには、すべてのエラーを解決する必要があります。

注意:

通常、出力パネルはワークスペースの下部にドッキングされます。パネルが閉じている場合は、ウィンドウ/出力パネルから開きます。

ステータスアイコンが赤い場合に、出力パネル(表示/非表示)を切り替えることもできます。

コンパイルされた CSS ファイルを取得したら、Web ページをスタイルシートにリンクできます。CSS プリプロセッサーを変更した場合、対応するコンパイル済み CSS ファイルが自動的に更新されます。Web ページもライブビューで自動的に更新されます。

スタイルシートへの Web ページのリンクについて詳しくは、外部 CSS スタイルシートへのリンクを参照してください。

CSS プリプロセッサーのファイルを手動でコンパイルする

状況によっては(Dreamweaver サイトを定義していない場合など)、CSS プリプロセッサーのファイルを手動でコンパイルできます。

このような場合は、サイト設定ダイアログの CSS プリプロセッサー/一般パネルで「ファイルの保存時に自動コンパイルを有効にする」を無効にしてください。

CSS プリプロセッサーを手動でコンパイルするには、ファイルパネルでファイルを右クリックし、「コンパイル」をクリックします。

ファイルパネルでの CSS プリプロセッサーのファイルの手動コンパイル
ファイルパネルでの CSS プリプロセッサーのファイルの手動コンパイル

ツール/コンパイルをクリックして、現在のファイルをコンパイルすることもできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー