新機能の概要

新機能(CS5.5)

マルチスクリーンサポート

標準の画面解像度でデザインをプレビューするか、メディアクエリーを使用して解像度を定義します。デバイスの持ち方に応じてページの方向が変化するかどうかをテストする場合は、プレビュー中に縦置きオプションおよび横置きオプションを使用します。

メディアクエリーサポート

画面解像度の違いに応じてサイトの外観をカスタマイズするために使用します。詳しくは、メディアクエリーの作成(CS5.5 およびそれ以降)を参照してください。

モバイルデバイス向けの Web アプリケーション

jQuery Mobile Widget を使用すると、ほとんどのモバイルデバイスで動作する Web アプリケーションを手早くデザインできます。詳しくは、モバイルデバイス向けの Web アプリケーションの作成(CS5.5)を参照してください。

Android、iPhone および iPad 向けの Web アプリケーションのパッケージ化

Dreamweaver で Web アプリケーションをパッケージ化して Android™ および iOS ベースのデバイスにアプリケーションをデプロイできます。詳しくは、ネイティブモバイルアプリケーションとしての Web アプリケーションのパッケージ化(CS 5.5)を参照してください。

HTML5、CSS3 および jQuery のサポート

Dreamweaver は、HTML5、CSS3 および jQuery のコードヒントをサポートしています。

新規 HTML5 ページの作成時にはスターターレイアウトを利用できます。また、HTML5 の機能による HTML ページ内へのビデオ埋め込みもサポートされています。詳しくは、Web ページへのビデオの埋め込み(HTML5)を参照してください。

CSS パネルは、頻繁に使用される CSS3 プロパティをサポートするように拡張されました。詳しくは、コードヒントおよびCSS スタイルパネルの CSS3 サポート強化(CS5.5)を参照してください。

FTPS のサポート

データの転送に FTPS を使用できます。暗号化サポートのみの SFTP と違って、FTPS(FTP over SSL)では暗号化と認証の両方がサポートされています。詳しくは、FTPS 接続(CS5.5)を参照してください。

W3C バリデーターサポート

Dreamweaver 上で W3C バリデーターを使用してページを検証し、標準仕様に準拠した HTML および XHTML ページを作成できます。詳しくは、W3C バリデーターによるドキュメント検証(CS5.5)を参照してください。

新機能(CS5.5)

Adobe BrowserLab

Dreamweaver CS5 は Adobe BrowserLab と統合されています。Adobe BrowserLab は CS Live の新しいオンラインサービスの 1 つであり、異種ブラウザー間の互換性テストのための高速で正確なソリューションを提供します。BrowserLab を利用すると、複数の表示および比較ツールを使用して Web ページやローカルコンテンツをプレビューできます。BrowserLab を参照してください。

Business Catalyst の統合

Adobe Business Catalyst は、従来のデスクトップツールの代わりとなるホストされたアプリケーションで、Web デザイナーのための統一された集中的なプラットフォームを提供します。このアプリケーションは Dreamweaver と連携して動作し、基本的なデータ駆動型 Web サイトから高機能のオンラインストアまで、あらゆるものを構築できます。http://www.adobe.com/go/business_catalyst_get_extension_jp を参照してください。

CSS の機能強化

CSS の有効化と無効化

CSS の有効化と無効化の機能を使用すると、CSS スタイルパネルから直接 CSS のプロパティを無効にしたり、再び有効にしたりできます。CSS プロパティの無効化は、プロパティを実際に削除するのではなく、指定されたプロパティをコメントにするだけです。CSS の有効化と無効化を参照してください。

CSS インスペクト

インスペクトモードを使用すると、余白、ボーダー、マージンなどの CSS ボックスモデルプロパティをわかりやすく表示できます。コードを読み取ったり、Firebug などのサードパーティユーティリティを別に使用したりする必要はありません。ライブビューでの CSS のインスペクトを参照してください。

CSS スターターレイアウト

Dreamweaver CS5 には更新されて簡単になった CSS スターターレイアウトが含まれています。CS4 レイアウトの複雑な子孫セレクターは廃止されて、単純でわかりやすいクラスに置き換えられています。CSS レイアウトを使用したページの作成を参照してください。

動的関連ファイル機能を使用すると、PHP ベースのコンテンツ管理システム(CMS)ページを作成するために必要なすべての外部ファイルとスクリプトを検索し、それらのファイル名を関連ファイルツールバーに表示できます。デフォルトでは、Dreamweaver は Wordpress、Drupal、Joomla! の各 CMS フレームワークのファイル検索をサポートします。動的関連ファイルを開くを参照してください。

ライブビューナビゲーション

ライブビューナビゲーションは、ライブビュー内のリンクをアクティブにして、サーバーサイドアプリケーションおよび動的データを操作できるようにします。また、この機能を使用すると、URL を入力してライブ Web サーバーから提供されているページをインスペクトしたり、参照したページがローカルに定義されているサイトの 1 つに存在する場合はそのページを編集したりできます。Dreamweaver 上でのページのプレビューを参照してください。

PHP カスタムクラスコードヒント

PHP のカスタムクラスコードヒントでは、PHP の関数、オブジェクトおよび定数の適切な構文が表示されるので、正確なコードを入力するのに役立ちます。コードヒントは、ユーザー独自のカスタム関数やカスタムクラス、さらには Zend フレームワークのようなサードパーティのフレームワークでも動作します。

サイト設定の簡易化

新しく設計し直されたサイト定義ダイアログボックス(現在はサイト設定ダイアログボックス)では、ローカル Dreamweaver サイトを簡単に設定できるので、Web ページの構築をすぐに始めることができます。リモートサーバーカテゴリでは、リモートサーバーとテストサーバーを 1 つのビューで指定できます。ローカルバージョンのサイトの設定およびリモートサーバーへの接続を参照してください。

サイト固有のコードヒント

サイト固有のコードヒント機能を使用すると、サードパーティの PHP ライブラリおよび WordPress、Drupal、Joomla! などの CMS フレームワークで作業するときのコーディング環境をカスタマイズできます。ブログのテーマファイルおよび他のカスタム PHP ファイルやディレクトリを、コードヒントのソースとして含めたり除外したりできます。サイト固有のコードヒントを参照してください。

Subversion サポートの拡張

Dreamweaver CS5 では Subversion のサポートが拡張されており、ファイルをローカルに移動、コピー、削除してから、変更をリモート SVN リポジトリと同期できます。新しい復帰コマンドを使用すると、ツリーの競合を簡単に修正したり、以前のバージョンのファイルにロールバックしたりできます。さらに、新しい拡張機能では、特定のプロジェクトで使用する Subversion のバージョンを指定できます。Subversion(SVN)によるファイルの取得とチェックアウトを参照してください。

非推奨扱いになった従来の機能

次の機能を使用することは、Dreamweaver CS5 では推奨されません。

  • アクセシビリティ検証レポート

  • ASP / JavaScript サーバービヘイビアー

  • チェックブラウザー JavaScript ビヘイビアー

  • サイトを定義しない FTP / RDS サーバーへの接続

  • Shockwave のコントロールまたは SWF JavaScript ビヘイビアー

  • ウェブフォトアルバムの作成

  • ポップアップメニュー JavaScript ビヘイビアーの非表示

  • InContext Editing 管理が可能な CSS クラス

  • FlashPaper の挿入

  • Mark of the Web の挿入 / 削除

  • Microsoft Visual Sourcesafe の統合

  • ナビゲーションバー

  • サウンドの再生 JavaScript ビヘイビアー

  • 表示するイベントメニュー(ビヘイビアーパネル)

  • ポップアップメニューを表示 JavaScript ビヘイビアー

  • タイムライン JavaScript ビヘイビアー

  • タグの検証

  • ライブデータの表示

アドビのロゴ

アカウントにログイン