Creative Cloud を後から CS6 に更新する

12.1 の更新、2012 年 9 月 24 日:

このリリースの新機能の内容については、新機能 | Creative Cloud を参照してください。

12.2 の更新、2013 年 2 月 14 日:

このリリースの新機能の内容については、新機能 | Creative Cloud | 2013 年 2 月を参照してください。

ビデオチュートリアル

Dreamweaver CS6 の新機能に関するビデオチュートリアルを Adobe TV(http://www.adobe.com/go/learn_dwcs6_adobetv_jp)でご利用いただけるようになりました。

新しいサイトマネージャー

サイトの管理ダイアログボックス(サイトサイトの管理)のほとんどの機能は以前と同じですが、外観と操作性は新しくなっています。Business Catalyst サイトの作成または読み込みのための機能が新しく追加されました。

可変グリッドベース CSS レイアウト

Dreamweaver の強力な新しい可変グリッドレイアウト機能(新規作成新しい可変グリッドレイアウト)を使用すると、様々なスクリーンサイズに対応した CSS レイアウトを作成できます。可変グリッドを使用して Web ページを作成すると、デスクトップコンピューター、タブレット、スマートフォンのいずれであっても、レイアウトやそのコンテンツがユーザーの表示デバイスに合わせて自動的に調整されます。

CSS3 トランジション

新しい CSS トランジションパネルを使用すると、ホバー、クリック、フォーカスなどのトリガーイベントに応じて、プロパティの変更を CSS ベースのページエレメントにスムーズに適用することができます(一般的な例として、ホバーしたときに、1 つのカラーから別のカラーに徐々にフェードするメニューバーアイテムがあります)。コードレベルのサポートおよび新しい CSS トランジションパネル(ウィンドウCSS トランジション)の両方を使用して、CSS トランジションを作成できるようになりました。

複数の CSS クラスの選択

1 つのエレメントに複数の CSS クラスを適用できるようになりました。エレメントを選択し、複数クラス選択ダイアログボックスを開いて、クラスを選択します。複数のクラスを適用した後、選択内容に応じて新しい複数クラスが作成されます。CSS の選択を行った他の場所から、新しい複数クラスを使用できるようになります。

複数のアクセスポイントから、複数クラス選択ダイアログボックスを開くことができます。

  • HTML プロパティインスペクター(メニューの「複数クラスの適用」を選択)
  • CSS プロパティインスペクターのターゲットのルールポップアップメニュー
  • ドキュメントウィンドウの下部にあるタグセレクターのコンテキストメニュー(タグを右クリックして、クラス設定複数クラスの適用を選択)

PhoneGap Build の統合

魅力的な新しい PhoneGap Build サービスとの統合により、Dreamweaver CS6 のユーザーは、既存の HTML、CSS、JavaScript の各スキルを利用してモバイルデバイス向けのネイティブアプリケーションを構築できます。PhoneGap Build パネル(サイトPhoneGap Build)から PhoneGap Build にログインした後、PhoneGap Build サービスに直接 Web アプリケーションを構築し、作成したネイティブモバイルアプリケーションをローカルデスクトップまたはモバイルデバイスにダウンロードできます。PhoneGap Build サービスにより、プロジェクトを管理したり、Android、iOS、Blackberry、Symbian、webOS などの一般的なモバイルプラットフォーム向けに、ネイティブアプリケーションを作成することができます。

jQuery Mobile 1.0 と jQuery Mobile スウォッチ

jQuery Mobile 1.0

Dreamweaver CS6 には、jQuery 1.6.4 および jQuery Mobile 1.0 のファイルが付属しています。jQuery Mobile のスターターページには新規ドキュメントダイアログボックス(ファイル新規サンプルから作成モバイルスターター)からアクセスできます。また、jQuery モバイルページの作成時に、完全な CSS ファイル、または、構造コンポーネントとテーマコンポーネントに分割される CSS ファイルの 2 種類の CSS ファイルも選択できるようになりました。

jQuery Mobile スウォッチ

新しい jQuery Mobile スウォッチパネル(ウィンドウjQuery Mobile スウォッチ)を使用して、jQuery モバイル CSS ファイルですべてのスウォッチ(テーマ)をプレビューします。次に、パネルを使用して、jQuery モバイル Web ページの様々なエレメントにスウォッチを適用するか、エレメントからスウォッチを削除します。この機能を使用して、スウォッチをヘッダー、リスト、ボタンなどのエレメントに個別に適用します。

Business Catalyst の統合

新規 Business Catalyst サイト

新規の Business Catalyst 体験版サイトを Dreamweaver から直接作成したり、Business Catalyst でクライアントやプロジェクトのために用意されている様々な機能を利用できるようになりました。

Business Catalyst パネル

Business Catalyst サイトにログインして、Dreamweaver の Business Catalyst パネル(ウィンドウBusiness Catalyst)から直接 Business Catalyst モジュールを挿入およびカスタマイズすることができます。商品カタログ、ブログやソーシャルメディア、買い物かごなどの豊富な機能にアクセスできます。統合により、Dreamweaver でのローカルファイルと Business Catalyst サイト上のデータベースコンテンツ間の作業をシームレスに行うことができるようになりました。

Web フォント

Web で使用できるクリエイティブなフォント(Google または Adobe Fonts)を Dreamweaver で使用できるようになりました。最初に Web フォントマネージャー(変更Web フォント)を使用して、Web フォントを Dreamweaver サイトに読み込みます。Web フォントが、Web ページで使用できるようになります。

PSD 最適化の簡易化

Dreamweaver CS5 のイメージプレビューダイアログボックスという名称は、イメージの最適化ダイアログボックスに変わりました。ダイアログボックスを開くには、ドキュメントウィンドウでイメージを選択し、プロパティインスペクターの「イメージ設定の編集」ボタンをクリックします。以前の CS5 イメージプレビューダイアログボックスにあったオプションの一部は、プロパティインスペクターで表示されます。

イメージの最適化ダイアログボックスで設定を変更すると、イメージの概略がデザインビューに表示されます。

FTP 転送の改善

Dreamweaver では、複数のチャンネルを使用した、選択したファイルの同時転送にマルチチャンネル転送が使用されます。また、Dreamweaver では、Get 操作と Put 操作を同時に使用して、ファイルを転送することもできます。

帯域幅が十分にある場合は、FTP マルチチャンネル非同期転送を使用すると、転送プロセスを大幅に高速化できます。

詳しくは、http://blogs.adobe.com/dreamweaver/2012/06/ftp-improvement-in-dreamweaver-cs6.html を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー