HTML5 ビデオおよびオーディオの挿入

Dreamweaver を使用して HTML5 ビデオおよび HTML5 オーディオを Web ページに挿入できます。HTML5 の video 要素と audio 要素は、ビデオやオーディオを Web ページに埋め込んだり、Web ページで表示したりするための標準的な方法を提供します。

HTML5 ビデオの挿入に関する詳細は、『HTML5 ビデオの挿入』をご覧ください。

HTML5 オーディオの挿入に関する詳細は、『HTML5 オーディオの挿入』をご覧ください。

挿入パネルからの HTML 5 セマンティック要素の挿入

HTML5 ページレイアウトに挿入できる静的エレメントの一覧の挿入ウィンドウ挿入)パネルで「レイアウト」を選択します。挿入したセマンティック要素のプロパティを編集するには、要素を選択して、プロパティパネルで要素のプロパティを編集します。

挿入メニュー(挿入レイアウト)を使用してセマンティックタグを挿入することもできます。

このリリースでの新しいセマンティックタグは、Article、Aside、HGroup、ナビゲーション、Section、Header、Footer の 7 つです。

ページレイアウトへのセマンティックタグの使用に関するチュートリアルは、ジェニファー・マルスマンによるブログ記事『セマンティックマークアップとページレイアウト』をご覧ください。

チュートリアルの『Dreamweaver CS5.5 の HTML5 セマンティクス 』では Dreamweaver CS 5.5 での HTML5 セマンティク要素の使用について伝えています。

Adobe Edge Animate コンポジションの読み込み

Adobe Edge Animate コンポジション(OAM ファイル)を Dreamweaver に読み込むことができます。コンポジションはカーソルの位置に配置されます。

Dreamweaver は、抽出した OAM ファイルの内容を、edgeanimate_assets という名前のフォルダーにデフォルトで保存します。デフォルトの場所はサイト設定ダイアログで変更できます。

詳細は、『Edge Animate コンポジションの読み込み』をご覧ください。

HTML5 Canvas 向けサポート

HTML5 の Canvas 要素は、動的に生成されたグラフィックのコンテナです。これらのグラフィックは、ランタイム時に、JavaScript などのスクリプト言語を使用して作成されます。詳細は、記事『HTML5 Canvas』をご覧ください。

Canvas エレメントには、ID、height、および weight という属性があります。

  • Canvas エレメントを指定するには、挿入カンバスを選択します。または、挿入パネル(ウィンドウ挿入)を開き、メニューから「一般的な機能」を選択します。
  • Canvas 要素のプロパティを編集するには、要素を選択し、プロパティパネルでそのプロパティを編集します。

フォームエレメントの HTML5 サポート強化

HTML5 サポートの一環として、新しい属性がフォームエレメントのプロパティパネルに追加されました。また、4 つの新しいフォームエレメント(電子メール、検索、電話番号、URL)が、挿入パネルの「フォーム」セクションに導入されました。

詳細は、『強化されたフォームオブジェクト向け HTML5 サポート』をご覧ください。

ライブサーチ(Mac OS)

ライブサーチを使用して、ファイル内のファイル名またはテキストを基にファイルを検索します。ファイルパネルで選択したサイトを使用して検索を行います。

ライブサーチでは Mac OS の Spotlight API が使用されます。Spotlight の基本設定に適用したすべてのカスタマイズも、ライブサーチに使用されます。Spotlight では、検索クエリーに一致するコンピューター上のすべてのファイルが表示されます。ライブサーチでは、ファイルパネルで現在選択されているサイトのルートフォルダー内のファイルを検索します。

詳細は、『ファイル名やコンテンツに基づくファイル検索』をご覧ください

FTP 強化

保存時にサーバーへファイルを自動アップロード

このオプションを使用すると、保存操作中にアップロードまたはダウンロードのプロセスが進行中であっても、ファイルをサーバーにアップロードすることができます。以前のリリースでのこの機能に関する問題のいくつかは、シームレスに実行されるように解決されています。

Business Catalyst サイトをダウンロードしているときに、Dreamweaver の操作を継続する

保存時にサーバーへファイルを自動アップロード」を選ぶと、Business Catalyst サイトのダウンロード時に Dreamweaver の中断が不要となります。

Adobe ID Password ダイアログの機能強化

インストール中に選択した Adobe ID はこのダイアログに表示されます。パスワードを保存し、忘れたパスワードを取得するオプションも使用できます。

Adobe ID Password ダイアログ
Adobe ID Password ダイアログ

フォント処理の改善

フォントメニューのフォントリストが、システムフォントおよび Web フォントに基づいて分類されました。システムフォントはメニューの先頭に表示されます。

  • Web Fonts マネージャー変更Web Fonts)ダイアログは、名前が Web Fonts スーツケースに変わりました。Web Fonts スーツケースを使用して、Web Fonts をフォントリストに追加できます。
  • フォントを追加」ボタンは、「ローカルフォントを追加」に名前が変更されました。
  • アイコンが分かれているので、Web Fonts とシステムフォントを簡単に識別できます。
Web フォントスーツケースダイアログ
Web フォントスーツケースダイアログ

システムフォントと Web フォントで分かれたアイコン
システムフォントと Web フォントで分かれたアイコン

挿入メニューの再構成

挿入パネルおよび挿入メニューのオプションが再構成されました。詳細は、『挿入オプションの変更 | Creative Cloud』をご覧ください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー