タイトルオブジェクトへのカラーの適用

カラープロパティダイアログボックスを使用すると、モニターパネルで作成した各オブジェクトまたはオブジェクトのグループにカラーを指定することができます。カラープロパティダイアログボックスには、オブジェクトのストローク、塗りおよびシャドウのカラーと種類を設定するコントロールがあります。グラデーションメニューには、塗りまたはストロークのカラーの適用方法を設定するためのオプションがあります。選択するグラデーションの種類によっては、さらにカラーストップが表示されて、グラデーションの各部に異なるカラーを選択できるものがあります。

ti_color_properties_cp
カラープロパティダイアログボックス

A. カラーピッカー B. カラースペクトル C. グラデーションのカラーストップコントロール 

カラープロパティの組み合わせは、スタイルとして保存することができます。スタイルは、色調補正パネルの「スタイル」タブにサムネイルで表示されるため、クリックするだけでオブジェクトに適用できます。スタイルを利用すれば、プロジェクトで使用する複数のタイトルでスタイルの一貫性を保つことができます。

塗りの設定

カラープロパティダイアログボックスを使用して、オブジェクトの塗りを設定できます。オブジェクトの塗りプロパティは、オブジェクトの輪郭の中の領域を定義します。グラフィックオブジェクト内、またはテキストオブジェクトの各文字の輪郭内の領域を定義します。

注意:

カラープロパティダイアログボックスの塗りボックスは、色調補正パネルの「スタイル」タブのプリセットスタイルをオブジェクトに適用した場合にだけ使用可能になります。これらのスタイルには、塗りとストロークが含まれていて、それらのプロパティは変更することができます。

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. 塗りを含むオブジェクトを選択します(必要に応じて、色調補正パネルの「スタイル」タブでスタイルをクリックして、オブジェクトに適用します)。

    注意:

    パネルの左上隅にあるプリセットスタイルを除き、タイトルスタイル内のすべてのプリセットスタイルには、塗りが含まれています。

  3. 色調補正パネルの「テキスト」タブで、カラープロパティボタンをクリックします。
  4. カラープロパティダイアログボックスで、塗りボックスを選択します。
  5. グラデーションメニューから、塗りに使用するグラデーションの種類を選択します。

    注意:

    「線形グラデーション」、「円形グラデーション」、または「4 色グラデーション」を選択すると、カラーストップコントロールが表示されます。各カラーストップをクリックして、それぞれに異なるカラーを選択することができます。

  6. カラーを設定するには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 塗りを透明にするには、カラーなしボックスをクリックします。

    • カラーを 100 %白に設定するには、白のボックスをクリックします。

    • カラーを 100 %黒に設定するには、黒のボックスをクリックします。

    • 色相を設定するには、四角形のスペクトル内のカラーをクリックし、スペクトルの上のカラーピッカーで目的の色をクリックして指定します。

    • カラーを数値で設定するには、値をドラッグするか、クリックして数値を入力して、RGB の値を設定します。

ストロークの設定

オブジェクトのストロークの設定、またはアウトラインの設定(ストロークを含むスタイルを適用してある場合)には、カラープロパティダイアログボックスを使用します。

注意:

カラープロパティダイアログボックスのストロークボックスは、色調補正パネルの「スタイル」タブのプリセットスタイルをオブジェクトに適用した場合にだけ使用可能になります。

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. ストロークを含むオブジェクトを選択します(必要に応じて、色調補正パネルのスタイルをクリックします)。

    注意:

    パネルの左上隅にあるプリセットスタイルを除き、スタイル内のすべてのプリセットスタイルには、ストロークが含まれています。

  3. 色調補正パネルで、カラープロパティボタンをクリックするか、オブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して「カラープロパティ」を選択します。
  4. ストロークボックスを選択します。
  5. ストロークメニューで、使用するストロークを選択します(ストロークによっては、複数の「ストローク」オプションがないことがあります)。
  6. 「ストローク幅」には、ストロークの幅をピクセル単位で指定します。
  7. グラデーションメニューから、塗りに使用するグラデーションの種類を選択します。

    注意:

    「線形グラデーション」、「円形グラデーション」、または「4 色グラデーション」を選択すると、カラーストップコントロールが表示されます。各カラーストップをクリックして、それぞれに異なるカラーを選択することができます。

  8. カラーを設定するには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • ストロークを透明にするには、カラーなし ボックスをクリックします。

    • カラーを 100 %白に設定するには、白のボックスをクリックします。

    • カラーを 100 %黒に設定するには、黒のボックスをクリックします。

    • 色相を設定するには、四角形のスペクトル内のカラーをクリックし、スペクトルの上のカラーピッカーボックスで目的の色をクリックして指定します。

    • カラーを数値で設定するには、値をドラッグするか、クリックして数値を入力して、RGB の値を設定します。

グラデーションの種類

グラデーションの種類を使用するには、モニターウィンドウでタイトルオブジェクトを選択し、色調補正パネルのカラープロパティボタンをクリックします。

ベタ塗り

単色による塗りを作成します。

線形グラデーション、円形グラデーション

線形グラデーションでは、一定方向の 2 色グラデーションが作成されます。円形グラデーションでは、円形の 2 色グラデーションが作成されます。

左と右のボックス(カラーストップ)には、それぞれグラデーションの開始カラーと終了カラーが表示されます。カラーを選択する前に、カラーストップを選択します。カラーストップをドラッグすると、選択した 2 色間でのグラデーションの滑らかさを調整することができます。

「角度」オプション(「線形グラデーション」を指定した場合のみ利用可能)では、グラデーションの角度を指定します。「反転」オプションでは、カラースポットの反転を指定します。「繰り返し」オプション(「円形グラデーション」を指定した場合だけ利用可能)では、グラデーションパターンの繰り返し回数を指定します。

4 色グラデーション

4 色構成のグラデーションによる塗りを作成します。

4 つのカラーストップで、オブジェクトのそれぞれの角から始まるカラーを指定します。カラーを選択する前に、カラーストップを選択します。

ベベル

エッジにベベルのような効果を追加します。左と右のボックスには、それぞれオブジェクトのカラーとベベルのカラーが表示されます。カラーを設定する前に、調整するボックスを選択します。「バランス」オプションでは、影の色が占めるベベル部分の割合(%)を指定します。

表示なし

シャドウを表示しない透明の塗りが作成されます。オブジェクトにストロークがある場合、そのストロークが表示される場合があります。

ゴースト

シャドウを表示する透明の塗りが作成されます。カラープロパティダイアログボックスで、ドロップシャドウを指定します。

ヒント:「表示なし」および「ゴースト」は、シャドウおよびストロークのあるオブジェクトに使用すると効果があります。

ドロップシャドウの作成

モニターパネルで作成する任意のオブジェクトにドロップシャドウを追加できます。ドロップシャドウを追加すると、オブジェクトが 3 次元に見え、背景画像から浮き出しているように見えます。例えば、テキストにドロップシャドウを追加すると、複雑な背景画像上にスーパーインポーズしたときに読みやすくなります。

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. オブジェクトを選択し、色調補正パネルのカラープロパティボタンをクリックします。
  3. カラープロパティダイアログボックスで、「ドロップシャドウ」チェックボックスを選択します。
  4. 必要に応じて、次の値を設定します。

    角度

    オブジェクトに対する影の角度を指定します。

    距離

    オブジェクトに対する影のオフセットをピクセル数で指定します。

    柔らかさ

    シャドウをぼかす、またはシャープにする度合いを指定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー