マニュアル キャンセル

環境設定

  1. Adobe Premiere Elements ユーザーガイド
  2. Adobe Premiere Elements の概要
    1. Premiere Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Adobe Premiere Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    6. GPU アクセラレーションレンダリング
  3. ワークスペースとワークフロー
    1. ホーム画面について
    2. 自動作成されたコラージュ、スライドショーなどの表示と配信
    3. ワークスペースの基本
    4. 環境設定
    5. ツール
    6. キーボードショートカット
    7. オーディオ表示
    8. 変更の取り消し
    9. ショートカットのカスタマイズ
    10. スクラッチディスクの操作
  4. プロジェクトの操作
    1. プロジェクトの作成
    2. プロジェクト設定とプリセットの調整
    3. プロジェクトの保存とバックアップ
    4. ムービーのプレビュー
    5. ビデオコラージュの作成
    6. ハイライトリールの作成
    7. ビデオストーリーの作成
    8. インスタントムービーの作成
    9. クリップのプロパティの表示
    10. プロジェクトのファイルの表示
    11. プロジェクトのコピー
    12. GPU アクセラレーションレンダリング
  5. メディアの読み込みと追加
    1. メディアを追加
    2. ファイルを追加する際のガイドライン
    3. 読み込んだ静止画のデュレーションの設定
    4. 5.1 オーディオの読み込み
    5. オフラインファイルの操作
    6. Adobe Premiere Elements と Adobe Photoshop Elements でのファイルの共有
    7. 特殊なクリップの作成
    8. 縦横比とフィールドオプションの操作
  6. クリップの並べ替え
    1. エキスパートビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    2. クリップのグループ化、リンクおよび無効化
    3. クイックビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    4. クリップマーカーおよびタイムラインマーカーの操作
  7. クリップの編集
    1. ノイズを軽減
    2. 被写体の選択
    3. スナップ写真の場面
    4. カラーマッチ
    5. SmartTrim
    6. クリップの速度とデュレーションの変更
    7. クリップの分割
    8. フレームの保持
    9. 明るさ、コントラストおよびカラーの調整 - ガイド付き編集
    10. シェイクスタビライザーを使用したビデオフッテージのスタビタイズ
    11. フッテージの置き換え
    12. ソースクリップの操作
    13. 不要なフレームのトリミング - ガイド付き編集
    14. クリップのトリミング
    15. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    16. アート効果
  8. トランジションの適用
    1. トランジションの適用
    2. トランジションの基本
    3. トランジションの調整
    4. ビデオクリップ間のトランジションの追加 - ガイド付き編集
    5. 特殊なトランジションの作成
    6. ルミナンスフェードトランジションエフェクトの作成 - ガイド付き編集
  9. 特殊効果の基礎
    1. エフェクトの使用方法
    2. エフェクトの適用と削除
    3. カラーポップを使用した白黒ビデオの作成 - ガイド付き編集
    4. タイムリマップ - ガイド付き編集
    5. エフェクトの基本
    6. エフェクトプリセットの操作
    7. エフェクトの検索と整理
    8. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    9. フレームを埋める - ガイド付き編集
    10. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    11. タイムラプス動画を作成するためのベストプラクティス
  10. スペシャルエフェクトの適用
    1. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    2. 透明化とスーパーインポーズ
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの配置、スケール(拡大や縮小)および回転
    4. ビデオへのエフェクトマスキングの適用
    5. 色温度と色合いの調整
    6. 窓ガラス効果を作成 - ガイド付き編集
    7. ピクチャインピクチャオーバーレイの作成
    8. 調整レイヤーを使用したエフェクトの適用
    9. ムービーへのタイトルの追加
    10. かすみの除去
    11. ピクチャインピクチャの作成 - ガイド付き編集
    12. 周辺光量補正エフェクトの作成
    13. 明暗別色補正エフェクトの追加
    14. フィルムルックエフェクトの追加
    15. HSL チューナーエフェクトの追加
    16. フレームを埋める - ガイド付き編集
    17. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    18. アニメーション化された空 - ガイド付き編集
    19. 被写体の選択
    20. アニメーションマット - ガイド付き編集
    21. 二重露光 - ガイド付き編集
  11. 特殊オーディオ効果
    1. Adobe Premiere Elements を使用したオーディオのミックスとボリュームの調整
    2. オーディオ
    3. ビデオへのサウンドエフェクトの追加
    4. ビデオクリップへの音楽の追加
    5. ナレーションの作成
    6. サウンドトラックの使用
    7. 音楽リミックス
    8. ムービーへのナレーションの追加 - ガイド付き編集
    9. ムービーへのスコアの追加 - ガイド付き編集
  12. ムービータイトル
    1. タイトルの作成
    2. タイトルへの図形および画像の追加
    3. タイトルへのカラーとシャドウの追加
    4. テキストの編集と書式設定
    5. モーションタイトル
    6. タイトルの読み込みと書き出し
    7. タイトル内のオブジェクトの配置
    8. テレビ用タイトルの作成
    9. テキストとグラフィックへのスタイルの適用
    10. タイトル内へのビデオの追加
  13. ディスクメニュー
    1. ディスクメニューの作成
    2. メニューマーカーの使用
    3. ディスクの種類とメニューオプション
    4. メニューのプレビュー
  14. ムービーの共有と書き出し
    1. ビデオの書き出しと共有
    2. コンピューター再生の共有
    3. 圧縮とデータレートの基本
    4. 共有の一般設定

環境設定の変更

Premiere Elements の外観と動作は、様々な方法でカスタマイズすることができます。例えば、トランジションの初期設定の長さを定義したり、ユーザーインターフェイスの明るさを設定することができます。 ほとんどの環境設定は、変更するまで維持されます。 ただし、スクラッチディスクの環境設定はプロジェクトごとに保存されます。 そのため、プロジェクトを開くたびに、そのプロジェクトの設定時に選択したスクラッチディスクが自動的に選択されます。

  • 初期設定の環境に戻すには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらアプリケーションを起動します。 スプラッシュ画面が表示されたら、Alt キーまたは Option キーを放します。
  • 環境設定およびプラグインキャッシュを同時に初期設定に戻すには、Shift キーと Alt キー(Windows)または Shift キーと Option キー(Mac OS)を押しながらアプリケーションを起動します。 スプラッシュ画面が表示されたら、Shift キーと Alt キーまたは Shift キーと Option キーを放します。

環境設定は次の場所に保存されます。

  • Windows:<drive>\Users\<username>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Premiere Elements

  • Mac OS:<drive>/Users/<username>Library/Preferences/com.adobe.AdobePremiereElements.plist

一般環境設定

環境設定ダイアログボックスの一般ウィンドウでは、トランジションのデュレーションからツールヒントまで、次のようにいくつかの設定をカスタマイズできます。

ビデオとオーディオトランジションのデフォルト

オーディオとビデオのトランジションのデフォルトデュレーションを指定します。

静止画像のデフォルトデュレーション

静止画を表示するデフォルトデュレーションを指定します。 

再生時のタイムラインスクロール

シーケンスが表示されているタイムラインよりも長い場合、再生中にタイムラインをスクロールするために、複数のオプションから選択できます。

  • ページスクロールでは、再生ヘッドがオフスクリーンに移動した後で、タイムラインが自動的に新しいビューに移動します。 このオプションを選択すると、再生が継続され、停止することがありません。
  • スムーズスクロールを選択すると、クリップおよびタイムラインルーラーが移動したときに、再生ヘッドが画面の中央に維持されます。

デフォルトでフレームサイズに合わせる

この環境設定を選択すると、読み込んだアセットを自動的に、プロジェクトのデフォルトのフレームサイズに合わせることができます。

再生時のタイムラインスクロール

表示されているタイムラインよりシーケンスが大きい場合は、エキスパートビュータイムラインを右から左へ自動的にスクロールするよう設定できます。 これにより、シーケンス全体を表示するのにズームアウトする必要がなくなります。

  • スクロールなし:エキスパートビュータイムラインをスクロールしません。
  • ページスクロール:エキスパートビュータイムラインの可視領域を 1 ページ単位でスクロールします。
  • スムーズスクロール:表示されているタイムラインの中央に時間インジケーターがある間、エキスパートビュータイムラインをスクロールします。

ハードウェアアクセラレーション Intel HD Graphics 2000 以降を搭載したコンピューターでは、レンダリング、再生および書き出しでハードウェアアクセラレーションを有効にすることができます。

必要な場合は、次の手順でハードウェアアクセラレーションを無効にすることもできます。

  1. 編集環境設定一般を選択します。
  2. レンダリング、再生および書き出しにハードウェアアクセラレーション (Intel HD Graphics 2000 以降) を使用」チェックボックスをクリアします。
注意:

Premiere Elements 2024 では、ライトモードとダークモードを選択できます。

ライトモードとダークモードを切り替える方法

環境設定メニューから、ライトモードとダークモードを簡単に切り替えることができます。

ライトモード
ライトモード

ダークモード
ダークモード

次の手順に従って、ライトモードまたはダークモードに切り替えます。

  1. 環境設定ダイアログボックスにアクセスするには、次のいずれかの方法を使用します。

    • 編集環境設定一般(Win)または Premiere Elements環境設定(macOS)一般(macOS)を選択します
    • ライト   アイコンまたは月   アイコンを選択します。 「環境設定」ボタンを選択して、環境設定ダイアログボックスを開きます。
    Premiere Elements でダークモードに切り替えます。
    Premiere Elements でダークモードに切り替えます。

    Premiere Elements でライトモードに切り替えます。
    Premiere Elements でライトモードに切り替えます。

  2. 環境設定ダイアログボックスが画面に表示されたら、ドロップダウンオプションから目的の「UI モード」を選択します。

    Adobe Premiere Elements でライトモードまたはダークモードを選択します。
    Adobe Premiere Elements でライトモードまたはダークモードを選択します。

  3. アプリケーションを再起動するためのメッセージが画面に表示されます。 「OK」を選択します。

    アプリケーションの再起動についてユーザーに通知する Adobe Premiere Elements ダイアログボックス。
    アプリケーションの再起動についてユーザーに通知する Adobe Premiere Elements ダイアログボックス。

  4. OK」を選択して環境設定ダイアログボックスを閉じます。変更を反映するには、アプリケーションを再起動します。

オーディオ環境設定

スクラブ中にオーディオを再生

オーディオのスクラブを有効にします。 「スクラブ中にオーディオを切り替え」というキーボードショートカットを作成して、スクラブ中にオーディオのスクラブをオン/オフに切り替えることができます。 オーディオスクラブのオン/オフを切り替えようとするたびに環境設定ダイアログボックスに戻るよりも、キーボードショートカットを使用する方が簡単です。

簡略化する最小時間間隔

指定した値より大きな間隔にのみキーフレームが作成されます。 1~2000 ミリ秒の値を入力します。

オーディオハードウェア環境設定

環境設定ダイアログボックスの「オーディオハードウェア」ペインで、Premiere Elements がオーディオの録音に使用するコンピューターオーディオデバイスと ASIO 設定(Windows のみ)やバッファーサイズ設定(Mac OS のみ)などの設定を指定します。

出力マッピング

サポートされている各オーディオチャンネルの出力先となるお使いのコンピューターのサウンドシステム内のスピーカーを指定します。

自動保存の環境設定

プロジェクトを自動保存

初期設定では、プロジェクトは 15 分間隔で自動的に保存され、最新の 5 つのバージョンのプロジェクトファイルがハードディスクに保持されます。

プロジェクトは、以前に保存したバージョンにいつでも戻すことができます。 プロジェクトファイルは、ソースのビデオファイルと比べると非常に小さいので、プロジェクトのアーカイブを頻繁に行っても、消費されるディスク容量は比較的わずかで済みます。 プロジェクトファイルをアプリケーションと同じドライブに保存することをお勧めします。 アーカイブされたファイルは、Premiere Pro の自動保存フォルダーに保存されます。

自動保存の間隔

プロジェクトを自動保存し、保存する間隔を分単位で入力します。

プロジェクトバージョンの最大数

保存するプロジェクトファイルのバージョン数を入力します。 例えば、「10」と入力すると、最新のバージョンが 10 個保存されます。

注意:

自動保存が定期的に実行されるように指定した場合、Premiere Elements は変更の検出時にプロジェクトをプロジェクトファイルに自動保存します。

自動保存は変更をプロジェクトに手動で保存するかどうかに関係なく実行されます。 以前のバージョンの Premiere Elements では、自動保存が設定された間隔内に手動で保存した場合、自動保存は実行されませんでした。 設定された間隔を超えてシステムがアイドル状態になった場合、Premiere Elements は自動保存を強制的におこないます。

キャプチャ環境設定

ビデオデッキやカメラからビデオおよびオーディオを直接変換する方法を制御します (その他のプロジェクト設定は、キャプチャ操作には影響しません)。 このパネルの内容は、編集モードに応じて異なります。 DV フッテージをキャプチャする場合は、初期設定の DV キャプチャ設定を使用してください。 キャプチャ形式として「DV/IEEE1394 キャプチャ」が選択されている場合、オプションが IEEE 1394 の標準値に自動的に設定されるため、使用可能なオプションはありません。 Premiere Elements との互換性が確認されているキャプチャカードに付属するソフトウェアなど、ほかのソフトウェアをインストールしている場合は、ほかのキャプチャ形式やオプションが表示されます。

注意:

P2 DVCPRO 50 および P2 DVCPRO HD プロジェクトでは、アセットはカメラによってデジタルファイルとして直接 P2 カードにキャプチャされるため、キャプチャ形式設定は適用されません。

デバイスコントロール環境設定

環境設定ダイアログボックスの「デバイスコントロール」ウィンドウでは、Premiere Elements が再生/録画デバイス(VTR またはビデオカメラなど)の制御時に使用する設定を指定します。

メディア環境設定

メディアキャッシュを消去

Premiere Elements では、プロジェクトで使用する中間ファイルが多数作成されます。 これらのファイルはメディアキャッシュと呼ばれます。

ハードドライブの空き容量を確保するために、メディアキャッシュの上限サイズを設定できます。 キャッシュサイズのスライダーを左右に移動して、メディアキャッシュサイズを増減させます。

キャッシュを消去するには、「今すぐ消去」をクリックします。 「月に 1 回自動削除」チェックボックスをオンにして、ファイルを定期的に削除します。

メディアキャッシュを消去
メディアキャッシュを消去

タイトル環境設定

環境設定ダイアログボックスのタイトルパネルでは、Premiere Elements でタイトルのスタイルスウォッチパネルおよびフォントブラウザーに表示される文字を変更できます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合