クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインのすべてのクリップには、モーションエフェクトが自動的に適用されます。モーションエフェクトは、ビデオフレーム内でクリップの配置、回転またはスケールを行う場合に使用します。また、モーションエフェクトを使用してアンカーポイントを設定することもできます。位置、スケールおよび回転の値は、初期設定でクリップの中心にあるアンカーポイントから計算されます。

位置、スケール、回転の各プロパティは、空間に対して適用されるので、モニターパネルで直接確認しながら調整してください。

注意:

クリップをアニメートするには、モーションエフェクトのプロパティのキーフレームを設定します。

クリップの位置調整

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでクリップを選択します。
  2. モニターパネルで、クリップをドラッグして位置を調整します(ハンドルをドラッグしないように注意してください)。

    注意:

    クリップを時間に応じて移動させるには、モニターパネルでクリップを操作しながらキーフレームを設定します。

クリップのスケール

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでクリップを選択します。
  2. 「適用エフェクト」ボタンをクリックします。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 高さと幅の比率を保ったまま拡大または縮小するには、モニターパネルでクリップをクリックしてクリップハンドルをドラッグします。または、適用されたエフェクトパネルでモーションエフェクトを展開して、スケールスライダーをドラッグします。

    • 高さと幅を個別にスケールするには、適用されたエフェクトパネルでモーションエフェクトを展開し、「縦横比を固定」の選択を解除してから、モニターパネルでクリップハンドルをドラッグします。または、適用されたエフェクトパネルでモーションエフェクトを展開して、スケール(高さ)およびスケール(幅)スライダーをドラッグします。

      注意:ビデオや低解像度の画像を 100% 以上に拡大すると、濃淡のむらが出たり、ピクセル化することがあります。Premiere Elements では、ピクセル化を防止するために、拡大または縮小する EPS ファイルを連続的にラスタライズします。

    ac_motion_effects_me
    モーションエフェクトが選択された状態の適用されたエフェクトパネルと、スケールのためにクリップハンドルが選択された状態のモニターパネル

元のサイズでのクリップの使用

Premiere Elements に読み込んだクリップのサイズは、プロジェクトのフレームサイズに合わせて調整されます。クリップのサイズを調整せずに元のサイズで使用する場合は、次のように操作します。

  1. プロジェクトのアセットパネルでクリップを選択します。
  2. クリップ/ビデオオプションを選択します。
  3. 「フレームサイズに合わせる」の選択を解除します。

クリップの回転

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでクリップを選択します。
  2. 「適用エフェクト」ボタンをクリックします。
  3. 適用されたエフェクトパネルでモーションエフェクトを展開し、次のいずれかの操作をします。
    • 「回転」の右にある下線付きの値をドラッグします。

    • 「左に回転」または「右に回転」をクリックします。クリップがそれぞれの方向に 90 度回転します。

クリップのアンカーポイントの調整

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでクリップを選択します。
  2. 「適用エフェクト」ボタンをクリックします。
  3. 適用されたエフェクトパネルでモーションエフェクトを展開します。
  4. モーションエフェクトのアンカーポイントスライダーをドラッグします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー