Adobe Premiere Elements で作成できるディスクの種類について説明します。

オートプレイとメニューベースのディスクについて

Premiere Elements とディスクレコーダーを使用すると、 ディスク(メニューを使用しないオートプレイまたはメニューベース)を作成できます。ディスクを作成するには、まず作成するディスクの種類を決定します。

オートプレイディスクを作成するには、ムービーを作成してディスク形式で書き出し、ディスクに書き込みます。ただし、メニューベースのディスクを作成する場合は、Premiere Elements メニューテンプレートを使用して、メニューをムービーに追加します。

Premiere Elements メニューテンプレートとは、様々なテーマやスタイルがあらかじめデザインされているメニューです。テンプレートのボタンは、ムービーに配置されたメニューマーカーに自動的にリンクされます。メニューは、配置されているマーカーに基いて自動的に作成され、必要に応じて追加されます。テンプレートを選択してから、メニューマーカーを追加、移動、削除することができます。また、メニューテンプレートを選択する前に、エキスパートビュータイムラインでメニューマーカーを追加することもできます。Premiere Elements では、メニューはマーカーに対応するよう自動的に調整されます。

注意:

選択可能なメニューは、プロジェクトの縦横比に設定されます。例えば、プロジェクトの縦横比をワイドスクリーンでの再生用に設定した場合は、メニューもワイドスクリーンで再生されます。

オートプレイディスク

オートプレイディスクにはメニューが含まれておらず、ディスクプレーヤーにディスクを挿入すると再生が開始します。オートプレイディスクは、最初から最後まで通して見ることを想定した 1 つのムービーの再生に適しています。オートプレイディスクは、作成が最も簡単な種類のディスクです。ムービーをディスクに書き出すだけで作成できます。

プレーヤーのリモコンの次へ進むボタンや前へ戻るボタンを使用してムービー内の特定の位置にジャンプするには、メニューマーカーやシーンマーカーを設定して、チャプターやジャンプ先を指定します。オートプレイディスクではメインメニューマーカーとシーンマーカーが区別されないため、どちらのマーカーもチャプターポイントとして使用することができます。

ディスクに書き込む前にムービーをプレビューし、マーカーが正しい位置に設定されていることを確認してください。

注意:

オートプレイディスクでは、ストップマーカーは無視されます。

メニューベースのディスクは、最初から最後まで通して見ることを想定した、長いムービーや一連のムービーを再生する場合に最適です。メニューベースのディスクは、サブメニューからアクセスするシーンを含むムービーを再生する場合にも便利です。メインメニューから、ムービーの再生とシーンメニューへの移動のどちらかを選択します。メニュー付きディスクには、次の 2 つの種類があります。

シーンメニューのあるメニュー付きディスク

この種類のディスクは、最初から最後まで通して見ることを想定した 1 つの長いムービーに適しています。また、サブメニューから特定のシーンにアクセスすることもできます。メインメニューで、ムービー全体を再生するか、もしくはシーンメニューへ移動するかのどちらかを選択できます。シーンメニューからは、ムービーの各シーンを再生することができます。一般的には、各シーンがムービー中のハイライトシーンを表すようにプロジェクトを設定しますが、一定時間が経過した後に特定のシーンが開始されるようにしたり、任意の部分が再生されるようにすることもできます。

複数のムービー選択のあるメニュー付きディスク

この種類のディスクは、複数の個別のムービーを 1 つのムービーにまとめたくない場合に適しています。例えば、結婚式のディスクの場合、準備、式、披露宴を別々のムービーにすることができ、それぞれのムービー用のボタンをメインメニューに表示できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー