ビデオの編集時に、作品を魅力的なものにするために、オーディオトラックを操作する必要がある場合があります。クリップのオーディオトラックの編集は、より簡単でアクセスしやすくなりました。オーディオ表示を使用すると、タイムラインを操作せずに、オーディオトラックの編集作業に集中できます。
アクションバーで使用できるツールトランジションエフェクトがビデオカテゴリとオーディオカテゴリに分類され、よりアクセスしやすくなりました。

オーディオトラックに集中したい場合、エキスパートビュータイムラインの上部にある (オーディオ表示を表示)をクリックします(または Shift + A を押します)。

オーディオ表示では、オーディオの作業に集中するユーザーが、タイムラインへの影響を最小限に抑えながら、すべてのツールを便利に使用できるように、オーディオ機能を有効または無効にすることができます。

audio view assets-01


オーディオ表示では、ビデオトラックを折りたたんでいる間も、すべてのオーディオトラックが展開表示されます。そのため、タイムラインを操作せず、オーディオトラックの編集作業に集中しやすくなっています。

マスターボリューム

トラックの右側にマスターボリュームコントロールが表示されます。プロジェクトで複数のトラックに特に音の大きいオーディオクリップがある場合、クリッピング(スタッカートのようなひずみ)が発生してしまうことがあります。クリッピングを防ぐには、音量コントロールを下にドラッグして、プロジェクト全体のボリュームを下げます。

注意:これらのコントロールにはキーフレームを適用できません。

audio view assets-02

オーディオ録音

ナレーションを追加」をクリックして、トラックに直接録音します。ナレーションダイアログが表示され、録音されたクリップがターゲットトラックに配置されます。ナレーションダイアログは、ツールパネルから起動することもできます。ツールパネルから「ナレーション」オプションを使用すると、ナレーションクリップが音声トラックに配置されます。必要に応じて別のトラックに移動できます。

audio view assets-03

ソロトラックの再生

トラックと重なるクリップを削除せずに特定のトラックを再生するには、「ソロトラック」をクリックします。特定のトラックに対して「ソロ」を選択すると、他のトラックはミュートされ、出力に含まれません。

注意:複数のトラックを同時に再生するには、各トラックの「ソロトラック」を有効にしてください。

audio view assets-04

ビデオトラックとオーディオトラックのスタイルの表示

右クリックメニューのオプションから、ビデオトラックおよびオーディオトラックの適切な表示スタイルを選択します。

注意:デフォルトでは、オーディオトラックは「半波形」で表示され、ビデオトラックは「最初と最後のサムネール」で表示されます。

単独のオーディオクリップは緑で表示され、ビデオクリップにリンクされているオーディオクリップは青で表示されます。オーディオトラックのビデオへのリンクを解除すると、オーディオトラックは緑で表示されます。

displayStyle

オーディオおよびビデオトラックの無効化

対応するトグルアイコンをクリックして、特定の オーディオトラック、 ビデオトラック、 ボイストラック 、音楽トラックを無効にできるようになりました。無効にしたトラックは、書き出しと共有パネルを使用して作成される最終出力には含まれません。

audio view assets-05

ビデオおよびオーディオのカテゴリ

アクションバーで使用できるツールトランジションエフェクトがビデオカテゴリとオーディオカテゴリに分類され、よりアクセスしやすくなりました。

audio view assets-06

注意:

オーディオ表示では、オーディオカテゴリが選択された状態でアクションバーが開きます。必要に応じてビデオカテゴリに切り替えて、ビデオ機能の使用を続行することができます。

Premiere Elements 14 から、オーディオメーターは使用できなくなります。代わりにマスターメーターオーディオメーターの機能を提供します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー