マニュアル キャンセル

メディアを追加

  1. Adobe Premiere Elements ユーザーガイド
  2. Adobe Premiere Elements の概要
    1. Premiere Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Adobe Premiere Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    6. GPU アクセラレーションレンダリング
  3. ワークスペースとワークフロー
    1. ホーム画面について
    2. 自動作成されたコラージュ、スライドショーなどの表示と配信
    3. ワークスペースの基本
    4. 環境設定
    5. ツール
    6. キーボードショートカット
    7. オーディオ表示
    8. 変更の取り消し
    9. ショートカットのカスタマイズ
    10. スクラッチディスクの操作
  4. プロジェクトの操作
    1. プロジェクトの作成
    2. プロジェクト設定とプリセットの調整
    3. プロジェクトの保存とバックアップ
    4. ムービーのプレビュー
    5. ビデオコラージュの作成
    6. ビデオストーリーの作成
    7. インスタントムービーの作成
    8. クリップのプロパティの表示
    9. プロジェクトのファイルの表示
    10. プロジェクトのコピー
    11. GPU アクセラレーションレンダリング
  5. メディアの読み込みと追加
    1. メディアを追加
    2. ファイルを追加する際のガイドライン
    3. 読み込んだ静止画のデュレーションの設定
    4. 5.1 オーディオの読み込み
    5. オフラインファイルの操作
    6. Adobe Premiere Elements と Adobe Photoshop Elements でのファイルの共有
    7. 特殊なクリップの作成
    8. 縦横比とフィールドオプションの操作
  6. クリップの並べ替え
    1. エキスパートビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    2. クリップのグループ化、リンクおよび無効化
    3. クイックビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    4. クリップマーカーおよびタイムラインマーカーの操作
  7. クリップの編集
    1. ノイズを軽減
    2. 被写体の選択
    3. スナップ写真の場面
    4. SmartTrim
    5. クリップの速度とデュレーションの変更
    6. クリップの分割
    7. フレームの保持
    8. 明るさ、コントラストおよびカラーの調整 - ガイド付き編集
    9. シェイクスタビライザーを使用したビデオフッテージのスタビタイズ
    10. フッテージの置き換え
    11. ソースクリップの操作
    12. 不要なフレームのトリミング - ガイド付き編集
    13. クリップのトリミング
    14. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    15. アート効果
  8. トランジションの適用
    1. トランジションの適用
    2. トランジションの基本
    3. トランジションの調整
    4. ビデオクリップ間のトランジションの追加 - ガイド付き編集
    5. 特殊なトランジションの作成
    6. ルミナンスフェードトランジションエフェクトの作成 - ガイド付き編集
  9. 特殊効果の基礎
    1. エフェクトの使用方法
    2. エフェクトの適用と削除
    3. カラーポップを使用した白黒ビデオの作成 - ガイド付き編集
    4. タイムリマップ - ガイド付き編集
    5. エフェクトの基本
    6. エフェクトプリセットの操作
    7. エフェクトの検索と整理
    8. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    9. フレームを埋める - ガイド付き編集
    10. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    11. タイムラプス動画を作成するためのベストプラクティス
  10. スペシャルエフェクトの適用
    1. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    2. 透明化とスーパーインポーズ
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの配置、スケール(拡大や縮小)および回転
    4. ビデオへのエフェクトマスキングの適用
    5. 色温度と色合いの調整
    6. 窓ガラス効果を作成 - ガイド付き編集
    7. ピクチャインピクチャオーバーレイの作成
    8. 調整レイヤーを使用したエフェクトの適用
    9. ムービーへのタイトルの追加
    10. かすみの除去
    11. ピクチャインピクチャの作成 - ガイド付き編集
    12. 周辺光量補正エフェクトの作成
    13. 明暗別色補正エフェクトの追加
    14. フィルムルックエフェクトの追加
    15. HSL チューナーエフェクトの追加
    16. フレームを埋める - ガイド付き編集
    17. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    18. アニメーション化された空 - ガイド付き編集
    19. 被写体の選択
    20. アニメーションマット - ガイド付き編集
    21. 二重露光 - ガイド付き編集
  11. 特殊オーディオ効果
    1. Adobe Premiere Elements を使用したオーディオのミックスとボリュームの調整
    2. ビデオへのサウンドエフェクトの追加
    3. ビデオクリップへの音楽の追加
    4. ナレーションの作成
    5. サウンドトラックの使用
    6. 音楽リミックス
    7. ムービーへのナレーションの追加 - ガイド付き編集
    8. ムービーへのスコアの追加 - ガイド付き編集
  12. ムービータイトル
    1. タイトルの作成
    2. タイトルへの図形および画像の追加
    3. タイトルへのカラーとシャドウの追加
    4. テキストの編集と書式設定
    5. モーションタイトル
    6. タイトルの読み込みと書き出し
    7. タイトル内のオブジェクトの配置
    8. テレビ用タイトルの作成
    9. テキストとグラフィックへのスタイルの適用
    10. タイトル内へのビデオの追加
  13. ディスクメニュー
    1. ディスクメニューの作成
    2. メニューマーカーの使用
    3. ディスクの種類とメニューオプション
    4. メニューのプレビュー
  14. ムービーの共有と書き出し
    1. ビデオの書き出しと共有
    2. コンピューター再生の共有
    3. 圧縮とデータレートの基本
    4. 共有の一般設定

メディアファイルは、Adobe Premiere Elements でムービーを作成するための素材となります。様々なソースから多様なタイプのメディアファイル(オーディオ、ビデオ、画像)を Adobe Premiere Elements に追加できます。

サポートされるファイルの種類を確認するには、サポートされているファイル形式を参照してください。

サポートされているデバイスを確認するには、「サポートされているデバイス | Adobe Premiere Elements」を参照してください。

次のいずれかの方法を使用して、Adobe Premiere Elements にメディアを追加することができます。

  • メディアファイル(オーディオ、ビデオ、画像)を読み込む
  • レコーダーからライブでキャプチャする
  • マイクでナレーションを録音する(詳しくは、「ナレーションの作成」を参照)

クイックビューでメディアファイルを追加すると、クイックビューのタイムラインにファイルが追加されます。エキスパートモードでは、プロジェクトのアセットパネルにファイルが追加されます。プロジェクトのアセットパネルでファイルを選択し、タイムラインに追加できます。

「メディアを追加」のオプション(Windows)

組み込みの Elements Organizer を使用するメディアの追加

Elements Organizer のアルバムからクイックビューやエキスパートビューのタイムラインにメディアを追加します。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • メディアを追加」をクリックして、「Elements Organizer」を選択します。
    • ファイルメディアの追加Elements Organizer を選択します。

    組み込みの Elements Organizer が起動します。

  2. Elements Organizer ワークスペースで、メディアが保存されているアルバムを探します。

  3. 1 つまたは複数のメディアファイルをドラッグして、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインに追加します。

    クリップを選択して「ファイルを追加」をクリックすることもできます。クリップがタイムラインに追加されます。

  4. タイムラインにクリップが追加されたら、「完了」をクリックします。

ファイルおよびフォルダーからのメディアの追加

ビデオ、写真、オーディオのファイルをコンピューターのハードドライブまたは他のストレージデバイス(外部ハードドライブ、ペンドライブなど)から読み込みます。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • メディアを追加パネルをクリックして、「ファイルとフォルダー」を選択します。
    メディアを追加パネル
    メディアを追加パネル

    • ファイルメディアの追加ファイルとフォルダーを選択します。
    • (Premiere Elements 2019 のクイックビューで使用可能)モニターパネルまたはクイックビューシーンラインの「タイトルまたはメディアを追加」エリアで、+ 記号をクリックするか メディアを追加を選択します。
    「タイトルまたはメディアを追加」エリア
    「タイトルまたはメディアを追加」エリア

  2. メディアファイルを読み込むには、ダイアログボックスで目的のファイルを探して選択し、「開く」をクリックします。

    Windows では、ダイアログボックスからフォルダーを選択し、「フォルダーを読み込み」をクリックして、フォルダー全体を追加することができます。

注意:

あるいは、オペレーティングシステムのファイルエクスプローラーを使用して、クイックビューやエキスパートビューのタイムラインにファイルをドラッグすることもできます。

番号の付いた画像ファイルを 1 つのクリップとして追加

一連の写真を 1 つのクリップとして追加するには、番号の付いた画像を 1 つのクリップとして追加するオプションを使用します。

注意:

各静止画ファイル名に正しいファイル名拡張子が付いていることを確認し、シーケンス内のすべてのファイル名拡張子の前に同じ桁数の番号が付いていることを確認します(file000.bmp、file001.bmp など)。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • メディアを追加」をクリックして、「ファイルとフォルダー」を選択します。
    • ファイルメディアの追加ファイルとフォルダーを選択します。
  2. シーケンス用画像のあるフォルダーを開き、先頭の画像を選択します。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • Windows の場合は、「連番付き静止画」チェックボックスをオンにして、「開く」をクリックします。
    • Mac OS の場合は、「連番付き静止画」チェックボックスをオンにして、「読み込み」をクリックします。

    Adobe Premiere Elements は、連番付きの複数のファイルを全部で 1 つのシーケンスとして解釈します。

デジタルカメラ、携帯電話、リムーバブルドライブからの写真の読み込み

カメラや携帯電話から、または USB 接続で写真を読み込みます。このオプションによって、Adobe フォトダウンローダーウィンドウが開きます。また、フラッシュメモリやディスクにビデオファイルを保存するデバイスからも、メディアを読み込みます。

  1. デジタルカメラ、携帯電話、リムーバブルドライブをコンピューターに接続します。

    注意:

    デバイスをシステムで動作させるためにドライバーが必要な場合は、メディアファイルを読み込む前に、ドライバーをインストールしてください。詳しくは、デバイスのマニュアルを参照してください。

  2. Adobe Premiere Elements で、メディアを追加カメラまたはデバイスから写真を取り込むを選択し、詳細設定ダイアログをクリックします。

    Adobe Premiere Elements ‑ フォトダウンローダー(詳細ダイアログ表示)

  3. 写真の取り込み」ドロップダウンリストからドライブまたはデバイスを選択します。読み込み可能なすべてのファイルのサムネールがダイアログボックスに表示されます。

  4. ファイルの保存先を指定するには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • ファイルを初期設定の Adobe フォルダーに保存するには、ダイアログボックスに表示されている場所をそのまま使用します。

    • 別の場所を指定するには、「参照」(Mac OS では「選択」)をクリックして、フォルダーを選択します。または、「新規フォルダー」をクリックし、フォルダーを作成して名前を付けます。

    • 1 つまたは複数のサブフォルダーを作成し、条件を指定してファイルをグループ化するには、「サブフォルダーを作成」フィールドの横のドロップダウンリストをクリックします。サブフォルダーに名前を付ける際のオプションをドロップダウンリストから選択します。

    • フォルダー内の複数のファイルの名前を同じように変更するには、「ファイルの名前を変更」フィールドの横のドロップダウンリストをクリックします。ファイルの名前を変更する際のオプションをドロップダウンリストから選択します。ファイル名は、入力したフォルダー名を基にした名前となります。ファイルをフォルダーおよびプロジェクトのアセットパネルに追加すると、ファイル名の末尾に 0001 から始まる連番が追加されます。例えば、summer と入力すると、ファイル名は、summer0001.jpg、summer0002.jpg のようになります。

  5. タイムラインに追加するファイルを選択します。

    初期設定では、すべてのファイルが選択されています。ファイルのサムネールの下にチェックマークが表示されている場合は、ファイルが選択されていることを示しています。チェックマークを外して、ファイルを除外するには、個々のサムネールをクリックしてください。

    すべてチェック」ボタンまたは「すべてのチェックを解除」ボタンを使用して、すべてのファイルを選択または選択解除することもできます。

  6. (オプション)メタデータを使用している場合は、「現在のファイル名を XMP で保持」を選択することができます。

  7. (オプション)「メタデータを適用」の横のドロップダウンリストをクリックし、テンプレートを選択して、「作成者」および「著作権」フィールドに情報を入力します。

  8. 取り込み」をクリックします。

    進行状況ダイアログボックスの「キャンセル」をクリックすると、いつでも処理を中止することができます。

    読み込んだ画像のデフォルトのデュレーションを設定するには、読み込んだ静止画のデュレーションの設定を参照してください。

注意:

追加したファイルの中でいくつか使用しないものがある場合は、プロジェクトのアセットパネルから不要なファイルを削除できます。パネルからファイルを削除しても、元の場所からファイルが削除されることはありません。

フリップ、AVCHD、カメラ、携帯電話、リムーバブルドライブからのビデオの読み込み

フラッシュメモリやディスクにビデオファイルを保存するデバイスから、ビデオを読み込みます。このようなデバイスには、フリップなどのコンパクトビデオカメラ、AVCHD、DVD、DSLR などに対応したカメラおよび携帯電話などがあります。読み込まれたファイルは、指定されたハードドライブの場所にコピーされます。また、プロジェクトのアセットパネルにも追加されます。

注意:

Mac OS では、ビデオインポーターで外部の DVD ドライブが検出されません。この場合は内部の Superdrive を使用してください。

プロジェクトを作成せずに、クイックビュータイムラインやエキスパートビュータイムラインにクリップを直接追加することができます。どちらかのタイムラインにクリップを追加すると、クリップのプロパティに合わせて、プロジェクトの設定が自動的に変更されます。

ただし、既存のプロジェクトにクリップを追加し、そのプロジェクトのプリセットとクリップのプリセットが一致しない場合は、メッセージが表示されます。この場合は、使用可能な最も近いプリセットに合わせて、プロジェクトの設定が変更されます。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • DVD をコンピューターの DVD ドライブにセットします。

    • SD カードやメモリースティックなどのカードリーダーをコンピューターに接続します。

    • USB ポートを使用して、デジタルカメラ、携帯電話またはその他のデバイスをコンピューターに接続します。

    注意:

    デバイスをシステムで動作させるためにドライバーが必要な場合は、メディアファイルを読み込む前に、ドライバーをインストールしてください。詳しくは、デバイスのマニュアルを参照してください。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • メディアを追加カメラおよびデバイスのビデオをクリックします。
    • ファイルメディアの追加カメラおよびデバイスのビデオを選択します。
    ビデオインポーターダイアログボックス

  3. ビデオインポーターダイアログボックスのソースメニューからデバイスを選択します。

    ソースメニューの下のパネルに、読み込み可能なファイルが表示されます。ファイルの数とコンテンツのサイズがコンテンツパネルの一番下に表示されます。

    注意:

    ビデオインポーターでは、外部のハードドライブからメディアを読み込むことはできません。外部のハードドライブからメディアを読み込む場合は、「ファイルとフォルダー」オプションを使用します。

  4. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • パネルに表示されているすべてのコンテンツを読み込むには、「すべてチェック」をクリックします。

    • 選択したクリップのみを読み込むには、「すべてのチェックを解除」をクリックし、読み込むクリップのみを選択します。

    注意:

    クリップの内容をプレビューするには、クリップをクリックし、プレビューパネルの「再生」ボタンをクリックします。

  5. ファイルの保存先を指定するには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • ファイルを初期設定の Adobe フォルダーに保存するには、ダイアログボックスに表示されている場所をそのまま使用します。

    • 別の場所を指定するには、 をクリックして、フォルダーを選択します。または、「新規フォルダー」をクリックし、新しいフォルダーを作成して名前を入力します。

  6. ダウンロードするファイルの命名規則を、プリセットメニューから選択します。以下の規則があります。

    ファイル名

    ビデオカメラで割り当てられたファイル名を保持します。

    フォルダー名-番号

    フォルダー名が「Wedding Pics」の場合、クリップ名は「Wedding Pics - 001」、「Wedding Pics - 002」のようになります。

    日付-ファイル名

    ビデオカメラで割り当てられたファイル名にタイムスタンプを追加します。タイムスタンプは現在の日時(ムービーがコンピューターに転送された日時)になります。

     

    注意:

    ファイル名を変更するには、エキスパートビュー内のプロジェクトのアセットパネルからファイルを削除して、もう一度読み込んでください。

    カスタム名-番号

    「名前」フィールドにカスタム名を入力します。例えば、フィールドに「My Holiday」と入力すると、クリップ名は「My Holiday-001」、「My Holiday-002」のようになります。

  7. (オプション)選択したファイルを読み込んだ後に元の場所から削除するには、「コピー後にオリジナルを削除」を選択します。

  8. (オプション)読み込んだクリップをクイックビュータイムラインやエキスパートビュータイムラインに追加しない場合は、「タイムラインに追加」の選択を解除します。読み込まれたクリップはプロジェクトパネルにのみ追加されます。

  9. (オプション)選択したクリップを使用してインスタントムービーを作成するには、「インスタントムービーを作成」を選択します。

    インスタントムービーについて詳しくは、「インスタントムービーの作成」を参照してください。

  10. 取り込み」をクリックします。進行状況ダイアログボックスの「キャンセル」をクリックすると、いつでも処理を中止することができます。

注意:

追加したビデオの中でいくつか使用しないものがある場合は、プロジェクトのアセットパネルから不要なファイルを削除できます。パネルからビデオを削除しても、元の場所からビデオが削除されることはありません。サイズの大きい VOB ファイルがある場合は、不要なファイルの削除をお勧めします。

可変フレームレートフッテージが含まれるビデオ

モバイルデバイスからキャプチャされたビデオには可変フレームレート(VFR)が含まれる場合があります。その場合、再生中にビデオやオーディオが同期されないなどの問題が発生します。

Premiere Elements 2019 では、ビデオクリップのプロパティから VFR フッテージを検出します。クリップのプロパティを確認するには、ファイル/プロパティ情報/選択から選択します。または、プロジェクトアセットパネルでクリップを右クリックし、プロパティを選択します。

Premiere Elements 2019 は、VFR フッテージが含まれるオーディオやビデオを自動的に同期します。

Web カメラおよび WDM デバイスからのビデオのキャプチャ

Web カメラおよび WDM デバイス(Windows のみ)からライブビデオをキャプチャし、ハードドライブの指定した場所にビデオクリップをコピーすることができます。このオプションによって、キャプチャウィンドウが開きます。

また、「タイムラインにキャプチャ」チェックボックスをオンにして、タイムラインに直接クリップをキャプチャすることもできます。

キャプチャしたクリップは、「ファイルおよびフォルダーからのメディアの追加」の手順に従って、Adobe Premiere Elements に追加できます。

注意:

WDM デバイスからキャプチャする場合は、デバイスがシステムに接続されており、正常に動作していることを確認してください。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • Windows の場合は、メディアを追加Web カメラまたは WDM をクリックするか、ファイルメディアの追加Web カメラまたは WDM を選択します。
    • Mac OS の場合は、メディアを追加Web カメラをクリックするか、ファイルメディアの追加Web カメラを選択します。

    キャプチャ画面が表示されます。

  2. キャプチャするソースメニューで、ビデオクリップをキャプチャするデバイスを選択します。デバイスによってキャプチャされるビデオが、キャプチャするソースメニューの下のパネルに表示されます。

    注意:

    内蔵されているカメラの Web カメラフィードのムービーを使用して、フレームを抽出できます。

  3. キャプチャ」ボタンをクリックします。

  4. キャプチャしたビデオの名前を指定します。
  5. ビデオの保存先を指定するには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • ファイルを初期設定の Adobe フォルダーに保存するには、ダイアログボックスに表示されている場所をそのまま使用します。

    • 別の場所を指定するには、「保存先」テキストボックスの横のボタンをクリックしてフォルダーを選択します。または、「新規フォルダー」をクリックし、新しいフォルダーを作成して名前を入力します。

  6. メディアを追加」をクリックして、「ファイルとフォルダー」を選択します。
    また、「タイムラインにキャプチャ」チェックボックスをオンにして、タイムラインに直接クリップをキャプチャすることもできます。

  7. ビデオファイルの保存場所を参照し、これらのファイルをクイックビュータイムラインやエキスパートビュータイムラインに追加します。
    注意:

    ファイルエクスプローラーで保存したビデオファイルを探し、これらのファイルを Adobe Premiere Elements にドラッグすることもできます。

ダウンロード

ダウンロード

ダウンロード

ダウンロード

ダウンロード

ダウンロード

ダウンロード

ダウンロード

アドビのロゴ

アカウントにログイン