マニュアル キャンセル

クイックビュータイムラインでのクリップの並べ替え

  1. Adobe Premiere Elements ユーザーガイド
  2. Adobe Premiere Elements の概要
    1. Premiere Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Adobe Premiere Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    6. GPU アクセラレーションレンダリング
  3. ワークスペースとワークフロー
    1. ホーム画面について
    2. 自動作成されたコラージュ、スライドショーなどの表示と配信
    3. ワークスペースの基本
    4. 環境設定
    5. ツール
    6. キーボードショートカット
    7. オーディオ表示
    8. 変更の取り消し
    9. ショートカットのカスタマイズ
    10. スクラッチディスクの操作
  4. プロジェクトの操作
    1. プロジェクトの作成
    2. プロジェクト設定とプリセットの調整
    3. プロジェクトの保存とバックアップ
    4. ムービーのプレビュー
    5. ビデオコラージュの作成
    6. ハイライトリールの作成
    7. ビデオストーリーの作成
    8. インスタントムービーの作成
    9. クリップのプロパティの表示
    10. プロジェクトのファイルの表示
    11. プロジェクトのコピー
    12. GPU アクセラレーションレンダリング
  5. メディアの読み込みと追加
    1. メディアを追加
    2. ファイルを追加する際のガイドライン
    3. 読み込んだ静止画のデュレーションの設定
    4. 5.1 オーディオの読み込み
    5. オフラインファイルの操作
    6. Adobe Premiere Elements と Adobe Photoshop Elements でのファイルの共有
    7. 特殊なクリップの作成
    8. 縦横比とフィールドオプションの操作
  6. クリップの並べ替え
    1. エキスパートビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    2. クリップのグループ化、リンクおよび無効化
    3. クイックビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    4. クリップマーカーおよびタイムラインマーカーの操作
  7. クリップの編集
    1. ノイズを軽減
    2. 被写体の選択
    3. スナップ写真の場面
    4. カラーマッチ
    5. SmartTrim
    6. クリップの速度とデュレーションの変更
    7. クリップの分割
    8. フレームの保持
    9. 明るさ、コントラストおよびカラーの調整 - ガイド付き編集
    10. シェイクスタビライザーを使用したビデオフッテージのスタビタイズ
    11. フッテージの置き換え
    12. ソースクリップの操作
    13. 不要なフレームのトリミング - ガイド付き編集
    14. クリップのトリミング
    15. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    16. アート効果
  8. トランジションの適用
    1. トランジションの適用
    2. トランジションの基本
    3. トランジションの調整
    4. ビデオクリップ間のトランジションの追加 - ガイド付き編集
    5. 特殊なトランジションの作成
    6. ルミナンスフェードトランジションエフェクトの作成 - ガイド付き編集
  9. 特殊効果の基礎
    1. エフェクトの使用方法
    2. エフェクトの適用と削除
    3. カラーポップを使用した白黒ビデオの作成 - ガイド付き編集
    4. タイムリマップ - ガイド付き編集
    5. エフェクトの基本
    6. エフェクトプリセットの操作
    7. エフェクトの検索と整理
    8. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    9. フレームを埋める - ガイド付き編集
    10. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    11. タイムラプス動画を作成するためのベストプラクティス
  10. スペシャルエフェクトの適用
    1. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    2. 透明化とスーパーインポーズ
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの配置、スケール(拡大や縮小)および回転
    4. ビデオへのエフェクトマスキングの適用
    5. 色温度と色合いの調整
    6. 窓ガラス効果を作成 - ガイド付き編集
    7. ピクチャインピクチャオーバーレイの作成
    8. 調整レイヤーを使用したエフェクトの適用
    9. ムービーへのタイトルの追加
    10. かすみの除去
    11. ピクチャインピクチャの作成 - ガイド付き編集
    12. 周辺光量補正エフェクトの作成
    13. 明暗別色補正エフェクトの追加
    14. フィルムルックエフェクトの追加
    15. HSL チューナーエフェクトの追加
    16. フレームを埋める - ガイド付き編集
    17. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    18. アニメーション化された空 - ガイド付き編集
    19. 被写体の選択
    20. アニメーションマット - ガイド付き編集
    21. 二重露光 - ガイド付き編集
  11. 特殊オーディオ効果
    1. Adobe Premiere Elements を使用したオーディオのミックスとボリュームの調整
    2. オーディオ
    3. ビデオへのサウンドエフェクトの追加
    4. ビデオクリップへの音楽の追加
    5. ナレーションの作成
    6. サウンドトラックの使用
    7. 音楽リミックス
    8. ムービーへのナレーションの追加 - ガイド付き編集
    9. ムービーへのスコアの追加 - ガイド付き編集
  12. ムービータイトル
    1. タイトルの作成
    2. タイトルへの図形および画像の追加
    3. タイトルへのカラーとシャドウの追加
    4. テキストの編集と書式設定
    5. モーションタイトル
    6. タイトルの読み込みと書き出し
    7. タイトル内のオブジェクトの配置
    8. テレビ用タイトルの作成
    9. テキストとグラフィックへのスタイルの適用
    10. タイトル内へのビデオの追加
  13. ディスクメニュー
    1. ディスクメニューの作成
    2. メニューマーカーの使用
    3. ディスクの種類とメニューオプション
    4. メニューのプレビュー
  14. ムービーの共有と書き出し
    1. ビデオの書き出しと共有
    2. コンピューター再生の共有
    3. 圧縮とデータレートの基本
    4. 共有の一般設定

概要

クイックビューシーンラインでは、クリップをすばやく並べ替えてムービーを作成できます。クイックビューシーンラインでは、画像およびビデオクリップが個別のサムネールとして表示されます。クイックビューシーンラインを使用して、ビデオをトリミングしたり、ビデオクリップ、写真、タイトル、音楽などを組み合わせて、独自の作品を制作できます。キャプション、トランジションおよびスペシャルエフェクトをメディアに追加することもできます。

クイックビュータイムライン
クイックビューシーンライン

A. フリーズフレーム B. 右に回転 C. 削除 D. 描画 E. 再生コントロール F. オーディオプレビューコントロール G. プログラムモニター設定 H. フルスクリーンで再生 I. コンピューターからオーディオを追加 J. 音楽を追加 K. 詳細オプション(タイトルまたはメディアを追加) L. メディアを追加 M. トランジションを追加 N. 自動パンとズーム O. 画像のデュレーションを変更 P. ビデオクリップの編集 Q. 詳細オプション(ビデオ用) R. 詳細オプション(キャプション用) S. キャプションテキストを編集 T. キャプションのデュレーションを変更 

クイックビューシーンラインでアクセスできる主な機能を次に示します。

  • フリーズフレーム:シーンラインでメディアから特定のフレームを固定し、画像として保存します。フリーズフレームについて詳しくは、フレームの保持を参照してください。
  • レンダリング:シーンラインのメディアのレイヤーおよびエフェクトをレンダリングして、スムーズな再生を作成します。レンダリングについて詳しくは、プレビュー部分のレンダリングを参照してください。
  • オーディオプレビューコントロール/ボリュームスライダー:ムービーのプレビューのボリュームを調整します。
  • プログラムモニター設定
    • 再生画質:画質を自動、最高、中または最低に設定します。
    • 拡大:利用可能なパーセントのオプションに従ってプログラムモニターのサイズを変更します。
  • フルスクリーンで再生:フルスクリーンモードでメディアを再生します。
  • トランジションを追加:メディアの前後、または 2 つのメディアの間にトランジションエフェクトを追加します。各アイコンをクリックして、トランジションパネルからエフェクトを追加します。詳しくは、クイックビュータイムラインでのトランジションの適用を参照してください。
  • 詳細オプション(タイトルまたはメディアを追加)
    • タイトルを追加:クリックして、タイトルパネルからモーションタイトルを追加します。事前定義されたオプションからタイトルをドラッグして、シーンラインにドロップし、ムービーの作成を開始します。
    • メディアを追加:クリックして、次のオプションでシーンラインにメディアを追加します。
      • ファイルとフォルダー:コンピューターのハードドライブまたは他のストレージデバイスからメディアを追加します。
      • Elements Organizer:Elements Organizer のアルバムからメディアを追加します。

クイックビューシーンラインでのメディアのカスタマイズについて詳しくは、メディアのカスタマイズを参照してください。

クイックビュータイムラインでは、クリップをすばやく並べ替えてムービーを作成することができます。各クリップは、クリップ全体にわたる連続したフレームとして表示されます。スライダーを右に移動すると、ズームアウトして、ビデオ全体を表示できます。スライダーを左に移動すると、ズームインして、クリップを詳細に表示できます。クイックビュータイムラインには、次のトラックがあります。

  • タイトル:このトラックでクリップのタイトルを追加します。

  • ビデオ:このトラックでビデオを編集します。

  • サウンド: BGM などのサウンドを配置します。

  • ナレーション:このトラックにクリップのナレーションを追加します。

クイックビュータイムラインを使用すると、クリップをすばやく構成して、ムービーを作成することができます。時間インジケーターのはさみアイコンをクリックすると、クリップを分割し、不要部分を削除できます。また、アクションバーのパネルを使用して、タイトル、トランジション、特殊効果および音楽をクリップに追加することもできます。

クイックビュータイムライン

メディアのカスタマイズ

Premiere Elements 2019

次の操作をおこなって、クイックビューシーンラインのメディアをカスタマイズできます。

キャプションの追加

メディア(ビデオクリップまたは画像)にキャプションを追加できます。

  1. ビデオクリップまたは画像をクリックします。

    キャプションパネルとキャプションテキストを追加アイコンが表示されます。

    キャプションパネル
    キャプションパネルとキャプションテキストを追加アイコン

  2. キャプションテキストを追加アイコンをクリックします。

    メディアに「テキストを追加」テキストボックスが表示されます。キャプションパネルのキャプションテキストを追加アイコンがキャプションを編集アイコンに変わります。キャプションパネルには、キャプションのデュレーションを変更アイコンおよび詳細オプションアイコン も表示されます。

  3. メディアの「テキストを追加」テキストボックス内に、キャプションテキストを入力します。

    調整パネルが表示されます。

  4. 調整パネルから、次のタブでキャプションに対して調整を適用します。

    • テキスト:フォント、スタイル、サイズ、カラー、プロパティ、配置、モードなどを調整します。
    • スタイル:事前定義された様々なスタイルからスタイルを適用します。
    • アニメーション:アニメーションを適用するには、これをクリックしてから「適用」ボタンをクリックします。
    • 図形:図形、カラー、およびモードを適用します。
  5. キャプションを編集するには、キャプションを編集アイコンをクリックして、キャプションテキストを変更します。

    キャプションを編集アイコン
    キャプションを編集アイコン

  6. キャプションのデュレーションを変更するには、キャプションパネルのキャプションのデュレーションを変更アイコンをクリックします。

    キャプションのデュレーションを変更アイコン
    キャプションのデュレーションを変更アイコン

    クイックビューでは、メディアあたり 1 つのキャプションのみ許可されます。キャプションのデフォルトデュレーションは 5 秒です。メディアのデュレーションがキャプションのデフォルトデュレーション(5 秒)より長い場合、開始点スライダーが有効になります。開始点スライダーを移動して、キャプションの開始点を設定します。

  7. 詳細オプションを使用してキャプションをカスタマイズするには、キャプションパネルの をクリックします。詳しくは、詳細オプションの使用を参照してください。

トランジションの追加

クイックビューシーンラインで、トランジションを追加アイコンを使用して、メディアにトランジションエフェクトを追加できます。

  1. トランジションエフェクトを追加する場所に応じて、メディアの前または後ろ、または 2 つのメディアの間でトランジションを追加アイコンをクリックします。

    メディアの前、間、後ろのトランジションを追加アイコン

    トランジションパネルが画面の右側に開きます。

  2. トランジションパネルからトランジションをドラッグして、クイックビューシーンラインの適切なトランジションを追加アイコンの上にドロップします。

    トランジションをドラッグしている間、最も近くのトランジションを追加アイコンの色が緑色に変わります。トランジションをドロップすると、トランジションを追加アイコンの色がオレンジ色に変わります。また、トランジションの調整ダイアログボックスが開きます。

  3. トランジションの調整ダイアログボックスでは、次のことができます。

    • デュレーション」フィールドで、トランジションのデュレーション(秒)を設定します。デフォルトデュレーションは 1 秒です。
    • トランジションエフェクトを既に適用済みの場合に、削除アイコンをクリックして、トランジションエフェクトを削除します。
    • トランジションを置き換えアイコンをクリックして、現在のトランジションエフェクトを別のトランジションエフェクトに置き換えます。トランジションパネルが閉じられている場合は、開きます。
    トランジションを置き換えアイコン

    • 適用」をクリックして、トランジションの調整を適用します。
    • すべてに適用」をクリックして、クイックビューシーンラインのすべてのトランジションポイント(トランジションを追加アイコン)にトランジションの調整を適用します。

音楽の追加

クイックビューシーンラインで、コンピューターから、または Premiere Elements の音楽パネルから、カスタム音楽を追加できます。

  • カスタム音楽を追加:コンピューターからオーディオを追加アイコンをクリックし、コンピューターを参照して音楽ファイルを選択します。音楽ファイルがシーンラインに追加されます。
コンピューターからオーディオを追加アイコン
コンピューターからオーディオを追加アイコン

  • 音楽パネルから追加:「音楽を追加」ボタンをクリックします。音楽パネルから音楽スコアをドラッグして、シーンライン上にドロップします。
「音楽を追加」ボタン

音楽ファイルがシーンラインにダウンロードされたら、音楽ファイルの をクリックすることで、音楽をカスタマイズできます。詳しくは、詳細オプションの使用を参照してください。

詳細オプションの使用

メディア(ビデオクリップおよび画像)、メディアキャプションおよび音楽ファイルで詳細オプションアイコン を使用できます。

詳細オプションメニューを表示するには、 をクリックします。メニューには、次のオプションが表示されます。

  • フェードイン:選択して、フェードインエフェクトを適用します。
  • フェードアウト:選択して、フェードアウトエフェクトを適用します。
  • サウンド:(ビデオクリップおよび音楽ファイルでのみ使用可能)スライダーを使用してボリュームを調整します。
  • 削除:クリックして、特定のメディア、キャプションまたは音楽ファイルをシーンラインから削除します。
  • ムービーに合わせる:(音楽ファイルでのみ使用可能)音楽の長さを(トリミングまたは繰り返しモードで再生して)ムービーの長さに合わせます。

ビデオクリップの編集

ビデオクリップをクリックして、ビデオクリップを編集アイコンを表示します。

ビデオクリップを編集アイコン
ビデオクリップを編集アイコン

ビデオクリップを編集アイコンをクリックして、次のオプションを表示します。

画像へのパンとズームの適用

画像をクリックして、パンとズームを適用アイコンを表示します。

パンとズームを適用アイコン
パンとズームを適用アイコン

パンとズームを適用自動パンとズームを選択します。パンとズームが画像に自動的に適用されます。

画像のデュレーションの変更

画像をクリックして、画像のデュレーションを変更アイコンを表示します。

画像のデュレーションを変更アイコン
画像のデュレーションを変更アイコン

画像のデュレーションを変更アイコンをクリックして、次のオプションを表示します。

  • デュレーション:現在のデュレーションに従って、画像のデュレーションを変更します。最小デュレーション値は 1 秒です。最大デュレーション値は、画像の現在のデュレーションの倍です。例えば、現在のデュレーションが 5 秒の場合、10 秒まで増加できます。現在のデュレーションが 10 秒の場合、20 秒まで増加できます。
  • すべてに適用:この画像のデュレーションをシーンラインのすべての画像に適用します。

クリップの追加

クリップを、Windows エクスプローラー(Mac OS の場合は Finder)からクイックビューシーンラインに直接ドラッグします。また、メディアを追加パネルを使用して、様々なソースからクイックビューシーンラインにクリップを追加することもできます。

クリップを追加したら、クイックビューシーンラインを使用してこれらのクリップを並べ替えます。また、クリップを別のクリップの前にインサートしたり、インサートする前にクリップを分割したりすることができます。

クリップの配置

  1. クリップを、Windows エクスプローラー(Mac OS の場合は Finder)からクイックビューシーンラインにドラッグします。クイックビューシーンライン上でクリップをドラッグすると、緑色の縦線で、クリップを配置できるドロップゾーンが示されます。マウスポインターがインサートアイコンに変わったら、マウスボタンを放します。

  2. クリップを、Windows エクスプローラー(Mac OS の場合は Finder)からモニターパネルにドラッグします。クリップは、クイックビューシーンラインに自動的に配置されます。

別のクリップの前へのクリップのインサート

  1. クリップを、Windows エクスプローラー(Mac OS の場合は Finder)からクイックビューシーンラインのクリップに重なるようにドラッグします。

クリップをドロップすると、その下にあるクリップの前に新しいクリップが表示され、その後ろに続くクリップが右に移動します。

別のクリップの後へのクリップのインサート

  1. クイックビューシーンラインで、後ろに新しいクリップをインサートするクリップを選択します。

  2. クリップを、Windows エクスプローラー(Mac OS の場合は Finder)からモニターパネルまたはクイックビューシーンラインにドラッグします。

選択したクリップの右に新しいクリップが表示され、後ろに続くクリップが右に移動します。

クリップの移動

  1. クイックビューシーンラインの任意の位置にあるクリップを、別のクリップの前または後の位置にドラッグします。マウスポインターがインサートアイコンに変わったら、クリップをドロップゾーン(緑色の縦線で示される)に配置します。

  2. マウスボタンを放します。

    クリップが新しい場所に移動し、後ろに続くすべてのクリップシーケンスが右に移動します。

クリップのコピーとペースト

Premiere Elements 2019 では、ムービー内のクリップは、プロジェクト内でコピーおよびペースト操作を使用して並べ替えることができます。複数のクリップを同時にコピーおよびペーストできます。ペーストするクリップは、シーンラインの最後に追加されます。

Premiere Elements 2018 以前のリリースでは、クリップは、時間インジケーター位置のビデオ 1 またはオーディオ 1 トラックにペーストされます。ただし、複数のトラックにクリップを手動でコピーすることで、この動作を回避できます。クイックビュータイムラインでクリップをペーストしたとき、時間インジケーターはクリップの最後に移動されます。この機能により、連続したペースト操作が容易かつ効率的に実行できます。

  1. クイックビュータイムラインで、ムービーに含まれる 1 つまたは複数のクリップを選択します。リンククリップのオーディオまたはビデオだけを選択するには、Alt キーを押しながら目的のクリップをクリックします。

  2. 編集/コピーを選択します。

  3. クイックビュータイムラインで、ペーストする位置に時間インジケーターを移動し、次のいずれかの操作をおこないます。

    • クリップをオーバーレイしてトラック上の既存のフッテージを置き換えるには、編集/ペーストを選択します。
    • ペーストしたクリップをインサートして既存のフッテージを移動するには、編集/インサートペーストを選択します。
注意:

また、クリップの属性(モーション、不透明度、ボリューム、その他のエフェクト)をコピーして、別のクリップにペーストすることもできます。

ズームインまたはズームアウト

Premiere Elements 2018 以前のリリース

クイックビュータイムラインをズームインすると、時間インジケーターの周囲が拡大され、細かい部分を確認できるようになります。クリップを追加するときは、時間インジケーターではなくマウスポインターの周囲を拡大してズームインすることもできます。この方法を使用すれば、マウスボタンを放してインサートする前に、インサートしたい位置を正しく確認することができます。

これとは反対に、ズームアウトすると、クイックビュータイムラインの表示範囲が広くなり、ムービーの概要を視覚的に確認できます。

  1. クイックビュータイムラインで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • クリップを追加するときにズームインまたはズームアウトするには、クリップをクイックビュータイムラインにドラッグします。マウスボタンを押したまま、キーボードの等号(=)キーを押して表示倍率を大きくするか、マイナス(-)キーを押して小さくします。

    • クリップを追加するときにズームインまたはズームアウトするには、クリップをクイックビュータイムラインにドラッグします。マウスボタンを押したまま、セミコロン(;)キーを押すと、表示倍率が大きくなります。マイナス(-)キーを押すと、表示倍率が小さくなります。

    • クイックビュータイムラインをズームインするには、ズームスライダーを右方向にドラッグするか、ズームインボタンをクリックします。

    • クイックビュータイムラインをズームアウトするには、ズームスライダーを左方向にドラッグするか、ズームアウトボタンをクリックします。

    注意:

    クイックビュータイムラインでのムービー全体の表示と前のズームレベル設定とを切り替えるには、表示タイムラインに合わせるアイコンをクリックします。または、バックスラッシュ(\)キーを押します。バックスラッシュ(\)キーを押す前に、クイックビュータイムラインがアクティブであることを確認してください。(テンキーではなく)キーボードの等号(=)キーまたはマイナス(-)キーを押してズームインおよびズームアウトすることもできます。

    注意:

    ムービー全体がクイックビュータイムラインに表示されるようにズームアウトするには、円記号(¥)キーを押します。円記号(¥)キーを押す前に、クイックビュータイムラインがアクティブであることを確認してください。

    注意:

    クイックビュータイムラインのズームインおよびズームアウトの手順は、エキスパートビュータイムラインにも該当します。

クリップの削除

Premiere Elements 2018 以前のリリース

  1. クイックビュータイムラインでクリップを選択します。
  2. クリップを右クリック(Mac OS では Control キーを押しながらクリック)して、次のいずれかを選択します。

    削除し間隔を詰める

    クリップを削除し、1 つまたは複数のクリップの位置を調整して間隔を詰めます。

    オーディオを削除

    ムービーからオーディオを削除します。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン