オーディオサウンドトラックの追加

サウンドトラックトラックにオーディオクリップを追加して、ビデオクリップに含まれているサウンドや録音したナレーションを補足することができます。このトラックは、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインに表示されます。エキスパートビュータイムラインのオーディオ部分を下にスクロールしないとサウンドトラックが表示されないことがあります。通常は、BGM や環境音が含まれているクリップを追加します。

  1. 必要に応じて、目的のオーディオファイルをプロジェクトに追加します。

    注意:

    自分が著作権を保有しているファイル、または著作権保有者から使用許可を得たファイルのみを使用してください。

  2. アクションバーの「音楽」をクリックし、音楽パネルを表示します。
  3. オーディオクリップを、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインのサウンドトラックトラックにドラッグし、オーディオクリップを開始させる位置でドロップします。

    注意:

    プロジェクトのアセットパネルを使用して、オーディオクリップをエキスパートビュータイムラインにドラッグすることもできます。

    au_add_audio_aa
    オーディオクリップをエキスパートビュータイムラインのサウンドトラックトラックに追加

サウンドトラックのプレビュー

サウンドトラックをプレビューして、サウンドトラックが意図したとおりにビデオに対応していることを確認できます。

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、サウンドトラックトラックのオーディオクリップを選択します(オーディオトラックを下にスクロールしないとサウンドトラックが表示されないこともあります)。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • モニターパネルで再生ボタンをクリックします。

    • スペースバーを押します。

    Premiere Elements では、サウンドトラックオーディオクリップを、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでその上に位置する任意のオーディオおよびビデオクリップと共にプレビューできます。

  3. プレビューを停止するには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • モニターパネルで一時停止ボタンをクリックします。

    • スペースバーを押します。

サウンドトラックのビートマーカーの作成

サウンドトラックでビートが最も強調される部分にスナップマーカーを作成することができます。エキスパートビュータイムラインでオーディオクリップを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)すると表示される、コンテキストメニューの「ビート検出」オプションを使用します。クリップをトリミングしたり、マーカーに追加したりできます。エキスパートビュータイムラインでクリップをドラッグまたはトリミングすると、クリップのインポイントまたはアウトポイントが最も近いビートマーカーにスナップされます。

ビートマーカーは、ビートトラックという独立した領域に青い線で表示されます。ビートトラックを表示するには、ムービーに少なくとも 1 つのビートマーカーが必要です。ビートトラックにはメディアを追加できません。

  1. オーディオクリップ、またはオーディオを含むビデオクリップを、エキスパートビュータイムラインのサウンドトラックに追加します。
  2. オーディオクリップを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)し、コンテキストメニューの「ビート検出」オプションを選択します。
  3. ビート検出の設定ダイアログボックスで、必要に応じて設定を指定して、「OK」をクリックします。ビート検出の設定ダイアログボックスの電球アイコン の横に、それぞれのオプションの説明が表示されます。

    サウンドトラックのビートに対応して、エキスパートビュータイムラインにビートマーカーが表示されます。

  4. ビートマーカーを手動で追加するには、エキスパートビュータイムラインのタイムラインルーラーでマーカーを追加する位置を右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)し、「ビートマーカーを設定」を選択します。
  5. ビートマーカーを削除するには、エキスパートビュータイムラインのタイムラインルーラーでマーカーを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)し、「ビートマーカーを消去」を選択します。すべてのビートマーカーを削除するには、タイムラインルーラーを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)し、「すべてのビートマーカーを消去」を選択します。
  6. 別のビートマーカーへ移動するには、タイムラインルーラーを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して、ビートマーカーへ移動/次へ、またはビートマーカーへ移動/前へを選択します。

初めて SmartSound を使用する場合は、インターネットに接続していることを確認してください。SmartSound オプションを選択すると、SmartSound からのオーディオファイルがバックグラウンドでダウンロードされます。このプロセスには数分かかることがあります。

インターネットに接続していない場合は、インストールできません。インターネットに接続した状態で再度インストールしてください。

  1. エキスパートビュータイムラインの音楽パネルから、「SmartSound を使用」をクリックします。

  2. Sonicfire Pro Plug-In ダイアログが表示されます。初めてダイアログを表示するとき、多少時間がかかる場合があります。「Cancel」をクリックしないでください。

    SmartSound Express Track ダイアログでは、青いアイコンの付いたファイルが無料で使用できるファイルです。アプリケーションの左上にある SmartSound Store のチェックを外すと、これらのファイルを表示できます。

    au_smartsound_express
    SmartSound Express Track ダイアログ

    最初のインストール以降 SmartSound を使用する場合には、最新のアップデートを通知するダイアログが表示されます。プラグインをアップデートするには「Update Now」をクリックします。後でアップデートをインストールする場合は「Update Later」をクリックします。これらのアップデートは、Adobe Premiere Elements で SmartSound を使用するために必要なものではありません。

  3. Adobe Premiere Elements で使用するファイルを選択します。サウンドをプレビューするには、再生ボタンをクリックします。

  4. ファイルをプロジェクのアセットパネルに書き出すには、「Send」をクリックします。ドロップダウンメニューをクリックしないでください。

    Adobe Premiere Elements に戻り、ファイルがプロジェクトのアセットパネルに追加されていることを確認します。

  5. ファイルは Adobe Premiere Elements で扱うその他のサウンドファイルと同様に使用できます。

SmartSound からさらにファイルを読み込むには、音楽パネルから「SmartSound を使用」をクリックして、上記の手順を再度実行します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー