マニュアル キャンセル

サウンドトラックの使用

  1. Adobe Premiere Elements ユーザーガイド
  2. Adobe Premiere Elements の概要
    1. Premiere Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Adobe Premiere Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    6. GPU アクセラレーションレンダリング
  3. ワークスペースとワークフロー
    1. ホーム画面について
    2. 自動作成されたコラージュ、スライドショーなどの表示と配信
    3. ワークスペースの基本
    4. 環境設定
    5. ツール
    6. キーボードショートカット
    7. オーディオ表示
    8. 変更の取り消し
    9. ショートカットのカスタマイズ
    10. スクラッチディスクの操作
  4. プロジェクトの操作
    1. プロジェクトの作成
    2. プロジェクト設定とプリセットの調整
    3. プロジェクトの保存とバックアップ
    4. ムービーのプレビュー
    5. ビデオコラージュの作成
    6. ハイライトリールの作成
    7. ビデオストーリーの作成
    8. インスタントムービーの作成
    9. クリップのプロパティの表示
    10. プロジェクトのファイルの表示
    11. プロジェクトのコピー
    12. GPU アクセラレーションレンダリング
  5. メディアの読み込みと追加
    1. メディアを追加
    2. ファイルを追加する際のガイドライン
    3. 読み込んだ静止画のデュレーションの設定
    4. 5.1 オーディオの読み込み
    5. オフラインファイルの操作
    6. Adobe Premiere Elements と Adobe Photoshop Elements でのファイルの共有
    7. 特殊なクリップの作成
    8. 縦横比とフィールドオプションの操作
  6. クリップの並べ替え
    1. エキスパートビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    2. クリップのグループ化、リンクおよび無効化
    3. クイックビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    4. クリップマーカーおよびタイムラインマーカーの操作
  7. クリップの編集
    1. ノイズを軽減
    2. 被写体の選択
    3. スナップ写真の場面
    4. カラーマッチ
    5. SmartTrim
    6. クリップの速度とデュレーションの変更
    7. クリップの分割
    8. フレームの保持
    9. 明るさ、コントラストおよびカラーの調整 - ガイド付き編集
    10. シェイクスタビライザーを使用したビデオフッテージのスタビタイズ
    11. フッテージの置き換え
    12. ソースクリップの操作
    13. 不要なフレームのトリミング - ガイド付き編集
    14. クリップのトリミング
    15. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    16. アート効果
  8. トランジションの適用
    1. トランジションの適用
    2. トランジションの基本
    3. トランジションの調整
    4. ビデオクリップ間のトランジションの追加 - ガイド付き編集
    5. 特殊なトランジションの作成
    6. ルミナンスフェードトランジションエフェクトの作成 - ガイド付き編集
  9. 特殊効果の基礎
    1. エフェクトの使用方法
    2. エフェクトの適用と削除
    3. カラーポップを使用した白黒ビデオの作成 - ガイド付き編集
    4. タイムリマップ - ガイド付き編集
    5. エフェクトの基本
    6. エフェクトプリセットの操作
    7. エフェクトの検索と整理
    8. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    9. フレームを埋める - ガイド付き編集
    10. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    11. タイムラプス動画を作成するためのベストプラクティス
  10. スペシャルエフェクトの適用
    1. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    2. 透明化とスーパーインポーズ
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの配置、スケール(拡大や縮小)および回転
    4. ビデオへのエフェクトマスキングの適用
    5. 色温度と色合いの調整
    6. 窓ガラス効果を作成 - ガイド付き編集
    7. ピクチャインピクチャオーバーレイの作成
    8. 調整レイヤーを使用したエフェクトの適用
    9. ムービーへのタイトルの追加
    10. かすみの除去
    11. ピクチャインピクチャの作成 - ガイド付き編集
    12. 周辺光量補正エフェクトの作成
    13. 明暗別色補正エフェクトの追加
    14. フィルムルックエフェクトの追加
    15. HSL チューナーエフェクトの追加
    16. フレームを埋める - ガイド付き編集
    17. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    18. アニメーション化された空 - ガイド付き編集
    19. 被写体の選択
    20. アニメーションマット - ガイド付き編集
    21. 二重露光 - ガイド付き編集
  11. 特殊オーディオ効果
    1. Adobe Premiere Elements を使用したオーディオのミックスとボリュームの調整
    2. オーディオ
    3. ビデオへのサウンドエフェクトの追加
    4. ビデオクリップへの音楽の追加
    5. ナレーションの作成
    6. サウンドトラックの使用
    7. 音楽リミックス
    8. ムービーへのナレーションの追加 - ガイド付き編集
    9. ムービーへのスコアの追加 - ガイド付き編集
  12. ムービータイトル
    1. タイトルの作成
    2. タイトルへの図形および画像の追加
    3. タイトルへのカラーとシャドウの追加
    4. テキストの編集と書式設定
    5. モーションタイトル
    6. タイトルの読み込みと書き出し
    7. タイトル内のオブジェクトの配置
    8. テレビ用タイトルの作成
    9. テキストとグラフィックへのスタイルの適用
    10. タイトル内へのビデオの追加
  13. ディスクメニュー
    1. ディスクメニューの作成
    2. メニューマーカーの使用
    3. ディスクの種類とメニューオプション
    4. メニューのプレビュー
  14. ムービーの共有と書き出し
    1. ビデオの書き出しと共有
    2. コンピューター再生の共有
    3. 圧縮とデータレートの基本
    4. 共有の一般設定

オーディオサウンドトラックの追加

サウンドトラックトラックにオーディオクリップを追加して、ビデオクリップに含まれているサウンドや録音したナレーションを補足することができます。このトラックは、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインに表示されます。エキスパートビュータイムラインのオーディオ部分を下にスクロールしないとサウンドトラックが表示されないことがあります。通常は、BGM や環境音が含まれているクリップを追加します。

  1. 必要に応じて、目的のオーディオファイルをプロジェクトに追加します。
    注意:

    自分が著作権を保有しているファイル、または著作権保有者から使用許可を得たファイルのみを使用してください。

  2. アクションバーの「音楽」をクリックし、音楽パネルを表示します。
  3. オーディオクリップを、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインのサウンドトラックトラックにドラッグし、オーディオクリップを開始させる位置でドロップします。
    注意:

    プロジェクトのアセットパネルを使用して、オーディオクリップをエキスパートビュータイムラインにドラッグすることもできます。

    オーディオクリップをエキスパートビュータイムラインのサウンドトラックトラックに追加

サウンドトラックのプレビュー

サウンドトラックをプレビューして、サウンドトラックが意図したとおりにビデオに対応していることを確認できます。

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、サウンドトラックトラックのオーディオクリップを選択します(オーディオトラックを下にスクロールしないとサウンドトラックが表示されないこともあります)。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • モニターパネルで再生ボタンをクリックします。

    • スペースバーを押します。

    Premiere Elements では、サウンドトラックオーディオクリップを、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでその上に位置する任意のオーディオおよびビデオクリップと共にプレビューできます。

  3. プレビューを停止するには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • モニターパネルで一時停止ボタンをクリックします。

    • スペースバーを押します。

サウンドトラックのビートマーカーの作成

サウンドトラックでビートが最も強調される部分にスナップマーカーを作成することができます。エキスパートビュータイムラインでオーディオクリップを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)すると表示される、コンテキストメニューの「ビート検出」オプションを使用します。クリップをトリミングしたり、マーカーに追加したりできます。エキスパートビュータイムラインでクリップをドラッグまたはトリミングすると、クリップのインポイントまたはアウトポイントが最も近いビートマーカーにスナップされます。

ビートマーカーは、ビートトラックという独立した領域に青い線で表示されます。ビートトラックを表示するには、ムービーに少なくとも 1 つのビートマーカーが必要です。ビートトラックにはメディアを追加できません。

  1. オーディオクリップ、またはオーディオを含むビデオクリップを、エキスパートビュータイムラインのサウンドトラックに追加します。
  2. オーディオクリップを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)し、コンテキストメニューの「ビート検出」オプションを選択します。
  3. ビート検出の設定ダイアログボックスで、必要に応じて設定を指定して、「OK」をクリックします。ビート検出の設定ダイアログボックスの電球アイコン の横に、それぞれのオプションの説明が表示されます。

    サウンドトラックのビートに対応して、エキスパートビュータイムラインにビートマーカーが表示されます。

  4. ビートマーカーを手動で追加するには、エキスパートビュータイムラインのタイムラインルーラーでマーカーを追加する位置を右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)し、「ビートマーカーを設定」を選択します。
  5. ビートマーカーを削除するには、エキスパートビュータイムラインのタイムラインルーラーでマーカーを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)し、「ビートマーカーを消去」を選択します。すべてのビートマーカーを削除するには、タイムラインルーラーを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)し、「すべてのビートマーカーを消去」を選択します。
  6. 別のビートマーカーへ移動するには、タイムラインルーラーを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して、ビートマーカーへ移動/次へ、またはビートマーカーへ移動/前へを選択します。

初めて SmartSound を使用する場合は、インターネットに接続していることを確認してください。SmartSound オプションを選択すると、SmartSound からのオーディオファイルがバックグラウンドでダウンロードされます。このプロセスには数分かかることがあります。

インターネットに接続していない場合は、インストールできません。インターネットに接続した状態で再度インストールしてください。

  1. エキスパートビュータイムラインの音楽パネルから、「SmartSound を使用」をクリックします。

  2. Sonicfire Pro Plug-In ダイアログが表示されます。初めてダイアログを表示するとき、多少時間がかかる場合があります。「Cancel」をクリックしないでください。

    SmartSound Express Track ダイアログでは、青いアイコンの付いたファイルが無料で使用できるファイルです。アプリケーションの左上にある SmartSound Store のチェックを外すと、これらのファイルを表示できます。

    SmartSound Express Track ダイアログ

    最初のインストール以降 SmartSound を使用する場合には、最新のアップデートを通知するダイアログが表示されます。プラグインをアップデートするには「Update Now」をクリックします。後でアップデートをインストールする場合は「Update Later」をクリックします。これらのアップデートは、Adobe Premiere Elements で SmartSound を使用するために必要なものではありません。

  3. Adobe Premiere Elements で使用するファイルを選択します。サウンドをプレビューするには、再生ボタンをクリックします。

  4. ファイルをプロジェクのアセットパネルに書き出すには、「Send」をクリックします。ドロップダウンメニューをクリックしないでください。

    Adobe Premiere Elements に戻り、ファイルがプロジェクトのアセットパネルに追加されていることを確認します。

  5. ファイルは Adobe Premiere Elements で扱うその他のサウンドファイルと同様に使用できます。

SmartSound からさらにファイルを読み込むには、音楽パネルから「SmartSound を使用」をクリックして、上記の手順を再度実行します。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合