ガイドモードには、組み込みのガイド付き編集のセットが用意されています。ガイド付き編集では、特定の編集作業を実行するための一連の手順を順番にガイドします。この機能によって、Adobe Premiere Elements の操作方法を簡単に学習し、ビデオクリップを使用して、本格的な編集を加えたムービーを作成できます。

他のガイド付き編集について詳しくは、ガイドモードを参照してください。

注意:60 FPS 以上のビデオクリップを使用することをお勧めします。60 FPS 未満のビデオクリップを使用すると、ビデオが滑らかに再生されない可能性があります。

スロー/高速モーションエフェクトの追加

このガイド付き編集は、スローモーションエフェクトを使用してビデオを強化する方法に関するチュートリアルです。

スローモーションエフェクトを使用したビデオを作成するには、次の手順に従います。

1. 「メディアを追加」をクリックして、編集するビデオクリップを読み込みます。
    ビデオクリップが既にタイムラインに存在している場合は、この手順を無視してください。

2. メディアを読み込むオプションを選択し、クリップを選択します。

3. ガイド/スロー / 高速モーションエフェクトを作成をクリックします。

slomo

ガイド付き編集のメッセージが表示されます。情報ウィンドウの展開/折りたたみを切り替えることができます。「次へ」をクリックして、ガイド付き編集の次の手順に進みます。

4. アクションバーの「ツール」をクリックし、ツールパネルのタイムリマップツールを選択します。

5. クリップの速度を変更する場所に時間インジケーターを動かします。

6. アクションバーの「タイムゾーンを追加」をクリックします。

7. ゾーンのスライド上のハンドルをドラッグして、タイムゾーンの選択を調整します。

timezone

8. スライダーを動かして、再生速度を選択します。速度を上げるか下げるかを選択できます。必要に応じて、イーズインおよびイーズアウトオプションを選択します。

PlaySpeed

9. 「完了」をクリックして、タイムリマップを使用したビデオを視聴します。

注意:タイムリマップエフェクトは、オーディオが同じ速度で再生されるビデオにのみ適用されます。そのため、クリップの速度を大きく変更すると、オーディオが同期しなくなる可能性があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー