プロジェクトのアセットパネルの概要

プロジェクトのアセットパネルを使用して、プロジェクトのソース素材をプレビューすることができます。エキスパートビューを選択し、「プロジェクトのアセット」をクリックします。

リスト表示またはグリッド表示を使用してプロジェクトの内容を表示できます。表示を切り替えるには、パネルオプションのメニューを使用します。

グリッド表示には、プロジェクトに読み込んだビデオのスナップショットが表示されます。プロジェクトのアセットパネルでは、エキスパートビュータイムラインで使用するファイルが緑色のアイコンで表示されます。パネル内のファイルを検索するには、検索ボックスを使用します。

メディア項目の表示および配置

プロジェクトのアセットパネルでは、リスト表示で項目を表示することができます。リスト表示では、複数の項目が一覧表の形式で表示され、メディアタイプやデュレーションなどのプロパティを基準にして各項目を検索したり並べ替えたりすることができます。

  • リスト表示で項目を並べ替えるには、並べ替えの基準となる列見出しをクリックします(例えば、「メディアタイプ」をクリックすると、項目がメディアタイプ別に並べ替えられます)。フォルダーが展開されている場合、各項目はプロジェクトのアセットパネルでの階層に従い、最上層から下層に向かって並べ替えられます。並べ替えの順序を逆にするには、列見出しを再度クリックします。
  • リスト表示で画面に入りきらない列見出しを表示するには、プロジェクトのアセットパネルの右側を右にドラッグします。または、パネルの一番下にあるスクロールバーを右にドラッグします。

フォルダーのクリップの整理

プロジェクトのアセットパネルにはフォルダーを含めることができ、このフォルダーでプロジェクトのコンテンツを整理することができます。フォルダーには、メディアファイルやサブフォルダーを含めることができます。フォルダーを使用してメディアタイプ(静止画、オーディオファイル、ビデオクリップなど)を整理することを検討してください。

  1. プロジェクトのアセットパネルで、次のいずれかの操作をおこないます。

    注意:

    プロジェクトのアセットパネルにアクセスするには、エキスパートビューで「プロジェクトのアセット」を選択します。

    • フォルダーを追加するには、プロジェクトのアセットパネルの下部にある新規フォルダーアイコンをクリックします。リスト表示の場合、新規フォルダーアイコンを続けてクリックすると、それぞれの新規フォルダーは、直前に作成された新規フォルダーの中に作成されます。

    • 項目をフォルダーに移動するには、その項目をフォルダーアイコンにドラッグします。フォルダーをほかのフォルダーに移動すると、それらのフォルダーをネストさせることができます。

    • フォルダーの内容を表示するには、フォルダーをダブルクリックします。または、リスト表示で、フォルダーアイコンの横にある右向き三角形をクリックして、フォルダーを展開します。

    • 親フォルダーに移動するには、該当するアイコンをクリックします。このボタンを押し続けると、現在リスト表示されているフォルダーの上にあるすべてのフォルダーのリストを表示できます。また、特定のフォルダーをハイライト表示させた状態でマウスボタンを放すと、そのフォルダーにジャンプできます。

プロジェクト内のソースファイルの名前の変更

  • クリップの名前を変更するには、そのクリップを選択し、クリップ/名前の変更を選択して、新しい名前を入力してから Enter キーを押します(名前の変更はプロジェクトで使用される参照情報にのみ反映されます。プロジェクトワークスペースおよびコンピューターの元のソースファイル名は変更されません)。
  • 元のソースファイルの名前を変更するには、その前に Adobe Premiere Elements を閉じてください。次回プロジェクトを開いたときに、Adobe Premiere Elements によって、ファイルの場所を問い合わせるメッセージが表示されます。

    ヒント:選択したクリップの名前を変更する方法はほかにもあります。例えば、名前を 1 回クリックしてテキストを選択し、新しい名前を入力して Enter キーを押します。

プロジェクトの項目の検索

  1. エキスパートビュータイムラインで項目を右クリックし、「プロジェクトウィンドウで表示」を選択します。

    ハードディスク上の項目を検索するには、クリップを右クリックし、プロパティを選択し、プロパティパネルの上部に表示されるファイルパスをメモしてから検索に利用してください。

見つからないプロジェクト用ファイルの検索

Premiere Elements プロジェクトには、元のソースファイルは格納されません。各ソースファイルを読み込んだときのファイル名と場所の情報のみが参照されます。そのため、コンピューターからソースファイルを移動したり、名前を変更したり、削除を行うと、そのプロジェクトを次回開いたときに、「ファイル「XXXX」はどこにありますか?」というダイアログボックスが表示されます。

プロジェクトは、ソースファイルとともにプレビューファイルも参照します。プレビューファイルを使用すると、処理時間のかかるレンダリングを行わなくても、エフェクトをリアルタイムでプレビューすることができます。プレビューファイルは、必要に応じて作成し直すことができます。

注意:

ムービーが完成した後、再使用する予定のないソースファイルは削除できます。作成後にムービーの再編集を予定している場合は、ソースファイルを削除する前に「プロジェクトのコピー」を使用してプロジェクトを保存します。

  1. 「ファイル 'XXXX' はどこにありますか?」ダイアログボックスで、次のいずれかのオプションを選択します。

    名前が完全に一致するものだけを表示

    プロジェクトを最後に保存したときに参照していたソースファイル名と完全に一致するファイルだけを表示します。ファイル名が変更されていることがわかっている場合は、このオプションの選択を解除します。

    選択

    見つからないファイルを、オリジナルのファイルまたは置き換え用のファイルで置き換えます。

    検索

    Windows XP の検索機能を呼び出します。

    プレビューをスキップ

    見つからないプレビューファイルを無視して、検索のメッセージが表示されないようにします。

    スキップ

    見つからないファイルをオフラインファイルで置き換えます。オフラインファイルは、プロジェクトのアセットパネルおよびエキスパートビュータイムラインで、関連するクリップの代わりとして使用されます。

    すべてスキップ

    見つからないすべてのクリップをオフラインファイルで置き換えます。確認のメッセージはこれ以上表示されません。

クリップの削除

Adobe Premiere Elements はプロジェクトにメディアファイルを保存しないので、プロジェクトからクリップを削除すると、ムービーからすべてのインスタンスが削除されますが、Adobe Premiere Elements はクリップのソースファイルをコンピューターから削除しません。ディスク容量を増やしたい場合は、ソースファイルを削除します。

メディアファイルをプロジェクトワークスペースから削除するには、次のいずれかの操作をおこないます。

  • パネルでファイルを選択し、削除アイコンをクリックします。
  • エキスパートビュータイムラインでファイルを右クリック(Mac OS では Control キーを押しながらクリック)し、「削除」を選択します。また、ファイルを選択して Delete キーを押すことでも削除できます。ファイルは Elements Organizer から削除されますが、ハードディスクからは削除されません。

    ヒント:プロジェクトで使用していない項目を確認するには、リスト表示の「ビデオの使用回数」と「オーディオの使用回数」の列を参照してください。これらの項目を表示するには、右にスクロールします。緑色のチェックマーク(リスト表示)および緑色のドット(グリッド表示)は、そのアセットがプロジェクトで使用されていることを示します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー