マニュアル キャンセル

クリップへのトランジションの適用

  1. Adobe Premiere Elements ユーザーガイド
  2. Adobe Premiere Elements の概要
    1. Premiere Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Adobe Premiere Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    6. GPU アクセラレーションレンダリング
  3. ワークスペースとワークフロー
    1. ホーム画面について
    2. 自動作成されたコラージュ、スライドショーなどの表示と配信
    3. ワークスペースの基本
    4. 環境設定
    5. ツール
    6. キーボードショートカット
    7. オーディオ表示
    8. 変更の取り消し
    9. ショートカットのカスタマイズ
    10. スクラッチディスクの操作
  4. プロジェクトの操作
    1. プロジェクトの作成
    2. プロジェクト設定とプリセットの調整
    3. プロジェクトの保存とバックアップ
    4. ムービーのプレビュー
    5. ビデオコラージュの作成
    6. ビデオストーリーの作成
    7. インスタントムービーの作成
    8. クリップのプロパティの表示
    9. プロジェクトのファイルの表示
    10. プロジェクトのコピー
    11. GPU アクセラレーションレンダリング
  5. メディアの読み込みと追加
    1. メディアを追加
    2. ファイルを追加する際のガイドライン
    3. 読み込んだ静止画のデュレーションの設定
    4. 5.1 オーディオの読み込み
    5. オフラインファイルの操作
    6. Adobe Premiere Elements と Adobe Photoshop Elements でのファイルの共有
    7. 特殊なクリップの作成
    8. 縦横比とフィールドオプションの操作
  6. クリップの並べ替え
    1. エキスパートビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    2. クリップのグループ化、リンクおよび無効化
    3. クイックビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    4. クリップマーカーおよびタイムラインマーカーの操作
  7. クリップの編集
    1. ノイズを軽減
    2. 被写体の選択
    3. スナップ写真の場面
    4. SmartTrim
    5. クリップの速度とデュレーションの変更
    6. クリップの分割
    7. フレームの保持
    8. 明るさ、コントラストおよびカラーの調整 - ガイド付き編集
    9. シェイクスタビライザーを使用したビデオフッテージのスタビタイズ
    10. フッテージの置き換え
    11. ソースクリップの操作
    12. 不要なフレームのトリミング - ガイド付き編集
    13. クリップのトリミング
    14. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    15. アート効果
  8. トランジションの適用
    1. トランジションの適用
    2. トランジションの基本
    3. トランジションの調整
    4. ビデオクリップ間のトランジションの追加 - ガイド付き編集
    5. 特殊なトランジションの作成
    6. ルミナンスフェードトランジションエフェクトの作成 - ガイド付き編集
  9. 特殊効果の基礎
    1. エフェクトの使用方法
    2. エフェクトの適用と削除
    3. カラーポップを使用した白黒ビデオの作成 - ガイド付き編集
    4. タイムリマップ - ガイド付き編集
    5. エフェクトの基本
    6. エフェクトプリセットの操作
    7. エフェクトの検索と整理
    8. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    9. フレームを埋める - ガイド付き編集
    10. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    11. タイムラプス動画を作成するためのベストプラクティス
  10. スペシャルエフェクトの適用
    1. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    2. 透明化とスーパーインポーズ
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの配置、スケール(拡大や縮小)および回転
    4. ビデオへのエフェクトマスキングの適用
    5. 色温度と色合いの調整
    6. 窓ガラス効果を作成 - ガイド付き編集
    7. ピクチャインピクチャオーバーレイの作成
    8. 調整レイヤーを使用したエフェクトの適用
    9. ムービーへのタイトルの追加
    10. かすみの除去
    11. ピクチャインピクチャの作成 - ガイド付き編集
    12. 周辺光量補正エフェクトの作成
    13. 明暗別色補正エフェクトの追加
    14. フィルムルックエフェクトの追加
    15. HSL チューナーエフェクトの追加
    16. フレームを埋める - ガイド付き編集
    17. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    18. アニメーション化された空 - ガイド付き編集
    19. 被写体の選択
    20. アニメーションマット - ガイド付き編集
    21. 二重露光 - ガイド付き編集
  11. 特殊オーディオ効果
    1. Adobe Premiere Elements を使用したオーディオのミックスとボリュームの調整
    2. ビデオへのサウンドエフェクトの追加
    3. ビデオクリップへの音楽の追加
    4. ナレーションの作成
    5. サウンドトラックの使用
    6. 音楽リミックス
    7. ムービーへのナレーションの追加 - ガイド付き編集
    8. ムービーへのスコアの追加 - ガイド付き編集
  12. ムービータイトル
    1. タイトルの作成
    2. タイトルへの図形および画像の追加
    3. タイトルへのカラーとシャドウの追加
    4. テキストの編集と書式設定
    5. モーションタイトル
    6. タイトルの読み込みと書き出し
    7. タイトル内のオブジェクトの配置
    8. テレビ用タイトルの作成
    9. テキストとグラフィックへのスタイルの適用
    10. タイトル内へのビデオの追加
  13. ディスクメニュー
    1. ディスクメニューの作成
    2. メニューマーカーの使用
    3. ディスクの種類とメニューオプション
    4. メニューのプレビュー
  14. ムービーの共有と書き出し
    1. ビデオの書き出しと共有
    2. コンピューター再生の共有
    3. 圧縮とデータレートの基本
    4. 共有の一般設定

使用できるトランジションのプレビュー

使用できるトランジションは、トランジションパネル(アクションバーで「トランジション」をクリックして表示)でアクセスできます。

クイックビュー:使用できるすべてのトランジションがトランジションパネルでサムネール表示されます。クイックビューには、エキスパートビューで利用可能なトランジションのサブセットが含まれています。

エキスパートビュー:トランジションが複数のカテゴリに分かれています。カテゴリメニューから「ディゾルブ」などのトランジションの種類を選択することで、トランジション検索を絞り込むことができます。また、検索ボックスに名前を入力してトランジションを検索することもできます。エキスパートビューには、クイックビューよりも多くのトランジションが含まれます。

ビデオトランジションには、クリップへの効果を表すアニメーションサムネールのプレビューが表示されます。トランジションを選択すると、サムネールがアニメートされます。アニメーションサムネールトランジションは、クリップに適用しなくても、トランジションパネルでプレビューできます。

トランジションパネル

注意:

Adobe Premiere Elements には、コンスタントパワーとコンスタントゲインの 2 つのオーディオトランジションがあり、これらはクロスフェードフォルダーに含まれています。どちらもフェードエフェクトを付加できますが、その効果は多少異なります。コンスタントパワーは、よりスムーズなサウンドフェードを付加します。コンスタントゲインは、数値的には一定の比率で小さくなりますが、実際に聞こえる音としては急激に小さくなるフェードを付加します。

  1. クイックビューまたはエキスパートビューで、アクションバーの「トランジション」をクリックします。トランジションパネルが表示されます。

  2. 任意のビデオトランジションのサムネールをクリックすると、トランジションの効果を確認することができます。

初期設定のトランジションの指定

初期設定のトランジションは、作成したスライドショーおよび Adobe® Photoshop® Elements から読み込んだファイルに使用されます。また、DVD メニュー用に作成した動画背景にも使用されます。初期設定のトランジションは、ビデオまたは静止画の場合はクロスディゾルブ、オーディオの場合はコンスタントパワーです。ただし、これらの初期設定は変更することができます。

  1. クイックビューまたはエキスパートビューで、アクションバーの「トランジション」をクリックします。トランジションパネルが表示されます。
  2. 初期設定のトランジションとして設定したいトランジションを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)し、「選択したトランジションをデフォルトに設定」を選択します(デフォルトのトランジションのアイコンは、グレーの枠付きで表示されます)。

クイックビュータイムラインでのトランジションの適用

クイックビュータイムラインでは、トランジションをドラッグするとすぐにドロップゾーン(緑色の縦線で示される)が表示されます。ドロップゾーンを使用すると、クリップ間にトランジションを簡単に適用できます。

クイックビュータイムラインでの両側トランジションの適用

  1. クイックビューで、アクションバーの「トランジション」をクリックします。トランジションパネルが表示されます。

  2. クイックビュータイムラインで、トランジションパネルから 2 つのクリップ間のドロップゾーンに、トランジションをドラッグします。トランジションのアイコンがクリップの左右の下の隅に表示され、トランジションが適用されたことが分かります。また、トランジションコントロールも表示されます。

  3. (オプション)クリップのプロパティ(デュレーションなど)を変更します。「詳細」をクリックし、トランジションを詳細にカスタマイズして、変更内容をプレビューします。

クイックビュータイムラインでの片側トランジションの適用

  1. クイックビューで、アクションバーの「トランジション」をクリックします。トランジションパネルが表示されます。

  2. トランジションパネルから、適用するトランジションを選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • クリップのどちらかの側に隣り合うクリップがない場合は、その側のトランジションの長方形にトランジションをドラッグします。

    • クリップが別のクリップと隣り合っている場合は、トランジションをクリップのどちらかの端にドラッグします。トランジションコントロールで、「配置」を「左のクリップ」、「クリップ間」または「右のクリップ」に設定します。

エキスパートビュータイムラインでのトランジションの適用

エキスパートビュータイムラインにトランジションを適用する場合、配置オプションを「左のクリップ」、「クリップ間」または「右のクリップ」から選択できます。

エキスパートビュータイムラインでの両側トランジションの適用

エキスパートビュータイムラインで 2 つのクリップの間にトランジションを適用するには、2 つのクリップを、間にスペースを空けずに、同じトラックに配置する必要があります。

両側トランジションで、十分なハンドル用の予備フレームがないためフレームが繰り返し使用されている場合、繰り返しフレームを使用している領域のトランジションアイコンには斜線が表示されます。

  1. エキスパートビューで、アクションバーの「トランジション」をクリックします。トランジションパネルが表示されます。
  2. トランジションパネルから、適用するトランジションを含むカテゴリを選択します。
  3. トランジションパネルから、エキスパートビュータイムラインの 2 つのクリップ間のカットにトランジションをドラッグし、次のいずれかの配置アイコンが表示されたらマウスボタンを放します。

    クリップ B の先頭を基準

    トランジションの最初を 2 番目のクリップの最初に配置します。

    クリップ A と B の中央

    トランジションをカット上の中央に配置します。

    クリップ A の最後を基準

    トランジションの最後を 1 番目のクリップの最後に配置します。

    注意:

    Ctrl キーを押しながらカット上でトランジションを左または右にゆっくりドラッグすることで、「クリップ B の先頭を基準」、「クリップ A と B の中央」または「クリップ A の最後を基準」を選択できます。

エキスパートビュータイムラインでの片側トランジションの適用

片側トランジションを作成すると、エキスパートビュータイムラインでトランジションの下にあるフレームはトランジションの透明な部分に表示されます。例えば、クリップを黒にトランジションさせるには、クリップがトラック 1 に配置されているか、その下のトラックにクリップがないことが条件になります。クリップが別のクリップの上のトラックにある場合は、下のトラックにあるクリップがトランジションに表示されるので、両側トランジションとして表示されます。

  1. エキスパートビューで、アクションバーの「トランジション」をクリックします。トランジションパネルが表示されます。
  2. トランジションパネルから、適用するトランジションを含むカテゴリを選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • クリップが別のクリップと隣り合っていない場合は、トランジションを、トランジションパネルからクリップの端にドラッグします。

    • クリップが別のクリップと隣り合っている場合は、Ctrl キーを押しながらトランジションをクリップのどちらかの端にドラッグします。

エキスパートビュータイムラインでの初期設定のトランジションの適用

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 連続しないクリップを選択するには、Shift キーを押しながら各クリップをクリックします。

    • 連続するクリップを選択するには、プロジェクトのアセットパネル内をクリックして、選択するクリップを囲むようにドラッグします。

    • すべてのクリップを選択するには、Ctrl+A キーを押します。

  2. 選択したクリップを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して、「デフォルトのトランジションを時間インジケーターに沿って適用」を選択します。

  3. 次のいずれかのオプションを選択します。

    • オーディオ

    • ビデオ

トランジションは選択されたすべてのクリップに適用されます。

同じトラックの複数の連続するクリップ間にデフォルトのトランジションを適用するには、次の手順に従います。

  1. Ctrl キーを押しながらデフォルトのトランジションを追加するクリップをクリックします。

  2. 選択したクリップを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)します。

  3. 「デフォルトのトランジションを適用」を選択します。

トランジションが連続するクリップ間のカットに適用されます。

トランジションの置き換え

クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、新しいトランジションを古いトランジションの上にドロップするだけで、トランジションを置き換えることができます。トランジションを置き換えた場合、Premiere Elements は元のトランジションの配置とデュレーションを維持します。ただし、元のトランジションの設定は削除され、代わりに新しいトランジションの初期設定が使用されます。

  1. クイックビューまたはエキスパートビューで、アクションバーの「トランジション」をクリックします。トランジションパネルが表示されます。
  2. トランジションパネルから、古いトランジションと置き換える新しいトランジションを選択します。
  3. エキスパートビュータイムラインまたはクイックビュータイムラインで、新しいトランジションを古いトランジションの上にドラッグします。

適用したトランジションのプレビュー

適用したトランジションは、トランジションコントロールまたはモニターパネルからプレビューできます。トランジションコントロールのプレビューエリアでは、実際のクリップのサムネールまたは初期設定のサムネール(文字「A」と「B」)を表示できます。トランジションコントロールでトランジションを調整し、調整しながらトランジションをプレビューします。

注意:

デジタルビデオカメラをコンピューターとテレビに接続しておけば、テレビにリアルタイムにプレビューを表示できるため、最終的なムービーでトランジションがどのような効果となるのか、より具体的に確認できます。

モニターパネルでのトランジションのプレビュー

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、トランジションの左に時間インジケーターを移動し、モニターパネルの再生ボタンをクリックします。
    注意:

    モニターパネルでトランジションの特定のフレームをプレビューするには、目的のフレームに時間インジケーターをドラッグします。

クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでのトランジションの表示

クイックビュータイムラインでは、トランジションはクリップ上に長方形で表示されます。エキスパートビュータイムラインでは、トランジションは 2 つのクリップ間のカットの真上、または 1 つのクリップのインポイントまたはアウトポイントの真上に表示されます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン