エフェクトをクリップに適用すると、初期設定値が設定され、クリップのデュレーションの間だけ有効になります。エフェクトを適用した後は、適用されたエフェクトパネルを使用してプロパティを調整できます。また、キーフレームを使用して、エフェクトの効果を特定の時間に指定したり、エフェクトの値を時間の経過に従って変化させることもできます。

1 つのクリップに複数のエフェクトを適用することも、同じエフェクトを異なる設定で複数回適用することもできます。ただし、追加するエフェクトの数が多いほど、最終的なムービーのレンダリングに時間がかかってしまう点に注意してください。プロジェクトに必要のないエフェクトは、適用されたエフェクトパネルで簡単に削除できます。

ビデオエフェクトの適用とプレビュー

  1. アクションバーの「エフェクト」をクリックし、エフェクトパネルを開きます。
  2. 適用するエフェクトを選択します。エフェクトを探すには、次の手順を実行します。

    1. ドロップダウンリストからエフェクトカテゴリを選択し、カテゴリの下にある目的のエフェクトを選択します。
    2. 検索ボックスにエフェクト名を入力します。
  3. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで任意のクリップ(複数可)を選択します。
  4. クイックビュータイムライン、エキスパートビュータイムラインまたはモニターパネルで、クリップにエフェクトをドラッグします。
  5. モニターパネルの再生ボタンをクリックして、エフェクトが適用されたクリップをプレビューします。
  6. (オプション)適用されたエフェクトパネルを使用して、エフェクトの設定を調整します。

オーディオエフェクトの適用

  1. アクションバーの「エフェクト」をクリックし、エフェクトパネルを開きます。
  2. 適用するオーディオエフェクトを選択します。オーディオエフェクトを探すには、ドロップダウンメニューからオーディオエフェクトカテゴリを選択します。または、検索ボックスにエフェクト名を入力します。
  3. エキスパートビュータイムラインでクリップ(複数可)を選択します。

    注意:

    連続しないクリップを選択するには、Ctrl キー(Mac OS では command キー)を押しながら各クリップをクリックします。連続するクリップを選択するには、プロジェクトのアセットパネル内をクリックして、選択するクリップを囲むようにドラッグします。

  4. オーディオエフェクトをエキスパートビュータイムライン内のクリップのサウンドトラックにドラッグします。
  5. オーディオエフェクトをプレビューするには、プロジェクトのアセットパネル内のクリップをダブルクリックし、次にプレビューウィンドウの再生ボタンをクリックします。

    注意:

    オーディオ再生用コントロールは、選択したクリップにオーディオが含まれていて、再生速度が変更されていない場合に使用できます。

  6. 設定を調整するには、適用されたエフェクトパネル内のエフェクトを展開して、必要に応じて設定を編集します。
    ac_audio_effects_ae
    オーディオエフェクトのプロパティ

    注意:

    各オーディオエフェクトにはバイパスオプションがあります。このオプションを使用すると、設定するキーフレームでエフェクトのオンまたはオフを指定することができます。

1 つまたは複数のエフェクトを 1 つのクリップ(コピー元クリップ)から別のクリップ(コピー先クリップ)にコピーしたり、エフェクトのすべての値(エフェクトのキーフレームも含む)を 1 つのクリップから別のクリップにコピーすることができます。

エフェクトにキーフレームが含まれている場合、キーフレームはコピー先クリップの先頭から同じ時間位置に表示されます。

特定のエフェクトのコピーとペースト

  1. エキスパートビュータイムラインで、コピーするエフェクトを含むクリップを選択します。
  2. 「適用エフェクト」ボタンをクリックし、適用されたエフェクトパネルを開きます。
  3. コピーするエフェクトを選択します(複数のエフェクトを選択する場合は、Shift キーまたは Ctrl キー(Mac OS では command キー)を押しながらクリックします)。
  4. 編集/コピーを選択します。
  5. エキスパートビュータイムラインで、コピーしたエフェクトを適用するクリップを選択します。

    注意:

    連続しないクリップを選択するには、Shift キーを押しながら各クリップをクリックします。連続するクリップを選択するには、プロジェクトのアセットパネル内をクリックして、選択するクリップを囲むようにドラッグします。

  6. 適用されたエフェクトパネルをクリックしてアクティブにします。
  7. 編集/ペーストを選択します。

    注意:

    編集メニューの「コピー」コマンドおよび「ペースト」コマンドは、右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して表示されるメニューからアクセスすることもできます。

すべてのエフェクトのコピーとペースト

  1. エキスパートビュータイムラインで、コピーするエフェクトを含むクリップを選択します。
  2. 編集/コピーを選択します。これにより、クリップの属性がすべてコピーされます。
  3. エキスパートビュータイムラインで、コピーしたエフェクトを適用するクリップを選択します。
  4. 編集/エフェクトと調整をペーストを選択します。すべての属性が 1 つ目のクリップから 2 つ目のクリップにペーストされます。

    注意:

    編集メニューの「コピー」コマンドおよび「属性のペースト」コマンドは、右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して表示されるメニューからアクセスすることもできます。

コピーされたエフェクトのキーフレームの表示

コピー先クリップがコピー元クリップよりも短い場合、キーフレームはコピー先クリップのアウトポイントよりも後ろにペーストされます。

  1. キーフレームを表示するには、エキスパートビュータイムラインでクリップを選択し、次のいずれかの操作をおこないます。
    • プロジェクトのアセットパネルで、コピーしたエフェクトを適用するクリップを選択し、「ワークエリアをクリップの範囲に設定」の選択を解除します。

    • コピー先クリップがトリミングされている場合、コピー先クリップのアウトポイントをキーフレームの位置よりも後ろに移動します。

エフェクトの削除

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、削除するエフェクトを含むクリップを選択します。
  2. 適用されたエフェクトパネルで、エフェクトを選択し、ごみ箱をクリックします。
    ac_remove_effect_re
    プロジェクトからのエフェクトの削除

すべてのエフェクトの削除

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、削除するエフェクトを含むクリップを選択します。複数のクリップを選択するには、Shift キーを押しながら各クリップをクリックします。

  2. 選択したクリップを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)します。

  3. 「エフェクトを削除」を選択します。

  4. 次のいずれかのオプションを選択します。

    • オーディオエフェクト

    • ビデオエフェクト

    • すべてのエフェクト

クリップに適用されたエフェクトの一時的な無効化

ビデオまたはオーディオエフェクトを無効にして、エフェクトが適用されない状態でムービーをプレビューすることができます。

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでプレビューするクリップを選択します。
  2. 「適用エフェクト」をクリックし、適用されたエフェクトパネルを表示します。
  3. エフェクトの隣に表示されている目のアイコン(エフェクトのオン/オフボタン)をクリックします。クリップに適用されたすべてのエフェクトを有効または無効にするには、Alt キーを押しながら目のアイコンをクリックします。

クリップに適用されているエフェクトの表示

クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインのすべてのクリップには、基本エフェクト(モーション、不透明度、ボリュームおよびバランス)が自動的に適用されます。これらの基本エフェクトは、エキスパートビュータイムラインおよび適用されたエフェクトパネルのクリップインスタンスに表示されます。また、クリップに標準エフェクトを追加すると、エフェクトは追加した順に表示されます。

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでクリップを選択します。
  2. 「適用エフェクト」をクリックし、適用されたエフェクトパネルを開きます。

    注意:

    エキスパートビュータイムラインで複数のクリップを選択している場合は、適用されたエフェクトパネルにエフェクトは表示されません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー