マニュアル キャンセル

タイトル内のオブジェクトの配置

  1. Adobe Premiere Elements ユーザーガイド
  2. Adobe Premiere Elements の概要
    1. Premiere Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Adobe Premiere Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    6. GPU アクセラレーションレンダリング
  3. ワークスペースとワークフロー
    1. ホーム画面について
    2. 自動作成されたコラージュ、スライドショーなどの表示と配信
    3. ワークスペースの基本
    4. 環境設定
    5. ツール
    6. キーボードショートカット
    7. オーディオ表示
    8. 変更の取り消し
    9. ショートカットのカスタマイズ
    10. スクラッチディスクの操作
  4. プロジェクトの操作
    1. プロジェクトの作成
    2. プロジェクト設定とプリセットの調整
    3. プロジェクトの保存とバックアップ
    4. ムービーのプレビュー
    5. ビデオコラージュの作成
    6. ビデオストーリーの作成
    7. インスタントムービーの作成
    8. クリップのプロパティの表示
    9. プロジェクトのファイルの表示
    10. プロジェクトのコピー
    11. GPU アクセラレーションレンダリング
  5. メディアの読み込みと追加
    1. メディアを追加
    2. ファイルを追加する際のガイドライン
    3. 読み込んだ静止画のデュレーションの設定
    4. 5.1 オーディオの読み込み
    5. オフラインファイルの操作
    6. Adobe Premiere Elements と Adobe Photoshop Elements でのファイルの共有
    7. 特殊なクリップの作成
    8. 縦横比とフィールドオプションの操作
  6. クリップの並べ替え
    1. エキスパートビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    2. クリップのグループ化、リンクおよび無効化
    3. クイックビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    4. クリップマーカーおよびタイムラインマーカーの操作
  7. クリップの編集
    1. ノイズを軽減
    2. 被写体の選択
    3. スナップ写真の場面
    4. SmartTrim
    5. クリップの速度とデュレーションの変更
    6. クリップの分割
    7. フレームの保持
    8. 明るさ、コントラストおよびカラーの調整 - ガイド付き編集
    9. シェイクスタビライザーを使用したビデオフッテージのスタビタイズ
    10. フッテージの置き換え
    11. ソースクリップの操作
    12. 不要なフレームのトリミング - ガイド付き編集
    13. クリップのトリミング
    14. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    15. アート効果
  8. トランジションの適用
    1. トランジションの適用
    2. トランジションの基本
    3. トランジションの調整
    4. ビデオクリップ間のトランジションの追加 - ガイド付き編集
    5. 特殊なトランジションの作成
    6. ルミナンスフェードトランジションエフェクトの作成 - ガイド付き編集
  9. 特殊効果の基礎
    1. エフェクトの使用方法
    2. エフェクトの適用と削除
    3. カラーポップを使用した白黒ビデオの作成 - ガイド付き編集
    4. タイムリマップ - ガイド付き編集
    5. エフェクトの基本
    6. エフェクトプリセットの操作
    7. エフェクトの検索と整理
    8. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    9. フレームを埋める - ガイド付き編集
    10. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    11. タイムラプス動画を作成するためのベストプラクティス
  10. スペシャルエフェクトの適用
    1. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    2. 透明化とスーパーインポーズ
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの配置、スケール(拡大や縮小)および回転
    4. ビデオへのエフェクトマスキングの適用
    5. 色温度と色合いの調整
    6. 窓ガラス効果を作成 - ガイド付き編集
    7. ピクチャインピクチャオーバーレイの作成
    8. 調整レイヤーを使用したエフェクトの適用
    9. ムービーへのタイトルの追加
    10. かすみの除去
    11. ピクチャインピクチャの作成 - ガイド付き編集
    12. 周辺光量補正エフェクトの作成
    13. 明暗別色補正エフェクトの追加
    14. フィルムルックエフェクトの追加
    15. HSL チューナーエフェクトの追加
    16. フレームを埋める - ガイド付き編集
    17. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    18. アニメーション化された空 - ガイド付き編集
    19. 被写体の選択
    20. アニメーションマット - ガイド付き編集
    21. 二重露光 - ガイド付き編集
  11. 特殊オーディオ効果
    1. Adobe Premiere Elements を使用したオーディオのミックスとボリュームの調整
    2. ビデオへのサウンドエフェクトの追加
    3. ビデオクリップへの音楽の追加
    4. ナレーションの作成
    5. サウンドトラックの使用
    6. 音楽リミックス
    7. ムービーへのナレーションの追加 - ガイド付き編集
    8. ムービーへのスコアの追加 - ガイド付き編集
  12. ムービータイトル
    1. タイトルの作成
    2. タイトルへの図形および画像の追加
    3. タイトルへのカラーとシャドウの追加
    4. テキストの編集と書式設定
    5. モーションタイトル
    6. タイトルの読み込みと書き出し
    7. タイトル内のオブジェクトの配置
    8. テレビ用タイトルの作成
    9. テキストとグラフィックへのスタイルの適用
    10. タイトル内へのビデオの追加
  13. ディスクメニュー
    1. ディスクメニューの作成
    2. メニューマーカーの使用
    3. ディスクの種類とメニューオプション
    4. メニューのプレビュー
  14. ムービーの共有と書き出し
    1. ビデオの書き出しと共有
    2. コンピューター再生の共有
    3. 圧縮とデータレートの基本
    4. 共有の一般設定

重ねる順序の変更

重なり合うオブジェクトを作成した場合は、「アレンジ」コマンドを使用して重ねる順序を制御することができます。

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. 移動するオブジェクトを選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • オブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して、「アレンジ」を選択します。

    • テキスト/アレンジを選択します。

  4. 次のいずれかを選択します。

    最前面へ

    オブジェクトを最前面に移動します。

    前面へ

    オブジェクトを、その上に重なっているオブジェクトの前面に移動します。

    最背面へ

    オブジェクトを最背面に移動します。

    背面へ

    オブジェクトを、その下に重なっているオブジェクトの背面に移動します。
    注意:テキストまたは図形が何重にも重なっている場合、そこから目的の要素だけを選択するのが難しいことがあります。このような場合は、テキスト/選択を使用するか、右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して「選択」コマンドを選択し、重なっている要素間で目的の要素を容易に選択できます。

オブジェクトの中央揃え

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. 1 つまたは複数のオブジェクトを選択して、色調補正パネルで次のいずれかの操作をおこないます。
    • オブジェクトを垂直方向の中央に配置するには、垂直方向中央ボタンをクリックします。

    • オブジェクトを水平方向の中央に配置するには、水平方向中央ボタンをクリックします。

オブジェクトの整列と分布

「オブジェクトの整列」コマンドおよび「オブジェクトの分布」コマンドを使用すると、モニターパネルのタイトル内で選択したオブジェクトを等間隔に整列することができます。オブジェクト(テキストボックスや図形)の整列または分布は縦方向にも横方向にも実行することができます。横方向の整列を実行すると、選択したオブジェクトは、選択した揃え位置に最も近いオブジェクトの横軸の端に沿って整列されます。縦方向の整列を実行すると、選択したオブジェクトは、選択した揃え位置に最も近いオブジェクトの縦軸の端に合わせて整列されます。

オブジェクトを選択して整列および分布を実行する場合は、次の点に注意してください。

  • 整列オプションを実行すると、選択したオブジェクトは、新しい整列位置に最も近いオブジェクトに合わせて整列されます。例えば、右揃えの場合、選択したすべてのオブジェクトは、その中で最も右寄りのオブジェクトに合わせて整列されます。

  • 分布オプションを実行すると、選択したオブジェクトは、両端のオブジェクト間で等間隔に並べられます。例えば、縦方向の分布オプションの場合、選択したオブジェクトはその中で最も上と最も下のオブジェクト間で分布されます。

  • サイズの異なるオブジェクトを分布した場合、オブジェクト間のスペースは等間隔にならないことかあります。例えば、中央揃えの分布を実行すると、オブジェクトの中心点間のスペースは等間隔になりますが、サイズが異なる各オブジェクトの間隔はそれぞれ異なります。選択したオブジェクトを等間隔に整列するには、「水平方向均等割り付け」または「垂直方向均等割り付け」オプションを使用します。

オブジェクトの整列

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. モニターパネルで、2 つ以上のオブジェクトを Shift キーを押しながら選択するか、それらを囲むようにドラッグして選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 選択したオブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して、「オブジェクトの整列」をクリックします。

    • テキスト/オブジェクトの整列を選択します。

  4. 整列の種類を選択します。

オブジェクトの分布

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. モニターパネルで、3 つ以上のオブジェクトを Shift キーを押しながら選択するか、それらを囲むようにドラッグして選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 選択したオブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して、「オブジェクトの分布」をクリックします。

    • テキスト/オブジェクトの分布を選択します。

  4. 分布の種類を選択します。

オブジェクトの変形

オブジェクトの位置、回転、スケール、および不透明度(これらを総称して変形プロパティといいます)を自由に調整することができます。オブジェクトを変形するには、モニターパネル内でドラッグするか、テキストメニューのコマンドを選択します。

オブジェクトの不透明度の調整

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. モニターパネルで、オブジェクトを選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • オブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)し、変形/不透明度を選択します。

    • テキスト/変形/不透明度を選択します。

  4. 不透明度の新しい値を入力して、「OK」をクリックします。
    注意:

    不透明度プロパティの設定によって、タイトル内のオブジェクトの不透明度が調整されます。エフェクトを使用して、ほかのビデオクリップと同じように、エキスパートビュータイムライン内のタイトル全体の不透明度を設定できます。

オブジェクトの移動

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. モニターパネルで、1 つまたは複数のオブジェクトを選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 選択したオブジェクトを新しい位置へドラッグします。

    • テキスト/変形/位置を選択します。x 座標および y 座標の新しい値を入力して、「OK」をクリックします。

    • 選択したオブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して、変形/位置を選択します。x 座標および y 座標の新しい値を入力して、「OK」をクリックします。

      注意:x 座標と y 座標の値は、タイトルの左上隅が 0, 0 である座標系に対応します。x と y の値を入力すると、Premiere Elements によって、選択したオブジェクトの境界ボックスの中心がその位置に配置されます。

オブジェクトの拡大または縮小

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. モニターパネルで、1 つまたは複数のオブジェクトを選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 幅を変更するには、オブジェクトの境界ボックスの左または右のハンドルをドラッグします。

    • 高さを変更するには、オブジェクトの境界ボックスの上または下のハンドルをドラッグします。

    • オブジェクトの縦横比を固定したまま変更するには、コーナーポイントおよび境界ボックスのハンドルを Shift キーを押しながらドラッグします。

    • 拡大または縮小を行った後に縦横比を元に戻すには、オブジェクトのコーナーポイントのドラッグ中に Shift キーを押します。

    • 中心点を固定して拡大または縮小するには、Alt キーを押しながらオブジェクトのコーナーポイントをドラッグします。

    • スケール値を比率(%)で設定するには、テキスト/変形/スケールを選択するか、オブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して変形/スケールを選択します。値を指定して、「OK」をクリックします。

    注意:

    横書き文字ツールまたは縦書き文字ツールで作成したテキストオブジェクトの境界ボックスのハンドルをドラッグすると、フォントのサイズが変更されます。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン