重ねる順序の変更

重なり合うオブジェクトを作成した場合は、「アレンジ」コマンドを使用して重ねる順序を制御することができます。

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. 移動するオブジェクトを選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • オブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して、「アレンジ」を選択します。

    • テキスト/アレンジを選択します。

  4. 次のいずれかを選択します。

    最前面へ

    オブジェクトを最前面に移動します。

    前面へ

    オブジェクトを、その上に重なっているオブジェクトの前面に移動します。

    最背面へ

    オブジェクトを最背面に移動します。

    背面へ

    オブジェクトを、その下に重なっているオブジェクトの背面に移動します。
    注意:テキストまたは図形が何重にも重なっている場合、そこから目的の要素だけを選択するのが難しいことがあります。このような場合は、テキスト/選択を使用するか、右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して「選択」コマンドを選択し、重なっている要素間で目的の要素を容易に選択できます。

オブジェクトの中央揃え

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. 1 つまたは複数のオブジェクトを選択して、色調補正パネルで次のいずれかの操作をおこないます。
    • オブジェクトを垂直方向の中央に配置するには、垂直方向中央ボタンをクリックします。

    • オブジェクトを水平方向の中央に配置するには、水平方向中央ボタンをクリックします。

オブジェクトの整列と分布

「オブジェクトの整列」コマンドおよび「オブジェクトの分布」コマンドを使用すると、モニターパネルのタイトル内で選択したオブジェクトを等間隔に整列することができます。オブジェクト(テキストボックスや図形)の整列または分布は縦方向にも横方向にも実行することができます。横方向の整列を実行すると、選択したオブジェクトは、選択した揃え位置に最も近いオブジェクトの横軸の端に沿って整列されます。縦方向の整列を実行すると、選択したオブジェクトは、選択した揃え位置に最も近いオブジェクトの縦軸の端に合わせて整列されます。

オブジェクトを選択して整列および分布を実行する場合は、次の点に注意してください。

  • 整列オプションを実行すると、選択したオブジェクトは、新しい整列位置に最も近いオブジェクトに合わせて整列されます。例えば、右揃えの場合、選択したすべてのオブジェクトは、その中で最も右寄りのオブジェクトに合わせて整列されます。

  • 分布オプションを実行すると、選択したオブジェクトは、両端のオブジェクト間で等間隔に並べられます。例えば、縦方向の分布オプションの場合、選択したオブジェクトはその中で最も上と最も下のオブジェクト間で分布されます。

  • サイズの異なるオブジェクトを分布した場合、オブジェクト間のスペースは等間隔にならないことかあります。例えば、中央揃えの分布を実行すると、オブジェクトの中心点間のスペースは等間隔になりますが、サイズが異なる各オブジェクトの間隔はそれぞれ異なります。選択したオブジェクトを等間隔に整列するには、「水平方向均等割り付け」または「垂直方向均等割り付け」オプションを使用します。

オブジェクトの整列

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. モニターパネルで、2 つ以上のオブジェクトを Shift キーを押しながら選択するか、それらを囲むようにドラッグして選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 選択したオブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して、「オブジェクトの整列」をクリックします。

    • テキスト/オブジェクトの整列を選択します。

  4. 整列の種類を選択します。

オブジェクトの分布

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. モニターパネルで、3 つ以上のオブジェクトを Shift キーを押しながら選択するか、それらを囲むようにドラッグして選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 選択したオブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して、「オブジェクトの分布」をクリックします。

    • テキスト/オブジェクトの分布を選択します。

  4. 分布の種類を選択します。

オブジェクトの変形

オブジェクトの位置、回転、スケール、および不透明度(これらを総称して変形プロパティといいます)を自由に調整することができます。オブジェクトを変形するには、モニターパネル内でドラッグするか、テキストメニューのコマンドを選択します。

オブジェクトの不透明度の調整

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. モニターパネルで、オブジェクトを選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • オブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)し、変形/不透明度を選択します。

    • テキスト/変形/不透明度を選択します。

  4. 不透明度の新しい値を入力して、「OK」をクリックします。

    注意:

    不透明度プロパティの設定によって、タイトル内のオブジェクトの不透明度が調整されます。エフェクトを使用して、ほかのビデオクリップと同じように、エキスパートビュータイムライン内のタイトル全体の不透明度を設定できます。

オブジェクトの移動

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. モニターパネルで、1 つまたは複数のオブジェクトを選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 選択したオブジェクトを新しい位置へドラッグします。

    • テキスト/変形/位置を選択します。x 座標および y 座標の新しい値を入力して、「OK」をクリックします。

    • 選択したオブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して、変形/位置を選択します。x 座標および y 座標の新しい値を入力して、「OK」をクリックします。

      注意:x 座標と y 座標の値は、タイトルの左上隅が 0, 0 である座標系に対応します。x と y の値を入力すると、Premiere Elements によって、選択したオブジェクトの境界ボックスの中心がその位置に配置されます。

オブジェクトの拡大または縮小

  1. 必要に応じて、エキスパートビュータイムラインでタイトルをダブルクリックして、モニターパネルに表示します。
  2. モニターパネルで、1 つまたは複数のオブジェクトを選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 幅を変更するには、オブジェクトの境界ボックスの左または右のハンドルをドラッグします。

    • 高さを変更するには、オブジェクトの境界ボックスの上または下のハンドルをドラッグします。

    • オブジェクトの縦横比を固定したまま変更するには、コーナーポイントおよび境界ボックスのハンドルを Shift キーを押しながらドラッグします。

    • 拡大または縮小を行った後に縦横比を元に戻すには、オブジェクトのコーナーポイントのドラッグ中に Shift キーを押します。

    • 中心点を固定して拡大または縮小するには、Alt キーを押しながらオブジェクトのコーナーポイントをドラッグします。

    • スケール値を比率(%)で設定するには、テキスト/変形/スケールを選択するか、オブジェクトを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)して変形/スケールを選択します。値を指定して、「OK」をクリックします。

    注意:

    横書き文字ツールまたは縦書き文字ツールで作成したテキストオブジェクトの境界ボックスのハンドルをドラッグすると、フォントのサイズが変更されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー