楽しい窓ガラス効果の作成する方法を学習します。

ガイドモードには、組み込みのガイド付き編集のセットが用意されています。ガイド付き編集では、特定の編集作業を実行するための一連の手順を順番にガイドします。この機能によって、Adobe Premiere Elements の操作方法を簡単に学習し、ビデオまたは写真を使用して、本格的な編集を加えた作品を作成できます。

他のガイド付き編集について詳しくは、ガイドモードを参照してください。

窓ガラス効果の作成

窓ガラス効果

このガイド付き編集を通して、マットオーバーレイを使用してビデオまたは写真に楽しい窓ガラス効果を追加できます。マットキー、ぼかし、色温度と色合いの調整など、複数のマット効果をメディアに追加できます。

このガイド付き編集を使用するには、次の操作をおこないます。

  1. ガイド楽しい編集窓ガラスを選択します。

  2. メディアを追加」をクリックして、編集するビデオクリップまたは写真を読み込みます。

    ビデオクリップまたは写真が既にタイムラインに存在している場合は、この手順を無視してください。

  3. メディアを読み込むための適切なオプションを選択します。

    読み込んだクリップまたは写真は、プロジェクトのアセットビンに保存されます。 

  4. メディアをタイムライン内のトラック 1 にドラッグアンドドロップします。

  5. 同じメディアをタイムライン内のトラック 2 の、トラック 1 に配置したメディアの真上の位置にドラッグアンドドロップします。

  6. 右パネルのグラフィックアイコンをクリックします。

    グラフィックアイコン
    グラフィックアイコン
  7. グラフィックビデオオーバーレイパネルで、1 つ以上のマットを選択し、トラック 3 のクリップの、トラック 2 のメディアの真上の位置にドラッグアンドドロップします。

    ビデオオーバーレイパネル

    注意:

    トラック 3 自体にも、複数のオーバーレイクリップを並べて追加することで、様々な効果を演出できます。

  8. 右パネルで効果アイコンをクリックします。

    効果アイコン
    効果アイコン
  9. 効果ビデオパネル/キーイングカテゴリから、トラックマットキーエフェクトをトラック 2 のメディアの上にドラッグアンドドロップします。

    トラックマットキーエフェクト
  10. 適用されたエフェクトパネル/「トラックマットキー」セクションで、次の操作をおこないます。

    • マットビデオ 3を選択します。
    • コンポジット用マットルミナンスマットを選択します。
    トラックマットキー
  11. エフェクトをさらに追加する場合、右パネルで効果アイコンをクリックします。

  12. 効果ビデオパネル/ブラー&シャープカテゴリから、ブラー(滑らか)エフェクトをトラック 1 のメディアの上にドラッグアンドドロップします。

    ブラー(滑らか)エフェクト
  13. 適用されたエフェクトパネル/「ブラー(滑らか)」セクションで、必要に応じてブラープロパティを変更します。

    ブラー(滑らか)
  14. トラック 1 のメディアを選択し、右パネルで調整アイコンをクリックします。

    調整アイコン
    調整アイコン
  15. 調整パネルで、「色温度と色合い」セクションを展開します。色温度色合いのそれぞれのカテゴリで調整を選択します。

    色温度と色合い
  16. 再生」をクリックしてレンダリングされた出力を表示します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー